ヒーリングドクター☆かんな さん プロフィール

  •  
ヒーリングドクター☆かんなさん: まぁ、お医者さんなんですけれども。
ハンドル名ヒーリングドクター☆かんな さん
ブログタイトルまぁ、お医者さんなんですけれども。
ブログURLhttp://ameblo.jp/joy-healer/
サイト紹介文産婦人科医かんなが赤ちゃんや女性のカラダ、胎内記憶やビジネスを通して学んだこと を伝えるブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供417回 / 365日(平均8.0回/週) - 参加 2014/06/05 14:20

ヒーリングドクター☆かんな さんのブログ記事

  • そっち行ったら危ないよー、っていうとそっちに行きたがるのが子ども。
  • 危ない目にあったことないのに危ない危ないって言われてそっちにいけないようにされてたら、 とても大きな「危ないこと」に遭遇するまで危ないことをやりたがるのが子ども。 危ないこと、ってどんなことなのか知らないから知らないことを知りたがるのが子どもだから そっちいったら転ぶよー危ないよーって言われるとワクワクしてそっち行って あー転 [続きを読む]
  • 【リブログ】★親の教育
  • 最後の一言がジワジワくるねー。 私は子どもがいないので自分の子どもに伝えることはできないけど、 おしごとでお逢いする人に伝えてこー!と思います。 親が子どもに何かするというならそれは子どもが「したいこと」「してほしいこと」の手助けだけなんだなーと。 生まれたばかりの子におっぱいあげたりオムツかえたげたりするのも  [続きを読む]
  • 「自分を素晴らしいことにしてみる」って苦しくならない?
  • ちょうどこれ考えてたらぢんさんのブログが答えくれたのでシェア♪ 自分が素晴らしいことにするってときに すごい人だったらあこがれる人だったらどう振る舞うのかなーっていうの考えたときに すごい人は人に優しくする、みたいになって自分がしたくもないひとにまで優しくしようとかし始めると 結局それでまた苦しくなるんじゃないかなーなんて思ってたん。&nbs [続きを読む]
  • 講義の資料をつくってて思うこと
  • 今思うと大学で受けた講義で覚えてることってほとんどない。 医学部ですからそこそこ実際に関係してることも教わってるわけです。 実習で患者さん担当したりとか。 でも、今の細分化された医療体系の中では特に医者は自分が専攻した科以外のことは使わなくなるし 日進月歩でいろんな知識が増えていくから追いつかないので 「餅は餅屋」で専門の先生に聞くってこと [続きを読む]
  • 同じ事柄も捉え方次第。
  • この前仕事に行くとき、普段だったら全く混まない電車がその前にあった運転見合わせの影響で激混みしてた。 「からだが浮くくらいの満員電車」ってやつ。 前は満員電車ってだけで超イラついて眉間にシワがよるくらいになってたと思うんだけど、 その時はなぜだかすごく楽しくなっちゃって。 「うわーからだ浮きそう ??(???*)」とか「スペースないからつり革使わな [続きを読む]
  • やっぱりお産、好きだなぁ。
  • 医者になって5年間ほぼ一睡もできない当直を月10回するところからスタート。 お産は待ってくれないって24時間365日仕事モードだった。 本当に患者さんのことだけ考えてた。考えなきゃ、と思ってた。 お産は好きだったけどだんだんしんどくなって命を2つ預かる重さに潰れそうになって お産から距離を置いた。 がんや子宮筋 [続きを読む]
  • 衝動買いのススメ
  • いつもとちょっと違う「お金」のお話。 ものを買うときに必要だから買う欲しいから買う は確かにそうなんだけど、 ホントにそれが必要なのか、欲しいのかって言われると 実は結構あやふやなことってあるよねー。 食品ラップが必要ってときに メーカーで選ぶか値段で選ぶか耐熱耐冷温度見るか100均かスーパーかパッケージの見た目か行っ [続きを読む]
  • つわりが長引くときは、インプット過多かも。
  • つわりは大体妊娠が分かる頃(妊娠5、6週)から始まって妊娠4ヶ月に入る頃(妊娠12週)には終わるひとが多いです。 でも、妊娠14週、16週になってもそれこそずーっとお産になるまで続くひとがいます。 そーいうひとはもしかしたら、「インプット過多」かもしれません。 吐き気や、実際に吐いてしまうっていうのは「からだにものを入れないで」っていう [続きを読む]
  • 楽しむ「方法」よりも「楽しもう」って気持ちが先♪
  • この前こんな記事を書きました。 そこで「ブログ探してみてねー」「どうやったら楽しくなるか考えてみてねー」って書いたんだけど、 特にブログを探すのは「こうしたら楽しかった」って「方法」よりも 楽しくお産をしたひとがいることを知るため。 だって今まで お産はつらくてしんどくて大変なものだったっしょ? 楽しくお産 [続きを読む]
  • 入院したらお母さんが心配してくれる
