naka さん プロフィール

  •  
nakaさん: ありのまま生きる思考法
ハンドル名naka さん
ブログタイトルありのまま生きる思考法
ブログURLhttp://xn--w8jwg995h032a.com
サイト紹介文かつて生きる力を無くした私だから『ありのままで生きる』ことがどんなに大切かわかります。
自由文かつて生きる力を失い彷徨った私。そこから復活した過程で、学んできたものをシェアしていきます。そんな私だからこそ、伝えられるものがあると思うのです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供181回 / 232日(平均5.5回/週) - 参加 2014/05/29 08:56

naka さんのブログ記事

  • 白隠禅師
  • 昔、白隠(はくいん)禅師というお坊さんがいました。 その白隠禅師を尊敬している商人の娘がある時、身ごもってしまいました。 娘は白隠禅師の子どもだと言えば、父親に許してもらえるんじゃないかと思い、嘘をつきました。 それを聞 ... [続きを読む]
  • 常岡一郎氏の言葉
  • 常岡一郎氏は、大学卒業直前に肺結核を患いました。 当時、結核は死の病です。 お見舞いに来る人もなく、病床で悶々と日々を送っていました。 ある人から「比叡山も高野山ももとは奥の山。そこに徳の高い人が住み、訪れる人が絶えない ... [続きを読む]
  • 今を精いっぱい生きる
  • 進行性の難病を患いながらも、今を精いっぱい生きる小澤綾子さんの生き様です。 小澤さんが体の異変に気付いたのは、小学4年生の時でした。 学年が上がるにつれて、同級生たちは走るのがどんどん速くなっていく一方で、小澤さんは逆に ... [続きを読む]
  • 人の期待を超える感動
  • 過疎化が進む島根県で業績を順調に伸ばしている島根電工では、住まいのおたすけ隊で「お客様の期待を超える感動」という取り組みを行っています。 社長の荒木氏がこの取り組みについて、次のように語っています。 私が社員にいつも言っ ... [続きを読む]
  • 今この瞬間を精一杯生きる
  • 「今この瞬間を精一杯生きる」 口で言うのはたやすいですが、実際にやるとなると結構難しいものです。 ややもすると、過去のことを悔いたり、将来への不安で心をかき乱しているうちに時間だけがどんどん過ぎ去ってしまうという経験は誰 ... [続きを読む]
  • 果報は寝て待て
  • 「果報は寝て待て」という言葉があります。 良い知らせは気長に焦らずに待つのが良いということです。 最近は仕事でも短期的な成果を求められることが多いため、このような長期的視点での発想が受け入れにくくなっています。 同じよう ... [続きを読む]
  • 因果律
  • 因果律は全法則の基本原理であり根底であり、永遠に不変のものです。 自分が蒔いたタネが生み出すものを自分で刈り取るという原則です。 1つの原因に対して数学的正確さをもって結果が生じます。 その結果がまた原因となって新たな結 ... [続きを読む]
  • 地上世界への再生とは
  • 1度死んだ人が地上へ再生してくることがありますが、それは本人がもう1度生まれ変わりたいという願望を持つようになった結果、再生してくるのです。 あくまでも本人の意思によるものです。 地上世界に奉仕したいという場合もあります ... [続きを読む]
  • 死後の世界の体験
  • 実は睡眠中は1人の例外もなく死後の世界(霊界)を訪れているのです。 一時的に肉体を離れて霊界を訪れ、縁のある人たちと会っているのです。 これは、死後の環境の変化がショックにならないように、あらかじめ準備させるための配慮な ... [続きを読む]
  • 死後の世界での生活(5)
  • 死後の世界(霊界)では、何一つ隠すことができません。 すべてが知れてしまうのです。 地上ではごまかし、嘘をつき、だますことができます。 名前を合法的に変えることも出来ます。 しかし、本性を変えるわけにはいきません。 霊界 ... [続きを読む]
  • 死後の世界での生活(4)
  • 死後の世界には経済問題がありません。 社会問題がありません。 人種問題がありません。 身体ではなく魂が関心のすべてだからです。 魂には白も赤も黄も黒もないのです。 界層というものがあり、そこに住む者の進化の程度に応じて段 ... [続きを読む]
  • 死後の世界での生活(3)
  • 死後の世界(霊界)でも低級な霊は貪欲とか権力欲とかを持ち合わせています。 忘れてはならないのは、死んだ人間は霊的には死ぬ前とまったく同じであることです。 地上と違って霊界は心の思うことに実体が伴い実感があるのです。 例え ... [続きを読む]
  • 死後の世界での生活(2)
  • 死後の世界(霊界)での生活と言っても、幽霊や妖怪になるのではありません。 首のないお化けになるのではありません。 立派な胴体と、他人と区別のつく容貌を具えた存在です。 他人を認識するための感覚もちゃんと具えております。 ... [続きを読む]