三縞鯛舎 さん プロフィール

  •  
三縞鯛舎さん: ヨウノ美
ハンドル名三縞鯛舎 さん
ブログタイトルヨウノ美
ブログURLhttp://3taifish.blog.fc2.com/
サイト紹介文着物の事とか江戸(日本)文化の事とか、実験・実践した事や感想をつらつらと書いてます。
自由文人生折り返し年齢の管理人が、新品・リサイクル・アンティークのふだん着物からよそゆき着物のコーディネートや、暮らしに根差した江戸文化や日本の衣食住・風土・文化等の「面白い」「楽しい」と感じた事や実践したことを綴るブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 99日(平均2.1回/週) - 参加 2014/05/28 20:40

三縞鯛舎 さんのブログ記事

  • アンティークの麻の着物の解き洗い〜①
  • 数年前になってしまいますが、インターネットのアンティーク着物店で購入した、麻(100%)素材の着物を洗濯しました。この着物は、ショップ側が、黄ばみ・シミ・アク?・カビ・焼け…等々、着物の状態をきちんと正確に画像・文字情報で公開しており、私はそれを確認・了承した上で購入したものです。購入した理由は、webで確認した状態で、自力で汚れがほぼ落とせる確信があった事と、現在では、新品だと高額な麻の着物=反物・布地 [続きを読む]
  • 100均ヘアゴムパーツを帯留めに改造
  • 先月ダイソーで購入したヘアゴムパーツが、夏にピッタリだったので、帯留めに改造しました。100均ダイソーさんの、ヘアピンやクリップ。(ノ´∀`*) 海モチーフが可愛くて、帯留めに改造するつもり〜♪ pic.twitter.com/lyadEhpNke— 鯛_(:3」z)_ (@3tai_fish) 2017年6月9日改造したのは、巻貝のヘアゴムです。ヘアゴムのゴムを留めている金属パーツの爪を起こして、ゴムを取り外します。↓外すとこんな感じです。強引にやると [続きを読む]
  • 襷紐
  • 日常の家の中で、着物で家事をするのに必須アイテム・襷紐!(←大袈裟)冬場は割烹着(自家縫製)があるのでいいのですけど、それ以外の季節は無いとホント不便です〜。I love TASUKI?私が愛用してるのは、昔パジャマ(ホームウェア?)の紐だったもの(笑)コレ、伸縮性があるのでしていてとってもラク!細いけど、全く痛くありません!ゴムよりしっかりしてるし、背中の違和感もありません。↓紐の長さを調節出来るように、コードスト [続きを読む]
  • 読み返してたら腹が立った(笑)
  • 情報としてこの本の123頁〜を読むと、現代の「着付け」が洋装の影響から寸胴補正化へと、業界主導で『作為』されたものだってよく分かるから面白いw昭和のキモノ 和服が普段着だったころ (らんぷの本) 小泉 和子 https://t.co/VmkoohNmWC @amazonJP pic.twitter.com/eKJtAXHvqT— 鯛_(:3」z)_ (@3tai_fish) 2017年6月1日この本は2006年発行のなんだけど、読んだ当時は心底腹が立ったなー。未熟者だから(笑)戦後の「着付け」と [続きを読む]
  • 足回りのいろいろ
  • 下駄の形状・種類にもよりますが、特に『塗り』系で、台の足裏の接地面が、ヒールのある靴のようにカーブを描いているものは、鼻緒が合っていても、足袋や足袋ソックスを履いて歩いている時に台の上で足が滑ることがあります。(足袋ソックスの方がよく滑るね…(´・_・`)。滑り止めのついた足袋ソックスもあるけど)…で、昔から利用しているのが、指に貼る滑り止め用シールやジェル。大量のお札や紙を捲る時に、指が滑らないようにす [続きを読む]
  • 足まわりのこと
  • 今ではクッション性の高いウレタンや、足裏の滑り止めなども性能が向上して、良い草履が沢山ありますが、その昔むかし(笑)、安くて可愛い草履を買った私は、めちゃくちゃ足が痛い思いをしまして、以来下駄愛用者になったのでございます。安かろう悪かろうの時代だったんですかね(笑)?草履が嫌いって事はありませんよー。下駄の方が台の形状や塗りなど、デザインが色々あって楽しいのです。ただ、「下駄は草履より格下だから」と見 [続きを読む]
  • ランキング
  • ブログ村のランキングに参加してたんですけど、何か、ウチのは、ランキングに参加する必要性を感じないようなブログなので参加するの止めました(笑)私の「着物」はほとんど自己流です。親から教えてもらった事等ほぼ皆無だし、どこかの教室で習った訳でもありません。(高校での授業くらい(笑))しかし、江戸時代から戦前の生活文化の中で得る『きもの』情報だけでは、現代で生きる(活かす)のは不十分です。そんな時――昔むかし、ま [続きを読む]
  • 着物で転んでもイイんですヨ!
