うずら さん プロフィール

  •  
うずらさん: アオイトリ
ハンドル名うずら さん
ブログタイトルアオイトリ
ブログURLhttp://sakihaetamae.blog.fc2.com/
サイト紹介文箪笥の中の古着物、もう絶対に着ない服、家にあふれる古布をハンドメイドで大人服、子供服にリメイク。
自由文ネクタイ、スーツにワンピース、たまに発掘される昭和レトロなお洋服。てんぷら鍋用掃除布が最後の仕事の古布たちにリメイクでなんとかもう一度日の目をみせてみる。
加えて、古箪笥に眠りっぱなしの着物たち。
仕付け糸をつけたままだったり、反物だったり、明治・大正物もたまに発掘。
我が家にあふれる古布たちで色々リメイクしているブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2014/06/07 21:22

うずら さんのブログ記事

  • 和装肌着を解いてタック入りタンクトップを作ってみる 【完成】
  • というわけで出来ました。前で、うしろ。やっぱり、ただのゴムギャザーの方が似合いますね。もうちょっと詰まった生地だったり、柄入りだとタックも映えるんだろうけど。全て縫い代折り返して、表からジグザグミシン処理なのでペラい仕上がりです。さらし生地にあってるちゃーあってる。袖ぐりのカーブのキツイところをゆるめにすれば三つ折処理がしやすくなって縫い代ただの折り返しよりもペラくない仕上がりになると思います。な [続きを読む]
  • 稚児に昆布ブラウスを作る 【完成】
  • 完成。チコさんがまだまだ3歳にはなっていなかった頃だと思います。玄関で靴を脱いで上がったっきり動かなくなったことがありました。何してんだろう?客間兼用のミシン部屋に誘導しようも、動かない。見れば、いつもと違って胸に大きな缶バッチを着けている。これみよがしに胸をそびやかしている。コレに一言貰うまでは動くつもりがないらしい。「あっ!!なんかくっついてる!!」しょーがねぇので大仰に気付いてやった。チコさ [続きを読む]
  • 稚児に昆布ブラウスを作る 【フリルを飾る】
  • 前身頃の中央継ぎ隠しにフリルを付けてみたら、切れっぱし余ってるし、フリル重ねちゃえ!ついでに肩にもフリルをはさんじぇえ!!と、やってったら、ボリューミーになってしまった。本当は長袖ブラウスで、袖布を切り出していたのですが、袖、いらねぇな。と、思ったので、幅広めのフレンチスリーブのままにしておきます。後日、真面目に袖フリルブラウス作ろうって思うことがあるかもしれないので、袖はそのままとっておきます。 [続きを読む]
  • 稚児に昆布ブラウスを作る 【既製パターンを利用する】
  • チコに服を作ったんですが、友人がとりに来ません。ヒマなのでチコ服を追加することにします。『 KANA’S STANDARD』大人用ソーイング本なのですが、表紙のブラウスを見たときチコに作りたいなぁと思いました。なぜかって?そでのフリルが昆布っぽかったので。その後、子供服用の本が出ました。『 KANA'S STANDARD for Kids 』おお、いいじゃないかと思ったのですが、いざ作るとなるとメンドくなって作らないでいたのですが、ヒ [続きを読む]
  • ワンピースをツーピースにリメイク 【ハーフパンツを作る】
  • 切り離した下スカートからパンツを切り出してみました。Aラインワンピだったし、すこーし生地に伸縮性もあるし、スパッツ系ピタパンなら切り出せるだろうと思っていたら、フツーに切り出せた。上部Tシャツと同じく、ハサミをいれたカギ編み飾りがほつれないようにジグザグミシン。ウエストゴム通し部分を折り返す。ゴム入れて、完成。前身頃中央の飾りは横にズレました。パンツの方に丈を求めるなら、Tシャツが消えて、ワンピース [続きを読む]
