shoundo さん プロフィール

  •  
shoundoさん: 茶道具販売 翔雲堂のブログ
ハンドル名shoundo さん
ブログタイトル茶道具販売 翔雲堂のブログ
ブログURLhttp://shoundo.jpn.com/wordpress/
サイト紹介文茶道具の通信販売をしています。茶道具の売買や、道具の説明もしております。
自由文翔雲堂のホームページをベースに、ブログにアップしています。
茶道を少々嗜んでいる方に、お道具と共に、少し上の知識を提供しています。
もちろん、茶道にはじめて興味をもった方や初心者の方、上級者の方にも見ていただけるサイトを目指しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2014/06/02 08:00

shoundo さんのブログ記事

  • 茶通箱(茶桶箱)ってこんなの
  • これは、茶通箱です。 もとは抹茶を持ち運ぶ通い箱だったものを利休が点前に用いたのが始まりだとか。 現在では二種の濃茶を客にもてなす時の点前に用いる箱だったり、 珍しい茶や、客から茶を貰った時に、 亭主が用意の茶と、客から […] [続きを読む]
  • いろんなお盆ってこんなの
  • 八卦盆は、行台子をする時に必要なお盆だそうです。 中に書かれているのが八卦です。 「卦」は、爻(こう)と呼ばれる記号を三つ組み合わた三爻からできていて、 ─陽(剛)と?陰(柔)の2種類の組み合わせで八卦になる […] [続きを読む]
  • 茶巾皿と小茶巾ってこんなの
  • こちらは茶巾皿に茶筅をのせたものです。 茶巾皿は、茶事・茶会において、 席中の茶巾を取り替えるときなどに、 水屋から新しい茶巾を載せて、 持って出るものだそうです。 平茶碗の小さなものなどを、 用いることもあるとか。 & […] [続きを読む]
  • 吹貫蓋置ってこんなの
  • ここでは、竹蓋置について説明します。 竹蓋置(たけのふたおき)は、竹を逆竹に切って、 節に小さな空気抜の穴をあけた蓋置だそうで、 運び点前または小間で用いるようです。 炉・風炉の別があるみたいで 風炉用は「天節(てんぶし […] [続きを読む]
  • 折据ってこんなの
  • これの動画は「小折据」です。 中に花月札を入れます。 折据(おりすえ)は、厚紙でできた折り箱で、 七事式の基本となる道具だそうです。 席中では、花月札や雪月花札などを入れて、とり回して役を決めたり、 点前を修証する札を入 […] [続きを読む]
  • 十種香札ってこんなの
  • 十種香札は、香道具を応用したもので、 表面に菊・桐・松・梅・桜・柳・竹・萩・水仙・牡丹などの絵、 それぞれの花毎の小箱(札箱)の裏面に、 月一・月二・月三・花一・花二・花三・一・二・三と書かれた札が1枚ずつと、 客(また […] [続きを読む]
  • 貴人台と天目台ってこんなの
  • 貴人台は、貴人に茶を供する時に使う木地の台で、今では天目台の一種とされているようです。 貴人とは、官位の高い人のことを言うようです。 日本でも戦前までは宮中を中心にして官位が定まっていて、明治憲法施行までは、 一位から八 […] [続きを読む]
  • 灰匙(灰杓子)ってこんなの
  • 灰匙には、炉用・風炉用の二種類があるとのこと。 風炉用は小ぶりで柄が長く柄に竹の皮を巻いたもの、 炉用は大ぶりで桑の木の柄がついたものを用いるようです。 また、利休形は桑柄で匙が柄に差込みになっていて、少庵好は鋲打ち、元 […] [続きを読む]
  • 御物袋ってこんなの
  • 御物袋(ごもつぶくろ)は、茶器を保護し、 破損を防ぐために、この袋に入れて箱にしまうそうです。 袋は、白・紫・朱などの無地の縮緬(ちりめん)や 羽二重などでの布を打ち合わせにして、 中に薄綿が入った長緒のもののようです。 […] [続きを読む]
  • 筒茶碗と平茶碗ってこんなの
  • ■筒茶碗 筒茶碗を使った点前の特徴は、 茶筅通しと茶巾の使い方と、 左横に立てかけて茶杓・茶筅を仕込むことでしょうか。 茶筅通しの場合は、 お茶を点てるお仕舞いの茶筅通しの時、 茶碗をかたむけるそうです。 茶碗を拭くとき […] [続きを読む]
  • 茶箱ってこんなの
  • 点前道具一式を収納して持ち運びするための箱で、 籠形式の場合は茶籠(ちゃかご)と呼ぶそうです。 茶箱の素材は、木地・塗り物・蒟醤(きんま)など、 茶籠の素材は、籐・竹などを編んだもののようです。 茶籠の場合は、中に入れる […] [続きを読む]
  • 硯箱ってこんなの
  • 硯箱は、硯の他に筆・墨・水滴・小刀・尺・暦その他を納めることもあるそうです。 種類として、「平硯箱」「重硯箱」「浅硯箱」があるみたいです。、 裏梨子地・表蒔絵・螺鈿・描金などが施されることもあり、 文台と連作になる場合も […] [続きを読む]
  • 千鳥板ってこんなの
  • 動画は、千鳥板です。亀甲型は裏側も見せています。 千鳥板(ちどりいた)は、 裏千家では、 貴人清次で千鳥茶巾を載せるための、 炉縁の角を切った形(二等辺三角形)、 又は、平亀甲形の板で、 懐中して、席入りするようです。 […] [続きを読む]
  • 銅鑼の説明です。
  • こちらの動画は、バイで銅鑼を鳴らした時の動画です。 銅鑼(どら)は、青銅・真鍮・鉄などでできた金属製円盤を、 枠(ドラスタンド)に吊るして、桴(ばち/バイ)で打ち鳴らすものだそうで、 仏教の法要、民俗芸能の囃子、歌舞伎下 […] [続きを読む]
  • 正午の茶事 風炉4
  • 後炭手前は省略します。 8.初炭手前    『全員』亭主が茶道口に炭斗を置いたら総礼    『亭主』灰器を持ち出し、初炭手前    『正客』亭主が香合の蓋を閉めたら、      「お香合の拝見を」    『亭主』貴人畳の […] [続きを読む]
  • 正午の茶事 風炉3
  • 今回は、懐石について。  (千鳥の盃部分は省略しています。) 7、懐石 ①、膳を運ぶ     『亭主』『水屋』膳の運び出し             『亭主』「お箸お取り上げを」     『正客』「ちょうだいいたします   […] [続きを読む]
  • 正午の茶事 風炉2
  • 茶事の流れを少々。 1、寄付 『客』汲出し茶碗の所作 2、腰掛待合へ移動      『詰』『水屋』汲出し茶碗の片づけ 3、迎付 『亭主』つくばい→腰掛待合      『客』亭主と黙礼 4、つくばい 5、初座・席入り 『客 […] [続きを読む]
  • 正午の茶事 風炉
  • 正午の茶事の流れは、以下のようになります。 先日は、炭手前も長板で行いました。 寄付 待合 迎付 :亭主の迎付 蹲踞 :正客から順に蹲踞 ―――――— […] [続きを読む]
  • 久々のブログ
  • 先日、自宅で正午の茶会(風炉)を行いました。 懐石は、真似事でしたが、 本格的な茶会で、3時間かかりました。 今後も、炉の正午の茶事などを 行っていきたいと思います。 [続きを読む]