タケシオン さん プロフィール

  •  
タケシオンさん: 人生の羅針盤
ハンドル名タケシオン さん
ブログタイトル人生の羅針盤
ブログURLhttps://ameblo.jp/aura-treatment/
サイト紹介文聖書のキーポイントであるイエス・キリストを正しく知ることの素晴らしさを分かち合えたらと思います。
自由文はじめまして! 復活のイエス様の命を語る男タケシオンです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供396回 / 365日(平均7.6回/週) - 参加 2014/06/01 08:24

タケシオン さんのブログ記事

  • 酔って車線を横切って走ってしまった愚かな私
  • イエス様に出会う前、私は危ない男だった。 失礼、イエス様にお会いして5年が過ぎていたわ〜 良く考えてみたら・・・情けない・・・ 何にもおびえない性格。 ヤクザにもおびえなかった。 頭の良い人にもおびえない。 貧乏でもおびえない。 28年くらい前、私の車で友達を乗せて走っていた。 うちの店で食べて飲んで、終電がなくなり私の車で友達3人をそれぞれの家に送って行く途中の出来事をたまに思い出す。 私が運転している [続きを読む]
  • 心臓の筋肉がどんなに動いても疲れないようにクリスチャンも疲れない!
  • 人間の心臓は4つの部屋から構成されています。 右心室、右心房、左心室、左心房です。 ひとつが欠けていても人間は死にます。 それぞれが素晴らしいのです。 血液を送り出す部屋があり、血液を受け入れる部屋があります。 まさにミラクルだ。 心臓の筋肉である心筋はとても強い筋肉でできています。 どんなに沢山働いても疲れないのです。 そして疲れて動けなくなってしまうことがない筋肉なのです。 そのように造られているから [続きを読む]
  • 妻へ・・・オクラのジュレを作ってみました!
  • オクラを縦にスライスしたらどうだろう? ジュレを作ってみよう。 日頃の感謝を込めて妻に料理を作ってあげました。 面白い。 妻も喜んでくれて良かった。 いつかラザニアを作ってあげたいなぁ〜 ではまた・・・ 復活の主にありて 人生の羅針盤タケシオン にほんブログ村←上下どちらかの をお願いします。ランキングに参加していますのでポイントが加算されますので応援よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 目覚めていないから命を落す
  • 昔は毎週必ずお客様数人と家族で寿司屋に行きました。 お寿司屋さんとうちの店の交流が何年もありました。 きっかけは? お寿司屋さんの若旦那と私がエルビス・プレスリーの大ファンだったからです。 お客様どうしの交流も沢山ありました。 大旦那や女将さんたちとも家族ぐるみの交流でした。 ある晩、母がいつものように酔っ払って帰る時に後ろに倒れてしまいました。 丁度頭の大きさと同じくらいの大きな石のすぐ横に仰向けに倒 [続きを読む]
  • 「許す」 と 「赦す」 は意味が全く違うのです
  • 「許し」 と 「赦し」 は全く違った意味ですね。 赦すという言葉は必ずその見返りがあるのです。 許すとは同意のことです。 何かがそこに当てはめられて赦されるのです。恩赦、特赦という言葉が使われます。天皇陛下の在位30年を記念しまして特赦を行い10年の刑を3年減刑致します。はい、どうなりますか?刑が7年に変わるのです。何かがあって誰かが何かで償うことです。聖書ではこの赦しが使われています。 [続きを読む]
  • 主にゆだねた瞬間、苦しみの道は喜びの道に見えて来る
  • 2017年7月26日4時の夢。 主と私がいた。 2人だけ。 場所は分からない。 時間も無い。 ただ、主と私の2人だけ。 私は嬉しくなり主に言った。 「私は主のためならば、苦しみも喜びも感謝して受け止めていけます。」 その瞬間、主の顔色が変わった。 主は特に何もお話にならなかったが、私の霊にバンバン響いて来た。 霊の世界はそのような不思議な世界。 私の霊が苦しくなった。 主はこのように思っていたのだ。 [続きを読む]
  • 妻に感謝を込めて・・・ハート料理を作りました
  • 家にあるもので、妻を喜ばすことはできないものか? 感謝を込めて作ってみました。 赤いのはスイカです。 涙を流して喜んでくれた〜 大成功。 主よ! インスピレーションを感謝します。 復活の主にありて 人生の羅針盤タケシオン にほんブログ村←上下どちらかの をお願いします。ランキングに参加していますのでポイントが加算されますので応援よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 人は食べるためでなく、キリストとつながるために生きている
  • 人は生きるために食べる。 人は戦うために食べる。 人は立ち上がるために食べている。 何を? 食べ物です。 しかし、それは霊には影響しない。 関係ないのです。 イエス様は40日間断食しました。 何のために? 霊が前に出るためです。 霊が肉に勝つためです。 霊の力で支配される必要があったからです。 霊的な戦いが始まることを知っていたのです。 肉は霊に逆らいます。 イエス様ですら肉を殺していかなければなりませ [続きを読む]
  • 相手を深く理解することは自分を深く理解すること
  • 他者を深く理解していくことは、実は自分の姿を深く理解していくことなのです。 そのように思います。 相手を深く理解していく時に、実は自分の姿を深く理解していっているのだと思います。 そして。 神を深く理解することは自分を深く理解することなのだと思います。 自分の姿が映し出されるからです。 また。 私がメッセージしていることは、実は自分に対してもメッセージしているのです。 人はインプットしたものをアウ [続きを読む]
  • ハートトマトのサラダに挑戦だ!
