介護職人 さん プロフィール

  •  
介護職人さん: 真理を訪ねて30年〜介護に学ぶ人間関係学
ハンドル名介護職人 さん
ブログタイトル真理を訪ねて30年〜介護に学ぶ人間関係学
ブログURLhttp://ameblo.jp/yuuto-tome/
サイト紹介文悩み多き少年だった私は、真理を知れば悩みから解放されるのではと考え、今も訪ね続けています(笑)
自由文 介護や看護の仕事は感情労働と言われています。
 利用者の方や患者さんと、信頼関係を構築しなければ、本人本位の介護や看護はできないからです。
 しかし、他者と信頼関係を構築するのは容易なことではありません。
 私は介護の仕事をつうじて、他者と意図的に信頼関係を構築する術やその他さまざまな法則的なことを学ぶことができました。
 そういった学びを多くの方々にお伝えしていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2014/06/05 23:31

介護職人 さんのブログ記事

  • ◆24時間ボディメカニクスへの道〜第19話『身体はひねらない!』
  • ますだです。私が日常生活で実践している原則の5つ目は、『身体をひねらない』です。これはほぼ教科書どおりですね。身体をひねると大きな力を生み出しますがその分、身体に負担がかかります。介護でも、日常生活でも、しゃがむ場面がありますが、股関節が閉じたままだと、身体の構造上、腰椎が曲がります。腰を痛める身体の使い方ですね。股関節を広げてしゃがむと、腰椎は真っ直ぐなままで、腰は痛みません。実際、やってみる [続きを読む]
  • ◆24時間ボディメカニクスへの道〜第18話『大きな筋群を使おう!』
  • ますだです。私が日常生活で実践している原則の4つ目は、『大きな筋群を使う』です。教科書にもこの原則はありますが、大きな筋群の使い方は書いてありません。どのようにすれば大きな筋群が使えるかというと、膝をゆるめたり重心を近づければ下半身の筋群が使えます。これだけでも腰への負担はまったく違ってきます。多くの人は、膝を伸ばしたまま重心が遠いまま身体を使っています。腰を痛める身体の使い方です。また両肘を外 [続きを読む]
  • 熊本地震の約束
  • 増田です。 平成29年3月16日(木)は、19時から20時30分まで、宮崎市民プラザにて、アットホームケア宮崎ネットワークの定例会を行いました。 今回は、『熊本地震を振り返る』というタイトルで、熊本県の特養で働いている友人に講演をしていただきました。昨年の4月19日(火)、私は熊本地震の支援である特養に行きました。そこで偶然6年ぶりに友人に再会し、震災について、話してもらう約束をしました。今回の定例 [続きを読む]
  • 地域ケアというマインドセット
  • 増田です。   平成29年2月25日(土)は、10時から16時まで、 宮崎市役所にて、『地域推進研修』の講義・演習を行いました。  この研修は、『認知症の人のためのケアマネジメント センター方式(以下、センター方式)』→ https://www.dcnet.gr.jp/study/centermethod/ の全国共通研修で、 私が会長を務める宮崎市認知症ケア地域推進員連絡会と、 宮崎市と、 NPO法人地域生活サポートセンターの三者共催で開催し [続きを読む]
  • 尿取りパッドの使い方
  •  増田です。  平成29年2月21日(火)は、19時から20時30分まで、 宮崎市内にある特別養護老人ホーム皇寿園にて、 宮崎県介護福祉士会 県中ブロックの介護技術勉強会に参加しました。  毎年、毎月行っている勉強会ですが、 今回は排泄介護について勉強しました。 下半期は、毎月業者さんに来てもらっていますが、 今回はオムツフィッターの方に講義・演習をしていただきました。 以下は、『むつき庵』さん→ ht [続きを読む]
  • 専門職と地域の人をつなげるアセスメントツール
  •  増田です。  平成29年2月17日(金)は、14時から16時まで、 宮崎市認知症ネットワークケア推進事業の推進員会に参加しました。  宮崎市介護保険課の事業ですが、 この推進員会は課長以下行政担当者の方々をはじめ、 研修会において講師等を担う主任協力員と協力員、 地域包括支援センターの方々、 みんなで事業内容について話し合う機会です。 この事業における研修は、 スキルアップ研修、 認知症ネットワ [続きを読む]