taipa さん プロフィール

  •  
taipaさん: GO DOWN GAMBLIN'
ハンドル名taipa さん
ブログタイトルGO DOWN GAMBLIN'
ブログURLhttp://godowngamblin.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文ついに待望のリタイア。私taipaが趣味や日々思うことを述べていきます。広告ないので軽いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供227回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2014/06/05 13:15

taipa さんのブログ記事

  • たまにはゆるい山歩き 高原山[ミツモチ](後編)
  • 八海山神社を後にして、ミツモチ分岐点に向かう。下り始めてすぐ、「ミツモチ→」の細い登山道があるが、どこをどう通るか分からないので安全策で太い道を下りる。平日とはいえ、連休中なのでこれから登ってくる人達も多い。気のせいかうちの夫婦と似たり寄ったりの年恰好の二人連れが多い。分岐点に下りて右に折れる。道は駐車場からの砂利道が続いている。車両通行止めであるが、ジープでも走れそうな道である。分岐点からミ [続きを読む]
  • 急展開する村田問題について
  • わずか1週間の間に、急展開した感のある村田vsヌジカムの判定問題。判定問題というと昔はファメションvs原田などとんでもない判定があったものだが、その頃に比べると、判定自体もそうだが統括団体の対応にも本当に今昔の感がある。改めて、この1週間の動きを振り返ってみたい。WBAのヒルベルト・ヘスス・メンドサ会長がこの判定に関し、「村田と本田会長、日本のファンにapologizeする。ひどい判定だ。WBAは再戦を指示す [続きを読む]
  • 四国札所歩き遍路 二十九番国分寺(後編)
  • Cotton TimeはWEBで評判の喫茶店で、国分寺にお参りする時はぜひ寄りたいと思っていた。そして実際行ってみると分かるが、お遍路の姿はほとんどない。地元の主婦層が3人4人連れで来て、おしゃべりする場所なのであった。昼のメニューはランチセット980円とカレーセット800円。カレーセットを注文して出てきたのが、まず手作りカレーと野菜とスパゲティのサラダ、ほうれん草のスムージー。食後にお好みのドリンクとデザート( [続きを読む]
  • ケル・ブルック再び強敵と対戦
  • IBF世界ウェルター級タイトルマッチ(5/27、英シェフィールド)Oケル・ブルック(36勝25KO1敗)2.5倍 エロール・スペンスJr.(21戦全勝18KO)1.8倍GGG相手に果敢に勝負を挑んだブルックが再びウェルター級に戻して防衛戦。選んだ相手がウェルター級では最も手ごわいとみられるエロール・スペンス。復帰第一戦だからそれなりの相手という選択肢は、ケル・ブルックにはないようである。結果的には眼窩底骨折 [続きを読む]
  • モバイルフレンドリー? 〜せいうち日記102
  • しばらく前から、ホームページへのGoogleからの流入が少なくなっていることが気になっていた。営業している訳ではないので、別に少なくなったからといって困ることはないのだけれど、せっかく書いたものがあまり読まれていないとすれば残念なことである。Blogの「カレーこいけ」ばかりが読まれていてもあまり楽しくないのである。ある日、ふと思いついてGoogleで自分の記事を検索してみて驚いた。「この記事はモバイルフレンドリー [続きを読む]
  • 村田vsヌジカム戦回顧
  • WBA世界ミドル級タイトルマッチ(5/20、有明コロシアム)ハッサン・ヌダム・ヌジカム O 判定(2-1)X 村田諒太私の採点は115-112村田ながら、村田が明らかに取ったのは3ラウンド(ダウンがあるので4ポイント)、ヌジカムが明らかに取ったのが3ラウンドで、後の6ラウンドはヌジカムの手数をとるか村田の単打を取るかの難しいラウンドだった。だから117-110村田もあるし、116-111ヌジカムもありうる。実際その通りのスコ [続きを読む]
  • デイパックに入れた乳液がお湯になる暑さ 二十九番国分寺(中編)
  • 松本大師堂を過ぎたあたりが、国分寺への道ではたいへん分かりにくいところである。とにかく、行先表示や遍路シールがほとんどない。山の方向で東西南北は分かるし、土讃線の線路を越えてから北に向かえばいいのだが、ひとつ間違えるとかなり違う場所に出てしまう心配がある。松本大師堂からは、国道195号線と土讃線の踏切が目標となるのだが、遍路地図に書いてある休憩所は見当たらない。このあたりまで来ると、まだまだ空き地 [続きを読む]
  • 男子高校生のおばさん化?
