介護職人 さん プロフィール

  •  
介護職人さん: 真理を訪ねて30年〜介護に学ぶ人間関係学
ハンドル名介護職人 さん
ブログタイトル真理を訪ねて30年〜介護に学ぶ人間関係学
ブログURLhttps://ameblo.jp/yuuto-tome/
サイト紹介文悩み多き少年だった私は、真理を知れば悩みから解放されるのではと考え、今も訪ね続けています(笑)
自由文 介護や看護の仕事は感情労働と言われています。
 利用者の方や患者さんと、信頼関係を構築しなければ、本人本位の介護や看護はできないからです。
 しかし、他者と信頼関係を構築するのは容易なことではありません。
 私は介護の仕事をつうじて、他者と意図的に信頼関係を構築する術やその他さまざまな法則的なことを学ぶことができました。
 そういった学びを多くの方々にお伝えしていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2014/06/05 23:31

介護職人 さんのブログ記事

  • 子ども会について学びました!
  • ますだです。 6月13日(火)は19時30分から21時まで、宮崎市内の小学校にて、『育成者ブロック研修会』に参加しました。 内容は、・子ども会活動の基本的なあり方・育成者・指導者の役割と機能・指導の実際といったものでした。 私は今年度、地区の班長として・登校班や立当番(旗振り)の編成や、・給食費運営費子ども会費の徴収、・回覧板の作成等を行っていますが、これらは基本的にPTAの活動です。(子ども会費の徴収 [続きを読む]
  • 宮崎県介護福祉士会 県央ブロック 代議員会に参加しました!
  • ますだです。 7月12日(水)の夜は、宮崎県介護福祉士会 県央ブロックの代議員会に参加しました。 宮崎県介護福祉士会の総会は、代議員制をとっています。 会員総数が1300名ほど居ますからね〜 ところが代議員制をとってから、つながりが弱くなった気がします。 代議員さんたちも総会のときにしか会わなかったり… 昔はもっとつながりがあって盛り上がっていたような気がします。 そこで県央ブロックでは、ブロック運営を [続きを読む]
  • 個別ケアの前に押さえておくこと
  • ますだです。 6月27日(火)は、19時30分から20時30分まで、宮崎県介護福祉士会の出前講座で、宮崎市内の特養みやざき荘さんにて、講義・演習を行ってきました。テーマは、移乗・移動介助。姿勢の共通ポイントと、動作の共通ポイントをお伝えした上で、各動作(寝返り、起き上がり、立ち上がり、移乗等)それぞれの基本ポイントをベッド→車椅子移乗の場面を使ってお伝えし、実際に実技をしていただきました。共通ポイントや基 [続きを読む]
  • 職場内研修は盛り上がる!
  • ますだです。 6月23日(金)は、18時から19時まで、宮崎市内の介護サービス事業所さんにて、職場内研修の講師をさせていただきました。テーマは、介護技術(排泄)。 まずは、基本と応用の考え方をお伝えし、 次に、排泄介護の基本知識と基本技術をお伝えしました。おむつ交換の実技もしましたが、現場でよくあるお悩みは、男性利用者のパットの装着です。尿取りパットは、「受け皿をつくる」「流れをつくる」というマインドセ [続きを読む]
  • マネジメントとスペシャリスト
  • ますだです。 6月20日(火)〜21日(水)は、宮崎県福祉総合センターにて、福祉職員キャリアパス対応生涯研修課程 中堅職員コースの講義・演習をさせていただきました。昨年から講師を務めさせていただいていますが、昨年度、初任者コース、中堅職員コース、チームリーダーコースをさせていただいて、中堅職員コースが一番難しく感じました。中堅職員は、レディネス(準備性)が低いという誤った捉え方をしていました・・・ [続きを読む]
  • 介護技術の講師養成勉強会
  • ますだです。 6月20日(火)は、19時から20時30分まで、宮崎市内の特別養護老人ホーム皇寿園さんにて、宮崎県介護福祉士会 県央ブロックの介護指導部会の勉強会に参加しました。 毎年、毎月行っている勉強会ですが、上半期は福祉用具を使わない、下半期は福祉用具を活用するというように分けています。今回は、移乗・移動介助における『姿勢』と『動作』についてお伝えしました。『姿勢』とは、臥位、側臥位、座位、立位等、語 [続きを読む]
  • 伝える人に、伝え方を、伝える
  • ますだです。 6月10日(土)は、宮崎県介護福祉士会 介護指導部会の統一勉強会を行いました。 宮崎県介護福祉士会は、県北・県央・県南という3ブロックごとに介護技術の研修会を行っています。研修は、・会が準備した日時・会場で行うやり方と・出前するやり方の2種類あります。介護指導部会は、その講師役で構成されています。私はその方々に、・身一つで行う介護技術と、・福祉用具を活用する介護技術と、2種類指導してい [続きを読む]
  • 本人の思いは、本人にしか分からない
  • ますだです。 6月9日(金)は、宮崎市認知症ネットワークケア推進研修会(ケース担当者会1)に参加しました。 この研修は、宮崎市が平成16年度から取り組み続けている事業で、『認知症の人のためのケアマネジメント センター方式(以下、センター方式)』→ https://www.dcnet.gr.jp/study/centermethod/を活用して、介護サービス事業所の認知症介護の質の向上を目的としています。約半年にわたる研修ですが、今回はセンター [続きを読む]
  • 認知症地域支援推進員さんに直撃インタビュー!
