スジコ さん プロフィール

  •  
スジコさん: 頑固だった父が脳梗塞で突然要介護になりました
ハンドル名スジコ さん
ブログタイトル頑固だった父が脳梗塞で突然要介護になりました
ブログURLhttp://kaigonoukousoku.blog.fc2.com/
サイト紹介文父が脳梗塞になり突然要介護4へ。介護とは無縁だった娘の実際の体験談と介護情報や制度について書いてます
自由文父が脳梗塞を発症し、突然要介護4へ。介護とは一切無縁だった娘が、入院生活を送る父の状況や自分の心の葛藤を書いています。そして、介護0の知識から、国の介護制度や入院制度等を調べていく上で学んだ事や実際にかかった入院費用や障害者申請の仕方、助成金の請求の仕方等、どなたかのお役に立てる事ができれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 235日(平均0.5回/週) - 参加 2014/05/30 10:22

スジコ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ラモス瑠偉さんの脳梗塞
  • 右中大脳動脈に脳梗塞がありますが、幸いなことにも順調に回復を見せており、明日からリハビリが始まる予定です。言語障害はみられず、ハッキリと意思疎通ができております。出典:http://ameblo.jp/ramos-ruy/本人ブログよりラモスさんの脳梗塞は右中大脳動脈で、まだ梗塞があるようですが、明日からリハビリ開始できるそうです。脳梗塞と聞いてしまうと、とっさにどの程度なのだろう?と思ってしまいます。介護を要するような重 [続きを読む]
  • 脳梗塞で死んだ細胞が蘇る?
  • 兵庫医科大のグループが、脳梗塞の組織の中に神経細胞を作る細胞があることを発見ししたそうです。それを採取し、培養、移植することにより脳梗塞で死んでしまった細胞をもう一度再生させる研究を開始。死んだ神経細胞は再生しないという定説を覆す発見で、兵庫医科大のグループは、今後2年余りで、臨床試験の前段階まで持っていきたいと述べているんだそう。IPS細胞と比べてどうなのか?体のさまざまな細胞を作り出すので有 [続きを読む]
  • 退院後の新しい第3の選択肢、受け皿ができつつあるのか?
  • 脳梗塞患者さんにとって、新しい受け皿になりえる新しい選択肢『脳梗塞リハビリセンター』なるものが設立されています。どんなセンターなのか?東京・埼玉・神奈川の3県にしか施設は存在しません。ただ管理人が試したかった鍼灸も治療には組み込まれている様。健康保険や介護保険対象外でかなり高額ですが、マンツーでの徹底したリハビリに特化している施設の様。保険利用できるならば申し分ない施設という感じでしょうか。60 [続きを読む]
  • 介護欝
  • 在宅介護が始まって、最初はとても大変でした。母も慣れないですし、仕事との両立もあります。退院直後はおむつもまだ外れていませんでしたので、夜間のおつむ交換交換から寝る時間もほとんど取れなかったそうです。病院での入院期間が5ヶ月ほどありましたが、リハビリらしいリハビリは受ける事ができませんでしたし、体重も私とほぼ変わらないくらいまで落ちていました。私は160センチくらいですが、父は168センチ。48kg [続きを読む]
  • 父の肺癌発覚
  • 2015年の9月末頃、母が最近父のよだれが増えた気がすると言い出しました。デイケアの方からも少しそんな気がしますと言われて、どこか梗塞をまた起こしているのではないか?と思い病院を受診する事になりました。この時は、まさか肺癌とは誰も思いもせず、受診した時の診断は『転移性の腫瘍が脳にある』という事でした。転移性?その時点で、癌は確定でした。肺癌はよく脳へ転移しやすい事から、概ね肺癌ではないのかと、それ [続きを読む]
  • 3度目のリハビリ病院退院
  • 3度目のリハビリ病院を無事8月お盆すぎに退院する事ができました。維持期から退院した後に回復をせずに悪くなる方の話を耳にしたりしますが、父の場合は毎日のデイケア通いと体調が良い時の自宅でのリハビリ、母のマッサージで後退する事なく回復していきました。本人の容態や介護度にもよると思いますし、年齢にもよると思いますが、父の場合は68歳という事もあり日々のちょっとしたケアで後退する事なく生活できていたのかも [続きを読む]
  • リハビリ病院再入院
  • リハビリ病院ですが、父は3度入院しています。1度目は脳梗塞急性期から転院したリハビリ病院。2度目は有名なリハビリ病院を通っているデイケアの先生から紹介して頂き入院。3度目が今回となります。この3度目のリハビリ入院も2度目入院した川平法のリハビリで有名なK病院です。退院した時に『また見させてください』とおっしゃってくださった先生の言葉を間に受けて、リハビリの改善に再チャレンジに行ったという訳です。国 [続きを読む]
  • 脳梗塞から退院後、リハビリ病院へ再入院