  • 佐野美術館の浮世絵展、鑑賞してきました。今回は、役者絵や風景や花鳥等のカテゴリー毎での展示で、毛彫りや空摺り等の技術を堪能し、同時に今まであまりよく知らなかった絵師も知れて楽しかった?浮世絵自体、基本的に手に取って鑑賞するものですが、北斎先生頃を境に、風景画を壁に貼る…と言うか、見る側から離して(西洋画の様に)鑑賞する…そんな風に、浮世絵に「使い方」にバリエーションが出たのが分かって面白かったです。 [続きを読む]
  • お気軽コーデヽ(^o^)丿゛
  • 浮世絵♪浮世絵♪ヤッホー?ヤッホー?浮世絵展を見に行くのでコーデメモです。江戸と言えば『縞』!って言いたくなるのですが、これはちょっと野暮な幅かな?(笑)着物…ポリエステル(吸汗・速乾)/単衣帯…夢工房・兵児帯/ポリエステル半襟…綿/Sybilla(シビラ)のハンカチを半分にしたもの帯揚げ…墨×深緑ぼかし・正絹/絽帯飾り…妖怪豆腐小僧&江戸紫トンボ玉(江戸時代)    …カエルのブローチ+足袋/紫&下駄今回は地元(と [続きを読む]
  • 植物系繊維の着物と、洗濯のりについての覚書
  • 小千谷縮、麻着物、綿着物、浴衣の洗い方 | きものと宝飾社 | 呉服業界のマーケティング雑誌 http://status-marketing.com/20170521-1905.html↑ここに植物繊維系の着物の洗い方の説明があり、仕上げの『洗濯のりの付け』が掲載されてますが、シーズンオフ等の長期保存でしまう前には、『洗濯のり』(特に天然系)は使用しないようにしましょう。虫やカビの発生の原因になりますよ〜。以前、よく「着物(の面倒をみきれないから)を引 [続きを読む]
  • 気合い…(;'∀')
  • 先日の有明に外出した際(猫の端午の節句コーデの時)に「今日(着物で)、気合いが入ってますね」と言われたのですが、私はのほほ〜んと着物を楽しんでいるだけなので、一瞬、『( °_°)?』と何の事と分かりませんでした(笑)いつもと変わらず着物を着ているだけでしたので(ノ´∀`*) 着物=特別…なのか、特殊なのか(笑)。着物のコーデがそうだったのか(笑)。←この可能性大かな(;'∀')着物を着る事に、「気合い」とか、今まで考えた [続きを読む]
  • 初夏と言うより、既に夏かな(笑)
  • 福猫at百段階段行ってきました。(鈴が煩いといけないので外しました)小澤康麿先生の作品、其まま地口猫飼好五十三疋『三島』(←地元)と、ウチの猫又ちゃん御対面してきました(笑)。(*´艸`*)他にも猫又作品があるのですが皆可愛い?鏑木清方先生の画も拝見出来て最高でした〜? pic.twitter.com/Ipt9kqnOGI— 鯛_(:3」z)_ (@3tai_fish) 2017年5月11日5/11、暑かったですね!東京の最高気温27℃!普通に夏日ww地元は28℃!!www [続きを読む]
  • 黒猫コーデと猫又
  • 今週中にお出かけする…かもなので、コーディネートメモしましたヽ(^o^)丿゛着物…正絹/紬・単衣帯…黒猫柄 京袋帯/ポリエステル半襟…ポリエステル(きもの遊び.netオリジナル『kimonoix半衿 モダンローズ』)帯締め…紫グラデーション×パステルグリーン斜縞柄・正絹/アンティーク帯揚げ…ベージュ系市松柄・正絹(花詩歌)帯留め…Palnart Pocブローチ『アジの開き』帯飾り…妖怪猫又&江戸紫トンボ玉(江戸時代)+足袋/ベージュ& [続きを読む]
  • 突然に熱海へGO
