いとう さん プロフィール

  •  
いとうさん: 湘南の星空
ハンドル名いとう さん
ブログタイトル湘南の星空
ブログURLhttp://shounanstar.blog.fc2.com/
サイト紹介文湘南から見える星空をテーマにした写真ブログ。星空だけではなく、湘南の風景も紹介します。
自由文最近は富士山周辺で星撮りに夢中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2014/06/07 14:35

いとう さんのブログ記事

  • 南の回転花火
  • 皆さんこんばんは。このところ仕事が忙しくて先週撮った写真の処理がなかなかできないでいました。今日やっと処理しましたのでアップします。うみへび座とケンタウルス座の境界付近にある一応うみへび座のM83です。こちら側に銀河の面が向いているフェイスオンの美しい棒渦巻銀河です。距離にしておよそ1500万光年。腕に沿ってHⅡ領域がポツポツ見られ、星の生成が盛んであることがわかります。この銀河はとても魅力的なのですが、 [続きを読む]
  • やっと撮れたバラ星雲
  • 皆さんこんばんは。昨夜は当初の天気予報が好転したので、千葉県まで出撃しました。月の入りが真夜中だったので春の銀河狙いです。これからボチボチ処理していきます。さて今回紹介するのはバラ星雲です。バラ星雲は2年ほど前に撮っていましたが、露光時間を稼げなくてあまり良い写真にはできていませんでした。当時を振り返ると、オートガイドシステムは持っておらず、寒空の下でガイド望遠鏡を覗きながらカチカチ補正して撮って [続きを読む]
  • マルカリアンチェ〜ン再び
  • 皆さんこんばんは。先週の土曜日に千葉県大多喜町へ遠征した時のマルカリアンチェーンを紹介します。1月に自宅でも撮ったのですが、露光時間が足りなくノイズも乗り綺麗に仕上げられませんでした。そのリベンジです。撮影時の朝は、千葉方面が良い天気の予報でしたので、躊躇なく千葉へ車を走らせました。現地に着くとなんと雨!!! 日没ころには止み青空も見えてきましたが道路はびしょびしょ。それでも望遠鏡を組み立てました [続きを読む]
  • ナローバンドで撮ったバラ星雲
  • 皆さんこんばんは。今回の新月期の土日は久しぶりに遠征することができました。いろいろなハプニングがあり大変な撮影となりましたが、やはり満天の星空の下での天体撮影は楽しいですね。今夜はぐっすり眠れそうです。眠る前に写真をアップします。とは言っても、昨晩の写真ではありません。半月前に自宅で撮ったナロー(Hα)のバラ星雲です。☆ バラ星雲(Hα)3時間の露光をかけました。まぁ、自宅撮影なので撮影を開始したら [続きを読む]
  • 天体写真の画像処理5
  • 皆さんこんばんは。画像処理の第五回目です。今回で最後かな。今回はNik Collectionを用いた画像調整です。天文ガイドなどに詳細は書かれているのですが、自分なりの処理方法を紹介します。Nik Collectionでは様々な処理ができ強調処理も手軽にできますが、方針をしっかりしておかないと方向性を見失いかねません。何を強調するのかをしっかり決めてから処理した方が良いでしょう。☆ ベース画像前回紹介したPhotoshop CCでの強調 [続きを読む]
  • 天体写真の画像処理4
  • 皆さんこんばんは。画像処理の第四弾です。画像処理1で、強調処理前のノイズ処理について書きましたが、今回は仕上げ時のノイズ処理の話になります。私の場合、仕上げのノイズ処理にはNik CollectionのDfine 2を用いています。Nik CollectionはGoogleが無償で公開しているプラグインで、画像処理に関していろんなことができるツールです。今回はその中のノイズ処理について説明しようと思います。Nik Collectionは以下からダウン [続きを読む]
  • 天体写真の画像処理3
  • 皆さんこんばんは。画像処理の話第三弾です。今回は星雲の赤や青を強調する方法を紹介します。この方法は、星雲の赤や青をもうちょっと強調したいけど、全体的に彩度を上げたくないなぁという時に有効だと思います。ただ、これもやりすぎには注意で、調子に乗ってガンガン強調するととんでもない絵になります。☆ 赤い星雲用の強調マスクを作成赤い星雲用の強調マスクを作りましょう。今までは「レイヤー」処理をしていましたが、 [続きを読む]
  • 天体写真の画像処理2
  • 皆さんこんばんは。前回に引き続いて画像処理のお話です。ご存知の方も多いとは思いますが、星マスクを使った強調について説明したいと思います。まず「星マスク」ですが、このマスクは「星の牧場2」のブログを開設しているよっちゃんさんが作り方を公開されています。「星マスク」で検索するとムービーで作り方が出てきますので、そちらを参考にしていただきたいと思います(私が考案した訳では無いので、ここで作り方を紹介する [続きを読む]