  • 今日はハートトマトのサラダに挑戦しました。 「う〜〜ん。」 「いいかなぁ〜」 綺麗にできた。 妻を感動させたい。 「サプライズサラダになったかなぁ〜」 とても喜んでくれました。 「何だか食べるのもったいない」 と言ってくれた。 嬉しかった。 調理時間10分。 手軽にできて喜ばれる! いいことだ。 ではまた・・・ 復活の主にありて 人生の羅針盤タケシオン にほんブログ村←上下どちらかの [続きを読む]
  • 神様は人間の想像を超えた存在です
  • 神様は人間の常識を超越したお方。 神様は人間の次元を超えたお方。 神様は人間の想像力を完全に超えているのです。 人にはできなくても、神にはできます。 人には無理でも、聖霊様にはできるのです。 では、なぜ聖霊様はやらないの? 愛があるからです。 愛があるからできないのです。 一方的には。 そこには同意が必要となります。 神様といえども、勝手にはできないのです。 人間を心から愛しておられるので。 共同作業こそ愛の [続きを読む]
  • 相手を理解する余裕ができるためにすること
  • 相手を理解する余裕。 とても大切なことだと思います。 では、余裕ができるためには何をしたほうが良いのか? まず全体がしっかり見えていることだと思います。 そして自分が何者で何をすべきかがはっきりと分かっていること。 世界中の多くの人々が焦りと迷いの中にいます。 恐れの中でもがきながら生活しています。 経済的な恐れ。老いの心配。未来への漠然とした恐れ。病気の心配。裁きの恐れ。死の恐れ。漠然とした魂の飢え渇 [続きを読む]
  • 「世と離婚」 して「主と再婚」 した者とは?
  • 離婚したら総入れ替えします。 ありとあらゆるものが。 一緒に暮らす人が。 愛する人が。 愛する対象が。 生きる意味が。 自由な時間が。 生き方そのものが。 新しい目標が。 様々です。 クリスチャンとは? この世と離婚した者です。 この世に生きていながら、この世に従っているのではありません。 この世に住んでいながら、この世に属しているのではありません。 この世で生活しながら、この世に死んでいるのです。 なので世も [続きを読む]
  • 偽の充実感、偽の達成感、偽の満足感、偽の幸福感の中で生きている人
  • この世は無である。 この世は虚無。 だからこの世に執着するな。 仏教思想は嘆きで終わっているのです。 絶望感で終わっていますと言っても過言ではないと思います。 人間から見たこの世のあり方で終わってしまっているのです。 要するに罪の結果の世界(この世)で終わっているのです。 また、キリスト教も似ていますね。 日の下には絶対は無い。 日の下(太陽の下)、要するにこの世です。 この世は空である。 空の空である。 [続きを読む]
  • ついているついていないは人間には分からないもの
  • 人はよくこのように言います。 「ついていた!」 「ついていなかった〜」運がついている、運がついていない。ツキがある、ツキがない。これらは運が良い、運が悪いですね。ツキを呼ぶです。 これは神がついていた! 神がついていなかった〜 という意味もあるそうです。 しかし、本当についている、ついていないは人間には分からないものだと思います。 神は見えない存在者だからです。 答えは聖書に照らし合わせてみて、結果 [続きを読む]
  • 自分の理解に生きるのではなくて、みことばに生きていただく
  • 自然の範囲内に生きるのではなく、神の範囲内に生きる。 大切なことだと思います。 自分の能力の範囲内で解決を求めるのではなくて、神の解決の範囲内に入る。 大切なことだと思います。 自分の理解に生きるのではなく、神の理解の範囲内に生きてみる。 そして行動してみる。 価値のあることだと思います。 一歩踏み出した時に、あのヨルダン川の流れはせき止められたのです。 私たちが覚悟を決めて一歩踏み出すという心意 [続きを読む]
  • 妻に感謝を込めて・・・海老とトマトのジュレを作りました!
