タケシオン さん プロフィール

  •  
タケシオンさん: 人生の羅針盤
ハンドル名タケシオン さん
ブログタイトル人生の羅針盤
ブログURLhttp://ameblo.jp/aura-treatment/
サイト紹介文聖書のキーポイントであるイエス・キリストを正しく知ることの素晴らしさを分かち合えたらと思います。
自由文はじめまして! 復活のイエス様の命を語る男タケシオンです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供539回 / 365日(平均10.3回/週) - 参加 2014/06/01 08:24

タケシオン さんのブログ記事

  • 自分の義と相手の義によって争いが起きる
  • どうしても自分の律儀を通そうとすると無理が生じます。 そして相手と争いになります。 お互いが自分が正しいと思います。 相手が間違っていて自分が正解だと思うのが人間。 狭い考えだ。 限られた体験。 限られた知識。 そして大きな自尊心。 訳の分からないプライド。 基準が自分になっている恐ろしさ。 自分で自分の感情に気が付かない怖さ。 人は自分のことは自分では分からないものです。 他人のことはよく分かるものなのです [続きを読む]
  • 自分の義を立ててはならない
  • 自分の義を基準にしてはならない。 私の義で相手を退かすことがありませんように。 神の義に生きることができますように。 自分の義に死ぬことが今日もできますように。 自分の価値観に今日も死ぬことができますように。 自分の正義を今日も捨て去ることができますように。 自分の律儀を今日も捨て去ることができますように。 神の恵みと知識に生きるものに今日も変えてください。 復活の主にありて 人生の羅針盤タケシ [続きを読む]
  • 自分の知恵で生きない、自分の義で生きない、自分の力で生きない生き方
  • 人は自分の力で生きてしまうものですね。 私もそうです。 ある時、主が仰いました。 「あなたの力で生きるのではなくて、わたしの力で生きて欲しい」 主の軍の将はヨシュアに言った。 「あなたの足のはきものを脱げ」 ヨシュアはそのようにしました。 そのようにとは。 その通りにということ。 はきものとは? 私たちの力。 私たちのプライド。 私たちの見栄。 私たちの能力。 私たちの立場。 復活の主にありて 人生の [続きを読む]
  • 私の義に死にますように
  • 40種類の仕事をしてくると分かることがある。 不正がはびこっているということ。 お客様のためというよりも自分のために労働している人が多いのです。 サービス業でも、警備業でも、運送業でも同じです。 結局は自分が基準。 自分の考えがど真ん中。 いつも中心部なのです。 日本人は義が外にあることが分からない民族と言われています。 自分の考えが義になってしまう。 優秀な自分の中に義を見てしまうものです。 要するに、自 [続きを読む]
  • 良いものは最終的に残り広まって行くものです
  • 株でも暗号通貨(仮想通貨)でもそうだが、チャートを見ていると人生のようだ。 特に暗号通貨はアップダウンが激しいからだ。 高騰と下落を下落と高騰を繰り返し繰り返して鍛えられて行く。 価格が調整されて行くのです。 多くの投資家は商品価値が高騰から高騰の時にマインドを保てずに焦って釣られて買ってしまう。 まだ上がるのでは? また逆に下落から下落の時にはマインドを保てずに弱気になって売ってしまう。 もっと下がっ [続きを読む]
  • 「シャローム」 には驚くべき様々な意味がある
  • ギデオンに示された主のみ名。 「アドナイ・シャローム」 人生の収穫を奪うミデヤン人とは? 自分の罪ですね。 そして主の目の前の悪とは? 偶像礼拝の罪です。 目に見える偶像そして目には見えない偶像。 この繰り返しが士師記です。 その度に士師が立ち上がりました。 ヘブル語には様々な意味があります。 私は33年間、ヘブル語とギリシャ語を学んで来ました。 20代の頃からイスラエル人の友だちが2人いたんです。 そして [続きを読む]
  • 癒しの喜び、解放の喜び、絆の喜び、正しい関係の喜びに浸してください
  • 解放の喜びがあります。 癒しの喜びがあります。 神の権威の喜びがあります。 信頼の喜びがあります。 希望の喜びがあります。 貧しさの喜びがあります。 弱さの喜びがあります。 正しい絆の喜びがあります。 神様との正しい関係の喜びがあります。 その関係は人格的な関係です。 そしてまた、その神様に明け渡す喜びがあります。 痛みの喜びがあります。 苦しみの喜びがあります。 共に喜びたい。 愛する主と。 共に祈り [続きを読む]
