Yas さん プロフィール

  •  
Yasさん: ROCKERS SQUARE
ハンドル名Yas さん
ブログタイトルROCKERS SQUARE
ブログURLhttp://rockerssquare.blog.jp/
サイト紹介文アメリカンルーツロックやハードロックなど少し古めのロックを中心に幅広く取り上げています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2014/05/31 19:31

Yas さんのブログ記事

  • Chuck Berry 他界
  • Chuck Berryが亡くなりました。享年90歳でした。彼こそはFather of Rock & Roll。同時代にKing of Rock & RollことElvis Presleyがいたわけですが、あちらはカントリー畑出身だったのに対して、Chuckはブルース畑出身。またElvisが女性の熱狂を集めたのに対し、Chuckは男性の絶大な支持を受けました。それは曲も歌い方も良いけどやっぱり彼のギタープレイによるところが大きくて、彼のプレイやパフォーマンスを観て聴いて、俺もあ [続きを読む]
  • セントパトリック・クラフトフェスティバル
  • 相模原の米軍施設 相模デポで行われた「セントパトリック・クラフトフェスティバル」に娘と行ってきました。今年は日本アイルランド交流60周年ということで、アイルランド大使館後援で初開催。セントパトリックのフェスは代々木公園でもありましたが、今回はこちらへ。普段は入れない場所というのもありましたが、目当ては世界各国100種近くのクラフトビールの数々。 で、私が呑みたかったのは、やっぱりアイルランドの [続きを読む]
  • Phil Lynottとアイルランド
  • 今日は私の好きなアイルランドの英雄Phil Lynott(フィル・ライノット)について取り上げてみます。彼は1949年8月20日イギリスのバーミンガム近郊で、アイルランド人の母親とブラジル人兵士の父親の間に生まれました。しかしすぐに帰国してしまった父親の顔を見ることはなく、肌の色の違いから差別も受けます。その後祖父母のいるアイルランドのダブリンに移り、そこでアイルランド人としてのアイデンティティを強く持つに至ります [続きを読む]
  • アイルランドの名盤10選
  • 毎年3月17日はセントパトリックデイ。アイルランドに初めてキリスト教を伝播したカトリック牧師を祝したアイルランドの記念日で、本国を始め移民の多い各国で祝われます。アイルランドは元々は自然信仰の国であり、伝播されたキリスト教もその自然信仰と融合したことで、この国に浸透しました。豊かな自然と、2000年のケルト文化を受け継ぐ伝統のある国です。この国の魅力は色々あるのですが、特に人を魅了するのが音楽です。様々 [続きを読む]
  • 娘と鍵盤
  • 最近娘はよくキーボードを弾いて遊んでいる。昨年の誕生日に楽譜と一緒に与えてみたのだが、思いの外楽しんでいるようだ。別にキーボードも新品ではなく、私が昔使っていた後に長い間教え子に貸していたもの。それでも2オクターブしかなかったオモチャのピアノよりはよっぽど良い。昔から娘は出来ないとすぐに投げ出すので、全く上達しなかった。なので、今回は全ての鍵盤に音階のシールを貼り、楽譜も音符に全て音階が書いてある [続きを読む]
  • 風景印
  • 昨年の夏から風景印を集め始めました。夏休みに家族で式根島に行った際に、何か旅の記録として残せるものはないかと考えた時に、子供の頃に集めていたのを思い出しました。それ以来、休みの日にちょこちょこと集めるようになり、先日ようやく100ヶ所目となりました。風景印とは、全国の郵便局がそれぞれの土地の風景や名物などをデザインした消印のこと。基本的に全てデザインが異なり、それぞれの局でしか手に入らないので、収集 [続きを読む]
  • 浜田省吾 「旅するソングライター」 (2015)
  • ~Journey of a Songwriter ~~ 旅するソングライター (期間生産限定盤)~ [CD]浜田省吾ソニー・ミュージックレーベルズ2015-04-291. 光の糸2. 旅するソングライター3. きっと明日4. マグノリアの小径5. 美しい一夜6. サンシャイン・クリスマスソング7. 五月の絵画8. 瓶につめたラブレター9. ハッピー・バースデイソング10. 夢のつづき11. 夜はこれから12. 恋する気分13. 永遠のワルツ14. アジアの風 青空 祈り part-1 風15. アジアの [続きを読む]
  • John Wetton 逝去
  • 先日1月31日、今度はJohn Wettonが亡くなってしまいました。享年67歳でした。後年はAsiaの活動歴が長いですが、Family、King Crimson、UKを始め、Roxy Music、Uriah Heep、Wishbone Ashなど非常に多くのバンドで活躍していました。彼はボーカルとベース以外にも、ギターやキーボードまで弾けるマルチプレイヤーで、曲も書ける。きっと誰もが欲しがる存在だったのでしょう。個人的に最も思い入れの強いのはやっぱりKing Crimson期。 [続きを読む]