  • ワンピースをツーピースにリメイク 【Tシャツ分離】
  • 昭和のワンピースです。少し伸縮性のある綿です。良い雑巾になりそうですが、祖母のパジャマに良いんじゃないかとおっかさんが言っています。しかし、年寄りに長い裾の服は危ないとも言っています。作り変えさせる気です。そんでもって、ほどほどの出来なら祖母にはやらずにひと夏着潰してやろうって魂胆のはずです。とりま、分割。カギ編みの飾りがなければ折り返して表から一発ジグザグ縫いで終えられましたが、カギ編み部分がほ [続きを読む]
  • 大判ウールストールを羽織るモノにリメイク 【完成】
  • と、いうワケで、穴を開けただけですが出来ました。穴あけ位置を下げるほど、衿っぽいだぶつきが出来てニュアンスになるってことなんだな。うしろ姿。垂れ下がりが長いので、縛ったり、留めたり、巻き付けたり、オシャレな人はいろいろやるんでしょうね。ともあれ、完成。フェルトタイプだと切り抜いたままで後処理が必要なくて良いかもしれませんね。生地の織りによっては切りっぱなしを乱してフリンジにしても良いかも。にほんブ [続きを読む]
  • 和装肌着を寝巻きにリメイク
  • タンスの着物探索で一緒に出てくる昭和の和装肌着。浴衣寝巻きには良いのかもしれませんが、イマドキノ洋装では前がはだけてしまりがない。わざわざ腰紐結ぶのもなー・・・だったので、縫い留めました。やっぱ、さらしは気持ち良いやね。気をよくして、雑巾にしかならないだろうと思われていた昭和の伸びる綿肌着も使いまわす。脇を縫い留めて、カシュクール仕立て。前が垂れてはだけるようなら、頭の通りを確認して胸元も縫い留め [続きを読む]
  • 和装肌着を稚児の肌着にリメイクする 【パンツ完成】
  • パンツから作った。脇、股上の縫い合わせこそ縫って、縫い代を2枚あわせてジグザグ縫いしますが、腰と裾は折り返して、表からジグザグミシンをかけて切りっぱなしの端処理と裾の始末を一度に済ますアウトレット仕立てです。ゴムを通して完成。ほかならぬチコのパンツですからね、ゴムくらい通してやりましたよ。チコには随分楽しませてもらいましたからね。いつだったか、チコ姉妹が遊びに来たとき、靴を抜いでわたしの前に小さい [続きを読む]
  • 和装肌着を稚児の肌着にリメイクする 【掘り出す】
  • 友人にシルクパンツを作ろうと羽二重を探していたら、着物肌着を見つけました。浴衣サイズもあれば、上半身用の短いのもある。今どきあってもしょうがないシロモノですな。そういえば、肌がナントカ症で痒い友人がチコも肌荒れが酷いんだよねーと言っていた。へー、なんで?チコに対するわずかな興味で訊いてみた。なんでも、お風呂で泡遊びに夢中だそうで、必要以上に皮脂を洗い落として肌荒れしているようです。チコときたら、し [続きを読む]
  • 羽二重でパジャマパンツを作る 【完成】
  • 縫い合わせるとかなりのサイズ感です。脆い薄布はギャザーを寄せて布にかかる圧力を減らすのが良いそうなので、布使用量多め。不要物の使い切りを目指した結果ともいえる。ゴムで縮めればこんな感じですかね。友人とはいえ、ご婦人にウエストサイズを訊くのは失礼なので、ゴムを通さずにこのまま完成。友人もゴムは自分で入れると言っていたので、手間を増やさせてやろうと裾口にもゴムを通せるようにしておいた。実際どうするかは [続きを読む]
  • 羽二重でパジャマパンツを作る 【縫う】