  • 昨年の夏にリタイアして通勤通学の時間帯に電車に乗ることはないと思っていたら、正月から職業訓練所に通うことになって朝晩決まった時間に電車で行き帰りするようになった。都心に向かう電車ではないのでそれほど混雑してはいないものの、それでも人混みに入って行かなければならないのは気が重いものである。成田近辺にはいくつか高校があり、4月になって新入生が入ってきたので駅や電車がにぎやかである。急に混み出したように [続きを読む]
  • 中高年の山歩き 高原山[ミツモチ](前編)
  • 55歳を過ぎて山歩きを再開しました。安全第一を心がけ、静かな山行を楽しんでいます。たまに奥さんを連れて行きますが、基本は単独行です。ガイドブックほど早く歩けないという方、ぜひ参考にしてください。---------------------------------------------------------------------------------2017年のゴールデンウィークはリタイア後初の大型連休であった。リタイアしているからといって毎日が休みということはなく、学校と同 [続きを読む]
  • 四国札所歩き遍路 二十八番大日寺(その5)
  • 法界山大日寺(ほうかいさん・だいにちじ)。ご本尊は大日如来である。山号の法界も大日如来にちなんだもので、大乗仏教における全世界を意味する。「四国遍礼霊場記」にも、「天竺も日本も大日如来の下にあり、その意味で山号を法界とした」と書いてある。その一方で、寺伝では欽明天皇、敏達天皇、真言八祖の龍猛、不空などの名前が出てきて、時代的にも脈絡的にも合わないと指摘されてしまっている。たびたび引き合いに出す五来 [続きを読む]
  • 七沢温泉 七沢荘
  • 鐘ヶ嶽に登った後、クアハウス山小屋に下りる予定が尾根を間違えて広沢寺温泉に下りてきてしまった。そのまま舗装道路を歩いて行くと、七沢荘の看板があったので立ち寄り湯に寄って行くことにした。七沢温泉と書いてあるが、七沢温泉街とは少し離れていて、広沢寺温泉入口バス停から歩いて5分である。広沢寺温泉へのバスは3時間に1本しかないが、30分歩いてここまで来ると、別系統のバスが通っているので1時間に何本かある。 [続きを読む]
  • 予想に違わぬ凡試合 カネロvsジュニア
  • 164.5ポンドキャッチウェイト12回戦(5/6、ラスベガス)カネロ・アルバレス O 判定(3−0)X フリオ・セサール・チャベスJr.チャベスJr.がウェイトを作ってきた時にはもしかして好試合になるかと期待したのだが、蓋を開けてみれば予想に違わぬダル・ファイトとなった。あらためて予想記事を読み返して、その通りの試合だったことに感心してしまった。すでにキャリアの盛りを過ぎているチャベスJr.にとって、この試合が最後 [続きを読む]
  • 野市から大日寺、ちょっと迷う 二十八番大日寺(その4)
  • さて、今回の区切り打ちにあたっては、後半に高知市を歩くことになるので、土佐ロイヤルホテルに2泊、リッチモンドホテル高知に3泊、それぞれ連泊で予約をとってあった。天候とか体調によって毎日予定どおり歩けないことは想定しなければならず、予備日として1日くらいみておかなければならない。もう一つの理由として、ネットが通じていないと電車やバスを調べるにしても何をするにしても不便ということがある。1週間以上の歩 [続きを読む]
  • カネロvsジュニア 人気者対決展望
