トマトマト さん プロフィール

  •  
トマトマトさん: 私立医学部受験ローンと奨学金で入学させた親のブログ
ハンドル名トマトマト さん
ブログタイトル私立医学部受験ローンと奨学金で入学させた親のブログ
ブログURLhttp://cx33cx33.hatenablog.com/
サイト紹介文フツーのサラリーマンでも子供を私立医学部に入学させることができるんです。
自由文フツーのサラリーマンが子供を私立医学部に入学させました。子供には最高の教育と将来をプレゼントできますが、高額の銀行教育ローンを組んだ親の将来計画が見えなくなりました。でも、フツーのサラリーマンでも子供を私立医学部に入学させることができるんです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2014/06/09 19:21

トマトマト さんのブログ記事

  • 強制的に糖質除去ダイエット
  • 不本意ながらもダイエットになり20歳の時の体重に20歳の時の体重に食事から糖質を除去しています。理由はダイエットではありません。いつの間にか体重が落ち,20歳のころの体重になりました。ここ数年の服のサイズが合わなくなったので,20歳のころの洋服を引っ張り出して着ています。もちろん流行遅れで野暮ったいのですが,スタイルは気にしていないので,それはそれで助かっています。なんでダイエット?我が家 [続きを読む]
  • 夫が死ぬのを待つ妻 私(夫)もそれでいいと思っている
  • 夫が死ぬのを待つ妻 実のところ自分もそれでいいと長生きしない自由もあると思う定年を9年後に控えています。定年したころに静かに死にたいと思っています。衝動的にそう思っているわけではなく,子供が私立医学部に通うようになってから,いろいろなことを考えて,9年後の定年の直後,あるいは,その後の再雇用期間の5年間でこの世を自然に去ることがいい選択だと思っています。このように書くと少し心を病んでいるかと [続きを読む]
  • 夫が死ぬのを待つ妻 同感
  • 夫が死ぬのを待つ妻という風潮 すごく同感夫が死ぬのを待つ妻とは先日,web上の書評に『夫が死ぬのを待つ妻』ということを扱った書籍が紹介されていました。実際の著者,書名等はあまり覚えていないのですが,子供が独立する時期になって,『離婚をしないで,じっと妻が夫の死を待つ』,そんな夫婦の関係が増えてきているとのことです。夫としては背後から家庭を支え,妻が家庭を切り盛りすることを間接的に助けてわざわざそ [続きを読む]
  • 私立医学部 留年の恐怖
  • 私立医学部は留年の恐怖との闘い留年でかかるお金医学に合格をして新たに医学部生になった皆様,おめでとうございます。とくに,私立医学部に進学をさせた親御様にはおめでとうございますという言葉はもちろんですが,これからの経済的なことをどう乗り越えていこうかともしかしたらお考えのことかと思います。すこしでもご参考になればと思います。早々に留年の話で恐縮です。すぐにわかることですが私立医学部で留年をす [続きを読む]
  • 国公立医学部一般入試合格発表
  • 2016年度国公立医学部一般入試合格発表国公立医学部前期日程一般入試合格発表は3月6日から国公立医学部前期課程の一般入試合格発表が3月6日から始まりました。3月6日の発表は弘前,福井,鳥取,香川,佐賀,大分の6校でした。合格された皆さんおめでとうございます。とくに,合格された受験生の親御さんにとっては格別にうれしいことと思います。国公立大学と私立大学では6年間の学納金の差額が3000万円程度ありま [続きを読む]
  • 医学部予備校
  • 親としては予備校の準備も予備校の比較国公立の前期日程が終わり,6日から始まる合格発表を待つ時期になりました。私立医学部では主な入試が終了,補欠繰上合格候補者は各校から繰上の連絡を首を長くして待っている頃かと思います。正規合格者の入学手続締切直後の繰上はほぼ一巡し,国公立の合格発表直後の繰上に注目が集まっていることと思います。国公立に合格をした場合,親としては大満足のことと思います。私立に進学 [続きを読む]
  • 私立医学部補欠繰上
  • 補欠繰上その後  埼玉医 東京女子医 東海 埼玉医,東京女子医,東海で動きがあったようです。埼玉医は22日に繰上げがあったようです。埼玉医の一般入試は2回あり,前後期に分かれています。前期の正規合格の手続き締切が2月9日,第一回目の補欠繰上が2月11日ですので,今回の繰上は第一回目の繰上の欠員補充とみることができそうです。埼玉医の後期の合格発表は24日,この手続き締切が3月2日です。後期の [続きを読む]
