JWみやさん さん プロフィール

  •  
JWみやさんさん: 神の王国の良いたより
ハンドル名JWみやさん さん
ブログタイトル神の王国の良いたより
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/jwjw18615hmiyajw47jw
サイト紹介文1.神の王国の良いたよりの真理・聖書の紹介 2.花々と風景写真 3.俳句 4.時代の変化
自由文 イエス・キリストの伝道の主要なテーマは「神の王国の良いたより」でした(ルカ4:43;8:1)。ですからイエスの真の追随者はいつでもどこでも神の王国の良いたよりの真理を徹底的に証しします(マタイ24:14;28:19,20.使徒28:23)。「神の王国の良いたより」に勝る良いたよりはどこにもありません。加えて聖書からの日々の生活に役立つ「目立った言葉」や趣味の花々、風景の写真、俳句を紹介致します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供795回 / 365日(平均15.2回/週) - 参加 2014/06/05 04:26

JWみやさん さんのブログ記事

  • 赤紫のブッドレアとヒオウギの花
  •  お訪ねした家の庭に赤紫のブッドレアの花が咲いていました。 ブッドレアの花は、見かける機会が少ないのですが 小さな花が密集して咲いています。 今日は赤紫のブッドレアとヒオウギの花を紹介致します。                     見る機会の少ない「ブッドレア」                       庭に咲いている「ヒオウギ」 [続きを読む]
  • イエスの弟子たちはなぜ世から憎まれ、迫害を受けるのですか?
  •  イエス・キリストは弟子たちのことを「わたしはあなた方を友と呼びました」と、述べ、「自分の父(エホバ)から聞いた事柄をみなあなた方に知らせました」、「わたし(イエス)があなた方(弟子たち)を選びました」と、教えられました(ヨハネ15:15)。これらの言葉は、イエスが弟子たちに「互いを愛すること」のおきてを与えられた後に述べられた言葉です(ヨハネ15:12)。イエスの友であり、イエスがお選びになった [続きを読む]
  • 越後の紫陽花に雨蛙とランタナに黒アゲハ蝶
  •  新潟の写真家が紫陽花の花に雨蛙が集っている とても平和な写真を紹介されれていました。 雨蛙たちはアジサイの花の上に乗って何を話し合っているのでしょうか。 あるいは蛇に襲われにくい場所を見つけて上っているのでしょうか。 あまり見ることの出来ない雨蛙とアジサイの花の作品です。 今日は越後の紫陽花と雨蛙とランタナに黒アゲハ蝶を紹介致します。                    新潟の写真家の提供の「 [続きを読む]
  • イチゴミルクにランタナにアゲハチョウ
  •  イチゴミルクの花は長い期間にわたって咲き、 爽やかな楽しみを与えてくれます。 イチゴミルクの花は並んで咲き、優しい愛情を教えています。 私の手持ちの花図鑑にはこの花は紹介されていません。 今日はイチゴミルクとランタナにアゲハチョウを紹介致します。                    庭に咲いている「イチゴミルク」                  − 少しピンボケで申し訳ありません −     [続きを読む]
  • 聖書の箴言は、善を行なう力のある人に何を教えていますか?