  • 天体写真の画像処理1
  • 皆さんこんばんは。週末が晴れませんね・・・。今日の夕方はとてもいい天気でした。月夜なのでナローバンドでの撮影をしようと、望遠鏡を組み立てオートガイドの設定を行いピント調整し終え、さぁこれから撮影!!!となったところで雲がわき始めました。とほほ。ネタもないので、備忘録を兼ねて現時点での自分の画像処理を紹介したいと思います。ここでご注意ですが、自分が紹介するやり方が正しいという訳ではありません。自分も [続きを読む]
  • 冬の一等星達
  • 皆さんこんばんは。明日は待ちに待った新月期の休日ですが、またもや天気が良くなさそうです。困ったものですね。今夜紹介するのは冬の一等星達です。冬の恒星たちは明るく、また、気流の関係で瞬く日が多いのでとても華やかに見えます。青白い星や赤っぽい星など、色も様々で見ている者を楽しませてくれます。☆ 冬の一等星達広角の20mmで撮っています。ただ、デジで天体写真を撮り始めの2年前のものです。このころはまだ撮り方 [続きを読む]
  • オリオン大星雲の仕上げ
  • 皆さんこんばんは。寒い日々が続きます。日本海側の大雪は大変なことになっていますね。被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。本日は昨年11月に撮ったオリオン大星雲の分子雲の写真の再調整になります。あまり変わらないようにも見えますが、以下の点を注意して最初からやり直しました。1.ノイズ軽減  前回は強調処理の中でノイズ感がかなり出てしまいました。今回は強調処理する前に軽くノイズ処理をして、仕上げ時にも [続きを読む]
  • マルカリアンチェ〜ン
  • 皆さんこんばんは。今夜紹介するのは、マルカリアンチェーンです。前で紹介した肉丸さんを撮った後に撮りました。☆ マルカリアンチェーン写真の縦が約1.5°、横が2°程の範囲になります。お月様が縦に3個、横に4個並ぶ計算です。こうしてみると意外とデカい銀河系星雲もありますね。☆ マルカリアンチェーン(番号入り)この中でも代表的なM86までの距離は、約6000万光年とも言われています。遠いですね。楕円銀河が多い中NGC44 [続きを読む]
  • 獅子の鼻先の肉丸さん
  • 皆さんこんばんは。今鎌倉は激しい雨と風です。晴天が続いていたので久しぶりの雨で空気も潤うことでしょう。新月期ではないので気にはなりません(笑)。今日紹介するのは、獅子座の鼻先にある銀河系星雲です。☆ NGC2903自宅の鎌倉市からの肉丸さん(NGC2903)です。約3000万光年離れた棒渦巻銀河です。今年からディザリングで撮影するようにしました。ディザリングについては後日書かせていただきますが、ディザリングの効果で [続きを読む]
  • 散開星団三種
  • 皆さんこんばんは。昨日のしぶんぎ座流星群は見られたでしょうか? 鎌倉は雲に覆われました。ところどころに見える雲の隙間から流星が見えるかと、ちょっとだけ粘りましたが見事玉砕しました。本日アップするのは昨年末自宅から撮った散開星団です。☆M35M35:ふたご座カストルの足元にある散開星団です。距離にして約3000光年。28光年の範囲に約2000個の恒星が集まっています。M35の南西には球状星団みたいなNGC2158が見えます。 [続きを読む]
  • 火星と海王星の大接近
  • 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。2017年最初の撮影は火星と海王星の大接近でした。過去に海王星は見たことが無かったので、火星が良い目印となり観察/撮影することができました。撮影時の火星までの距離が約2.4億km、海王星までは約45億km。火星表面の模様は飽和してしまいましたが、海王星の青緑色をきちんと出すことができました。☆ 火星と海王星の大接近【撮影データ】■撮影日 / 撮影場所 [続きを読む]
  • 春の銀河先撮り
  • 皆さんこんばんは。大晦日を迎えました。今年も当ブログにお越しいただき、ありがとうございました。引き続き来年もよろしくお願いします。今年最後のアップは、ニワトリ(自宅撮影)での春の銀河です。12月29日は休みだったのですが、30日に仕事が入ったため遠征しませんでした。光害カットフィルターを入れて、直焦1040mmでの撮影です。最近はガイドも安定し、安心して撮影できるようになりました。100mmのガイド鏡で、焦点距離1 [続きを読む]
  • 月の夜はナローで撮影