  • 脳梗塞発症から約4ヶ月少し後、病院を退院し、在宅介護でも色々ありましたが、デイケアでのリハビリの成果もあり、入院していた時とはうって変わって容態が良くなっていきました。在宅で父の大好きな我が家にいるという事が大きく影響していたかもしれませんが、ほぼほぼ寝たきりだった父が車椅子にいる事が多くなり、感情の起伏も本当に落ち着いていました。私も入院時は何とか今まで通りの父までに回復を!と思っていたのです [続きを読む]
  • 父がリハビリを経て維持期退院となった時
  • 脳梗塞は、『急性期・回復期・維持期』と日本では3つに区別されていますが、父の場合は、明確に別れていませんでしたというのも、容態が悪すぎて、急性期の時も回復期病院へ転院するのすら考えさせられる程の昏睡状態ぶりでしたし、回復期にいざ意識がはっきりし始めても、急性期の頃の容態とほぼほぼ変わりませんでした。というか、悪化していました。『あー!あー!』と大声を出し始め(し〜!!と言っても理解できません)、夜 [続きを読む]
  • 急性期病院から回復期病院へ転院した時
  • 父が昏睡状態へ入る前は、言語に麻痺は出てきていましたが、意識はしっかりとありました。自分の状況がどんな状況なのかは理解はできていなかったと思います。恐らくもうこれで自分は死ぬんだと思っていた様な素振りでした。病室も面会謝絶でしたが、それでも様子を少し伺いに入ると、顔を見た途端に起きて何かを伝え様と暴れていました。ですが、既に右麻痺がでていましたので、上手に起き上がる事ができません。その状態がしばら [続きを読む]
  • 脳梗塞による食事介助〜スプーンが頬にあたる?〜
  • 脳梗塞になり、経過を経てスプーン等で自分で食事をとることができる様になった時、自分の口へ食べ物を運びますが、口の位置を正確に認識できない場合があります。どういう事かといいますと、普通食べ物を口へ運ぶ時には口へスムーズに食べ物を運ぶ事ができますよね。それが距離の認識からか、口へ運ぶのが難しくなります。自分の頬等にスプーンが当たったりして、上手に食べる事ができません。この時に有効な手段は、被介護者にス [続きを読む]
  • 2度目の脳梗塞を発症したらどう対処すべきなのか
  • 2度目の脳梗塞は重症化する割合が高い事はよく言われる事ですが、実際父の場合もそうでした。万人がそうでもないかもしれませんが、気をつけておいた方が良い事は間違いありません。父の場合ですが、1度目の脳梗塞が比較的短期入院で終わったので、2度目もどうせ短期入院で退院できるんだろうという妙な危機感の無さ、そして介護や脳梗塞が我が家にふりかかる訳ないという、介護に縁のなかった今までの生活からくる妙な考え。こ [続きを読む]
  • 維持機のリハビリ
  • 平成30年3月31日までに維持機リハビリは介護保険での適用になる様ですね(´・ω・`)たまたま目にした記事に書いていました。勿論一部例外はある様です。ですが基本的には以下の方々は対象の様です。1.維持期である(脳血管は発症から180日後、運動器は発症から150日後)2.脳血管リハビリ、運動器リハビリ3.入院中意外4.介護保険適用済である事が対象者みたいです。他にも医療報酬等等、減額の様な事が決定しておりまし [続きを読む]
  • 父が亡くなった後の手続き
  • 父が亡くなってから、もうすぐ1年が経とうとしています。父の性格はというと、戦後間もない頃に生まれたので、なんでもとっておく癖がありました。勿体無いという感覚から?なのか何でも収集します。実家は隣に隠居があったんですが、私の祖父、祖母が住んでおりました。もう亡くなってから数十年経過するんですが、未だその家は実家の敷地内に建っています。母も処分したくてもできない状況もあり、父に任せっきりだったりなど、 [続きを読む]
  • 団信生命保険〜住宅ローン〜高度障害とは何なのか
  • 父が亡くなりもうすぐ1年が経とうとします。ブログでは触れていませんでしたが、実は父は住宅ローンを抱えていました。通常は定年の60歳までに支払い終える形を皆さん取られると思います。今は住宅ローン金利がものすごく安くなっていますが、当時は固定でも恐らく3%でも最も安いとか、それくらいの金利だったと思います。なので、よく解っていないと変動金利にして、後々大変な事になってしまったり、計画倒れしてしまう人も [続きを読む]
  • 昨年末父が突然亡くなりました
  • ブログずっと更新できずにいました(´・ω・`)実は私ごとですが、無事妊活中(プロフィール掲載)から出産まで至れまして、父にお孫ちゃんを見せる事ができました・・・ところがです。9月になり父に異変が・・・最初は母が「最近、どうもよだれが増えている気がする」と言ってきたので病院へ連れていくように言った所、なんど肺癌発覚。もう一度どこかが脳梗塞になっているんじゃないか?と心配危惧していましたら、脳へ転移性の [続きを読む]
  • 過去の記事 …