  •  現在の社会は、対処しにくい危機の時代です(テモテ第二3:1)。それでも自然災害に遭遇し、助けを必要とする人たちに全国から支援に駆けつける人たちがいることを報道されています。多くの人は人の災難を見て助けの手を差し伸べない中で、積極的に自分の行える善を行なうことは大変喜ばしいことです。支援の方法は自発的な金銭の寄付、物資の提供、労力の提供、宿舎の提供、医療関係、霊的な援助等々があります。聖書の箴言( [続きを読む]
  • 7月の俳句(その3)
  •    暑中お見舞い申し上げます。 こちらも19日には梅雨明け宣言がありました。 梅雨明けと共に西日の差す場所は一層暑さが厳しくなりました。 こちらの道の駅は西日の差す側が生産者の出荷の出入り口になっているのですが、 厳しい暑さに汗が噴出します。 皆様方のお住いの地方は如何でしょうか。 日々が快く、平安であれば幸いです。 今日は7月16日〜20日までに詠んだ俳句を紹介します。         朝焼け [続きを読む]
  • 白のイワギボウシの花と切り花のダリア
  •  白のイワギボウシが比較的長い期間庭で咲いています。 白の花びらは蒸し暑い猛暑の中で爽やかな雰囲気を醸し出しています。 花期は6月〜9月です。 用途は花壇、庭植へ、切り花です。 花言葉は「隠忍自重」と紹介されています。 今日は白のイワギボウシの花と切り花のダリアを紹介致します。                     庭に咲いている「イワギボウシ」               道の駅に出荷されてい [続きを読む]
  • 淡い青紫のサルスベリの花とランタナと紅シジミ蝶
  •  お訪ねした家の庭に淡い青紫のサルスベリの花が咲いていました。 我が家のサルスベリはピンクの花ですが、 淡い青紫のサルスベリの花は初めて見ました。 サルスベリの花は私の手持ちの花図鑑には紹介されていません。 今日は淡い青紫のサルスベリの花とランタナと紅シジミ蝶を紹介致します。                   お訪ねした家の庭の「サルスベリ」                    庭のランタナに [続きを読む]
  • 早くも咲いているコスモスの花と越後の花火
  •  比較的高地にあるお家を訪ねましたら、家の庭に 早くもコスモスの花が咲いていました。 コスモスの花は秋の花のイメージがありますが、 夏から秋の花です。 花期は6月〜10月です。 用途は切り花、鉢植え、花壇です。 花言葉は「美麗」と紹介されています。 今日は早くも咲いているコスモスの花と越後の花火を紹介致します。                 お訪ねした家の庭に咲いていた「コスモス」        [続きを読む]
  • ピンクのディプラデニアと桔梗の花
  •  近くの道辺にピンクのディプラデニアの花がさいていました。 猛暑の中で緑の葉に調和した花弁の色は爽やかさを与えてくれます。 用途は鉢植えです。 花期は5月〜9月です。 花言葉は「飛耳長目」と紹介されています。 用途は鉢植えです。 今日はピンクのディプラデニアと桔梗の花を紹介致します。                 近くの道辺に咲いている「ディプラデニア」                   鉢植 [続きを読む]
  • あなたは、恐れを抱く事象、事柄に直面した時、どのように対処なさいますか?
  •  人間は、経験したことのない事象、事柄に直面すると恐れを感じるかも知れません。特に死に直面する事柄や大災害に遭遇したり、重い病気になり、大手術を受ける時に強い怖れを抱くかも知れません。あるいは、高齢化に伴う体調の変化や粗暴な人に遭遇したりする時にも恐れを感じるかもしれません。「肉の業」の蔓延する世の中にあって、書の真理を学ぶ時に、人の目に恐れを抱くことがあるかもしれません(ガラテア5:19)。あな [続きを読む]
  • 7月の俳句(その3)
  •  こちらでは梅雨が明けぬまま、連日猛暑になっています。 外出すると汗が吹き出します。 こまめに水分の補給や汗をかくと塩分の補給にも注意をしたいものです。 暑い日には昔ながらの「かき氷」を食べながら、道の駅のミニ水族館で 休んでおられる姿もあります。 今日は7月11日〜15日までに詠んだ俳句を紹介致します。        霧もあり 一直線に 朝焼ける         誰からか 帰ればスイカ 届けあり [続きを読む]
  • ランタナに黒アゲハ蝶と越後の花菖蒲
  •  庭にはランタナの花が猛暑の中で咲いています。 ランタナの花には蜜が多いのか、朝早くから蝶たちが来て 吸蜜して、忙しく移動しています。 黒アゲハ蝶がランタナにきて吸蜜していました。 今日はランタナに黒アゲハ蝶と越後の花菖蒲を紹介致します。                   庭のランタナで吸蜜中の「黒アゲハ蝶」                      新潟の写真家の提供の「花菖蒲」 [続きを読む]
  • あなたは、イエスが教えた新しいおきてをご存知でしたか?