  • The Police Live Report 2008
  • 懐かしくなったので以前の来日公演のレポートを引っ張り出してきたみた。早いものでもう9年前になる。-------------------------------------------------------------------2008.02.14 @ 東京ドームこんな日が来るとは思わなかった。まさか再結成するなんて、生きていればいい事があるものである。。数年前にMaxeenというバンドのライブを見た時に、The Policeの影響を強く感じながらも、その本家のライブを見ることなどもう叶う [続きを読む]
  • The Police 「Outlandos d'Amour」 (1978)
  • アウトランドス・ダムール [CD]ポリスユニバーサル ミュージック2014-11-261. Next To You2. So Lonely3. Roxa
    nne4. Hole In My Life5. Peanuts6. Can't Stand Losing You7. Truth Hits Everybody8. Born In The 50's9. Be My Girl - Sally1
    0. Masoko TangaStingが一番ロックしている頃を聴きたくなって、最近はこのアルバムをよく聴いてい
    る。The Policeの1978年のデビューアルバム。私が初めてThe Policeを聞いたのは解散後の80 [続きを読む]
  • Sting 「57th & 9th」 (2016)
  • ニューヨーク9番街57丁目 [CD]スティングユニバーサル ミュージック2016-11-111. I Can’t Stop Thinking Abo
    ut You2. 50,0003. Down, Down, Down4. One Fine Day5. Pretty Young Soldier6. Petrol Head7. Heading South On The Great North Road8. I
    f You Can’t Love Me9. Inshallah10. The Empty Chair 昨年末プロモーションのために来日をしていたらしく、
    色々音楽番組に出演しているのを目にした。彼も今や65歳、先日は [続きを読む]
  • Ben Folds Five 「Ben Folds Five」 (1995)
  • ベン・フォールズ・ファイヴ [CD]ベン・フォールズ・ファイヴEMIミュージック・ジャパン1995-12-131
    . Jackson Cannery2. Philosophy3. Julianne4. Where's summer B5. Alice Childress6. Underground7. Sports and wine8. Uncle Walter
    9. Best imitation of myself10. Video11. Last polka12. Boxing昨年末はSMAPの解散が話題になっていた。ファンでは
    ないので特にコメントはないが、一応便乗して少し関係あるものを取り上げてみる [続きを読む]
  • 鳥ジャケ
  • 謹賀新年あけましておめでとうございます。昨年は個人的にも世の中的にも本当に色々ありました。今年は酉年だそうなので、お気に入りの鳥ジャケットを並べながら、昨年を軽く振り返ってみたいと思います。 Emerson Lake & PalmerELPの記念すべき1st。昨年は1年の内にKeith EmersonとGreg Lakeが相次いで他界してしまいました。Eaglesロックのジャケットでは鷹の使用が一番多いかもしれません。昨年はGlenn Freyも亡くなってし [続きを読む]
  • 坂本龍一 『Merry Christmas Mr. Lawrence』 (1983)
  • 戦場のメリー・クリスマス [CD]坂本龍一ミディ1993-09-2101. Merry Christmas Mr. Lawrence02. Batavia03. Germination
    04. A Hearty Breakfast05. Before The War06. The Seed and The Sower07. A Brief Encounter08. Ride, Ride, Ride (Cellier’s Brother
    ’s Song)09. The Fight10. Father Christmas11. Dismissed12. Assembly13. Beyond Reason14. Sowing The Seed15. 23rd Psalm16. Last Regr
    ets17. Ride, Ride, Ride18. The S [続きを読む]
  • ズッコケ中年三人組
  • ズッコケ中年三人組 [単行本]那須 正幹ポプラ社2005-12大抵週末の午前中というのは、仮に予定や娘の習い事がなかったとしても、娘とともに妻に家を追い出されます。掃除の邪魔だからパパと何処かに行ってきなさいというわけです。以前はよく公園に行ってましたが、最近は大抵すぐ近くにある児童図書館へ。娘はしばらくここで絵本や伝記漫画などを読んで大人しくしてくれます。で、そこに並んでいたのが昔懐かしのズッコケシリーズ [続きを読む]
