つめがえる さん プロフィール

  •  
つめがえるさん: 虫ログ/いろいろ採り撮り
ハンドル名つめがえる さん
ブログタイトル虫ログ/いろいろ採り撮り
ブログURLhttp://pinsetno5.blog.fc2.com/
サイト紹介文小さいころの虫好きが強火で再点火。 どちらかというと採り虫なので、撮るのはおろそかになりがち
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2014/06/03 17:19

つめがえる さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 開花宣言・2015夏〜2016夏 ニジイロクワガタ飼育後半
  • 蝶にしかネタにすることがなかったであろうこのブログを、クワガタ飼育の道に陥れたのは、他ならぬニジイロクワガタである。相方サンの「この子がいい」という一言に起因している。クワガタの採集なり飼育なりの火も再点火させたのはいったいどういうきっかけであるか、今となっては思い出せないのだが(多分、何かのブログであるように思う)、しばらくは興味津々なだけで手を出さなかったものの、ニジイロがやってきてからは小学 [続きを読む]
  • おまけのトンカツ・2016 アサギマダラ飼育(1月〜3月)
  • 年末は虫仲間の忘年会などに出席したりした。オークション企画があって、ここでは前にパッカーンしたもののやたら割り出してしまったアカアシクワガタなどをいくらかさばいて、小遣いを稼ぐことができた。虫仲間と言っても、蝶の人たちだし、主に標本が飛び交うのだが、ちょっとレアキャラだったからだろうか、手間賃くらいだろうか。そんなこんなときに、オオムラサキの越冬幼虫をもらったりした。この話はまた別にすることになる [続きを読む]
  • オスの魅力 メスの魅力・2015 インセクトフェア@大手町・9/23
  • 2015年ももはやあとは寒くなるだけの時期となってしまった。虫を採るものにとって、スタートは早くて3月。遅いのはがんばれば11月までいけるか? 一応、虫を採っている時期の方が1年を通じては長いことになるのだが、この冬の時代(実際に冬の時代だが)は永遠に続くような錯覚に陥る。自分の場合、そんなにみちみち採りにもいかず、一応、職場の周辺などのをつまむくらいのもので、9月には早々と店じまい、という趣であろう。その [続きを読む]
  • ご当地(出張がてら採集+博物館探訪:九大博物館・9/12-19)
  • 虫を愛するものにとって、図鑑は眺め回してもはや穴だらけとなり、紙は手垢で汚れ、擦り切れているものであろう。図鑑を見ていると、いくつかの虫で、ご当地 というものがあるのに気づく。つまり、このチョウはこの産地のラベルのものがほしい、と思う瞬間である。オオクワガタなら日野春といった聖地的なものであったり、ドコソコのナニソレは斑紋が違うとかそういったものもある。が、今回のご当地はそういうものとは違う。名前 [続きを読む]
  • 晩夏はまだアツく・スマトラヒラタ他 購入(8/27)
  • 8月もあと数えるほどになった。8月の終わりはすなわち、シーズンの終わりを意味する。確かに9月はまだ暑い。まだシーズンはシーズンだ。しかしながら、シーズンは夏休みと同様に8月とともに去っていくのである。晩夏の、近所で花火をやるように、線香花火の一瞬の輝きのように、中野の店では夏の終わりにセールをやるという。珍しく、相方サンがセールだセールだと言うている。この前はひとりで行ってすみませんでした。ちょうどゼ [続きを読む]
  • 夏の桜・2015 職場付近ルッキング(8月・9月)
  • 夏を振り返ってみれば、今年は働きすぎたのかもしれん。いや、別にバリバリ仕事をしたわけでもないし、次々に落ちてくるブロックを回してずらしてあてはめて、段々を消していっただけで、そこに何かが生まれたわけでもないし、だからこそ空しいのだが、働きすぎたというより休まなさすぎた、というのが正しいところだろう。と、こんなことを書いている今日はもう真冬である。お盆だからといって、特段、今年は休暇をとっていない。 [続きを読む]
  • ミーハーの夏の開幕・採集旅行(長野県北部)8/1-2
  • 8月になる瞬間を、都内在住なのに都内のホテルで迎えた。迎えたと言っても、すでに就寝中である。むしろ就寝中でなければならない。というのも、早朝5:30に集合して採集旅行に向かうからだ。本当なら始発で向かいます、というところなのだが、あまりに早すぎて始発でも間に合わない。徹夜すると(運転はしないが)翌日に響く。夕食は地元で餃子を食べ、ビールを飲み、集合場所近くで宿泊である。今回のメインターゲットはシブいシ [続きを読む]
  • 夕凪に蜩・ハイキングがてら採集+撮影(陣馬山)7/12
