岡央知子 さん プロフィール

  •  
岡央知子さん: Eat & Run! 〜岡央 知子の「美・薬膳」な日々〜
ハンドル名岡央知子 さん
ブログタイトルEat & Run! 〜岡央 知子の「美・薬膳」な日々〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/yakuzen-navi/
サイト紹介文国際薬膳師・国際中医師&美容エディターの岡央(江口)知子の、食、美容、健康、旅、勉強の日。
自由文岡央知子(おかお・ともこ)です! 長年の美容エディターとしての仕事を通じ、興味を持った中医学を勉強。国際薬膳師、国際中医師としても活動をしています。薬膳の勉強は一生もの。日々が学びです。学んだことを忘れないように、ブログに綴っていきたいと思っています。著書『美・薬膳』(主婦と生活社)も好評発売中!
HP「薬膳ノート」http://www.yakuzennote.com
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供106回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2014/05/28 09:44

岡央知子 さんのブログ記事

  • 春からの挑戦
  • この数日は本当に気持ちのいいお天気でした。日曜日は真夏のような暑さ。私は河原に蓬を採りに。そしてこんなふうに干しております。今日は、春からの「学び」のことを書きます4月から、私は学生????鍼灸の専門学校に通い始めました。仕事をしながら、薬膳教室も続けながら、自らも学ぶ。近しい人たちにもお知らせして新しい日々がようやく身に馴染んできたところです。先ほどの蓬はお灸に使う艾作りのためのもの。薬膳でも漢 [続きを読む]
  • 薬膳フレンチ
  • 今夜は、恒例の薬膳フレンチの会。人形町のラヴィンニュアターブルで賑やかで楽しい会となりました料理はこんな感じ。初夏がテーマ。日本の初夏は、暑かったり、ジメジメしたり複雑です。なので、これからやってくる梅雨と夏のお話もして美味しいフレンチをみんなでいただきました楽しかった〜〜いろいろな方に薬膳の良さわ知っていただきたいと思いつつ、結局、酔っばらって終わりました今日は、薬膳教室の皆さん、お店の常連のご [続きを読む]
  • 5月の薬膳教室開催
  • 一昨日はTUMUGU 青山の薬膳教室でした。いつものように午後と夜の2回の開催。今回は、「薬膳スーパーフード」と題して漢方薬に使われるパワーの強い食材を20個紹介しました。中でも注目されたのがこれらっきょうです。らっきょうは生薬名「薤白(がいはく)」。気の巡りをよくして消化を助け心筋梗塞や狭心症などの胸痛に用います。硫化アリルという辛味成分が血液をサラサラにするのできっとその作用なのでしょう。古くから伝えら [続きを読む]
  • 4月のまとめ
  • 4月が駆け抜けて行った??そしてGWも本当にあっという間でした。忙しくてブログの更新もままならず。HPも放置困った私です。4月のまとめをします。青山のツムグ薬膳教室は10日、しっかり開催しましたよ今回は体質チェックをしました。料理は、?チキンと三つ葉のサラダ風?人参ごはん?かぶとアオサの味噌汁上から、気虚、血虚、痰湿のごはんでした。翌週末には、薬膳仲間のみなさんとディープなラムしゃぶへ神田小川町の龍水楼と [続きを読む]
  • 4月から始めたこと①
  • 4月。桜が咲いて、気持ちもフレッシュになっている私です。大人になると4月といっても大したイベントがなくなりますよね。でも、今年の我が家は実に変化に富んでいる私も、家族も、親族も。本当にフレッシュな春を迎えています。占ってもらったら「何十年に一度の大転換期」なのかも私も4月から、新しいことを2つ始めました。その1つが生まれて初めてのスポーツクラブ入会ピラティスでバランスがかなり整ってきたので筋肉作りに前 [続きを読む]
  • お誕生日女子会
  • 今夜は、素敵な女性たちとお誕生日女子会でした??早春がバースデイの3人が祝ってもらいましたよ久しぶりにお会いする人ばかりで嬉しかった〜〜プレゼント交換も??こんな女子っぽい一夜は久々でした。たまにはいいよねプレゼントも沢山いただきましたありがとうございました??Okao Tomoko ご訪問ありがとう↓をポチッとお願いいたします。 ↓↓↓↓↓↓↓ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 本格!漢方料理を食す
  • 一昨日の金曜日、薬膳教室の生徒さんたちと感動の漢方料理を初体験しました!チャイナハウスという店。わくわくする外観です料理は、お任せでストップというまで出てくる方式。前菜エビの花山椒炒め牡蠣スッポン腎に入るアンチエイジング食材がずらり〜写真はほんの一部ですがどれもさっぱり味で絶品でしたその上枸杞より薬効があるという黒枸杞の薬酒ちょっと怖いけれど蟻のパウダーといった珍メニューも。蟻パウダーはカプセルに [続きを読む]
