えむ さん プロフィール

  •  
えむさん: アルコール依存症のなれのはて
ハンドル名えむ さん
ブログタイトルアルコール依存症のなれのはて
ブログURLhttp://ameblo.jp/hokua18/
サイト紹介文絶縁していた40代、独身、アルコール依存症の弟が脳出血でたおれ、高次脳機能障害を発症しました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2014/06/03 06:42

えむ さんのブログ記事

  • 弟120(面会2)
  • 主治医から「次は退所」と言われてしまった騒ぎを起こしたわりには、弟本人はあまり大事には考えていないようで、私がその事を聞いても「ああ」と素っ気ない返事をしただけでした。今回の件については、殴った事についてはもちろん弟が悪いのですが、弟ばかりが責められる状況でもなかったようだし、既に責任者の方と話をしているようなので、私からは「どんな時にも暴力はダメだよ。」と、再確認しただけで終わりました。以前の弟 [続きを読む]
  • 弟119(面会)
  • 弟の面会に行ってきました。施設の事務所で職員の方に挨拶をしたら、施設の責任者の方から話があると呼び止められました。 ・最近弟が職員の方と言い争いになった。(弟の部屋のカーテンの開け閉めについてらしい。)・その事自体は大した問題ではなく、既に当人同士で解決している。・ところがその口論の最中に、通りかかった他の入所者が、弟に向かって「バーカ」と言い、弟はそれに反応して、その入所者の顔を殴ってしまっ [続きを読む]
  • ご無沙汰しております
  • ご無沙汰しております。 長らくブログを更新していないのにも関わらず、こんなおばさんのブログに、毎日沢山の方にアクセスしていただき、ありがたい限りです。やはりアルコール問題で悩んでいる方が多いという事でしょうか。私の弟は、まさにアルコール依存症の成れの果てですので、断酒の参考にはならないかもしれませんが、弟を反面教師として、アルコール依存について少しでも考えるきっかけになれば幸いです。 12 [続きを読む]
  • 夫のこと
  • 何度かブログにも書いていますが、また夫の飲酒問題です。 先日、夜中の1時過ぎにピンポンがなり、ヘロヘロの夫が帰宅しました。どこかで転んだのか、スーツのパンツに穴があき、土で汚れていました。ヨレヨレしていて、一人では靴を脱ぐ事もできません。こういう状態の人に、何を言っても無駄だとわかっているので、誘導して部屋で寝かせました。翌日、夫は何事もなかったように元気に起きて来たので、前日の出来事を話しま [続きを読む]
  • 弟118(長男)
  • 先日、父の一番下の妹である叔母から電話がありました。叔母の息子、つまり私の従兄弟が、弟に面会したいと言っているので施設の住所を教えて欲しいと。 弟は、この年下の従兄弟と仲が良く、以前はよく一緒に飲んだりしていたようです。叔母によると、従兄弟は弟のあの汚部屋で弟と飲んだ事もあるらしいです。従兄弟は弟が脳出血で倒れ、急性期の病院に入院していた頃弟に面会してくれたけれど、その後仕事に追われ、なかなか [続きを読む]
  • 弟117(終末期医療についての意思確認書)
  • 今回弟に面会した時、施設の方から書類を渡されました。 いわゆる終末期医療についての意思確認書のようなものでした。 終末期をどこで迎えたいですか?→病院と施設にチェックをいれました。心臓マッサージ、人工呼吸、食事がとれなくなった時の胃瘻→全て希望しませんと答えました。その他の希望について→痛みを取り除く為の治療は積極的にお願いしたいと答えました。 施設の方は、「急ぎませんから、よく考えて [続きを読む]
  • 弟116(面会)
  • 弟に面会してきました。 9月末で期限切れとなる、弟の精神の手帳の更新をしなくてはならず、どうしても今月中に行かなければならないのを先延ばししていましたが、ようやく行ってきました。 今回、従姉妹が一緒に行ってくれました。彼女は、今までにも弟がリハビリテーション病院に入院していた時と、在宅型老人ホームに入所していた時にも面会してくれていているので、弟の様子がわかっています。 弟は従姉妹の顔 [続きを読む]
  • 7月以降のこと
  • ブログを長いこと放置してしまいました。にもかかわらず、訪れてくださる方がいらっしゃり、おばさんのしょうもないブログなのに、本当にありがたいです。実は飼い犬が亡くなりました。13才で持病持ちだったので、いずれは別れの時が来ると、心構えをしていたつもりでしたが、持病とは全く別の病気で、獣医の診断を受けた翌日に亡くなったこともあり、心が受け入れられませんでした。精神的打撃は、父親のときよりも遥かに大きか [続きを読む]
