うずら さん プロフィール

  •  
うずらさん: アオイトリ
ハンドル名うずら さん
ブログタイトルアオイトリ
ブログURLhttp://sakihaetamae.blog.fc2.com/
サイト紹介文箪笥の中の古着物、もう絶対に着ない服、家にあふれる古布をハンドメイドで大人服、子供服にリメイク。
自由文ネクタイ、スーツにワンピース、たまに発掘される昭和レトロなお洋服。てんぷら鍋用掃除布が最後の仕事の古布たちにリメイクでなんとかもう一度日の目をみせてみる。
加えて、古箪笥に眠りっぱなしの着物たち。
仕付け糸をつけたままだったり、反物だったり、明治・大正物もたまに発掘。
我が家にあふれる古布たちで色々リメイクしているブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供137回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2014/06/07 21:22

うずら さんのブログ記事

  • 大叔母になんか羽織るようなものを作る 【異素材を足す】
  • 要らない生地だったもので、使い切ろうとめいっぱい使ったら・・・見返しを付けられなくなってしまいました。ザックリ編まれた別生地を発掘。あんまり違っているので、裏に隠すよりいっそ表にだしてみようかと思い直す。コレでなんとか立て襟と前立て作ろうと思います。というワケで切り出しました。そんじゃ、組み立ててゆきます。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 大叔母になんか羽織るようなものを作る 【いらない布を見つけたもので】
  • ある日、大叔母が乗り込んできた。なにか羽織るようなモノが欲しいらしい。生地を買ってくるから、どれくらいメーターがいるのか訊きに来たらしい。どうやら、私が作るってコトは決定事項らしい。買ってこなくていいヨ。生地ならいっぱいあるから。そう伝えると。「金なら幾らでもあるから、欲しいだけ言えっ!!」って、帰ってった。さっそく、特にいらない布ゾーンから変な生地類を選び出す。コレ。妙な伸縮性があるジャージっぽ [続きを読む]
  • ウールパンツを自分用にリメイクしてみたが・・・ 【完成】
  • 結局そのまま完成。側面からの方が、締まりきらなかったゆるさが分りますが、去年の冬はこうゆうもっさいサブリナ風裾窄まりパンツがはやっていたんですよ。冬だし、太ももあたりまで隠れるコートなんか着たら、もう、もっさい裾窄まりパンツにしか見えないから、コレでよし。さてと、末叔母にリメイクしたパンツ2本と合わせてお披露目。「どうどう、昨今の流行でしょ?」「そぉ〜だよねぇ〜、こうゆう古っぽいやぼったいパンツば [続きを読む]
  • ウールパンツを自分用にリメイクしてみたが・・・ 【思案する】
  • いつものように作り変えます。丈を詰めて、裾をすぼめて、後股ぐりを削って、腰ベルトを使って後ろにゴムを通す。試着してみる。ゆるいねー。横幅を詰めきれてないねー。後股ぐりを詰めるだけでは足りないので、やっぱり、脇を削らなきゃなのかなー。となると、工程としては、このスラックスなら、ベルト布を外して、脇を削って付け直し、ですね。そうすると、せっかくのポケットがなくなっちゃうなー。コレとは別に、前ファスナー [続きを読む]
  • ウールパンツを自分用にリメイクしてみたが・・・ 【選ぶ】
  • パソコンの調子が悪くてすっかり不定期更新です。冬場はミシン部屋が寒くて寒くて、たいして作っていないので、更新が滞っているくらいがちょうど良いこの頃です。さてと、祖父のタンスから発掘したスラックス第一弾のなかで、コレはいいと思ったウールパンツをちゃっかり自分の冬用パンツにリメイクです。コレは良かった。ジジ臭さこの上ない写真うつりですが、近づくとなかなか小洒落た配色のチェック柄なんです。なにより、生地 [続きを読む]
  • 末叔母に2本目のリメイクパンツを作る 【物色】