  • 心地「いい加減」
  • 薬膳を教えているが大事なのは知識を得ることより得た知識を実践することである と思っています。 昨日、取材でモデルのAYUMI さんのお宅に伺いました。non−no で大人気だったAYUMIさん。40代の人の憧れですよね 今では2人のお子さんを持つ素敵なママ。そして、発酵食を実践する達人でもあります。 私も、仕事とは別に知りたいことがいっぱい?? 楽しい時間を過ごさせていただきました。&n [続きを読む]
  • 花粉症皮膚炎
  • 花粉症皮膚炎を発症して2週間ほど前から皮膚に赤い炎症が。愛用の敏感肌用化粧品すらしみるようになってしまった治療が必要なレベルです。取材も兼ねて行きたかった皮膚科を予約。でも、4月になってからしか空きがなかったので薬局の治療薬を試してみました小林製薬の「サイキ」乾燥肌治療薬です。角層のラメラ構造を整える薬。バリア機能の低下した私の肌にはこれかな、と医薬品なので効果効能もしっかり明記されている。肌細胞を [続きを読む]
  • 花粉症にジャバラを
  • ポカポカの3連休。薬膳教室も原稿仕事もなかったので、のんびり過ごしました。 天気がよかったので、昨日は、朝、犬の散歩をたっぷり午後は、往復40分走ってピラティスにあ〜、スッキリしたな〜。 忙しくて時間がないと、運動できない…。これが私の不調の最大の原因であると、つくづく感じます。 が、しかし!昨日の屋外活動が影響してか、今朝はいきなり「くしゃみ3連発!」花粉症のモーニングアタックが発生し [続きを読む]
  • 口角炎でセルフメディケーション
  • 滅多にない口角炎ができた大口を開くと痛みますビタミンB不足が原因ということでいつも私は、「チョコラBB」で手っ取り早く治します。でも、今日は暇なので弁証してみようとます口角、つまり唇の状態は脾胃の状態を見るヒントです。両角がただれるのは脾胃薀熱。つまり消化器官に熱がこもっているということです。熱には食べ過ぎなどによる胃熱と津液不足の胃陰虚がある。特に多食傾向もない。肌や目の乾燥を自覚している。という [続きを読む]
  • 漢方と美容
  • 昨日は寒かったですね??厚着をして再春館製薬所のドモホルンリンクルのセミナーに行って来ました!ラインナップの中で私が最も好きな「クリーム20」がリニューアルされるんだそうです今回のクリームが13代目とのこと。デザインからして随分と進化を遂げてますね。商品紹介の前に漢方医の今津先生のミニセミナーがあって日本漢方の魅力が語られました。再春館製薬所はもともと漢方の製薬会社なのです今回のリニューアルでプラスさ [続きを読む]
  • 10キロマラソンでなんと??
  • 週末は春らしいいい天気でした昨日の日曜日、とても久しぶりに小さなマラソン大会に参加してきました。彩湖エコマラソン。国際難民支援会をサポートするランニング東京主催のイベントです。すっごくこぢんまりとした大会で写真撮るのを忘れたでも見てください。年代別部門第1位になっちゃったこの年代の人がいったい何人いたのかは不明ですが女性の部6位というのもなかなかの結果ということで昨日は心地よい疲労感といい気分を味わ [続きを読む]
  • 薬膳教室 〜春のデトックス〜
  • 一昨日は、TUMUGU 青山の薬膳教室でした。テーマはデトックス。芽吹き、発散の季節である春は冬に溜め込んだ毒素を排出するデトックスの季節でもあります。毒素排出の95%は二便(大小便)から。75%は便からということで便通を順調にする薬膳を扱いました。料理はこちら。消化を促す大根痰を取り去る海藻便秘にいいほうれん草やナッツなどをふんだんに使いました。雑穀ごはんには寒天とオリーブオイルを入れて。お通じをよくしたい時 [続きを読む]
  • 金柑のコンポート
  • 明日は薬膳教室の日。季節なので「金柑のコンポート」をつくりました。まん丸で可愛くて金色に輝く様はいかにもお金がたまりそうと、これを作るたびに思います。明日いらした方にこのご利益をお分けしたいと思います金柑は気の滞りをとる食材。温める性質があるので、まだ寒さの残る今の時期にぴったりです。今日は、仕事と教室の準備のマルチタスクで頑張っている私です話は変わりますがこのところ「忖度(そんたく)」という言葉を [続きを読む]
  • 啓蟄に味噌仕込み
  • 昨日、3月5日は啓蟄でした地中の虫が蠢きだす頃ですが、私は一日中お家で仕事でしたそんな時こそ豆を煮ないとっ昨日から大豆を浸して、柔らかく煮てツヤッツヤのお豆を麹と塩と一緒にして潰して〜〜味噌を仕込んじゃいましたすっごい達成感??原稿仕事も7割がた片付いて気持ちのいい月曜日です大豆は別名「黄豆」といいます。ちょっとピンとこないけれど煮ると煮汁は黄色くなる煮てみると黄豆と呼ばれる理由がわかります。五行説 [続きを読む]
