スラガ さん プロフィール

  •  
スラガさん: Betta Freaks! - ベタ・フリークス -
ハンドル名スラガ さん
ブログタイトルBetta Freaks! - ベタ・フリークス -
ブログURLhttp://bettafreaks01.blogspot.jp/
サイト紹介文熱帯魚ベタに関するブログです。 こっそり復活
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 257日(平均0.4回/週) - 参加 2014/06/07 03:35

スラガ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • SDK Platform Toolsが、AndroidSDKのインストール不要となった模様
  • Androidデバイスのカスタマイズその他諸々に必須だったAndroidSDKですが、その中でも使用頻度の高い、というか一般ユーザーレベルではこれだけしか使用していなかったplatform-toolsが、単体で入手可能となりました。https://developer.android.com/studio/releases/platform-tools.html上記ページから使用OSに応じたバージョンをDL、適当なフォルダに保存後、コントロール パネルシステムとセキュリティシステムにあるシステムの [続きを読む]
  • hawk型背びれ、または背びれの良し悪し
  • ここ数年ですっかり定着した感のある「hawk」型背びれである。語源は鷹ではなく、モヒカンで有名なモホーク族であるとか、諸説あるようだが、海外の流れを見れば、多くのブリーダーがこの形状を、現状最も優れたベタの背びれと考えていることは明白である。国内でも10年以上前から、「モヒカン」の愛称でそれなりに流通していたものの、様々なコンテストの入賞魚を見る限り、導入に成功したとは言い難く、世界の潮流からは取り残さ [続きを読む]
  • ショーベタコレクションケースL
  • いつの間にか水作さんのHPに追加されていました。http://www.suisaku.com/items/item12_01_01.html7月下旬発売予定とのこと。ショーベタコレクションケースS水槽サイズ : 100×65×144mm(W×D×H)容量 : 約0.8L希望小売価格 - ¥1,200 (本体価格)■ショーベタコレクションケースM水槽サイズ : 130×80×150mm(W×D×H)容量 : 約1.3L希望小売価格 - ¥1,400 (本体価格)■ショーベタコレクションケースL ( [続きを読む]
  • 知ってるようで知らない用語集(尾ヒレ編)
  • <尾の形>○ ハーフムーン(HM)改良ベタの代名詞。完全に180度開く半円状の尾ひれ。横から見てアルファベットのDになっていないものは偽物。大変偽物が多いので、有名店でも信用してはいけない。ブリーダー間では、HMの厳密な定義を巡ってしばしばケンカになる。○ オーバーハーフムーン(OHM)180度以上開く尾ヒレ。名前からなんとなくHMの上位互換のように感じるが、実際は180度にとどまれなかった規格外品。繁殖上の扱いも [続きを読む]
  • 知ってるようで知らない用語集(尾ヒレ編)
  • <尾の形>○ ハーフムーン(HM)改良ベタの代名詞。完全に180度開く半円状の尾ひれ。横から見てアルファベットのDになっていないものは偽物。大変偽物が多いので、有名店でも信用してはいけない。ブリーダー間では、HMの厳密な定義を巡ってしばしばケンカになる。○ オーバーハーフムーン(OHM)180度以上開く尾ヒレ。名前からなんとなくHMの上位互換のように感じるが、実際は180度にとどまれなかった規格外品。繁殖上の扱いも [続きを読む]
  • 繁殖のコツ1(長い足し算はダメ’)
  • ベタの繁殖は、正直に言って非常に簡単です。決められた手順をきちんと守れば、8〜9割は、狙ったペア、ある程度狙ったタイミングで繁殖させることができます。だからこそ、ここまで品種改良が進んだのかもしれませんね。記事タイトルの(長い足し算はダメ)ですが、これはその通りの意味です。繁殖に不慣れな人ほど、繁殖成功率を上げたい一心で、良かれと思って余計なことをしがちです。付け足せば付け足すほど成功率が上がるわ [続きを読む]