  • 出し惜しみしてもショウガナイので、末叔母にはもう1本、祖父のスラックスを押し付けてみる。細めのスッキリめを探すと、素材が怪しげな、フェルトぽくってジャージっぽい生地を見つけました。タックがないスッキリ面、フラップ付きの後。穿いてみると、冬のトレーナーが納まるくらいのウェスト周りですが、それほどダボついているワケでもない。伸縮性のある怪しい素材なので、キツめに仕上げるとフィット感がいいかもしれない。 [続きを読む]
  • 祖父のスラックスを7号の叔母にリメイクする 【穿いてみた】
  • 7号にサイズダウンした叔母にリメイクしたパンツ。どんなもんか穿いていた。叔母が穿けばちゃんと長ズボンになります。最近のはこの程度の丈ですよね。折り返しも可能な裏の深さですから、もう少し、短くも出来る。来年まで、いけるんじゃないかな。ツってるね。叔母が穿くと、ゆったり目の冬パンツになるんじゃないかなぁ。紳士モノも細身を選んで裾を細めると、最近の婦人パンツに近づくらしい。今が直して着て、処分するチャー [続きを読む]
  • 祖父のスラックスを7号の叔母にリメイクする 【ゴムを通して始末する】
  • ゴムを通して、留めます。モノによっては、ベルト通しの留め縫いが裏見返しまで貫通していてゴムの通り道を狭くしている場合もあるので、解いて、場合によっては力布を当てて身頃に縫い付け直すか、通すゴムを細めに変えるとか、やり方いろいろです。また、ウェスト布に貼り付けてる芯があんまり硬いようだと、剥がした方がいいですね。。。網戸みたいな芯が入っていることがあります。楽に直せそうな作りのスラックスを選ぶと、後 [続きを読む]
  • 祖父のスラックスを7号の叔母にリメイクする 【後身頃を削る】
  • だいたい、紳士モノの内側です。この裏見返しに幅広ゴムをいれて縮めれば、サイズを縮小できます。ココからいれます。モノによってはしっかりまつり付けられていたり、数箇所留められているだけだったりします。しっかり縫われているモノは、ゴムを通せるだけ解いておく。数箇所しか留められていないモノは、ゴムを通したら、ゴムが安定するように縫っておく。ゴム縫い付け位置は、①脇だったり、②前位置だったり。たっぷり縮める [続きを読む]
  • 祖父のスラックスを7号の叔母にリメイクする 【物色する】
  • 大叔母サイズに冬用パンツを作り変えているとき でした。母の一番下の妹の末叔母がやって来ました。「なにやってんの?」やっぱり訊かれたので、祖父のスラックスを冬用パンツに直したら、結構良かった。そのパンツを大叔母が気に入ったのであげることにした。大叔母サイズに丈詰めをしている。経緯を説明しました。「ねぇねぇ、アタシやせたの」痩せたよねぇ。研ナオコみたいになったよねー。「7号でも小さいのっ、ズボンが全部 [続きを読む]
  • 紳士用スラックスを冬用パンツにリメイクしてみる 【二度目の試着】
  • 大叔母に直すとどんなもんだか穿いてみる。こんなもんか。裾を捲くってみる。この丈感も悪くないな。トレーナーの裾を被せると、ホントにフツーのパンツですね。ところで、始めに想定したリメイク丈が、コレ。結局、当初の予定に収まってしまったと。大いなる御手の介入を感じさせられる予定調和です。このパンツはきっと始めっからこうなりたかったんだろうな。紳士用スラックスとしてはありえない7〜8分丈になってみたかったん [続きを読む]
  • 紳士用スラックスを冬用パンツにリメイクしてみる 【2度目の完成】
  • 大叔母サイズに丈詰め。裾の折り返しはいらないと言われてので、省略。長靴履くときに邪魔なんだな。きっと、そうだな。余分は切らずに、裏側に長く折り返してあるので、太めに折り返せます。大叔母は、折り返さないと思うけど。この先細った裾、スリットにしたらおっかさんが喜びそうだなぁ。おっかさん、全面裏地の付いていないウールパンツは穿かないけどねー。こんなしょーもないスーツパンツじゃななくて、絹の羽織でパンツ作 [続きを読む]
  • 紳士用スラックスを冬用パンツにリメイクしてみる 【穿いてみた】
  • 紳士用スラックス を直す。たいしたコトもせずに出来上がり。出歩きに耐えうるものか穿いてみます。ポケット付いてるし、横、最近ぶら下ってるパンツって、こんなですよね。股上深めでハイウェスト。友人が、ガウチョじゃないフツーのパンツのつもりで買ったらこんなパンツだったって言ってた。今なら穿けるな。来年も穿けるかな。けどまぁ、先細りのサブリナ風パンツは日本人の体形にしっくりきますわなぁ。永続的に穿いてておか [続きを読む]