  • 妊娠中陣痛やおなかのはりは赤ちゃんがコントロールしてくれてる 赤ちゃんは「こうすることがお母さんのため」「お母さんのため、は結果赤ちゃん自身のため」で動いてる。 ま、誤解してることもよくあるけどw 切迫流産、切迫早産で一番多いパターンは「お母さん頑張りすぎだからちょっと休んだら?」なんだけど、正直これだけかと思ってたんだけど、 最近、違うのに出 [続きを読む]
  • お母さんを笑顔にしなくてもいい^^
  • 赤ちゃんが生まれて来て最初のミッションは「お母さんを笑顔にすること」 一番大切で大好きな相手を笑顔にしたいそれができて初めて自分の人生を生きられる って書いてきたけど ホントはそれができてなくても自分の人生を生きていい。次のミッションに進んでいい。 自分の人生のミッションを自分で変えて [続きを読む]
  • 楽しくお産してもいい^^
  • 今回広島に行った時に久しぶりにお会いした先生が書かれた本。 世界で一番幸せなお産をしよう! [ 藤原紹生 ]1,620円楽天 世界で一番幸せなお産をしよう! あなたのお産を楽しく変える魔法のことば50 Amazon この本にある言葉なんですけど、 「楽しくお産してもいいんだよ」 この前妊婦さんとお話してたときに 「薬とか使わないで 一度も痛いって言わずに お [続きを読む]
  • 「薬をもらう」が安定剤になってる…?
  • 薬がありえない速さで効くことがあります。 頭痛がしてて頭痛薬飲んで5分して「おさまった!」 …本来の「薬効」としてはありえませーん。 5分だとまだ胃にあるだろうし腸までいってたとしても吸収されてないし だいたい痛み止めが効いてくる時間は30分〜1時間後。 座薬だともう少し早くて、15〜30分後。 だけ [続きを読む]
  • 平和公園で
  • 学会で広島に行ったとき、初めて平和公園に行った。 東館が工事で閉鎖中なので、最初に見た展示が「キノコ雲の写真」だった。 通路の奥、突き当たりにそれを見たときになんでか涙が出てきて 広島市のここに原爆が落ちてここで火の玉ができてこれだけの範囲が廃墟になったっていうジオラマを見てやっぱり涙が出てきて 遺品の一つ一つを見てたら [続きを読む]
  • 緊張してる、がんばってることに気付こう。
  • 歯をくいしばる癖があるひとってそれに気付いてないことが多い。 肩こりのひとってそうなりやすい姿勢(少し肩があがってるとか)に気付いてないことが多い。 そうなってることに気付けばそうなってるからしんどかったんだってことに気付けば 楽になるためにどうすればいいのかを考えることができる。 緊張するのもがんばるのも同じ。 &nb [続きを読む]
  • 今日のBeトレ(テーマ:「自由」)覚書
  • 今日のBeトレのアウトプット。テーマは「自由」。 〜〜〜〜はじまり〜〜〜〜 日本に生きてる限り、基本みんな「自由」。兵役があるわけでも人民服を着なきゃいけないわけでもない。何を言ってもいいし、何をやってもいい。 もちろん怒られるかもしれないけど、迷惑かけるかもだけど、それでもやる、でもいいしやらない、でもいい。 全部自分で決めていい。 自分が [続きを読む]
  • 自分が気持ちいいことしよう♪
  • 昨日まで広島で学会でした♪(滞在1時間半)。 お医者の仕事着は白衣なので男性でも普段スーツを着ないってひとは多いのだ。 でも、学会はそこそこフォーマルな場なので(お偉いさんとかも来るし)、会場にいるほとんどのひとがスーツ。 産婦人科医は女性が増えてるから、そっちはスーツだったりワンピースだったりが多いかなー。 仕事 [続きを読む]
  • 学会に興味がない理由の考察
  • いやもうほんとにひとりごとです。お医者になった頃から学会に興味がなくて、今回久しぶりに行ったのは逢いたい先生がいたから、なのだけどついでに観光したかったから、だけど、今回の学会っていうのは産婦人科の医者が年一回各々の研究を発表するとこ。ぶっちゃけその研究発表の中で臨床の現場にすぐに応用がきくネタは全体の数パーセントしかないのだ。だからあまり興味がない。私が普段書いてるようなことは当たり前のように [続きを読む]
  • 自信ない私も私♪
  • お仕事してて上の先生から「あとでちょっとお話が」とかって言われると 「私なにやらかしたんだろう」「クレームきたのかなー」「なんか迷惑かけたんだろうなー」 って反射的に思う。 で、その不安・心配は9割当たらないw(あ、1割は当たりますwww) そーいう不安や心配やをしてるときは、「いろいろやってきたけどまだまだこんなんやん私」みたい [続きを読む]
  • 子宮筋腫と子宮腺筋症
  • なんの医学的根拠もない記事を学会に行こうとしながら書いてみる。ちなみに私は学会ってーのがなんのためにあるのかわからず基本、行かないんですけどね(~_~;)今回は広島だから(笑)さて、タイトルの。腺筋症って最近はどういうものだって話になっとるんやろ。一応、子宮の筋肉の中に内膜組織が入り込んで月経のたびに出血するのでその辺の筋肉が肥厚してて、子宮の伸びがよろしくなく、月経痛がきつくなったりするって状態だと [続きを読む]