yuu さん プロフィール

  •  
yuuさん: これから人生本番です〜50代主婦のきもち〜
ハンドル名yuu さん
ブログタイトルこれから人生本番です〜50代主婦のきもち〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/yuu-seitai/
サイト紹介文夫、大学生の娘、犬2匹との日常や遠方に住む認知症の親のことなどを書いています。
自由文神様と犬と植物が大好きな50代主婦です。仕事は自宅開業の整体師、サラリーマンの夫は定年間近、娘二人はまだ学生、夫の憧れの隠居生活は遠い夢(笑)遠方に暮らす高齢の両親、80代の母は認知症で要介護2です。父の老々介護で今のところはいけてますが近い将来、介護は我が身にふりかかってきそうな気配。こんな状況だからこそ一日一日を大事に生きていこうと思います。素敵な60代70代を迎えるために。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2014/06/01 05:01

yuu さんのブログ記事

  • 認知症の母との電話、私の趣味を知りたがる
  • 三女の成人式の写真が届いたと実家の父から電話があった。父と話すのはほんの30秒程度で婆さんが隣で早く電話代われってうるさいから代わるぞというのがいつものパターン。 本当は、母の様子とか色々確認したいこともあるが、父は耳が遠いため細かな話はなかなかできないという残念な状況。父が喋ることに対して、短く相槌をうつだけという感じで、私は少々欲求不満に陥る。 聞きたい事があるなら実家に行って、直接自分 [続きを読む]
  • 住み替えか?リフォームか?
  • 老後に住み替えをするなら、50代〜60代のうちにやった方が良いという話を耳にします。私たち夫婦も50代、子ども達も成人したので、そろそろ老後の住み替えを考えてもよい年齢です。 結婚してから、5回引っ越しを経験していますが、いずれも駅から遠い所でした。夫婦それぞれの車があって、夫はマイカー通勤なので、不便は感じていなかったのと、学区の関係でずっとその近辺に住みついていたんですね。でも、老後となる [続きを読む]
  • 花粉症ですっかり集中力無くす
  • 昨年秋から始めた庭の模様替え、のんびりやっていたら本格的な冬の寒さがやってきて、中断しておりました。 冬の間は花もいまいちだったけど3月になって急に満開になりました(*^-^*)チューリップもむくむくと成長中。 満開のパンジーに触発されて、庭の模様替えの再開だ!と庭に出て花苗の植え付け作業にとりかかりました。 でも、作業開始間もなく花粉で鼻水ズルズル、目も顔も首も痒いし、全く作業に [続きを読む]
  • 熟年再婚とかあるのかな?
  • 私の父方の祖父は還暦近くになって20歳も年下の人と再婚をしました。突然の交通事故で妻を亡くして、10年位経ってからの再婚だったようです。 晩年は3年程寝たきりの状態になりましたが、寝たきりでも頭はクリアーで呆けもせず、94歳の大往生でした。後妻さんとは30数年の結婚生活。ひとりで暮らすよりも断然幸せな人生だったと思います。 一方、私の母方の祖母は夫を50歳位の時に心臓病で亡くして以来、再 [続きを読む]
  • 50代は中途半端な年ごろ
  • 日本人は外国人と比べて、年を取るのを嫌がるそうです。「年を取る=衰える」というイメージが強いからでしょうか?そんな日本人とは違い、外国人は年をとることを嫌がらないそうです。 海外では年代別心理学の研究が進んでいて、30代、40代、50代など年代ごとの大人の心理の移り変わりに関する研究がされているそうです。 50代になったらこんな楽しいことがあるとか60代になったらこんなことができるよう [続きを読む]
  • 更年期はいずれ過ぎ去る、健康管理は自覚を持とう
  • 更年期の年齢になると、身体の不調があちこち出てくる人が多いと思います。 私も、絶賛更年期中で寝込むほどではないけど体の怠さ、重さは常にあるような感じです。 でも、更年期の年齢を過ぎれば自然と症状は消える。そう思えば、それほど悲観的にならなくてもいいのかもしれません。 将来の健康不安として、更年期を境に命に係わる病気になりやすくなるというのがあります。 更年期の50歳 [続きを読む]
