JWみやさん さん プロフィール

  •  
JWみやさんさん: 神の王国の良いたより
ハンドル名JWみやさん さん
ブログタイトル神の王国の良いたより
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/jwjw18615hmiyajw47jw
サイト紹介文1.神の王国の良いたよりの真理・聖書の紹介 2.花々と風景写真 3.俳句 4.時代の変化
自由文 イエス・キリストの伝道の主要なテーマは「神の王国の良いたより」でした(ルカ4:43;8:1)。ですからイエスの真の追随者はいつでもどこでも神の王国の良いたよりの真理を徹底的に証しします(マタイ24:14;28:19,20.使徒28:23)。「神の王国の良いたより」に勝る良いたよりはどこにもありません。加えて聖書からの日々の生活に役立つ「目立った言葉」や趣味の花々、風景の写真、俳句を紹介致します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供799回 / 365日(平均15.3回/週) - 参加 2014/06/05 04:26

JWみやさん さんのブログ記事

  • ハナニラと土佐ミズキ
  •  庭にはハナニラが咲き、春の到来を告げています。 ハナニラは星形の花びらで可愛い花です。 葉にはニラの臭いがあるため「ハナニラ」と呼ばれています。 花期は3月〜4月です。 用途は鉢植え、庭植えです。 花言葉は「愛しい人」と紹介されています。 今日はハナニラと土佐ミズキを紹介致します。                     庭に咲いている「ハナニラ」                   庭に咲いて [続きを読む]
  • 詩編120編の紹介:こうかつな舌よ、人は何をお前に与えるだろうか
  •  詩編119編169節〜176節には、詩編作者は「恵みを求めるわたしの願いがあなた(エホバ)のみ前に至りますように」と、エホバに依り頼む純粋な言葉が記されていました(詩編119:170)。現在の対処しにくい危機の時代の中で生活する私たちも、絶えず神エホバに恵みを求めて請願をする必要があります(テモテ第二3:1)。今日紹介する詩編120編には、「こうかつな舌よ、人は何をお前に与えるだろうか」と、記さ [続きを読む]
  • 3月の俳句(その5)
  •  早くも3月下旬になり、本格的な春の訪れとなっています。 季節の秩序正しい移り変わりに反し、国会は森友学園問題で混迷、 東京の豊洲市場への移転問題の解決の良いニュースがありません。 加えてアメリカのトランプ政権も不透明で、不安定です。 福島第一原発の廃炉への技術的道筋も未だに不透明で事故の悲しい傷跡が 残っています。不透明、不安定な世の中です。 しかし、春の到来で変わることなく花々は美しい姿を見せ [続きを読む]
  • JR宇和島駅前のパンジーと杏子の花と淡いピンクの椿
  •  JR宇和島駅前の花壇にはパンジーが綺麗に植えてあり、 綺麗に咲いています。またそこには杏子の木があり、 杏子の花が満開になり、春を告げています。 パンジーも杏子の花も見る人々の心を歓ばせます。 今日はJR宇和島駅前のパンジーと杏子の花と淡いピンクの椿を紹介致します。                     JR宇和島駅前の「パンジー」                    JR宇和島駅前の「杏子の花」  [続きを読む]
  • カラスのエンドウの花と黄色の水仙「エキスプローラ」
  •  道辺や柿やミカン畑の端にピンクの カラスのエンドウ(烏の豌豆)の花が咲いています。 マメ科の花ですから、可愛い花を咲かせています。 山野草図鑑によれば、柔らかな地上部全草がを食用にすることが出来るそうです。 花期は3月〜6月です。 今日はカラスのエンドウの花と黄色の水仙「エキスプローラ」を紹介致します。                  道辺に咲いている「カラスのエンドウ」            [続きを読む]
  • 紅白の椿とつくし
  •  散歩道の垣根に今も紅白の椿が咲ていました。 3月も下旬ですから、間もなく椿の時期も過ぎると思いますが、 一つの花びらに紅白が入るその様はとても綺麗です。 私の手持ちの花図鑑には紅白の花びらの椿は紹介されていません。 椿の花言葉は「女性らしさ」です。 今日は紅白の椿とつくしを紹介致します。                   ご近所の道辺の生垣の「紅白の椿」                     [続きを読む]
  • 越後の鮮やかな侘助(わびすけ)とピンクの芝桜
  •  新潟の写真家が、鮮やかな侘助を紹介されていました。 侘助は比較的見る機会が少ないと思いますが、 こちらでは愛好家が玄関の入口に鉢植えでおいてあり たまに見る機会があります。 今日は越後の鮮やかな侘助とピンクの芝桜を紹介致します。             新潟の写真家の提供の「鮮やかな侘助」                        お訪ねしたお家の「芝桜」     [続きを読む]