  • ある日、友人が遊びに来て言った。「シルクのパジャマってそんなに良いものなんだろうか?」シルクのパジャマの効能が気になるようなことがあったのか訊いてみた。「最近、肌が痒くて、、、」と、皮膚病の一種のような症例を口にしたが、興味なかったので忘れた。しかし、古布を処分したい私の中には閃くものがあった。羽二重で肌着っぽいようなパジャマっぽいようなを作ってみようか?昭和前時代からの羽二重は、だいたい絹で出来 [続きを読む]
  • 大叔母になんか羽織るようなものを作る 【完成】
  • 完成。もう少ししっかりしたハイネック風(チャイナ風?)に立襟にしときゃよかった。襟がしっかりしてるとヘロい生地で作ってもしっかりして見えるもんですからね。ただま、ヘローンとした生地をヘロヘロに活かすなら、襟なしチュニックでも良かったな。今年もビックシルエットが旺盛のようですし。肩が痛かったりすると前開きの方が着易いらしい、コレはコレで、まぁ、いいや。うしろギャザー。袖のボタンを使うと、こんな感じで [続きを読む]
  • 大叔母になんか羽織るようなものを作る 【仕上げる】
  • 織り目の粗い生地で作る襟は、接着芯を貼ってから、大きめに切る。それから、襟の形に縫う。襟と同じ生地で作る前立ても、バラバラする生地なので、多めに縫い代をとって、身頃に縫いつける。襟を付ける。身頃生地の端切れを集めたら、こんなん出来たので、袖の裏に縫い付ける。表からはこんな感じ。あとは何かするほど生地が残っていない。ポケットくらい付けたい気がしたけど、生地がないのだから、仕方がない。生地さえあればそ [続きを読む]
  • 大叔母になんか羽織るようなものを作る 【組み立てる】
  • 前身頃の上下を縫い合わせ、ギャザーを寄せて後ろ身頃を作る。肩を合わせて、脇を閉じる。ここまでの雰囲気、そう悪くない。薄地の綿、そうさな、リバティなんて使ったらほどほど良かったんじゃないかなぁ。大叔母にも、布を買うのならリバティにしてくれと言ったし。「なんじゃそれは」というので、海外の老舗メーカーの世界的に有名な布で緻密な織りと多彩な彩色で花柄が有名。1mたったの3,500円しかしない。と説明した。 [続きを読む]
  • 大叔母になんか羽織るようなものを作る 【異素材を足す】
  • 要らない生地だったもので、使い切ろうとめいっぱい使ったら・・・見返しを付けられなくなってしまいました。ザックリ編まれた別生地を発掘。あんまり違っているので、裏に隠すよりいっそ表にだしてみようかと思い直す。コレでなんとか立て襟と前立て作ろうと思います。というワケで切り出しました。そんじゃ、組み立ててゆきます。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 大叔母になんか羽織るようなものを作る 【いらない布を見つけたもので】
  • ある日、大叔母が乗り込んできた。なにか羽織るようなモノが欲しいらしい。生地を買ってくるから、どれくらいメーターがいるのか訊きに来たらしい。どうやら、私が作るってコトは決定事項らしい。買ってこなくていいヨ。生地ならいっぱいあるから。そう伝えると。「金なら幾らでもあるから、欲しいだけ言えっ!!」って、帰ってった。さっそく、特にいらない布ゾーンから変な生地類を選び出す。コレ。妙な伸縮性があるジャージっぽ [続きを読む]
  • ウールパンツを自分用にリメイクしてみたが・・・ 【完成】
  • 結局そのまま完成。側面からの方が、締まりきらなかったゆるさが分りますが、去年の冬はこうゆうもっさいサブリナ風裾窄まりパンツがはやっていたんですよ。冬だし、太ももあたりまで隠れるコートなんか着たら、もう、もっさい裾窄まりパンツにしか見えないから、コレでよし。さてと、末叔母にリメイクしたパンツ2本と合わせてお披露目。「どうどう、昨今の流行でしょ?」「そぉ〜だよねぇ〜、こうゆう古っぽいやぼったいパンツば [続きを読む]