  • 皆さんこんばんは。先日の土曜はあまりにも良い天気だったので、自宅庭に望遠鏡を出して撮影しました。満月後の明るい月が煌々と夜空を照らしていたので、ナローバンドフィルター(Hα)をセットしての撮影となりました。ナローバンドフィルターでの撮影は、前に紹介したカメラマウントにフィルターを埋め込む方式です。自宅庭での撮影は、遠征と違って部屋でコーヒー飲みながら、また眠くなったら目覚ましセットで寝ながら撮れる [続きを読む]
  • バラ星雲からコーン星雲
  • 皆さんこんばんは。先日の荒木根遠征の写真です。この日は前のウルトラの星と合わせて2対象しか撮れませんでした。天気には勝てませんね。☆ バラ星雲からコーン星雲雲のせいで露光をかけられなかったのはこの対象も一緒です。しかし、意外にも自分としては良い感じに仕上げることができました。左上のコーン星雲もコーンをつぶさずにきれいに出せたかと思います。また、カタツムリ星雲の青や、散開星団の黄色からオレンジの色も [続きを読む]
  • バーナードループの再処理4回目
  • 皆さんこんばんは。今日紹介するのは昨年撮った写真の再処理です。当時自分としては露光をかけた方で、一応それなりに撮れてはいました。しかし処理後の写真を今見返すと、カラーバランスや分子雲の炙りが全くダメダメです。その3では姑息な小細工を使っています。最近になって自分なりに確立した処理方法を用いて再処理をしました。過去の写真はこちらその1その2その3☆ バーナードループ〜オリオン大星雲(4度目の再処理) [続きを読む]
  • 初の荒木根出陣
  • 皆さんこんばんは。12月2日は「ネンキュウイタダキマス」と呪文を唱えました。星撮りのためです。撮影地は荒木根ダム。友人Oさんのお気に入りの場所ですが、私は初めて。初めての場所に気合が入りすぎたのか、待ち合わせ場所に予定より1時間早く着いてしまいました(笑)。事前のGPVは夜半頃から真っ黒でしたが、南から低い雲がやってくるではありませんか。晴れる予報はどこへやら。しかも夜半前位に千葉沖に低気圧発生というおま [続きを読む]
  • オリオン大星雲の分子雲
  • 皆さんこんばんは。本日2つめの紹介はM42オリオン大星雲です。これも2年前にD800で撮っていますこちらの方はM45と違って、当時としてもまあまあの出来でしょうか。今回は1時間+3時間近くの露光をかけて、大星雲の東側(左側)の分子雲を炙ることを目的に撮りました。そのため大星雲はやや右寄りです。☆ オリオン大星雲と分子雲出ましたねぇ分子雲。そのお陰で結構派手です。でも等倍で見るとザラッザラなんです。おまけに分子雲を [続きを読む]
  • スバルは綺麗ですね
  • 皆さんこんばんは。今夜の夜遊びは、雲の襲来で中止しました。来週は晴れてほしいです(同じようなセリフばかりですね)。本日紹介するのはM45スバルです。2年前にも同対象を撮っています。当時はD800で撮りました。またレデューサーが異なるので焦点距離も違います。昔の方が長焦点です。カラーバランスについては今でも若干無知ですが当時ほとんど無知で、今になって過去の写真を見ると「なんと青に振りすぎているんだろう?」と [続きを読む]
  • 超絶! オリオン座付近
  • 皆さんこんばんは。11月5日の夜遊び写真第二弾です。今回は撮影も処理も頑張りました。☆ オリオン座付近オリオン座を右下に配置し、冬の天の川や星雲を入れるよう構図しています。カメラを横向きにして上下2つの領域を撮影しました。下の写真はエンゼルフィッシュ星雲の上あたりまで、上の写真はエンゼルフィッシュ星雲の下あたりまでで、2枚を円筒法でモザイク処理しています。上下合わせて4時間強の露光時間です。散光星雲がば [続きを読む]
  • 星景写真の画像処理その5(色調補正編)
  • 皆さんこんばんは。2週間前に撮影した写真はボチボチ処理していますが、全然終わっていません。あっという間に来週は新月期。未処理画像がたまりそうです。今夜は精進湖の画像処理の最後になります。先週の画像からカメラのアンプノイズ処理(とは言ってもグラデーションマスクを使った色補正)や夜空のコントラスト調整したのがこの画像です。一番上の夜空はニュートラルグレーになっています。自分の場合、星景写真であっても、 [続きを読む]
  • カリフォルニア星雲と分子雲
  • 皆さんこんばんは。今回は先週の土曜(11月5日)に須走で夜遊びした一枚を紹介です。実はまだこれしか処理していません。☆ カリフォルニア星雲と分子雲この日もよく星撮りに一緒に行く友人Oさんと一緒でした。また、会社の新人君も一緒でした。新人君は学生時代に天文サークルに入っていて、機会があったら連れて行って欲しいと前から頼まれていたのです。しかし、私の星撮りは基本他人は放置なので、放置が元で嫌になったりしな [続きを読む]