  • 弟115(面会3)
  • 施設から車で5分くらいの所にあるショッピングモールに行きました。駐車場に車を止め、モールの中に入ったら、何と目の前にクロックスが売っていました。しかもサマーセールで20%オフ。迷わずその場で買いました。レジに行く途中、アルコール売り場を通りましたが、弟は全く目に留めていませんでした。そこにアルコールが売られていることに気がつかなかったのかもしれません。その後甘い物が食べたいという弟の希望で、某ドー [続きを読む]
  • 弟114(面会2)
  • この日は弟にタブレット端末を渡し、何回も使い方の説明をし、主治医との診察にも同行したので、私的にはもう十分で、そのまま帰ろうと思っていましたが、弟が買いたいものがあるというので、近くのモールでの買い物に付き合いました。私は、弟が2012年1月に脳出血で倒れるまでは、弟と長い間絶縁しており、弟の顔を見るのも、声を聞くのも嫌というくらい弟を嫌っていました。断絶したまま、たとえ弟が死んでしまっても、何の [続きを読む]
  • 弟(面会)
  • 2ヶ月ぶりに弟に面会してきました。ここのところ私事で色々とあり、自分のことで精一杯、弟のことまで手が回りませんでした。前回弟に頼まれたゲーム用のタブレット端末、最近は興味がなくなったのか、長いこと私が預かったままだったiPod、施設から連絡があり購入を依頼された電気シェーバーなどを持って行きました。タブレット端末は、安い物を購入し、娘に無料のゲームをダウンロードしてもらって持って行きました。基本な使い [続きを読む]
  • 弟112(弟の私物)
  • 弟の私物は、現在私が預かっている大型のクリアケース4個のみです。以前弟が入所していた在宅型老人ホームでは私服が必要だったので、新たに購入した脱ぎ着がしやすいジャージのような物や、弟がもともと持っていた衣類の中で新しそうな物を取り分けておいた物がほとんどです。クリアケース4個のみとは言え、あまり広くもない我が家の場所を占めています。このたび家族の為に収納場所が必要になり、思い切ってこれらを処分するこ [続きを読む]
  • 断酒2年
  • 私がお酒をやめてから丸2年経ちました。今では私がお酒を飲まない事はもう当たり前の事となり、周りから「飲まないの?」と聞かれる事もなくなりました。テレビのビールのコマーシャルを見て、心がざわざわする事もありません。それでも(飲んじゃおうかな?)と考えた事は数回ありました。招かれた結婚式の乾杯のシャンパンとか、盛り上がっている集まりに参加している時とか、もういいかな、飲んじゃおうかなと心に浮かぶのです。 [続きを読む]
  • 弟111(面会2)
  • 弟は、スーパー銭湯に行っても淡々としていました。もう少し喜ぶかと思ったのですが、そうでもなかったです。その後ランチにおそばを食べながら少し話しました。最初にノンアルコールビール飲んだ時はあまりに美味しくて感激したけれど、二度目はそうでもなくて、これならポカリスエットを飲んだほうがいいと思ったこと。アルコールのことは、考えないし、もう飲みたいとも思わないこと。毎日何もやることがなくてとにかく暇なこと [続きを読む]
  • 弟110(面会)
  • 弟に面会してきました。事情があって、5月は今週しか弟の所に行けないので、ゴールデンウィークだし、今月は面会をやめようとも思ったのですが、考えた末、平日だった月曜日に行ってきました。平日とは言え、出かける人が多いようで、道も混んでおり、事故渋滞もあり、往復ともいつもより時間がかかりました。弟は、私の顔を見ると、「ああ、買ってきてもらいたいものがあるんだよ。」と少しはしゃいだように言いました。よく話を [続きを読む]
  • 夫のこと
  • 私の夫もまた機能不全家族で育ちました。夫の両親は、年若くして結婚し、ほどなく夫とすぐ下の妹が生まれました。若い夫婦は、ことあることに衝突し、夫の父親は時に暴力を振るうこともあったそうです。夫の母親は、夫と妹を連れて逃げるように家をでました。その後夫の母親は夫の父親と離婚しましたが、夫の父親から養育費などの支払いは一切なく、生活の為に昼夜働き続けたそうです。夫の子供の頃の貧乏話はそれこそ山のようにあ [続きを読む]
  • 弟(面会)