  • 私立医学部 聖マリアンナ医繰上
  • 補欠繰上候補の繰り上げ合格聖マリアンナ医科大学は第一回40名私立医学部の補欠繰り上げ合格はなかなか予想できないものがあります。聖マリアンナ医科大学では2月22日に40名の繰り上げ合格が発表されました。正規合格者の手続き締切が19日でしたので,週末をはさんですぐに発表ということのようです。この大学では,合格発表とともに補欠繰り上げ候補者を番号をつけて発表します。webページで見ることができるので興 [続きを読む]
  • 私立医学部補欠繰上進行状況
  • 私立医学部繰上進行状況本格的に繰上が進みました私立医学部の補欠繰上候補は正規合格に比べて2倍以上の候補者数を出します。そのため,繰上の進行状況には注目が集まります。しかしながら,進行状況を公開する大学は少なく,なかなかその様子をつかむことができません。補欠繰上候補は順番が回って繰り上がれば,合格になります。ですが,一人でも手前で終わってしまえば,入学を許可されません。ですのでなるべく多くの情 [続きを読む]
  • 私立医学部過去の補欠繰上合格者数
  • 補欠繰上合格者数私立医学部の補欠繰り上げ合格昨年(H27年度)と一昨年(H26年度)の私立医学部入学試験の一般入試に限り補欠繰上合格者数を大学ごとに調べてみました。いくつかの場合を除き年度ごとにあまり大きな変化がないようです。今年の繰り上げ合格者数の予測にもなるかと思い掲ます。調べることができる範囲で調べました。不明の場合はーとしました。間違いもあるかもしれません。あくまでも参考程度にしてください。 [続きを読む]
  • 私立医学部入学手続きと教育ローン
  • 私立医学部入学手続きにはお金がかかる合格発表が続いています先月末の杏林大学医学部の合格発表から,続々と合格発表が続いています。そして,合格発表から1〜2週間の期限で入学手続きが締め切られます。入学手続きには大金が必要になり,数百万円,大学によっては1000万円以上の振り込を期限内にします。第一志望の医学部の場合はお金も計画的に準備をし,滞りなく振り込むことと思います。ですが,第一志望が国公立 [続きを読む]
  • 私立医学部補欠繰り上げを少し詳しく
  • 私立医学部の繰り上げ合格の時期は?正規合格よりも多い補欠繰り上げ合格候補者私立医学部の入学試験では正規合格の数倍の補欠繰り上げ合格候補者を出します。いわゆる補欠なのですが,あくまでも合格候補ということであって,繰り上がらない限り合格とはなりません。正規合格者よりも多い数の対象者が出るので,繰り上げに関する情報へのニーズが高いわけですが,web等で繰り上げ状況を案内する大学はごく少数です。また繰り [続きを読む]
  • 私立医学部手続き締切日と補欠繰り上げ合格
  • 私立医学部の手続き締切日と補欠の繰り上げ私立医学部の補欠繰り上げ候補者私立医学部では入学定員と実入学者数をぴったりにする必要があります。そのため,見込みで定員よりも多くの合格者を出すようなことはしません。まず,募集定員と同数の合格者又は数人だけ多い数の合格者を出します。その合格者のことを正規合格者と言います。また,多くの私立医学部では同時に補欠繰り上げ合格候補者を出します。いわゆる補欠と呼ば [続きを読む]
  • 私立医学部補欠待ち 親はお金のやりくり
  • 親はお金のやりくり私立医学部は補欠が当たり前私立医学部の入試は独特なものがあります。その一つが,多量の補欠繰り上げ合格を出すということです。医学部の入学者数は私立に限らず,国公立でもぴったりと定員を守る必要があります。そのためでしょうか,見込みでは合格を出さずに,正規合格という定員ぎりぎりの数の合格者をまず出し,これとは別に補欠繰り上げ合格候補者を多数出します。当たり前ですが,候補者はあくまで [続きを読む]
  • 私立医学部に合格した でもお金が
  • 私立医学部の手続きをどうしよう合格発表が始まった29日に私立医学部のトップを切って杏林大学の発表がありました。合格をした皆さんはおめでとうございます。でも、もしかしたら親御さんは悩んでいるかもしれません。杏林大学の医学部の初年度の納付金は1000万円近くです。入学手続きに必要なお金は、全額を払うことはありませんが、前期分の学納金を払うことになりますので、大きな額です。これを2月9日までに振り込 [続きを読む]