  • スーパーミドル級スペシャル・アトラクション(5/6、ラスベガスTモバイルアリーナ)Oサウル・カネロ・アルバレス(48勝34KO1敗1分け)1.12倍 フリオ・セサール・チャベスJr.(50勝32KO2敗1分け) 5.5倍この記事を書くにあたりBoxrecを調べていて、カネロがまだ26歳ということに改めて驚いた。先週のクリチコはじめメイウェザー、パッキャオは40歳前後、さらにGGGやロマゴンは30代半ばということを考える [続きを読む]
  • ここは梅の木尾根か?そうじゃなかった 鐘ヶ嶽(後編)
  • お昼休憩をしたピークの案内標示には、「弁天見晴」とテープで貼ってあった。ここで道が二つに分かれていて、東へ進むと見晴広場方面、南に向かうとすりばち広場・キャンプ場と書いてある。見晴広場なんてところに行ったかなとは思ったが、キャンプ場方面だと以前通った例の急傾斜になりそうなので、東に向かう。地図上でみても、東が正解のはずである。12時になったので出発。そして、見覚えのある(実は違う)やせ尾根を抜けた [続きを読む]
  • 新旧交代!ジョシュアKO勝利
  • WBA/IBF世界ヘビー級タイトルマッチ(4/29、英ウェンブレースタディアム)アンソニー・ジョシュア O 11RTKO X ウラディミール・クリチコ私の採点では10Rまで95-93ウラディミールだったのだが、ジャッジ3人中2人はジョシュアだったので、あのまま進んでも良くて引分けだったようである。しかし印象的には、ジョシュアの逆転KOといっていいと思う。予想記事で書いたように、ジョシュアの強敵経験のなさ、ス [続きを読む]
  • 空模様と相談しながら香我美まで歩く 二十八番大日寺(その3)
  • 遍路地図を見ると赤野休憩所・栗山接待所間の距離と、栗山接待所・琴ヶ浜間の距離は同じくらいに書いてあるのだが、実際には後者が倍以上長い。GPSに落としてみると、栗山接待所は市町村界の東側、赤野駅の近くにあり、遍路地図の表示とは1kmくらい違っている。だから、なかなか琴ヶ浜に着かなくてたいへん不安に感じた。前回書いたように、たたでさえ軌道跡のこのへんろ道はひと気がなく寂しい上、周りから視線が遮られている [続きを読む]
  • ジョシュアvsクリチコ ヘビー級新旧対決
  • WBA/IBF世界ヘビー級タイトルマッチ(4/29、ロンドン・ウェンブレースタジアム)Oアンソニー・ジョシュア(16戦全勝16KO) 1.4倍 ウラディミール・クリチコ(64勝53KO4敗) 2.8倍ヘビー級久々の大一番である。新旧対決ということでいえば、レノックス・ルイスvsマイク・タイソン(2002年)、レノックス・ルイスvsビタリ・クリチコ(2003年)以来といっていい。私は過去50年最強のチャンピオンはレノック [続きを読む]
  • 大山へのバリエーションルートに入る 鐘ヶ嶽(中編)
  • 10時15分、登ってきた方向とは逆側の尾根を下る。こちらの道は広沢寺温泉から登ってくる道で、温泉までは一般登山道なので標識もしっかりある。ただ、道が乾いて傾斜が急なのでたいへん滑りやすかった。標高差で150mほど下る。秋に釈迦ヶ岳を登った頃はこうした登り下りが嫌で仕方なかったが、最近はそれほどてもなくなったのは進歩である。ここらあたり、小ピークを丹念にたどる道と、トラバースする巻き道の分岐が頻繁に出て来て [続きを読む]
  • 四国札所歩き遍路 二十八番大日寺(その1)
  • 「まっ縦」往復の後、夜中に激痛で眠れなかったので心配したが、朝になると特に痛い場所はなくなっていたので安心した。朝ごはんは7時からだが、普段通り6時前に目が覚める。お湯を沸かして、持ってきたコーヒーをいれて一息つく。部屋に湯沸かし器と冷蔵庫があるありがたさを感じる。ニュースと天気予報、テレビ体操をしてから荷物を整理する。フロントにバスの時間を聞くと8時10分に安芸方面行があるとのこと。朝ごはんは7 [続きを読む]