神競馬マガジン さん プロフィール

  •  
神競馬マガジンさん: 神競馬マガジン
ハンドル名神競馬マガジン さん
ブログタイトル神競馬マガジン
ブログURLhttp://kamikeiba.com/
サイト紹介文神競馬は競馬コラム・競馬予想・競馬ゲーム等、競馬の関する情報を配信しています。
自由文神競馬は競馬コラム・競馬予想・競馬ゲーム等、競馬の関する情報を配信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供697回 / 365日(平均13.4回/週) - 参加 2014/06/08 20:37

神競馬マガジン さんのブログ記事

  • 【高松宮記念 2017】予想家4人が真剣勝負!軸馬を発表!!
  • 2017年度もGⅠレースが始まりました。正確には2月の【フェブラリーステークス】から中央GⅠは始まっているのですが、そこから少し間隔が開きますし、今年から【大阪杯】がGⅠレースに昇格するので春にもGⅠ連戦が誕生します。その開幕戦となる【高松宮記念】から新しい企画をスタートさせようと考えています。 神競馬マガジンのライター陣がGⅠレースのみ各々の軸馬を紹介します。競馬予想サイトとして週末のレースに関 [続きを読む]
  • 【競馬談義】大器ファンディーナ、桜に間に合った!!【No.33】
  • クラシック牝馬番付で、関脇に指定したファンディーナがフラワーCで関東の競馬ファンに名刺代わりの衝撃の5馬身馬なり勝利を見せつけた。これで本賞金でクラシックは登録さえすればすべて出走出来る。陣営はフラワーCの結果がどうであれ次走は白紙としている。形の上では桜花賞に間に合ったと言ったところ。ファンディーナは相当なポテンシャルを持っているのは間違いない。桜花賞に出走すれば2番人気確実。1番人気はソウルスタ [続きを読む]
  • 【阪神大賞典他】重賞3レースをサイン予想から振り返る
  • サイン予想家ゴーイングです。久しぶりの3連休となりました。連休は嬉しいのですが競馬予想の仕事などもあり、ようやく連休最終日が一番落ち着つける状態です。早速ですが、金曜日に記載させて頂きました内容と、その他開催されました重賞をサインを振り返り反省していきます。■阪神大賞典金曜に記載させて頂きましたように、やはりサトノダイヤモンドが1着。単勝1.1倍に支持されたように、危なげない走りだったと言えます。そし [続きを読む]
  • 【競馬談義】大勝負をしてはいけないレースとは!?【No.32】
  • 競馬を朝から楽しんでいると、必ず勝負をかけるレースがあると思います。基本的にはどのレースで勝負をかけるのかは自由ですが、このレースだけは大勝負を避けた方がいいレースがあります。それは新馬戦です。新馬戦での人気はセリでの購買価格に血統、そして調教内容だけで評価が決まると言っても過言ではありません。 しかし、ここが大きな落とし穴で、初出走であると言う事を忘れてはいけません。評判通りあっさり勝 [続きを読む]
  • 【競馬談義】1週間後の高松宮記念を控えて・・・【No.31】
  • 来週26日(日)に迫った、春のG1第二弾。今年はいつもと勝手が違います。今までは高松宮記念から桜花賞まで1週間G1がなかったのですが、大阪杯がG1に昇格し、高松宮記念から大阪杯→桜花賞→皐月賞とG1がつながりました。 高松宮記念が近づいてきた事もあって栗東・美浦トレセンは心なしか慌ただしくなって気がします。これからG1シリーズに突入しますから。トレセンも活気が溢れていると言ったところです。花粉が [続きを読む]
  • 【阪神大賞典 2017】『過去の名馬』から読み解くサイン予想!!
  • サイン予想家ゴーイングです。 競馬界でまたニュースが!元JRA騎手の藤田伸二さんが、地元ホッカイドウ競馬で復活する事を示唆しました。本人は筆記試験について不安を口にしておりましたが、おそらく合格するでしょう。地方競馬は大井競馬場は売上が増加してますが、南関東以外の地方競馬はやはり売り上げが厳しいと言える状態です。そこに、元JRA騎手でダービージョッキーでもあった藤田元騎手は、ホッカイドウ競馬か [続きを読む]
  • 【競馬談義】牡馬クラシック番付表!!【No.30】
  • 現時点での横綱候補は藤沢和雄厩舎の2頭。レイデオロ サトノアレス甲乙つけがたい。サトノアレスは朝日杯FSを勝っているので、G1馬の肩書を持つ。しかし、レイデオロもクラシック路線を意識したローテーションで、ホープフルSを快勝し3連勝とこちらも底を見せていない。3月2週は皐月賞トライアルがないので、現時点では、横綱候補はこの2頭で妥当なラインではないだろうか? 大関候補は、弥生賞を快勝したカデ [続きを読む]
  • 【競馬談義】牝馬クラシック番付表!!【No.29】
  • 横綱は文句なくソウルスターリング。距離に融通も効くはずなので、今年の牝馬3冠候補。久しぶりに能力が抜けた馬が現れた。この馬も藤沢和雄厩舎の管理馬。これで藤沢和雄厩舎は牡馬のサトノアレス・レイデオロの2頭を入れると、3頭もクラシックで横綱がいる事になる。これは近年稀に見る大豊作の年と言ってもいい。このラインナップでクラシックを幾つ勝つのだろうか?故障でもない限り、0勝と言うことはないだろう。 [続きを読む]