  •  イエス・キリストはみ父エホバの告げられる通りに、人々や弟子たちに教えを与えられました(ヨハネ12:49,50)。イエス・キリストは最後まで、み父エホバの言葉で弟子たちに導きを与えられましたが、贖いの死を遂げる少し前に、新しいおきてを弟子たちに与えられました。ヨハネの福音書に次のように記されています。 「「わたし(イエス)はあなた方(弟子たち)に新しいおきてを与えます。それは、あなた方が互いに愛し [続きを読む]
  • 庭で休むジャノメ蝶と越後の蓮の花
  •  個体数の少なくなったジャノメ蝶が、時々庭に来て休んでいます。 ジャノメ蝶は羽根に独特の模様があり、 見るとすぐに覚えることの出来る蝶です。 この時期の蝶たちの動きはとても活発で、 夕暮れ時まで吸蜜活動をし、花から花に移動しています。 今日は庭で休むジャノメ蝶と越後の蓮の花を紹介致します。                    庭で休んでいる「ジャノメ蝶」                      [続きを読む]
  • あなたは、神エホバに依り頼みますか、それとも他の人や自分自身に依り頼みますか?
  •  聖書の伝道で、家から家をお訪ねしますが、時々、「自分以外に頼る者はいない!」と、おっしゃる方に出会います。現在は対処しにくい危機の時代ゆえに、聖書を学ばれたことのない方が、そのようにおっしゃるのは無理のないことです(テモテ第二3:1〜5)。あなたは、如何でしょうか。試練や困難に直面した時、あなたは、他の人の助言を求めますか、それともいかなる場合も自分自身を頼りますか、あるいは偉大な創造者エホバ神 [続きを読む]
  • 千日紅とランタナにアゲハチョウ
  •  お訪ねした家の庭に千日紅が咲いていました。 千日紅は幼いころからの夏の花としてとても馴染みが深い花です。 千日紅の名前の由来は、百日草や百日紅(サルスベリ)より 花期の長いことから名づけられたとのことです。 花期は7月〜10月です。 用途は切り花、鉢植え、花壇です。 花言葉は「不老長寿」よ呼ばれています。 今日は千日紅とランタナにアゲハチョウを紹介致します。                    [続きを読む]
  • あなたは、仲間、友人と仲たがいした時にどのように対応しますか?
  •  私がまだ若かった頃、先輩は仲間や友人と何かの事で仲たがいした時の対処を、「ボタンの付け違い」の例えで、対応を教えて下さいました。「ボタンの付け違い」とは、だれにも起こる可能のあることであり、ボタンの付け違いが起きれば、直ぐに直すように、仲間や友人とすぐに仲直りをすること、と教えて下さいました。ボタンの付け違いを放置すれば、それは品位を欠くことであり、直ぐに直すことの大切さを教えて下さったと思って [続きを読む]
  • クレオメの花と越後の写真家がWordで描いた紫陽花
  •  ご近所の畑にクレオメの花が咲いています。 クレオメの花はユニークな花形ですが、華やかであり 蝶の舞う姿は夕涼みに似合う花のようです。 花期は6月〜8月です。 用途は花壇です。 花言葉は「舞姫」と紹介されています。 今日はクレオメの花と越後の写真家がWordで描いた紫陽花を紹介致します。                   ご近所の畑に咲いている「クレオメ」                   新潟の [続きを読む]
  • あなたは、アダムが930歳まで生きたことをご存知でしたか?
  •  最初の人アダムは、神エホバが食べると死ぬので食べてはならない、と命じていた「善悪の知識の木」の実を、悪魔サタンが蛇を使い、食べても死ぬことはないと唆し、妻のエバから勧められるままに食べ、死ぬことになりました(創世記2:16,17;3:1〜6,17〜19.啓示12:9)。悪魔サタンは、食べても死ぬことは無く、神のようになれると唆したのです。しかし、神エホバの命じた通り、その日、つまり神エホバの1日 [続きを読む]
  • ランタナにヒョウモン蝶と真っ赤なカンナ
  •  庭のランタナな花は蜜が豊富なのか、朝早くから蝶たちが 吸蜜に来ています。この時期の蝶たちは活発で、 次々と花から花に移動し、接写で写真を撮るのが難しいです。 何とかヒョウモン蝶の写真が撮れました。 蝶たちは短い命を忙しく蜜を求め、生きています。 今日はランタナにヒョウモン蝶と真っ赤なカンナを紹介致します。                  庭のランタナで吸蜜中の「ヒョウモン蝶」          [続きを読む]