  • 南方熊楠
  • 知的好奇心は生きる力であると思います。今日は久々に知的好奇心でドキドキ??南方熊楠生誕150周年記念シンポジウムに行ってきました演者は中沢新一さんと鏡リュウジさん面白すぎる組み合わせです博物学と近代科学の対比。熊楠が生きた19世紀は近代科学の発達した時期であるが熊楠は当時すでにその限界を見ていたという。近代科学は長い歴史の中のワンシーンでしかない。「あり」か「なし」かで判断する近代科学に対し博物学は「 [続きを読む]
  • 麻央さんのブログ
  • 小林麻央さんのブログをいつも読んでいます。 3月2日のブログ。短い文章ですが、とても興味深いフレーズがあったのでリブログします。 内容は、ご主人との朝の会話。「治療の方針を決める。そこには人生観、死生観が問われる」とありました。 薬膳や中医学を深く学ぶと、いくつくところは、「いかに生きるか」「いかに死ぬか」ということになると、以前から感じていました。 私たちは「いかに生きるか」には邁 [続きを読む]
  • ねぎの根とパクチーの根
  • 珍しい野菜が届いた??奈良下北山村の「まな」。ターサイに似た野菜で鉄分などミネラルの含有量がハンパないそうです。届いたときは葉っぱが開いてお花のみたい??時間が経つと閉じちゃうようです。もう一つがこちら。山形産の赤ねぎです。見るからにポリフェノールたっぷり!立派な髭根付きです。そういえば日曜日の薬膳教室で「ねぎは血瘀頭痛に効く」と習った『本草綱目』で調べると根っこが風邪の頭痛にいいとも書かれていま [続きを読む]
  • 家庭薬膳アドバイザー
  • 家庭薬膳アドバイザーは私の母校である本草薬膳学院が認定する薬膳の資格です。私の主宰するロータス薬膳教室はその認定教室。2015年から教室に通っている3人の生徒さんが日曜日、資格試験に挑戦されました。薬膳を実践するにはその基本にある中医学を理解しなければなりません。独特の考え方を身につけるのは人によって難しく、どのように教えれば良いかに関して先生の技量が問われます。大切なのはまず、中医学に関心を持っても [続きを読む]
  • 1ヶ月ぶりです
  • 久しぶりのブログ更新です。久しぶりなので、2月のことをまとめます。1日は青山の薬膳教室)^o^(http://www.tumugu-aoyama.jp/花粉症をテーマに肌の乾燥やかゆみに対応した薬膳メニューを紹介しました。最近、習慣にしている甘酒も使用。アミノ酸とビタミンB群を補える甘酒は薬膳では消化を助ける食品。免疫力と保湿力を強化できるのでこの季節にいいですよね12日には昨年好評だった味噌作りワークショップ!前の日から大豆を浸して [続きを読む]
  • 冬の薬膳フレンチの会
  • 人形町のラ・ヴィンニュ・アターブルでの薬膳フレンチの会。冬の会が21日(土)の夜に行われました今回も美味しかった〜目玉はこれ!生姜と当帰と羊肉のコンソメ。「金匱要略」に登場する当帰生姜羊肉湯をイメージしてシェフが格別に美味しいスープに仕立ててくれました漢方薬でおなじみの当帰も探して探して取り寄せてくれたそう。すごい??右上の赤いのは羊の生ハム。薬膳のレシピがこんなに繊細なフレンチになるなんて感動です2 [続きを読む]
  • 受験の緊張を解く秘策
  • お正月が明けると、受験シーズンが到来。私も、受験で失敗したことがありますので、いまだに、ちょっとザワザワした気持ちになります。 私と仲良しの小6ボーイも、今年、中学受験に挑戦することに。この間、力試しに、ある学校の入試を受けました。 ママによると、試験が終わると、半べそで電話してきたそう。緊張してパニックになり、消しゴムを落としたり、頭が真っ白になってしまったりで大変だったらしい。 小6 [続きを読む]
  • 温活の薬膳教室やりました
  • 一昨日は今年最初のTUMUGU 青山での薬膳教室。寒の入りで寒さが厳しくなる季節なので「温活」をテーマにしました。今、免疫力低下の原因として低体温が注目されています。中医学では冷えもいくつかのタイプに分けて考えるので、タイプチェックによる冷え体質診断もやりました毎度感じることですがいらっしゃったみなさんそれぞれタイプが違って興味深いです冷え性に見えない人が冷えていたり、でも、体質チェックしてみると「やっ [続きを読む]
  • 大吉
  • お正月の3日、いつもおみくじをひいている神社へ?今年は大吉でした写真左は昨年の末吉。末吉だけど内容がとてもよく自分にしっくりくるものでした大吉は久しぶりなのでちょっと戸惑いますな最後の「油断すると折角の幸が禍となります」を肝に銘じたいと思います毎年、このおみくじを財布に入れて1年を過ごします。2017年のスタートですねOkao Tomoko ご訪問ありがとう↓をポチッとお願いいたします。 ↓↓↓↓↓↓↓&nb [続きを読む]