  • 繁殖について考える(暗い話題あり)
  • 繁殖の問題点についてベタは一回の産卵で数十から数百の卵を生む。稚魚の育成は基本さえ守れば比較的容易で、生存率8割くらいにはビギナーでも簡単に持っていくことができる。稚魚期から兄弟で飼育し続ければ、あまりケンカしないというのは不正確な情報ベタは相手を殺すまでの攻撃をしないというのはデマベタの繁殖を気軽に考えている人は、この辺からもう嫌な予感がしているだろうが、その予想は大体間違っていない。解決法はそ [続きを読む]
  • ベタの品種(カラー)名基本ルール
  • どこからどこまでを品種と呼ぶべきかについては、いろいろな議論もあるが、基本的なルールは以下の通りです。随時更新していくので、当面未完成雰囲気くらいはつかめると思います。基本ルールボディの色(A)+ヒレの色(B)+色の入り方(C)+ヒレの形状(D)+性別A、Bに入る名称(一部)(ロイヤル)ブルー(スチール)ブルー(ターコイズ)ブルー(オペック)ホワイトパステルレッドイエローブラックカッパーメタリックグリーンメタリックブルー [続きを読む]
  • ハーフムーン改良年表
  • 各種資料の電子化を機会に、HM作出の歴史を記録化するため、年表化。改良ベタの代名詞と言えるハーフムーンですが、いつ、どのようにして作出されたのかは、日本ではほとんど知られていません。なお、シュミットフォッケは、あのシュミットフォッケです。1957年シュミット・フォッケ博士が「デルタテール」を作出1967年IBC設立1982年米国のブリーダー「Peter Goettner」「Paris Jones」らが、スーパーデルタを作出1984年フランスの [続きを読む]
  • 私のバイブル「グッピーの軌跡」著:筒井芳樹
  • 見るブログを間違えたかとお思いの方もおられるとおもいますが、間違いなくここが(新生)ベタフリークスで間違いありません。私は、ブリードモチベーションが低下するたびに読み返しております。今回も浮上のきっかけはこの一冊。ちょっと笑っちゃうレベルでぼろぼろになるほど読み込んでますので、ここで実物は紹介できませんが、表紙だけでも。グッピーの軌跡素晴らしい一冊ですが、絶版です。元値が5,000円くらいだったのです [続きを読む]
  • ベタの品種(カラー)名基本ルール
  • どこからどこまでを品種と呼ぶべきかについては、いろいろな議論もあるが、基本的なルールは以下の通りです。随時更新していくので、当面未完成雰囲気くらいはつかめると思います。 基本ルールボディの色(A)+ヒレの色(B)+色の入り方(C)+ヒレの形状(D)+性別A、Bに入る名称(一部)(ロイヤル)ブルー(スチール)ブルー(ターコイズ)ブルー(オペック)ホワイトパステルレッドイエローブラックカッパーメタリックグリーンメタリック [続きを読む]
  • ハーフムーン改良年表
  • 各種資料の電子化を機会に、HM作出の歴史を記録化するため、年表化。改良ベタの代名詞と言えるハーフムーンですが、いつ、どのようにして作出されたのかは、日本ではほとんど知られていません。なお、シュミットフォッケは、あのシュミットフォッケです。1957年シュミット・フォッケ博士が「デルタテール」を作出1967年IBC設立1982年米国のブリーダー「Peter Goettner」「Paris Jones」らが、スーパーデルタを作出1984年フランスの [続きを読む]
  • 私のバイブル「グッピーの軌跡」著:筒井芳樹
  • 見るブログを間違えたかとお思いの方もおられるとおもいますが、間違いなくここが(新生)ベタフリークスで間違いありません。私は、ブリードモチベーションが低下するたびに読み返しております。今回も浮上のきっかけはこの一冊。ちょっと笑っちゃうレベルでぼろぼろになるほど読み込んでますので、ここで実物は紹介できませんが、表紙だけでも。素晴らしい一冊ですが、絶版です。元値が5,000円くらいだったのですが、今は入手困 [続きを読む]
  • 過去の記事 …