とみたろー先生 さん プロフィール

  •  
とみたろー先生さん: ステップアップ経済学〜公務員試験対策のブログ
ハンドル名とみたろー先生 さん
ブログタイトルステップアップ経済学〜公務員試験対策のブログ
ブログURLhttp://nextstage-labo.com/stepup-keizai/
サイト紹介文公務員試験「経済学」の学習&「試験に出る数学(基礎からのSPI)」で弱点補強。ビデオ解説が無料!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2014/06/04 01:00

とみたろー先生 さんのブログ記事

  • 2018年 公務員試験再受験にむけての個別セミナーを行います
  • 先月で、今年の国家公務員試験(大卒区分)の日程がほぼ終了し、早い人では2次試験の結果が出てくる頃ですね。今回は、「筆記試験」で残念な結果になってしまった受験生を対象に、「再受験に向けての個別セミナー」を企画しました。予備校の解答速報会などで、ボーダー点数が気になられていた方もいらっしゃると思うのですが、教養試験では「数的処理」、専門試験では「経済学」の出来が大きなポイントとなります。私は現在、上記 [続きを読む]
  • 経済論文の対策はどうすれば?【Q&A】
  • 受験生の皆さん、お元気ですか?またまた久しぶりの投稿になってしまいました。いよいよ、来月より国税専門官、国家一般職・・ と国家系の本試験が行われますね!国税専門官では、「専門論文」が出題されますが、こちらの対策について、少しコメントします。まず、今年はミクロか?マクロか?ですが、正直、予想は難しいです。(苦笑)ただ、どちらを優先して勉強すべきかと言われれば、断然、マクロです。ミクロの論理体系は、グ [続きを読む]
  • 国税専門官の会計学はどうすれば?【Q&A】
  • 先日、国税専門官志望の学生さんから、「会計学の勉強はどうすれば?」と質問を受けました。何でも、簿記を全くやったことがないそうで…ただ、諦めは禁物です。下記のような本を読んで、「財務諸表とは何ぞや?」を理解しましょう。8問のうち、具体的な会計処理(仕訳や計算)が必要なのは2問程度で、残りは「会計原則」に基づいた理論を問う問題なので、意外と難易度は高くないと思われます。簿記は3級しか持っておらず、しばら [続きを読む]
  • H28国家一般職・ミクロ解説<貨幣一単位当たりの限界効用>
  • 3月の上旬に、担当している講義が全て終わり、今年受験の皆さんは、いよいよ残すところ2〜3か月となりました。(この期間が、意外に長いのですが…)この間、個別授業にて、昨年の問題の質問があったので、ビデオ解説にまとめてみました。例年、ミクロの1問目は、初見の問題が出ることが多いのですが、昨年は、そうでも無かったですね。定番形である「効用U=xのα乗×yのβ乗 のとき、U最大となる(x、y)を求めよ」という出題で [続きを読む]
  • 解説ビデオ作成中…【講師日記】
  • さて、スーパー銭湯に行ってから更新をさぼってしまい、「1か月」も経ってしまいました…最近の出来事といえば、家庭教師をしている姪っ子(中学3年)が、なんとか私立高校に受かってくれて、ホッとしている…今日この頃です。いよいよ、公務員試験の学習も佳境を迎えていきます。ちょうど、専門学校では「直前対策」が始まっています。そこで、普段の仕事と並行して、「解説ビデオ」の収録を増やしていき、受験生の学習に役立てて [続きを読む]
  • スーパー銭湯に行く…【講師日記】
  • 今日はオフの土曜日… ということで、娘と約束していた「スーパー銭湯」に出かけました。京都の宇治市にある「もなこの湯」(HPより)「歴史的銭湯を彷彿する重厚な入口」… って、マジなのか、ギャグなのか、わかりません(笑)まぁ、とにかく、久しぶりに足を延ばして風呂に入れましたので良かったかなと…。料金も大人500円、娘(幼児)100円(!)と、リーズナブルでした。そろそろ、温泉で日頃の疲れを取りたいなぁ…と思っ [続きを読む]
  • 頭痛… 【講師日記】
  • タイトルのママなのですが・・・今週末は、頭痛で苦しんでいました。頭痛薬も、いろいろ試してきましたが、私には「セデス・ハイ」という薬がピッタリのようです。痛くなったら「すぐセデス」の強化版?右上に「ピリン系」と書いてあります。ある時期までは「非ピリン系」の薬しか売っていなかったように思うのですが・・・とにかく私には「ピリン系」の薬が良いようです。どうも従来型は、吐き気がすることが多くて…二つが、どう [続きを読む]
  • トランプ大統領は経済学を知らない?
