ajankohta さん プロフィール

  •  
ajankohtaさん: あやんこふた
ハンドル名ajankohta さん
ブログタイトルあやんこふた
ブログURLhttp://ameblo.jp/ajankohta/
サイト紹介文フィンランドのアンティークや雑貨に関するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/05/30 20:30

ajankohta さんのブログ記事

  • エステリ・トムラ:Flora
  • 今日のティータイムのおともは、エステリ・トムラ(Esteri Tomula)のFlora。 野の花が描かれた彩り鮮やかなアイテムですが、製造期間は1979年から1981年と短め。めったに出会わない一品です。 ウッラ・プロコペが手がけたSモデルは、Flora以外にも、Ruska、Anemone、Rosmarinなど、人気シリーズの多いフォルムです。 カップの裏は、かつてのParatiisiのようにカラー。普段見えない部分にちょっとしたこだわ [続きを読む]
  • ライヤ・ウオシッキネン:Vuokko
  • アンティークショップやキルッピスなどを回っていて不思議に思うのは、珍しいシリーズ・商品に出会うと、続けざまに出会うことが多いということです。アンティーク・ヴィンテージ市場にも流行のようなものがあるのでしょうか。 そんな形でめぐりあったアイテムの一つが、Vuokko(ヴオッコ)のC&Sとデザート皿です。 OTモデルにデコレーションを施したのは、ライヤ・ウオシッキネン。 アンティークショップで [続きを読む]
  • カーリナ・アホ:Kala カッティングボード
  • 今回はほとんど自由時間がなかったのですが、最終日、フライトまでの時間を利用して、アンティーク・ショップに行ってきました。 今回の戦利品はこちら。 Kaarina Aho(カーリナ・アホ)のKala(魚)型のカッティングプレートです。 白地に茶色で絵付けがなされているタイプは、何度か見たことがあったのですが、このタイプの実物を見たのは初めてでした。ブルーがかったグレーの色味がとても素敵です。&nbs [続きを読む]
  • ヘルシンキ
  • ヘルシンキに戻ってきました。日本人の方が本当に多くてビックリ。 フィギュアスケートの世界選手権観戦のために、たくさんの日本人が来芬するというニュースはこちらでも伝えられていましたが、これほどまでとは思いませんでした。 明日から開幕ということで、今日のヘルシンギン・サノマットにも特集記事が。フィンランドのペアの選手がフィーチャーされていましたが、注目選手として、羽生選手の紹介も。   [続きを読む]
  • アラビア工場閉鎖から約1年
  • 衝撃のアラビア工場閉鎖からもう少しで1年。今日のYLEニュースで特集をしていました。 あ、これは、Arabia colors。 フィンランドにおける陶磁器生産から撤退して…ということで、FISKARSの方や一般の方のインタビューと、かつてのアラビア工場の様子などの映像から構成されていました。 やはりフィンランドで作ってほしい…と思うのは、イマドキの流れに反するものなのでしょうか。 [続きを読む]
  • 3+1Päivää
  • フィンランドのデパート、ストックマンとソコスには、春と秋の年2回バーゲンがあります。ストックマンのHullut Päivätには街が黄色に染まり、ソコスの3+1Päivääには街がピンクに染まります。 ソコスのバーゲンが今週の水曜日始まるようです。 帰国してしまうので恩恵には与れませんが、広告を見ながら、エア・ショッピング(?)を楽しみます。 まず、水曜日。マリメッコのバッグ。Olkalaukku(オ [続きを読む]
  • Solo Sokos Hotel Paviljonki@ユバスキュラ
  • ユバスキュラで宿泊したホテルは、Solo Sokos Hotel Paviljonki。(ソロ・ソコス・ホテル・パヴィリヨンキ)ソコスは大手ホテルチェーンのひとつですが、チェーンのブランドを3つに分けています。(ソロ、オリジナル、ブレーク)Soloは、ビジネスホテルではありますが、デザインコンシャスであったり、他と違う個性があったり、少し特別感があるように思います。 まずは、お部屋から。チェックインの際にリクエストして、バ [続きを読む]
  • FIGARO@ユバスキュラ
  • 午前中にひと仕事した後、お昼はビジネスランチでした。「ユバスキュラにはいいレストランが3軒あるんだけど、 その中でも一番いいところだよ」と連れてきていただいたのは、駅にもほど近いレストラン、FIGARO。「フレンチとフィニッシュのフュージョン」だそうです。 3プレートのランチコースを頂きました。スターター、メイン、デザート、いずれも2〜3種の中から選びます。 スターターは、レモングラス風 [続きを読む]