  • Greg Lake 死去
  • 今年は本当に厄年ですね。今度はGreg Lakeがガンのため亡くなってしまいました。享年69歳でした。今年の3月にKeith Emersonが自殺したばかりでしたが、同じ年に後を追うようにしてGregも亡くなってしまいました。Emerson Lake & Palmerとしてのキャリアも当然ながら、初期King Crimsonでも印象深いです。高度なベースプレイと力強いボーカルを聴かせたプログレ界を代表するフロントマンだったと思います。RIP [続きを読む]
  • Hiromi The Trio Project 「Spark Japan Tour 2016」
  • 先日上原ひろみさんのHiromi The Trio Project 「Spark Japan Tour 2016」のコンサートを観に行ってきた。会場は東京国際フォーラムのAホール。ロック畑の人間にはこれまで縁のなかった会場だ。中に入ると予想以上に広い上に高低差がスゴい。私の席は2階席の後ろの方だったが、実際には7階の高さから3階のステージを見下ろしている形になる。場内は20〜60代まで男女ともに幅広い世代で満席だった。7時を過ぎて暗転し大歓声の中3人 [続きを読む]
  • Hiromi The Trio Project 「Spark」 (2016)
  • SPARK(初回限定盤) SHM-CD + DVD [CD]上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクトユニバーサル ミュージック2016-02-031. Spark2. In a Trance3. Take Me Away4. Wonderland5. Indulgence6. Dilemma7. What Will Be, Will Be8. Wake Up and Dream9. All's Wellピアノが好きで今までロックの範疇では色々聴いてきましたが、もっとピアノに特化したインスト作品を聴きたいなと思っていました。ただそれはロックにはなく、クラシックでは静 [続きを読む]
  • 七五三
  • 先日娘の七五三で県下の寒川神社に行ってきた。妻が子供の頃に着たという曽祖母の染めた振袖。でもやっぱり本人にサービス精神が足りないので、あまりまともにポーズを取ってくれず撮影も一苦労。ここで3歳の七五三やったのもついこの間なんだけど。そんなに早く成長しなくても良いのにな。 [続きを読む]
  • Leon Russell 逝去
  • 今度はLeon Russell (レオン・ラッセル)が亡くなってしまいました。享年74歳でした。シンガーソングライター、マルチプレイヤー、プロデューサーと、彼はとにかく色んな顔を持っていましたが、個人的には何と言ってもスワンプロックの立役者という印象が一番強いです。彼を初めて見たのは、Joe Cockerの1970年のツアー映像「Mad Dogs & Englishmen」でした。シルクハットを被りながらピアノやギターを弾く彼は、主役であるはずのJo [続きを読む]
  • Eddie Harsch 急逝
  • 元The Black Crowes のキーボーディストEddie Harsch(エディー・ハーシュ)が11月4日に亡くなりました。享年59歳でした。Eddieは1991年から2006年まで全盛期のThe Black Crowesに在籍していました。ご機嫌なRock & Rollに陽気さを、メロウなバラードに美しさを彩る彼のピアノが大好きでした。今年はRich Robinsonが始動したThe Magpie SaluteにギターのMark Fordと共に参加しており、来日も期待していたのですが。。残念です。RIP [続きを読む]
  • トランプ大統領誕生
  • 世界の予想を覆し、トランプ大統領が誕生する。これにはビックリしたが、きっと彼自身も予想外だったに違いない。色んなミュージシャン達が嘆きのtwitterを上げており、全米では反トランプデモが勃発していた。さてこの結果を受けて、今後アメリカと世界はどうなっていくのか予想してみた。① 米国内でマイノリティへの迫害が増加し治安悪化② 内向き政策が波及し、EU内でも極右政権が次々と誕生、各国治安悪化③ ロシアと関係改善 [続きを読む]
  • Francis Dunnery Live Report 2016
  • Francis Dunnery(フランシス・ダナリー)の来日公演に行ってきた。彼は80年代に活躍したイギリスのプログレバンドIt Bitesのオリジナルフロントマン。バンド脱退後、再結成にも絡んでいないので、彼の来日は89年の初来日以来となる。会場は渋谷O-West。場内は一杯で、やはり30〜50代の男性が多かった。暗転し歓声の中4人のメンバーが登場し、最後にFrancisが現れた。そしてオープニングは1stの1曲目”I Got You Eating Out Of My Ha [続きを読む]