  • 毎日新聞の記事です。トランプ次期米大統領は11日の記者会見で、貿易赤字削減を目指す方針を表明した。貿易赤字相手国として中国、メキシコと並んで日本を名指し。2国間通商交渉を通じて赤字削減を迫ると見られる。米国自身が戦後、長い時間をかけて築いた自由貿易秩序を崩すだけでなく、結果的に米国を含む関係国経済を混乱させる恐れが強い。(1月12日)若い人には馴染みがないかもしれませんが、これは、20年ほど前に問題視 [続きを読む]
  • マクドナルドで…【講師日記】
  • 遅くなりましたが、新年おめでとうございます!今日は、娘二人を連れて、「マックアドベンチャー」に行きました。アドベンチャー?何それ?と思った方・・・店舗限定で、子供向けのクルー体験が出来るプログラムです。けっこう、喜んでハンバーガーを作っていました。土曜の昼下がりの忙しいさなか、丁寧に対応してくれた店員さんに…感謝!写真は、私が注文したホットコーヒー。なぜか「コーヒー味のお湯」のような味でした…(煮 [続きを読む]
  • 大晦日…【講師日記】
  • も〜い〜くつ ね〜る〜と〜 お正月〜ライトな気分で、投稿してみます(笑)2月には公務員予備校にて直前対策、外語学校で期末テスト があるので、教材・テスト作成に追われています…。写真は、実家から送られてきたモチ。一家5人で、おいしく頂きました…。 [続きを読む]
  • 特別区一類の「経済学」対策
  • しばらくの御無沙汰でした。教材の作成などで、時間を割いていました。今回は、来年の受験生向けの記事です。特別区一類の専門試験「経済学」の特徴について述べてみます。2004年から、問題が一般公開されるようになりましたが、出題については、「良く出されるところ」がハッキリしています。ミクロ経済学を例にとってみますと、次の通りです。2004〜2016年の13年分の問題テーマ(問題数13×5=65問中)のうち、●不完全競争…9問 [続きを読む]
  • 政府、28兆円の経済対策を決定
  • 2016/7/28付日本経済新聞 朝刊より安倍晋三首相は27日、来月2日に閣議決定する経済対策の事業規模を28兆円超にすると表明した。複数年度にまたがる対策を一括して示し、大規模な対策を求める市場の期待に応える狙いだ。厳しい財政状況下で財源が限られるため、国が資金を調達して低利で供給する財政投融資もフル活用する。経済効果がみえにくい面もありますが、首相の経済政策「アベノミクス」の再始動に向けて総動員をかける感 [続きを読む]
  • 「流動性のわな」とは?
  • いよいよ、市役所/県庁の試験が目前に近づいてきました。今日はマクロ経済学の「流動性のわな」について、復習しましょう。IS-LM分析で、「利子率がゼロに近い状態で、金融緩和政策を行って通貨量を増やしても所得増加の効果がない」 ことを、「わな」に例えて表現したものですね。通常ですと、金融緩和政策により、利子率(グラフ縦幅r)低下→投資の増加→乗数効果により所得(グラフ横幅Y)拡大となるところが、利子率が下限( [続きを読む]
  • 消費増税の再延期はあるのか?
  • いよいよ、今週G7のサミットが、三重県で開かれます。景気回復のために、財政出動の必要性が問われており、来年の消費増税(10%)は、再延期すべきだという声も出てきましたね。消費税増税延期の是非について、わかりやすい動画をyoutubeで見つけましたので、ぜひご覧ください。 少しは役に立った!と思われましたら、 お願いします!にほんブログ村 [続きを読む]
  • クラウディング・アウトとは?
  • 本日も、国家公務員試験の受験生向けの内容です。マクロ経済学の参考書では必ず出てくる「クラウディング・アウト」。何のことか説明できますか?以下は、伊藤元重『マクロ経済学 第2版』より1:財政支出増大(公共事業など)↓2:GDP増大↓3:貨幣需要増大↓4:利子率上昇↓5:民間投資減少このように、1:での財政拡大効果が、2:3:4:のプロセスを通じて、5:民間投資を抑制することで、いわば政府が民間の需要を「 [続きを読む]
  • ラムゼーの最適課税論とは?