  • Wilhelmiinan Konditoria@ユバスキュラ
  • Asemankatu(アセマンカトゥ)と、Vapaudenkatu(ヴァパウデンカトゥ)が交差するエリアはカフェ激戦区。 Wilhelmiinan Konditoria(ヴィルヘルミーナン・コンディトリア)もその一角を成すカフェです。 クラシックな概観に、期待が膨らみます。 オーダーしたのは、カフェオレとパンヌカック。こちらのパンヌカック(パンケーキ)は、フィンランドの定番スタイルの四角形のものです。ジャムとクリームを添え [続きを読む]
  • Pannukakkutalo@ユバスキュラ
  • 「Pannukakkutalo」(パンケーキ・ハウス)粉もの好きとしては試しておきたい名前のレストランです。 街の中心部のショッピングセンターForumの斜め前にあります。 このエリアには、甘いもの好き、カフェ好きには見逃せないお店が集中しています。 こちらのレストランもそのひとつ。甘いモノ系だけでなく、おかず系(?)も充実しており、様々な種類のパンケーキを頂くことができます。 私が注文したの [続きを読む]
  • アアルト・ミュージアム@ユバスキュラ
  • 今週は「ユバスキュラの日」ということで、(実際は「ユバスキュラ・ウィーク」だと思いますが)いろいろとスペシャルなイベントや企画があるようです。 その一環で、アールト・ミュージアムが無料と聞き、一仕事終えた後、足をのばしてきました。 おなじみのアアルト・プロダクトがずらり。 椅子の展示もオシャレですね。 アイノ・アアルトの作品も。 ダイニングルームのディ [続きを読む]
  • TEELEIDI@ユバスキュラ
  • ユバスキュラに来ています。ヘルシンキから遠い!というイメージだったのですが、今回は、ペンドリーノで3時間強。随分近くなった印象です。 駅近くのティールーム、TEELEIDIでランチ代わりのお茶を頂きました。 通りの方から見た外観はこんな感じ。赤い屋根と煉瓦が印象的です。 ドライフラワーをカゴいっぱいに載せた自転車も。 入口の方にまわると可愛らしい玄関ポーチが。 エン [続きを読む]
  • Hotel F6@ヘルシンキ
  • 再びフィンランドにやってきました。今年は何かとご縁があります。 ヘルシンキでは、Hotel F6に宿泊しました。 いつもならば検討する価格帯のホテルではないのですが、某予約サイトで「シークレットプライス」として、お得なお値段で出ていたので泊まってみることにしました。 エントランスを入ると左手にレセプション、右手にレストランがあります。(下の写真は中側からみたものです)お部屋に進むには、 [続きを読む]
  • Original Sokos Hotel Vaakuna@ヘルシンキ
  • タンペレからヘルシンキへ。今度は、Original Sokos Hotel Vaakunaに宿泊。Holiday Innにもう一度、とも思ったのですが、何故か年に1度はVaakunaに泊まりたくなります。 今回は、シングルルーム。フィンランドのビジネスホテルは1人で宿泊するときでもツインやダブルのシングルユースが多いので、シングルルームは、珍しいです。 インテリアも華美ではなく、家具も大分古くなってきているのですが、鏡やランプ [続きを読む]
  • Holiday Inn Tampere Central Station@タンペレ
  • タンペレでもHoliday Innに宿泊しました。駅そばの以前メインポストオフィスがあった、Postitaloにあります。 たしか、PostitaloにあったのはCumulus系で、Holiday InnはTampere Talo近くにあったと思うのですが、いつの間にやら、いろいろと変わっていました。 駅から近い所にあるのですが、ホテルの2階から1番線のホームに直接連結していました。チェックアウトから、列車乗車までが非常にスムーズでした。 さ [続きを読む]
  • Holiday Inn Helsinki City Center@ヘルシンキ
  • 今回、メインで宿泊したのはHoliday Inn Helsinki City Centerです。駅の隣、ということで、アクセスのよいホテルです。 いつもは北欧系のホテルを選ぶ事が多いのですが、今回、IHGリワーズクラブ(無料で加入可能)料金で、安いレートが出ていたので、10年ぶりに宿泊しました。 北欧系ホテルではないのですが、お部屋もどことなく北欧風。グリーンとパープルという珍しい色合わせ。 窓のそばには、チェアと [続きを読む]
  • Patisserie Teemu & Markus@ヘルシンキ