  • 栄光の霊、イエス様を主と告白する霊、キリストの霊で占領してください
  • 主よ! 今日も祈りの霊で包み込んでください。 揺るがない霊で触れてください。 聖い霊でご支配ください。 主の霊を注いでください。 愛と慈しみの霊に感謝します。 癒しの霊に漬け込んでください。 解放の霊に浸してください。 喜びの霊で貫いてください。 栄光の霊に満たしてください。 イエス様を主と告白する霊で私たちを通ってください。 権威の霊で私たちを捕らえてください。 霊のすべてのことを霊によって理解させ [続きを読む]
  • 自分の力に、富に、能力に酔っている人々
  • 聖書には目を覚ましていなさいと注意を発している箇所が何箇所もあります。 それは? 人間は目を覚ましづらい存在だと言うこと。 自分の姿を分かりなさいと警告しています。 聖書の身を慎みなさいとは? シラフになりなさいです。 シラフの状態でいなさいです。 「酒に酔わず」  というギリシャ語です。 酒に酔わない。 要するに正常でいるということ。 この世にコントロールされていては駄目だということ。 どうしたら [続きを読む]
  • 昔は一日に何回も鏡を見ていたなぁ〜
  • 若い時は誰でもそうですね〜 鏡を何度も見て確認するのです。 私もそうでした。 外見ばかり気にしていました。 前髪が・・・ 目の二重が・・・ 横顔が・・・ 気になりました。 一日に何十回も確認していました。 自分が自分の人生の先頭に立っていたからです。 自分が自分の生活の中心にいたからです。 今は違います。 気にしない生活。 鏡は一日に数回 しか見ません。 その時間があるならば、祈りたいからです。 自分が自 [続きを読む]
  • 主は時を超えて失われた羊を捜している
  • なぜ99匹の羊を置いて、たった1匹の失われた羊を羊飼いは捜すのか? それは父から託された羊だからです。 羊飼いの羊ではないからです。 天の父の羊だからです。 全幅の信頼によって父から羊飼いに託された1匹だからです。 その羊のためなら羊飼いの命を懸けるのです。 信頼関係があるからです。 素晴らしい関係ですね。 愛とは信頼です。 ゆだねるしかないのです。 主は時を超えて失われた羊を捜しているのです。 私 [続きを読む]
  • もしも、主に逢えずにいたら、歩いてゆけなかった!
  • もしも、主に逢えずにいたら、歩めなかったでしょう。 もしも、主が共におられなかったのなら、私はさ迷い人になっていたでしょう。 もしも、主に逢えずにいたら、私は立ち上がれなかったでしょう。 もしも、主が触れてくださらなかったのなら、愛を知らなかったでしょう。 もしも、主に逢えずにいたら、喜びを知らかなったでしょう。 もしも、主に逢えずにいたら、人生の意味も分からなかったでしょう。 もしも、主に逢え [続きを読む]
  • お笑いが人を救った話
  • 一人のミュージシャンを自殺から救った一人の芸人がいる。 芸人もミュージシャンも有名な人だ。 お笑いが人を救った話だ。 確かに素晴らしい話だ。 しかし、魂までは人間には救えないのです。 逆立ちしても。 カリスマ出しても。 魂を救えるのは神のみ。 神の御子の名前を信じることによって一人の人は救われる。 素晴らしいことだ。 復活の主にありて 人生の羅針盤タケシオン にほんブログ村←上下どちらかの [続きを読む]
  • バタバタ騒いでいる子供を背負うことは大変
  • 私は子供の頃、親に随分と迷惑をかけました。 怒られて姿を消してしまったり、物を隠してしまったり。 障子に穴を空けたり、自転車を壊してしまったり。 まさに族長ヤコブみたいな少年期。 親を振り回していたのかもしれません。 小学一年生の頃は近所の小学五年生に立ち向かいました。 母親がたまたまそこを通りました。 お前は自分よりも50センチも背が高い五年生を怖がっていなかったね〜 びっくりしたよ〜 でも喧嘩はダメだ [続きを読む]
  • 人は誰でも夢と現実の狭間にいる
  • この世から引き抜かれた取るに足りないものであるキリスト者もこの世にどっぷり浸っている有能な人たちもある意味で同じ世界で生きていながら違うところに属しているのです。 夢と現実の狭間にいる。 有能な人たちにとってはこの地上が現実になるのです。 取るに足りない者たちにとっては見えない世界が現実になっているのです。 なぜなら、この地上の世界であるこの世は仮住まいだからです。 寄港地になるからです。 仮の宿です。 [続きを読む]
  • 救いは成功報酬ではない
  • 人の救いは相互通行ではありません。 一方通行です。 神の側から来てくださいました。 完了したのです。 また。 救いは成功報酬ではありません。 何やったかにやったではない。 信じてもらうだけ。 現状を見ずに信じて受け取ることができるかです。 現状を見つめていては信じられないギフト。 現状を超えているからです。 話は変わりますが。 金持ちは自己洗脳が上手い人たちです。 描いて思って心合わせていくのが得意なんです。 [続きを読む]