  • 日頃の感謝を込めて、真心を込めて、気持ちを込めて、誠心を込めて、思いを込めて、真剣に作ってみました。 海老とトマトのジュレ。 綺麗な料理を作りたかった・・・ ジュレは人生初でした。 出来はまあまあかなぁ〜 妻が喜んでくれた。 私も嬉しくなった。 大成功だ! ではまた・・・ 復活の主にありて 人生の羅針盤タケシオン にほんブログ村←上下どちらかの をお願いします。ランキングに参加し [続きを読む]
  • 良くなる方向でものを考える重要性
  • 物事は好転するか悪化するかです。 目に見えるものをそのままとどめておくことはできないのです。 では、ローマの柱はどうなのか? 残っていますが、修復を必要としているのです。 コロッセオの外壁でもパルテノン神殿の柱でも同じです。 悪化しているのです。 悪化する期間が長いか短いかの差です。 あるものは直ぐに悪化してしまいます。 要するに、ものは好転するか、悪化するかなのです。 創世記のエデンの園は完璧だったので [続きを読む]
  • 三次元のリアリティに捕われ過ぎない
  • この世は三次元リアリティが強く働いています。 強過ぎです。 幸せとは? 何かを所有することではなくて、内側にあるものだと思います。 目に見えるものを沢山持つことではなくて、目に見えないが心の目に映る内側の世界に感動することだと思います。 外側ではなくて、いつでも内側の世界です。 外側はすべて消えてなくなるのです。 空しい世界です。 内側は消えないのです。 無限の希望です。 本当の神様との正しい関係を [続きを読む]
  • 日本人は分からないものは疑うという精神性を持っています
  • 日本人に根ざしている特性があります。 それは、自分には分からないものは疑うという特性があるということです。 自分には理解できないものは疑ってかかるという精神性を持っていると言われているのです。 ある意味、悲しい民族だと思います。 人類全体でいうならば、自分が経験したこと、実感したこと以外は人間は信じていないと言われています。 悲しいことですね。 自分には分からないものが素晴らしいからです。 目に見えない [続きを読む]
  • 妻にトマトカップサラダを作ってあげました!
  • 妻はトマトが大好き。 今日は日頃の感謝を込めて妻にトマトカップ料理を作ってあげました。 こんなトマトカップサラダができました。 「綺麗〜」 と言ってくれた。 トマトをくり抜いてツナとオリーブオイルで大正解。 今度はレモンをくり抜いてアボカドとチーズでレモンカップを作ってあげたい。 寒くなったら焼きトマトカップもチャレンジしてみよう! ではまた・・・ 復活の主にありて 人生の羅針盤タケシオン にほ [続きを読む]
  • 人生には全財産を失っても学ぶべきことがある
  • この世には学ぶことが山ほどあります。 しかし、本当に大切なことはひとつだと思います。 マルタとマリアのマリアのように。 この世の思い煩いや心配。 人間的に考えた価値観。 奉仕の連続。 こんなに尽くしているのに? 自分が分からなくなって来る。 主に仕えるということは、実は主に仕えてもらうこと。 仕えてもらうことによって、初めて仕えることができるのだと思います。 人生には全財産を失っても学ぶべきことがあ [続きを読む]
  • 白い薔薇を梨で作りました
  • 今日は何が食べたい? 妻は梨が食べたいと言いました。 買い物をして梨を見ていました。 インスピレーションが湧いて来た。 大きな白い薔薇ができました。 こんな感じになりました。 妻が 「感動した」 と言ってくれました。 最初は驚いて言葉がでなかったそうです。 全長19センチの薔薇です。 そして涙を流して食べてくれました。 大成功。 主よ! インスピレーションを感謝します。 復活の主にありて 人生の [続きを読む]
  • 「イエス様の夢」 は 「普通の夢」 とは区別するべきだと思います
  • 神様は色々な方法で人間とコンタクトします。 夢もそのひとつというよりも非常に濃厚なコンタクトなのです。 閉ざされた夢、開かれた夢、奥義的な夢、象徴的な夢、抽象的な夢、啓示的な夢。 色々あります。 神様は霊的な存在のお方なので、この神様とコンタクトするには霊的にならなければなりません。 突然なる訳ではありませんね。 例外もありますが。 キリスト教は啓示宗教と呼ばれています。 キリスト教はキリストです。 キー [続きを読む]