  • 最終日。朝のお散歩がてら、Patisserie Teemu & Markusへ。 入口には「街で一番のラスキアイスプッラ」の文字。この時期ならではのもの、ということで心が揺れたのですが、初日にこちらのラスキアイスプッラをテイクアウトで頂いていたこともあり、今日は、別のメニューに。 チョコレート&ラズベリーのケーキ。ムース系です。 食べる前は、他の方が頼んだケーキに一瞬目を奪われ、(「ドライケーキ」 [続きを読む]
  • Hanko Sushi@ヘルシンキ
  • ホテルのチェックアウトが12時。JALのフライトの場合、搭乗手続きの開始が14:45からなので、今から空港に向かっても、待ち時間が長いだけ。 ということで、しばし時間つぶし。お昼を食べることにしました。 どこにしようかと駅近辺をうろうろ。たまたま開店直後だったHanko Sushiへ。 駅前のCity Centerにある店舗です。セットメニューを頂きました。 サーモン中心のメニュー。炙りなど、ひと工 [続きを読む]
  • Kuparitalon Vohverikahvila@タンペレ
  • 17時に予定が終了。そのままヘルシンキに戻りたいところですが、購入していた切符は20時発。交通費を安く上げるためにVRのサイトで事前購入したチケットは、予定変更すると代金の2倍近くを払う羽目になるため(事前購入9?、変更すると手数料+差額で17ユーロ)20時まで時間をつぶすことに。 アクティブに動きたい気持ちもあったのですが、気温が-10度近くになっていたため、外に向かう気持ちがしぼんでいました…。そこ [続きを読む]
  • Ravintola Tuhto@タンペレ
  • タンペレに移動。予定は午後からだったので、お世話になっている方とランチ。 Tampere Taloの中にあるレストラン、Tuhtoへ。ヘルシンキでEliteやSavoyなど、有名レストランを多数展開しているRoyalグループの系列店として、今月オープンしたばかりのレストランです。 Tampere Taloに隣接する、Sorsapuisto(あひる公園)に面しており、ビューを楽しみながら食事をすることができます。雪に覆われた2月の風景も素 [続きを読む]
  • Moomin Kaffe@ヘルシンキ
  • Krunuunhaka地区で仕事だったので、お昼は、Moomin Kaffeに行ってみることにしました。 お昼にはまだ少し早い時間ということもあり、まだお客さんも少なかったのですが、小さなお子さんを連れたママさんやPCを広げてペーパーを書いている若い女性の方や(ヘルシンキ大学のすぐ近くなので学生さんでしょうか)コーヒーを片手に新聞を読みふける男性の方など、多様な層の方がいらっしゃいました。 とはいえ、子ど [続きを読む]
  • Mizu@ヘルシンキ
  • 本日のランチは、日本食で!お昼過ぎにTöölö地区で用があったため、以前から機会があれば行ってみたい!と思っていたMuseokatuのMIZUへ。 冬季限定のおうどん。 卵のトッピングも可能ということで、プラス。仕上がりをお好みでお願いできるということで、半熟にして頂きました! やはりお昼に温かいものを頂くとホッとします。おうどんのお出しもとっても美味しかったです。 そして、デザートに、抹茶ロー [続きを読む]
  • Ristomatti Ratia & Eeva Mela展
  • 仕事が終わりほっとしながら街を歩いてたところ、目に入ってきたのがギャラリーに飾られた色鮮やかなガラス群。展示会かしらとふと目をやると「リストマッティ・ラティア&エエヴァ・メラ」の文字。ラティアさん!…と言えば、MarimekkoのOlkalaukkuの生みの親であり、Marimekkoの創設者アルミ・ラティアさんの息子さんです! ガラス・アートまでなさっていたのか…ということで中へ。 ギャラリーは、ラティアさ [続きを読む]
  • Laskiaispulla@Chjoko
  • お昼は、LiisankatuにあるChjokoへ。午前の仕事が近くだったこともあるのですが、何よりELLE gourmetのこちらの記事を読んで、どうしても食べてみたくなったからです。 オーダーしたのは、もちろん、ラスキアイスプッラ。生クリーム&ラズベリージャム版もありましたが、餅は餅屋。チョコレート屋ではチョコレート。ということで、初志貫徹でチョコレート版をチョイス。 甘すぎないチョコレートクリームがとても [続きを読む]
  • デザイン・ミュージアム
  • 週末には、こちらもディスプレイが変化したという噂のデザイン・ミュージアムに行ってきました。 たしかに常設展示が大幅リニューアル。年代順の展示は相変わらずなのですが、展示方法と、量(一時的なものかもしれませんが)が、大きく変わっていました。 アルヴァ&アイノ・アアルト夫妻 タピオ・ヴィルッカラ&ルート・ブリック アンッティ&ヴオッコ・ヌルメスニエミ と来たので、これは、カ [続きを読む]