  • 主の聖霊様は助ける前に殺し主です
  • 父の元からイエス様が全幅の信頼を寄せて遣わしてくださっている命の聖霊様は人間を助け慰めます。 キリストは御霊という形で人間に関わってくださっています。 真理の御霊は助け主であり、慰め主だからです。 パラクレートスです。 助けるためにいつも側に居てくださるお方。 しかし、私たちクリスチャンの養育係でありポーターであり、ゲートキーパーであり、ドアキーパーである聖霊様は助ける前にすることがあります。 何でしょ [続きを読む]
  • 電車で目覚めていないと目的地には到達できない
  • 電車の中は祈祷室。 私が乗り込む電車は祈祷列車。 でもたまに眠くなる。 日本人って眠っている人が多いですね。 スマホしている人も多いです。 ぐっすりと眠ってしまった場合、目的地には到達できません。 乗り過ごしてしまいます。 聖書は目覚めていなさいと言っています。 何度も言っています。 それは目覚めている状態をキープすることが難しいからなのです。 人は目覚めていづらいものなのです。 復活の主にありて [続きを読む]
  • 御霊を愛し、御霊を信じ、御霊に頼る
  • 御霊に心開き。 御霊に従い。 御霊に満たされ。 御霊によって生きる。 御霊を愛し。 御霊を信じ。 御霊によって祈り。 御霊によって解放される。 御霊に浸り。 御霊の御声を聞き。 御霊の勝利の内を歩み。この世にも勝利しましょう。それができるから。キリストは御霊という形で私たちに介入してくださっています。キリストを受けているのですから感謝しようではありませんか。 復活の主にありて 人生の羅針盤タケシオン [続きを読む]
  • 知恵の力、悟りの力、いやしの力
  • 神の希望の力があります。 愛の力。 喜びの力。 賛美の力。 神の権威の力。 神の憐れみの力。 神の統治の力。 神の主権の力。 神の不思議な力。 神のみ名の力。 神の息の力。 神のみ教えの力。 神のことばの力。 神の義の力。 神の知恵の力。 神の悟りの力。 神の解放の力。 神のいやしの力。 神の支配の力。 そして。 神の国の力。 天国の力。 すべて実在するものなのです。 復活の主にありて 人生の羅針盤タケシオン [続きを読む]
  • 自分で自分の世話ができなくなって孤独死
  • 男性4人に1人。 女性7人に1人。 生涯未婚率からこのような数字がでてきています。 老後経済に不安を感じている多くの日本人の実態があります。 自分で自分の世話ができなくなって孤独死。 たくさん日本で起きている現実です。 しかし。 キリスト教のキリスト者は知っているのです。 自分で自分の世話なんてできないものだということを。 では誰に世話になるの? 自分の神にです。 自分の世話ができるお方は神のみなのです。 [続きを読む]
  • 聖霊様の権威の嵐で包み込んでください
  • 我が主よ! 今日も神様の恵みの中に立たせてください。 神様の希望の中にとどまらせてください。 私の時は主の御手の中にあります。 神様の知恵の雨を降らせてください。 聖霊様の権威の嵐で包み込んでください。 イエス様の愛の息吹を日本中に吹きかけてください。 天のお父様の情熱的介入がありますように。 天のお父様との正しい人格的関係の中を歩ませてください。 尊いイエス様のお名前によってお祈りいたします。 アー [続きを読む]
  • 人は信じたいものを信じたいように信じる生き物です
  • ある食の安全に関わる記事にこのようなことが書かれていました。 ソーシャルメディアでは不確かな情報が凄いスピードで拡散されます。 私たち日本人というのは買いやすいものを買うという習性があります。 日本人は理解できないものは疑うという特性があると言われています。 そして、人は信じたいものを信じたいように信じる傾向にあるのです。 徹底的に自分が基準になるのです。 徹底的に自分が主語になっていくのです。 そして [続きを読む]
  • 車は乗ってみて初めてその実力が分かるもの
  • 馬には乗ってみなければ、馬の気持ちは分からないものです。 さて、それでは車は? 乗って分かった実力があります。 車は乗ってみて初めてその実力が分かるものです。 スタイルだけでは計り知れない良さがあります。 また。 スタイルからは考えられない物足りなさもあるものです。 それらは実際に乗って動かしてみて分かるものです。 1年間眺めていても全く分からないものです。 高級車とは? いかにゆっくりと気持ち良 [続きを読む]