  • 新住所で申請していた障碍者手帳が出来上がったと連絡があったので、役所に取りに行き、その後施設に寄ってきました。弟はここのところ腰痛がひどくて、しばらく車いすを利用していたけれど、ようやく歩けるようになったばかりなのだそうです。普段からあまり動かないのに、腰痛のためますます動かなかったせいか、弟は前回の面会時よりも太ったように見えました。それでも顔色もよく、何となく明るい雰囲気でした。いつもはしかめ [続きを読む]
  • 機能不全家族の連鎖
  • 父親(父方の祖父)がアルコール依存症だった私の父は、いわゆる機能不全家族の中で育ちました。数多い子供の中のただ一人の男だった父は、長男として、毎日飲んだくれている父親の代わりに、家族を背負っていたのでしょう。父は責任感の強い人でした。実は私の母も機能不全家族の中で育った人でした。母は幼少の頃から高校を卒業するまで、お金持ちの親戚の家に預けられて育ちました。私の母の父親(母方の祖父)もまた、全く頼り [続きを読む]
  • 弟108(面会)
  • 弟の転入届けを出しに行った帰りに、弟に面会してきました。天気のいい、暖かい日だったので、久しぶりに外に出て話しました。いつもの喫煙者の為に置かれたベンチには、以前も会ったことのある医師がいて、タバコを吸っていました。(弟の病院http://ameblo.jp/hokua18/entry-12066084583.html)この医師とは、もう何回かお会いして話をしているのですが、まったく覚えていただけていないようで、また挨拶からはじまりました。話 [続きを読む]
  • 弟107(成年後見人)
  • 弟の生活保護受給決定に伴い、弟の住民票を施設の住所に移動することになりました。私は弟の成年後見人ではないので、弟の為に各種手続きをする際は、弟の委任状が必要です。弟の成年後見人になれば、手続きが楽になるとわかっているのですが、心情的にどうしても弟の成年後見人にはなりたくなくて、面倒でも毎回委任状を作成しています。私が弟の成年後見人にならないということで、困ったこともありました。弟が脳出血で倒れた一 [続きを読む]
  • 弟106(生活保護)
  • 弟の生活保護を申請しました。金銭的な理由はもちろんのこと、検査結果に異常はなかったものの、私が体調を崩したことから、弟のことを福祉につなげておきたいと強く考えたからです。私が弟の面倒を見れなくなることがあっても、親戚や夫、子供達に迷惑がかからないように。現在弟は某県の施設に入所していますが、弟の住民票は実家に置いたままです。生活保護は、住民票があるところではなく、生活実態のある市町村に申請するのだ [続きを読む]
  • 弟105(面会2)
  • 主治医の診察の前に、施設の責任者の方から、書類に私の判子が必要だと言われ、別室に通されました。「身体拘束等への同意書」でした。弟は今のところ身体拘束の必要は全くないけれど、例えば売られた喧嘩に弟が応戦してしまい、興奮した弟を個室に隔離したりする場合にも、この書類への同意が必要なのだそうです。私は、どんな場合でも弟のことは全て施設に一任しているので、迷わず署名、押印しました。その後責任者の方が、施設 [続きを読む]
  • 弟104(面会)
  • 弟に面会してきました。前回同様主治医の診察日でしたので、私も診察に同行しました。先生は、弟の左側の視野がかなり失われていること、肝硬変がかなり悪いので作業には出られないことなどを、弟の左目を使ったり、血液検査の数字を見ながら具体的に説明してくださいました。血液検査の結果は、素人の私が見てもあまり良くないということが見て取れました。医師「もう少し早くここに連れてくれば良かったね。」私「先生、弟は脳出 [続きを読む]
  • 友からの手紙
  • 昨年末、古い友人から年賀状欠礼のはがきを受け取りました。お母様が亡くなられたと。彼女は私が20代の頃働いていた会社の仲の良かった友人で、同じ部署で働いていたので、仕事でもプライベートでも一緒の時間を過ごしました。当時から彼女のお母様は難病を患っており、長女である彼女は、母親思いの親孝行娘でした。最近ではあまり会うこともなく、年賀状で挨拶を交わすだけの付き合いでしたが、数年前に再会した時は、若い頃と [続きを読む]
  • 弟の主治医
  • 先日弟が主治医の診察を受けた時、主治医と少し話す機会がありました。私からは、弟とは長年絶縁状態にあったこと(理由を含め)2012年に弟が脳出血で倒れてから弟と接するようになったこと弟の親しい友人から聞いた話として、弟はアルコールが入らなければ友人とも話すことができなかったらしいこと祖父がアルコール依存症であり、弟以外にも身内にアルコール依存症が疑われる者がいることなどを話しました。主治医は、「アル [続きを読む]