  • 5月22日(月)は、宮崎市認知症地域支援推進員の大迫さんと大上さんを訪ねました。 私は、宮崎県認知症介護指導者であり、宮崎県認知症介護実践リーダ研修の講師も務めていますが、11年目となる今年度も、地域の単元を担うことになりました。標準テキストには、認知症ケアパスと初期集中支援チームにウェートが割かれていたので、宮崎市の現状を知りたく、お二人にアポを取りました。お二人とも多忙を極める方々ですが、快く応 [続きを読む]
  • 介護現場で活用可能そうなスーパービジョンとコーチングスキル
  • ますだです。 5月17日(水)は、18時から20時まで、宮崎県小林市社会福祉協議会さんにて、『OJT48』のうち意図的OJT(4回目)に入りました。 今回は、『相手の力を引き出そう!』というタイトルで、OJTスキルのスーパービジョンとコーチングについて講義・演習しました。 講義に先立ち、受講生の方々にスーパービジョンとコーチングについてお訊きしたところ、言葉は聞いたことはあるが、具体的な実践はよく分から [続きを読む]
  • 認知症介護指導者東京ネットワーク(being)総会に行ってきました。
  • ますだです。 5月20日(土)から21日(日)は、認知症介護指導者東京ネットワーク(being)の総会に参加しました。 20日(土)は14時から総会研修会に参加しました。第1部は、認知症介護研究・研修東京センターの山口センター長による『認知症の最新知識』でした。 講演の中で紹介された『銀の皿』のCMでは→ https://www.youtube.com/watch?v=tIudBRsTOw8とても温かい気持ちになりました(#^^#) 第2部は、『(認知症 [続きを読む]
  • 新しい総合事業
  • ますだです。 5月14日(日)は、宮崎県介護福祉士会総会の記念講演にて、大分県杵築市の新しい総合事業の取り組みについて、ご講演いただきました。我が国の介護は、自助・互助・共助・公助という4層構造で再設計されています。我が国の介護は、まずは自助からです。自分でできることはやる、自分のお金で買えるものは買う、ということですね。次に自助だけでどうにもならないときは、互助(助け合い、支え合い)です。家族や [続きを読む]
  • 認知症サポーター養成講座in歯医者さん
  • ますだです。 5月8日(月)は、宮崎市内の歯医者さんにて、 認知症サポーター養成講座の、講義をさせていただきました。 ...正直、歯医者さんは初めてです。 おまけに思い切り診察室の中で、当初は治療中の患者さんもいらっしゃったりで、本当にびっくりしました(^_^;) 認知症介護現場にいた頃、いろんな苦労がありましたが、そのうちの一つに口腔ケアがあります。 認知機能が低下していなくても、口に手や機械が入るのは抵 [続きを読む]
  • 感情と認知機能低下のギャップ
  • ますだです。 4月22日(土)と6月3日(土)は、それぞれ10時から16時まで、宮崎市役所にて、『認知症の人のためのケアマネジメント センター方式(以下、センター方式)』の地域型基礎研修を行いました。 平成23年度から、宮崎市介護保険課と認知症ケア地域推進員連絡会、認知症介護研究・研修東京センター(現在はNPO法人地域生活サポートセンターに移行)の三者共催で開催しているセンター方式の全国共通の入口的な [続きを読む]
  • 認知症サポーター養成講座in県警本部
  • ますだです。 4月19日(火)は、宮崎県警本部にて、 認知症サポーター養成講座の、講義をさせていただきました。  有り難いことに、2年前に続いて二回目となります。  認知機能は低下していても、 感情や気持ちといった部分は、いささかも変わっていない。  だから一人のかけがえのない個人として観てほしいし、 あなた方も一人のかけがえのない個人として、対等に関わってほしい。  的な思いをお伝えしました(#^.^#) [続きを読む]
  • ★認知症介護に必要な3つのマインドセット(考え方)
  • 1.答えは本人の中にしかない  介護は、生活を支援する仕事です。  私たちの生活を決めているのは、私たち自身ですよね。  教科書には自己決定の原則と書いてありますが、現場では声かけと呼ばれています。  声かけとは、説明と同意のことです。  「お風呂に行きますよ」という声かけは、介護者が決定している言葉です。  「お風呂に行きませんか」という声かけは、本人が意思決定する支援の言葉です。  生活場面のすべて [続きを読む]
  • ◆24時間ボディメカニクスへの道〜第19話『身体はひねらない!』
  • ますだです。私が日常生活で実践している原則の5つ目は、『身体をひねらない』です。これはほぼ教科書どおりですね。身体をひねると大きな力を生み出しますがその分、身体に負担がかかります。介護でも、日常生活でも、しゃがむ場面がありますが、股関節が閉じたままだと、身体の構造上、腰椎が曲がります。腰を痛める身体の使い方ですね。股関節を広げてしゃがむと、腰椎は真っ直ぐなままで、腰は痛みません。実際、やってみる [続きを読む]
  • ◆24時間ボディメカニクスへの道〜第18話『大きな筋群を使おう!』
  • ますだです。私が日常生活で実践している原則の4つ目は、『大きな筋群を使う』です。教科書にもこの原則はありますが、大きな筋群の使い方は書いてありません。どのようにすれば大きな筋群が使えるかというと、膝をゆるめたり重心を近づければ下半身の筋群が使えます。これだけでも腰への負担はまったく違ってきます。多くの人は、膝を伸ばしたまま重心が遠いまま身体を使っています。腰を痛める身体の使い方です。また両肘を外 [続きを読む]