  • 春の予想では、今年は西風の嵐が吹き荒れる予定だった。まぁ、嵐とまではいかなくても、はためくくらいには風を受ける予定だった。はためかせるのは当然のことながら虫採り網のことだ。そして、西風というのは、前々回にさんざん書いたように、ミドリシジミの仲間(ゼフィルス。通称:ゼフ)のことだ。そもそもそう自分に決意させたのは、職場近くの採集ポイントにある。前々回に触れたところとは違うところだ。普段の職場は家から [続きを読む]
  • 気象予報士になりたい(西風用)・2015 ミドリシジミ採集(6/11)
  • 今回から(もしかしたら力つきてすぐに元に戻らないとも限らないが)ちょっとブログの体裁(というかスタイルというか文体というか)を変えてみました。6月が近づくと、風向きが気になる。言わずもがなかと思うが、それは西からの風に決まっている。最近は、情報戦を生き抜く社会であって、twitterなどで西風の情報が舞い込むと、心がぞわぞわするのが自分でも分かる。もちろん、西からの風、というのは比喩であって、西風の神の名 [続きを読む]
  • 2015 ホソオチョウ飼育・その3・5月末(次々に羽化)
  • 前に蛹になったところまでお伝えしましたが、6頭すべてが次々と蛹に。こうなると特にやることはないので気楽なものです。ただまぁ、羽化したときにプリンカップでは翅をのばせないので、吹き流しに移動してもらわないといけないわけですが、むしろこのホソオチョウはあまりしっかり枝なり壁なりに固定されていないので、暴れてころころしているやつを適当に吹き流しに放り込む感じでも大丈夫だったり(いや、プリンカップを立てて [続きを読む]
  • ニジイロクワガタ・新居へ(でも別室)・5/24
  • 新たにニジイロクワガタが加わった我が家。しばらく買ってきたままのプリンカップで過ごしておりました。成熟まではエサを食べなかったりとか、おとなしくしている、ということで、2月、3月の生まれでまだ2ヶ月ほどだし、確かに買ってきてしばらくは割とじっとしていてエサを食べる風でもなかったので。が、しばらくしたら、エサを食べ始め、動き回るようになり、あげくには飛ぼうとブンブン言うように。さすがに(特大サイズとは [続きを読む]
  • 2015 ホソオチョウ飼育・その2・5月下旬(蛹への脱皮)
  • ただでさえ数ヶ月前のことをネタにしているのに、さらにだいぶ間があいてしまいました。。。そうそう。ホソオチョウの幼虫をいただいて、飼育が始まったわけです。すでにだいぶ大きくなってきたのですが(↑これはこれから書くのとは別個体だけどサイズ感を見るために)長さも縮んで、ツノも短くなり、あぁ、そろそろ脱皮だなぁ、と。見ていたらば、うにょんうにょんし始め、蛹へと脱皮(蛹化)したのでした。あわてて撮影開始。。 [続きを読む]
  • 2015 ホソオチョウ飼育・その1・5月中旬(もらってきた)
  • GWに採集を満喫し、ニジイロクワガタにまで手を出してしまった我が家。平穏な日々に新たな展開が待っていた(これまでのあらすじ風)リアルには8月も目前ですが、このブログはまだ5月です。5月半ば。ニジイロが来てまだ日も浅いのですが、蝶の知り合いと会う機会が。そこで「ホソオチョウいる?」とのお言葉が。(本当はギフチョウもあったのだが、これはカンアオイがなくて断念した)。というわけで、6頭ばかり幼虫をいただきまし [続きを読む]
  • ニジイロクワガタ購入・5/9
  • このブログは主にチョウを扱ってきたのですが、とうとう「カタいもの系」に手を出し始めました。元々、展翅をするのにマチ針が足りなくなって、中野の むし社 に買いに行ったわけであります。相方サンも一緒なわけですが、前には売切だったニジイロクワガタが並んでおりまして、これを買いたい/飼いたいとキラキラ言うわけであります。というわけで、1ペア購入。しばらく前にクワガタの本を借りて下調べ済だったのですが、ニジイ [続きを読む]
  • 旅行先採集・撮影(沖縄本島)・5/2-7・その4(那覇)
  • GWでの沖縄本島採集記をネタにしてます。ここのところは北部での採集を書いてきましたが、那覇に戻ってきました。この日は那覇での採集(那覇にも昆虫採集のできる公園があるのです)今回の沖縄行きでヒソカに狙っていたものが3つ。スミナガシとツマベニチョウ、そしてオオゴマダラです。スミナガシは北部の山で採集。オオゴマダラはどこかで見かけたかなぁ。今回は内陸ばかり攻めていたので、海沿いに行けばいたかもしれない。そ [続きを読む]
  • 旅行先採集・撮影(沖縄本島)・5/2-7・その3(名護)
  • いまだにGWの話です。GWは沖縄に行ったわけですが、本部半島に行って、採ったり撮ったりしとります。那覇に戻る前に名護周辺を回ったりしました。個人的にうれしかったのはアオタテハモドキ。真ん中はタテハモドキですが。タテハモドキは去年の2月にも捕まえていますが、春先と冬場だと大きさなり(裏の)模様なりが違いますね。写真を撮って比較できるようにとかもしたいものです。アオタテハモドキは初めて採りまして、なかなか [続きを読む]
  • 過去の記事 …