  • 家の跡取り問題がいまだに根強い
  • NHKの朝の連ドラ「べっぴんさん」もいよいよ終盤に入りました。主人公、すみれの娘、さくらの結婚話が持ち上がるのですが、さくらはひとり娘、お相手もひとり息子、両家の跡取り問題さあどうなる?といった展開です。 さくらは、跡取りなんて古い考えだと言い捨て、お相手の健太郎はあっさりと婿に入ってもいいと言いだします。両家の親たちは、そんな子どもたちの考え方が受け入れられずに頭を抱えるのです。 &nb [続きを読む]
  • 高齢者の万引きは質が悪いと思う
  • 万引き被害額が年間で4600億円にもなるということを知りました。比較するのもなんなのですが、振り込め詐欺の年間被害額が約370億円なので、万引き被害の大きさは桁違いです\(◎o◎)/! 高齢者の万引き犯が青少年よりも多くなったという現実をどう理解すればいいのか?テレビ番組でよく、万引きGメンの特集が放映されているのを見ると、捕まった万引き犯の言い訳が巧妙かつ呆れるものが多いです。 常習犯 [続きを読む]
  • 31回目の結婚記念日に箱根神社へ行く
  • 結婚記念日を忘れないようにとぞろ目の3月3日、雛祭りの日に入籍してから早31年。 毎年、ひな祭り祝いと兼ねてちょっと美味しいものとケーキ、お花でお祝いするだけでしたが、今年は夫と二人でドライブがてら箱根、芦ノ湖に行ってきました。 芦ノ湖富士山が見えるはずですが、雲に隠れてハッキリ見えず残念(+o+) 箱根神社ここまで来るのになが〜い石段を上らなければなりません。息が切れ、日頃の運動不足を [続きを読む]
  • スーパーのレジが進化していて驚いた
  • スーパーのセルフレジの存在は知っていたけど、それとは違うレジを先日、初体験いたしました。 セミセルフレジというもので、商品のバーコードの読み取りは今まで通り店員さんがやってくれて支払いのみ自分でやるものです。駐車料金の自動支払機と似てます。 現金、カードどちらも対応できて、お釣りもじゃら〜んと出てきます。初体験だったので、すごーいを連発してしまってレジの人に笑われちゃいましたよ(^^;&n [続きを読む]
  • お金を稼がない罪悪感
  • 孫を預かってやるから働きなさい。若い頃、私が母から念仏のように言われていた言葉です。私はこの言葉を聞くとすごく追い詰められた気持ちになりました。 母は兄と私を産んで、産休明け1カ月で仕事復帰した人。父は仕事人間だったので、ほぼ母子家庭状態です。 すぐ隣に母の姉(私にとっての伯母)が住んでいたので私は保育所ではなく幼稚園に入るまでは伯母に預けられていていました。 そして、向い [続きを読む]
  • パワースポットのお裾分け、原宿・東郷神社神池
  • お天気の良い日曜の午後、急にパワースポットに行きたくなり、さて、どこに行こうか?と色々悩んだ結果、エスパー小林さんおすすめの東郷神社神池に決定! 東郷神社、神殿の中では結婚式が行われていました。末永くお幸せに(*^-^*) 東郷神社は原宿駅の近くにあります。明治の海軍司令官、東郷平八郎元師を祀った神社です。日露戦争で日本を勝利に導いた功績を持つ東郷さんを祀っているということで、勝負運の上がる神社 [続きを読む]
  • 愛してるけど好きじゃない
  • カルテットというドラマを観てます。夫に失踪された妻の役を松たか子さんが演じています。 夫さんの失踪の理由は何だったのか?というのが一番気になるドラマの展開でしたが・・・ この夫さんは、妻のことを「愛してるけど好きじゃない」と言いました。 恋人同士のような夫婦でいたかったのに、家族になってしまったと悔やんでる夫さん。 「愛してるけど好きじゃない」ってどういうこと?って思ったけど、「愛 [続きを読む]
  • 老後に備えるものは何ですか?
  • 年金の受給年齢がどんどん繰り下げになっていく話を聞くと夫が定年間近の我が家にとっては切実な問題。 大手生命保険会社が試算した豊かな老後を過ごすために必要な夫婦の生活費というのが35万円。公的年金だけじゃ全然足りぬ!\(◎o◎)/! 豊かな老後ではなく、普通の老後だと25万位なので、年間300万ということになりますね。 厚生年金や共済年金の世帯ならまぁなんとかなりそうな感じだけど [続きを読む]
  • 同棲を娘に勧める母親ってアリ?