  • 5/3東京に引き続き、5/5に熱海へ行ってきました。家から熱海まで「隣」くらいの感覚なので、「行く!」って気合い入れる程じゃ無いのですが(笑)MOA美術館が改修工事を終え、丁度大好きな尾形光琳&琳派(の茶道具)展をやっていたのと、( ゚д゚)ハッ!…5/5こどもの日…と言う事は、5/3にしたコーデ「猫の端午の節句」を着る機会は今年最後…!…と思い付き、いそいそと出掛けて参りました(笑)MOA美術館で光琳&琳派展してまして、着物で [続きを読む]
  • 緑青のシミ問題(?)
  • リサイクル着物業者を利用して、着物を購入すると、広衿の、金属ホックに青サビがでていて、汚れている…なんてことは、間々ある事なんですけど。正にホックの緑青のご相談。そっと落とすも真ん中は少し弱り気味と目の前で話し、これは金線にも青サビが出ています。丸洗いが原因。 pic.twitter.com/O8sLO9KvPW— 三島染色補正店四代目/三島正義 (@kokounosyokunin) 2017年4月14日ホックのサビ。これは丸洗いの弊害。丸洗いさ [続きを読む]
  • GWのコーデ〜♪
  • GW中に外出の予定なのですが、出先の天気予報も出ましたので、早速コーディネートしました。着物…遠州綿紬(遠州縞・富士)/木綿帯…鳩と枝葉柄 八寸名古屋帯/ポリエステル半襟…ポリエステル(きもの遊び.netオリジナル『kimonoix半衿 五月のハチワレ』)帯締め…赤×黄土系・縞柄・正絹/アンティーク・松坂屋謹製帯揚げ…赤×黄土系・縞柄・正絹帯留め…Palnart Pocブローチ『夢の中』帯飾り…藤の花トンボ玉&鯉のぼりちりめん細 [続きを読む]
  • 夏の着物は洗える事が第一優先
  • 天然素材において麻の吸汗・速乾性は優秀と実感しています。100均の身体を洗うボディタオルに、麻素材や絹×木綿素材のがあって伸縮性もあるので、夏はそれを帯枕のガーゼ代わりにしてます。タオル補正(私はしないけど(笑))が暑い人は、このボディタオルを利用するとイイかもしれませんよ。— 鯛_(:3」z)_ (@3tai_fish) 2017年4月19日このツイートの『ガーゼ代わり』のがコレです。↓私は帯枕の背中が硬いのが嫌なので、分解 [続きを読む]
  • 【朗報】花魁が、桜コーデで桜と共演
  • (≧∀≦)お花見の時に、そのお花のコーデをしたい方に朗報です!(笑)江戸の流行最先端をいく花魁が、桜と共演してました!↑言い方が大袈裟…(;'∀')手元の資料本に『肉筆浮世絵Ⅰ東京国立博物館』(マール社)というのがあるんですが、見ていたら、花魁&禿が桜の花の下で桜の花コーデしている肉筆画がありました。二代目鳥居清元 (寛政元年〈1789年〉- 没年不明)『桜下遊女道中図』※東京国立博物館画像検索サイトより↓http://web [続きを読む]
  • 十三回忌法要の着物コーデ
  • 数年前になりますが、母の十三回忌法要(七月上旬)での着物コーデです。九谷焼の帯留め?以前、母の十三回忌法要で帯まわりを°???(???)???°輝きコーデした(笑)法要は亡き人が仏様の修行が一段一段ステップアップしていくお祝い!とお互いの励まし合い!あの世の母は面白がってくれました(笑) pic.twitter.com/ONynm7n0Qz— 鯛_(:3」z)_ (@3tai_fish) 2017年4月14日法要と言うと、お堅いイメージですが、一周忌以降 [続きを読む]
  • 牡丹尽くしと言うより、ただ煩い(笑)?
