イエスは勝利者 さん プロフィール

  •  
イエスは勝利者さん: 御言葉をください2
ハンドル名イエスは勝利者 さん
ブログタイトル御言葉をください2
ブログURLhttp://kyurios.exblog.jp/
サイト紹介文平和を願うキリスト者として、政治的な発言もしています。日本基督教団の戦争責任告白を大事にしています。
自由文宗教改革者たちに連なり、現代ではバルト・ボンへッファーの線に立ち、ブルームハルトの影響も受けています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2434回 / 365日(平均46.7回/週) - 参加 2014/06/05 00:11

イエスは勝利者 さんのブログ記事

  • 6月24日(土)
  • 神よ、沈黙しないでください。静まっていないでください。ご覧ください、敵が騒ぎ立っています。あなたを憎む者は頭を上げています。(詩編83.2-3)人気ブログランキングにほんブログ村 [続きを読む]
  • 釜ヶ崎の炊き出し、今日は280個
  •  犬たちは、日陰で寝ころばったり、日向にでてきたりしたりで、落ち着かなかった。最近、並んでいる人たちの中に声をかけてくれる人たちが多くなってきた。しかし、10年通ってきて、初めて気が付いたことがある。公園にホウキとちり取りがかけてあるのに気づいた。にほんブログ村人気ブログランキング [続きを読む]
  • 安倍総理の憲法9条改正案、自民党内でもまとめきれるかどうか疑問。
  •  今日の朝日新聞の記事によればである。今後、都議選の結果や、いろいろなことが起きて来るだろうが、安倍政権が、本格的に支持率を回復できないかぎり、実際に、国会で発議に至るのはなかなか困難だろう。安倍政権がたおれるか、憲法9条改憲案が国会に出されるか、二つに一つというぐらいのところまで煮詰まって来た。安倍提案の9条改正案でまとまれないなら、そのことがはっきりした時点で、安倍晋三氏は嫌気をさして、みずから [続きを読む]
  • 時代に先んじている人たちの言葉は最初は理解されない。
  •  しかし、時が来ると、それは理解され、常識にまでなってしまう。ところで、私は自分の書いていることが少しでも時代に先んじているとは思っていない。わたしが書いていることなど、100年以上も前に、先端的な人たちが言っていたことなのである。もし、私が書いていることが違和感を持って受け止められるなら、それはわたしたち日本人の政治意識がきわめて未熟であることを示しているにすぎないのである。わたしは、ここ10年間で [続きを読む]
  • 今こそ、国民主権を確立する千載一遇のチャンスである。
  •  国民主権を確立するには、革命をするしかしないのであるが、既に日本国憲法には、国民主権のことが書かれている。これを生きたものにすればいい、というだけの話である。国民主権を否定する安倍政権を打倒することは、国民主権の意識を国民の中に確立させるのに大きな意味があるだろう。主権在民、国民主権の意識を国民の中に確立する絶好の機会なのである。にほんブログ村人気ブログランキング [続きを読む]
  • 勢いが大事である。
  •  今こそ、安倍政権打倒の時である。いよいよ勢いをつけて、安倍首相を追い込むべき時である。牧師が、政治的なことについてあまりに発言することに批判的な方たちはいらっしゃるだろう。それは、「宗教は政治に関係しないこと」という固定観念にとらわれているだけで、たぶん、儒教的倫理、その中でも、「知らしむべからず、依らしむべし(依存させるべし)」という言葉を用いて、愚民政策をしてきた人たちの術中に陥っているだけで [続きを読む]
  • 安倍総理の改憲の野望が打ち砕かれるように祈る。
  •  とんでもないことである。日本国憲法は、国民のものであって、安倍晋三氏の私有物ではない。どこまで、この人は憲法を理解していないのか。「立憲主義のりの字もわかっていないのだろう。」憲法を守ることは、行政の代表者の最低の義務である。それを守りもしないし、それを理解もしていない似非政治家ではないか、この人は。さっさの政治の場から退場願いたい。立憲主義についての無理解と共に、立憲主義の根本的な否定者が何を [続きを読む]
  • 一度失った信頼を取り戻すのは難しい。安倍総理のことである。
  •  安倍政権の支持率は、また回復するだろうという人たちがいるが、「今度はそうはいかないだろう」という評者たちもいる。その理由としてあげているのが、今度の支持率の原因として、安倍首相の個人への信頼がなくなったということがダントツに多いということがあげられている。 この「信頼」について考えてみた。確かに、わたしたちの経験でも、ある人のある言動を知り、そんな人だったのか」と思われるような経験をした場合、一 [続きを読む]
  • 都議選に負けたら菅官房長官を更迭か(日刊ゲンダイ)
  •  今日の2面である。 いよいよ「官邸崩壊」かー。菅義偉官房長官の更迭説が流れている。安倍一強の象徴だった首相官邸が一気にガタつきはじめている。 「総理のご意向」と書かれた加計文書を「怪文書だ」と強弁し、さらに前川前文科事務次官を個人攻撃し、加計問題に火をつけた菅官房長官。「あいつがA級戦犯だ」と自民党内から批判が噴出している。 最新号の「週刊朝日」によると、自民党本部で開かれた副幹事長会議では「都議 [続きを読む]
  • NHK『クローズアップ現代』、社会部 がんばれ!
  • NHKのクローズアップ現代の放送と松野文科相の記者会見はやはり、関係があったのだろう。あの松野文科相の急な新文書開示は、何かがあったな、という印象を与えるものだったが、ある方から、前日のNHKの『クローズアップ現代』をメールで送っていただいて観ていたので、この放送のせいであわてて、文科相は動いたのだろうと私は推測していた。そのことについて、今日の日刊ゲンダイには、次のような記事があった。 「文科省がこ [続きを読む]