  • 昔の職場の雑談の一コマ結婚の馴れ初めは?なんて話になって、 バイト先で知り合ったんだけど自分の親に猛反対されて結婚するまで大変だったの〜と私が話をしました。 そうしたらその中の一人が私は、田舎から出てきて、学生時代に知り合った彼が主人で結婚前から一緒に住んでたとサラリと言いました。 それを聞いた私の頭はフリーズ(笑)気を取り直して、聞いてみました。彼と一緒に住み始めたのは学 [続きを読む]
  • 結婚すれば独立国家、植民地支配はナンセンス
  • 先日、TSUTAYAで美輪さんの本が目に留まりちょっとだけ立ち読み(^^; 人生相談の本で美輪さんがズバッとお答えしてました。 結婚した息子夫婦が、同居の約束を反故にして嫁の実家の近くに新居を建ててしまった。生まれた孫の面倒をみるのを楽しみに長年勤めた会社を退職までしたのに、週に1日しか孫を預らせてもらえない。自分の実家に入り浸ってとんでもない嫁だ!という相談内容でした。 私は嫁より姑に近い [続きを読む]
  • 認知症の母が望むことは私が一番苦手なことだった
  • 母の介護を初めて頼まれたのは父が胃がんの手術で1週間入院した時でした。2年前のことです。 父の胃がんにもびっくりしたけど母がひとりで生活できなくなっているということはかなりの衝撃。 確執というのも大げさですが、母との関係はあまりよろしくありません。 年に数回電話はしていましたが、それもほんとにそっけないもので、遠距離を理由に20年近く実家には帰ってない状況。でも、実家の緊急事態 [続きを読む]
  • お金で割りきる、便利屋さんで親孝行
  • ニュース番組で女性だけの便利屋さんという特集をやっていました。 スタッフは全員女性、登録スタッフの中からクライアントの依頼に応えられるスタッフが選ばれ派遣されるしくみ。 昔の便利屋さんといえば、植木を切ってもらうとか大工仕事とか男手の無い家庭の力仕事を代わりにやってくれるイメージでした。 でも、最近の便利屋さんはかなり進化しているようです。女性目線のきめ細やかな対応や [続きを読む]
  • 認知症の母の介護をできない言い訳
  • 親が認知症になることを軽く想像はしていたけど、いざ、それが現実となった時はかなりの衝撃だった。 真っ先に頭に浮かんだのは、介護は誰がするの?だった。私の勝手な思い込みだけど、介護は女の仕事みたいな考えがあったと思う。 子どもは兄と私の二人だから二人で協力してやるしかないけど、現実には果てしなく無理。 兄も私も実家から遠く離れて住んでいる。私は飛行機の距離、兄は車で5時 [続きを読む]
  • 家庭円満の秘訣、夫はかかあ天下推進派
  • 家庭円満の秘訣は何?そういう街頭インタビューでよく出る答えにかかあ天下があります。 かかあ天下とお答えになるのは年配のオジサマが多い印象です。長い結婚生活の経験からのお言葉なので妙に説得力を持ちますよね(笑) 夫に一応、聞いてみました。ねぇ、うちってかかあ天下?即答で、えっ?違うの?と驚いた様子で答える夫。 私も自覚がないわけではないけど、そんな驚かなくてもいいでしょうに(苦笑) [続きを読む]
  • 家計簿をつけなくてもいい家庭に憧れる
  • 家計の管理は我が家の場合、私がやっていますが、家計簿はどうしても長続きしません。 市販の家計簿や主婦雑誌の付録の家計簿で、できるだけ簡単に付けれそうなものを選んでチャレンジするも、最高で6ヶ月平均3カ月程度で挫折です。 パソコンを使うようになってからはエクセルでオリジナル家計簿を作ってみるものの結果は同じ。 結婚して家計を預かって早30年自慢じゃないけど毎年最後までつけれた [続きを読む]
  • 子育ての欲を捨てる
  • NHKの朝の連続ドラマべっぴんさんを録画して夜、夫と一緒に見ています。 今のドラマの展開は、主人公スミレの娘サクラが母親とは一緒に居たくない高校を辞めて東京に行く!という修羅場的な感じです。 時代背景は昭和30年代で今から50年以上も前ですが 親子の気持ちのすれ違いは今も昔も変わらないですね。 私の娘もサクラと似た様なことをやってくれたことがあって、私の隣でテレビを見 [続きを読む]
  • 立春に神社に詣でる
  • 二十四節気という暦で本日、2月4日は立春です。現在の暦でいうところの1月1日にあたります。 1月1日は新しい年の始まり立春は新しい季節の始まり ということで、神様好きの私は高麗神社に立春詣でに行ってまいりました。 埼玉県日高市にある高麗神社です。ちなみに、ここの神社は犬連れOK!(*^_^*) 高麗神社は出世開運の神として有名です。この神社に参拝した後、総理大臣に就任した政治家が5人 [続きを読む]
  • 宝くじを当てる方法、試してみたら本当に(◎o◎)/
  • 宝くじなんてどーせ当たらないしあんなのお金をドブに捨てるようなものよ( `ー´)ノ これ、数年前の私の思考。 でも、50代に突入して、人生愉しみたいなって思うようになった頃から急に心変わりしてしまったのですよ。 宝くじで夢をみるのも面白いよね〜みたいな(笑) きっかけは月刊ムーなんですが、この雑誌は、UFO、超能力、奇現象、都市伝説、古代文明、神秘、スピリチュアル、&nb [続きを読む]
  • 新月と満月は想いのエネルギーが届きやすい日
  • ついたちまいりという言葉、知っていますか? 伊勢には一日の新月と十五日の満月にお詣りをする習慣があるそうです。 昔は太陰暦が使われていて月のサイクルで動いていました。だから毎月一日が新月で、十五夜が満月になるんですね。 新月と満月は宇宙から見ると一直線に太陽と月と地球が並んでいる状態で、この瞬間に惑星同士が共鳴し想いのエネルギーが届きやすくなるのだとか・・・ &nbs [続きを読む]