  • 紳士用スラックスを冬用パンツにリメイクしてみる 【膝下を処理する】
  • まずは裾を解いておきますか。その、裾。折り返しの具合が端正ですね。スナップっで固定してあるのかぁ。紳士モノらしい良い始末ですね。七分丈に詰めるのやめて、おんなじ裾始末にしようかな。そうしよ。と、心変わりしたところで、スナップ外して、裾を解く。身頃幅を縮めます。後身頃幅の方が広いので、布を寄せて、縫うときも、ミシンが布を噛まないようにします。丈を程よく詰めて、スナップを付け直す。膝下すぼめと、裾処理 [続きを読む]
  • 紳士用スラックスを冬用パンツにリメイクしてみる 【下見する】
  • 祖父はめっきりジャージ着用の半介護人なので祖父の箪笥の整理にかかりました。前が開かない上着や、セーターはもう着ないし、サラリーマン世帯でもないのに無駄に50着はあるスーツ類は、絶対に必要のないものです。農協の旅行が豪勢だった頃、コレクションのように買っていたモノだとお思います。買った時から、いらなかったんだと思います。家では「○○工務店」と刺繡されてそうな作業着を着ていましたし、それも、上下セット [続きを読む]
  • お寝巻をラグランチュニックにリメイク 【完成】
  • ゴムを通して終わり。完成。まえ、脇段差。充分なゆとりを前身頃だけタックでたたんだラグランチュニックです。本当は、前身頃のタックをヨークで裏表挟みたかった。お寝巻きは、手拭いよりもペラいような生地にガーゼの裏地が付いて出来ています。縫い合わせ部分もあり、生地を重ねると結構、厚くなります。ミシン針が落ちる時の振動が、デニム並みに感じることもあります。あんまり無理しないで、裏見返し1枚付けにしておきまし [続きを読む]
  • お寝巻をラグランチュニックにリメイク 【もろもろ仕上げる】
  • 脇閉じてついでにスリットに始末しました。袖口を折り返して、ゴム入れ口を開けておく。ゴムで袖口を絞るかは・・・現段階では分らない。襟ぐりに見返しを縫い付けて、終わったようなもんですね。お寝巻の布量が許す限り、身頃の幅をとったので、前身頃の余分はタックでたたんで、脇と、後身頃はゴムで縮めます。どうせゴムを通す部分はぐしゃぐしゃになるので、わざわざ裏に見返しを付けずに縫い代を幅広にとって折り返してもいい [続きを読む]
  • お寝巻をラグランチュニックにリメイク 【後身頃に衿布を追加する】
  • 身頃に袖を縫い付けて、脇を閉じようとして気が付きました。後身頃が短いじゃん。前身頃をとる時に、型紙以上に丈をとっていた事を忘れて後身頃は型通りの丈でとってしまっていたようです。これが逆で、後身頃の方が長いのなら気にせず縫いましたが、こんなどうってことないパターンで前身頃の方が長いって、、、ないわぁ〜〜〜。衿布があるので、後身頃に追加します。なんとなく脇を始末して、スリットにしておきます。これにて後 [続きを読む]
  • お寝巻をラグランチュニックにリメイク 【型取り】
  • 掘り出しお寝巻きも最後の1枚です。お寝巻きの中では一番最近のモノですね。青く見えるかもしれませんが、絵の具の色まんまのような紫です。何にしようかなぁ。同じくパジャマパンツでもいいけど、上着も作っておこうかな。よくある、襟ぐりゴムギャザーのラグランチュニックを、前だけタックで襟ぐりを縮めてあとはゴムにする。と、いうのをやってみたいと思います。お寝巻の衿を外して、肩を切り開く。裾から身頃を取ろうと思い [続きを読む]
  • 自選・自作大人服ベスト3 【2016】
  • ベスト3は、おっかさんに 新品ネルで作ったジャケット です。 末叔母に作ったネルジャケット も雰囲気良かったけど、こっちは箱ポケット頑張ったし、ネル新品だし、選んどく。ネルはジャケットにすると、いい雰囲気に収まるものらしい。ベスト2は、 ヨレヨレお寝巻リメイクのブラウス 。7号の友人に似合ってる。やっぱマッチーはいいよねぇ。ガーゼでも麻地でもいぃ〜脱力感をかもせると思いますが、今度は張りのある布でウェ [続きを読む]