  • 3月の俳句(その4)
  •  こちらのソメイヨシノ桜の開花時期は22日と予報されていましたので 明日の22日が楽しみです。 我が家の裏の畑ではアーモンドの花が咲いて来ています。 間もなく白桃や杏子の花の咲く時期に入ります。 春の到来は心地よく心が和みます。 今日は3月16日〜20日までに詠んだ俳句を紹介致します。        老婦人 もみじの芽吹き 喜びぬ        黄金に 輝き咲し リュウキンカ(立金花)       [続きを読む]
  • 紅梅と山野草の白の花
  •  少し高地にあるお家の庭にまだ紅梅が咲いていました。 紅梅は春の訪れを告げる愛らしい花です。 紅梅の下にはワンちゃんがいて歓迎してくれました。 今日は紅梅と山野草の白の花を紹介致します。                      お訪ねした家の庭の「紅梅」                     お訪ねした家の庭の山野草                     花びらはサクラソウに似ています [続きを読む]
  • 淡いピンクと黄緑と黒紫のクリスマスローズ
  •  比較的高地にあるお家を訪ねましたら、 広い庭に淡いピンクと黄緑と黒紫のクリスマスローズが見事に咲いていました。 クリスマスローズは下を向いて咲いているので、お家の人に 少し手助けをして頂き、写真を撮りました。 クリスマスローズの花期は12月〜3月です。 用途は切り花、花壇、鉢植えです。 花言葉は「慰め」と紹介されています。 今日は淡いピンクと黄緑と黒紫のクリスマスローズを紹介致します。      [続きを読む]
  • 青紫のビオラとサクランボの花
  •  お訪ねした家の庭に青紫のビオラが春の午後の陽を浴び 輝いていました。ビオラはパンジーの小輪種です。 花期は2月〜5月です。 用途は鉢植え、花壇です。 花言葉は「空想の羽」と紹介されています。 今日は青紫のビオラとサクランボの花を紹介致します。                     お訪ねした家の「ビオラ」                   我が家の裏の畑の「サクランボの花」 [続きを読む]
  • 詩編119編の紹介(その12):エホバの諭しは心の歓喜
  •  詩編119編101節〜110節には、エホバのみ言葉は「わたしの足のともしび、わたしの通り道の光です」と記されていました(詩編119:105)。エホバの民のクリスチャンたちは、このみ言葉を何度も何度も読み、み言葉が真実であることを実感し、神エホバに感謝し、栄光と賛美を帰しています。今日紹介する詩編119編111節〜120節は、神エホバの諭しの律法は、「わたしの心の歓喜」という言葉で始まっています( [続きを読む]
  • 青のヒアシンスと黄色のラッパ水仙
  •  春日が回復し、庭ではヒアシンスが咲いています。 ヒアシンスは愛好家も多く、あちこちのお庭で見かけます。 花期は3月〜4月です。 用途は切り花、鉢植え、庭植えです。 花言葉は「悲哀」と紹介されています。 今日は青のヒアシンスと黄色のラッパ水仙を紹介致します。                   庭に咲いている「ヒアシンス」                    ご近所の庭の「ラッパ水仙」 [続きを読む]
  • デコポンを食べに来るメジロとボケの花
  •  庭木の枝にデコポンを半分に切って刺して置くと メジロがどこからともなく来て食べています。 観察していると野鳥は目が良く見えるだけではなく 優れた臭覚を備えているのではないかと思います。 メジロの姿はとても愛らしいです。 今日はデコポンを食べに来るメジロとボケの花を紹介致します。                     デコポンを食べに来た「メジロ」                     庭に咲 [続きを読む]
  • パンくずを食べにくる雀たちと庭の椿
  •  朝私が雨戸を開けると雀たちがどこからか 庭木に集まって来てパンくずをねだります。 パンくずを置くと、雀たちは争うことなく餌を仲良く食べます。 しかし、カラスがその餌を狙って食べに来ます。 カラスは、雀たちを追い払い悠々と食べ、飛び立ちます。 すると、雀はすぐさま戻り何事もなかったようにパンくずを食べます。 今日はパンくずを食べる雀たちと庭の椿を紹介致します。                    [続きを読む]
  • 3月の俳句(その3)
  •   こちらも3中旬に入り、少し天候が崩れ北風も吹く日もありましたが、 サクランボの花も満開です。この後に咲くソメイヨシノ桜の 開花時期は3月22日と伝えられていますのっで、間もなく本格的な 桜の時期を迎えます。  皆様方のお住いの地域は如何でしょうか。 今日は3月11日〜15日までに詠んだ俳句を紹介致します。         配達夫 駆け足で行く 春の里         配達婦 到来ベルの 春の午 [続きを読む]