  • 国家公務員受験生向けの内容です。昨年は、”消費税の軽減税率”が何かと話題になりましたが、財政学では、「ラムゼーの最適課税論」というものが良く知られています。厚生の観点からは「ぜいたく品に低い税率を、必需品には高い税率を」かけた方が、社会厚生のロスが少ない、というものです。必需品は、もともと価格の変動に対して需要の変動は大きくない(価格弾力性が小さい、といいます)ので、 市場に与えるショックを小さく [続きを読む]
  • 2016年度予算案、衆院通過
  • こちらも、今更ながらですが、「来年度予算案、衆議院通過」のニュースです。 衆院予算委員会は29日の理事会で、3月1日に安倍晋三首相と全閣僚が出席して2016年度予算案の締めくくりの質疑を行い、採決することを決めた。予算案は1日午後の本会議で可決され、同日中に参院に送られる見通し。憲法の衆院優越規定により、参院の議決がなくても参院送付後30日で自然成立するため、年度内成立が確定的となった。(2月29日 [続きを読む]
  • TPP交渉の「関税」とは?
  • 今更ながらですが、「関税」についてです。基本的に「輸入品に課せられる」税金で、物品により異なるのが特徴ですね。TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の交渉妥結により、段階的に撤廃していくものも含めると、大枠は以下のようです。http://www.sankei.com/economy/news/151009/ecn1510090016-n1.htmlたとえば、アメリカ産の牛肉ならば、課税されるのは、アメリカの業者 ですが、負担するのは、アメリカ産牛肉を食べる日本の [続きを読む]
  • 「速攻の時事」平成28年度試験版が発売!
  • 「速攻の時事」今年も発売されました!別に、私は実務教育出版の回し者ではありませんが…(昨年も同じこと書いてます;笑)例年通り、コンパクトにまとまっています。(私は受験生ではありませんが、買いました!)時事関係は、この本に決まり… でしょうね。早めに買って、少しずつページをつぶして行きましょう!少しは役に立った!と思われましたら、 お願いします!にほんブログ村▼ 宜しければ、FACEBOOKいいね!も [続きを読む]
  • ふるさと納税とは?
  • 2月11日の「時事ドットコム」記事からです。13県知事で構成する「自立と分散で日本を変えるふるさと知事ネットワーク」は11日、東京都内で会合を開き、ふるさと納税で優れた取り組みをしているとして岩手県など5県市町を大賞に選び、感謝状を贈呈した。地方応援という制度本来の趣旨に沿い、寄付金を有効活用しているかを基準に選んだ。納税に対し豪華な返礼品を競う風潮に一石を投じた形だ。ふるさと納税、と聞くと、例えばA [続きを読む]
  • 経済事情の対策はどうすれば?
  • 国税専門官の「経済学」などで、「経済事情」に関する出題があります。過去問の出題を見ると、以下のような内容です。過去数年のアメリカ経済は景気回復傾向にあることを知っていれば本選択肢は×だろう…と推測できるでしょう。●米国の民間設備投資をみると、2008年のリーマンショック以降、マイナス成長が続き、2013年12月に設備投資減税が終了するにもかかわらず、2013年第4四半期もマイナス1%となった。企業収益も伸び悩み、 [続きを読む]
  • 2016年度予算案、96.7兆円決定
  • 日経新聞からの抜粋です。政府は24日、総額96兆7218億円の2016年度予算を閣議決定した。社会保障分野を中心とする歳出の膨張が止まらず予算規模は過去最高を更新したが、借金への依存度はリーマン危機前の水準に下がった。7年連続の税収増が歳出膨張と借金抑制の両立を可能にした。税収増の勢いは天井に近づきつつある。成長と財政健全化の両立に向け歳出構造の改革が課題だ。(2015年12月25日 日本経済新聞)社会保障費は、過去 [続きを読む]
  • 「ケアプラン」って何?
  • 最近は「デイケア」などの福祉用語でおなじみかもしれませんね。「ケアプラン」とは、「在宅介護サービスの計画」のことを指します。以下、9月7日の日経新聞の記事です。「ケアプランに自己負担 厚労省検討」 厚生労働省は、高齢者らの介護サービス計画を作る在宅介護支援(ケアマネジメント)で一部負担を求める検討を始める。 今は全額、介護保険でまかなっている。介護給付費の膨張を抑えるため、1割を自己負担にする案が浮上 [続きを読む]