  • 中古で(実質0円w)手に入れた、『夢工房Ⅱ』の銘仙風ポリ!ようやくお洗濯出来ました.゚+.(・∀・)゚+.洗ったら石鹸水が…(;'∀')…汚っ!!合成洗剤の残滓が出る出る(笑)。臭いもスッキリ取れました?昭和初期の足利銘仙ポスターに、山川秀峰画伯作「美人図」があるんですが、それからインスパイア(大袈裟w)されて、大雑把に描いたらこーなっちゃった↑みたいな感じw…なデザインですね。大胆かつ鬱陶しい牡丹の柄ゆきが面白くて笑います [続きを読む]
  • 蛇足の蛇足?
  • 前回の蛇足を見直すと、…まあ、日本人ってめちゃくちゃ精神性が高くて全員が悟りを開いた、浄土に生きる人なみたいな感じに書いてしまいました(笑)。発想のスタートが、自然に対して「勝ち負け」の意識からではない…という意図で書きました。江戸に戻りますが、江戸御先祖の皆さんも色々と「競い合い」はしてましたよね。自分で育てた花とか鳥とか虫とか、吉原の遊女とか。手塩に掛けて育てた(人工)=お金かけてる…と、競い合い [続きを読む]
  • 蛇足。
  • 昔の人…明治中期くらいより前の時代でしょうか…が『盛りの花のコーデをしない』のは、そもそも、そんなコーデが出来る着物を持ってる人が、当時の日本人に殆ど居ないと言うのがあると思います。江戸の町方にあっては、度々の豪奢禁止令・質素倹約令が出て、結果、江戸っ子は、表面は…現代的には『地味』な色や唐桟縞、地味色でも素材の違いで差をつけ、お金持ちは裏面の見えない所を豪奢に手の込んだものを誂え、脱いだ時の差を [続きを読む]
  • 思考の方向性に疑問しかない
  • 地元の桜。遅れに遅れた開花が始まって、本日ようやく8〜9分を迎えてます。今年は天候の荒れが酷く、これ以上、各々の桜が揃っての満開は難しい感じ…。暴風雨と、残りの花芽を鳥に食べられて終りかな…と思うと、最高の満開の桜を見る事が、「毎年当たり前」じゃないんだなーと改めて思いました。…その前に、あと何回自分は桜の開花を見られるのかな?って思ってるんですけど…頑張ろう(苦笑)。前回、桜満開のお花見に桜満開のコ [続きを読む]
  • 私が桜満開コーデをしない理由
  • 桜満開のお花見に桜満開コーデをするのは「表現の自由」であり、そもそも社会人として義務を果たし責任を取れるなら、誰にでも好きな着物のコーディネートをする権利がある。…と、前回の記事で、持論を述べさせて頂きましたが、では、私自身が、桜満開のお花見に桜満開コーデをするか…と訊かれれば、しません(笑)。※↑イメージとして、写実的な桜の柄・意匠。それは、『野暮』だからとか、『粋』を意識して…とかの理由ではあり [続きを読む]
  • 着こなしの問題…じゃない事
  • 桜が満開のこの時期ですが〜、「花を見に行くのに、その花(盛り)の着物や帯を身につける事は『野暮』」「着物は、季節を先取りするのが『粋(いき)』な着こなしと言われてる」 VS「桜満開のお花見に、枝木の桜(満開?)柄着物・帯等のコーデで出かけて行ったら、 (野暮だと)笑われた(バカにされた・指摘された)」「好きなものを着て何が悪い」「余計なお世話だ」…みたいな事で、以前からネット上がちょい荒れますよね…(;'∀')。 [続きを読む]