  • 今から私立医学部受験に切り替える
  • 私立医学部受験に急きょ切り替える受験生を持つ親のためにセンター試験は水物なのでセンター試験が終わりました。ほとんどの方で滞りなく実力が出たことと思います。ですが,センターは一発勝負です。何らかのことで実力が発揮できなかった受験生も少なからずいると思います。国公立医学部を目指す受験生は8割5分から9割の正解率を目指していると思いますが,不幸にして8割前後の受験生もいると思います。その場合は,私立医学 [続きを読む]
  • 国公立医学部受験生の親がセンター試験の前にすること
  • ずばり,高校の調査書と私立医学部の願書の準備ですセンター試験には魔物が棲むセンター試験がこの週末にあります。国公立医学部を目指す受験生は,センター試験の出来,不出来によって志望校を決めることになるので大いに緊張していると思います。センター試験で9割を取ることができれば,たとえ前期日程の個別試験で失敗をしても,後期日程で,センター試験の点数重視の医学部に志願をすればほぼ合格が出るようです。なので [続きを読む]
  • H28年度私立医学部 出願日・試験日・合格発表日・手続締切日
  • 私立医学部 出願日・試験日・合格発表日・手続締切日をまとめました焦る前に一度目を通してみることをお勧めします年が明けるともうすぐ,センター試験です。受験生はその対策に追われていることと思います。特に国公立医学部を目指す受験生は,正答率8割では不安かと思います。最低8割5分を確保して,9割行けば安心といったところでしょう。さて,医学部を目指す受験生を持つ親ですがこの時期にお勧めしたいことがあり [続きを読む]
  • 医学部受験 今すること 私立医学部願書入手
  • 私立医学部願書取り寄せは終わりましたかたとえ国立志望でも私立医学部願書はそろえておきましょう 私立医学部の願書締切がセンター試験の前後に集中します。考えたくないことですがセンター試験が思うようにいかず,急遽私立医学部に志望を変更することもあると思います。我が家がそうでした。失敗直後から,志望校選定のやりなおし,調査書,願書の取り寄せなど綱渡りの状況が続きました。このことと同時に,銀行に行って私 [続きを読む]
  • 平成28年度私立医学部一般入試願書受付締切日
  • 平成28年度私立医学部一般入試願書受付締切日締切一覧 ピークはセンター試験直後私立医学部入試の一般入試の出願締切日の一覧を作成しました。センター利用,地域枠等は除きました。あくまでも目安として参考程度にお願いします。受験を考えている皆さんは募集要項を十分に確認をして出願の準備をしてください。センター入試の結果を待っていると出遅れも平成28年度センター入試は1月16,17日の二日間です。国立 [続きを読む]
  • 受験ですーお金の準備はできましたか?
  • センター試験まで一か月を切りましたお金の準備はできましたかセンター試験まで一か月を切りました。私立医学部を考えにいれたお金の準備はできたでしょうか。2年前のことですが,我が家ではもともと国立に進む予定で準備をしていました。それまでの模擬試験などでまずまずの成績を上げていたので,私立医学部に進学をすることは真剣に考えず,模擬試験のつもりで2〜3校程度の受験申し込みをしていました。ところが,セン [続きを読む]
  • 新設医学部 ー 国際医療福祉大学
  • 国際医療福祉大学の情報千葉県成田市 医学部は29年度平成28年度新規開設の東北医科薬科大学に続き,平成29年度に国際医療福祉大学に医学部が開設されるようです。先日,新聞に折り込み広告が入っていました。国際医療福祉大学は、これまでに栃木県、神奈川県、福岡県にキャンパスを展開していますが,千葉県成田市に新しいキャンパスをオープンするようです。まず,平成28年度に成田看護学部と成田保健医療学部を立 [続きを読む]
  • 離婚の損得
  • 結婚を続ける理由はないけれど家庭での孤立子供の私立医学部進学をきっかけに夫婦仲が決定的に悪くなっています。子供たちは女房に味方をしていて,その結果,私は家庭で孤立しています。子供が私立医学部に通うまでは,少し贅沢な生活をしていました。ですが,学校に払う学納金が生活を圧迫して,節約生活が続いています。もともと,国公立に合格できる偏差値があったのですが,センター試験に失敗をして,私立医学部に通うこ [続きを読む]
  • 心残りか納得か 長生きしないために
  • 長生きしないために心残りをなくす長生きしないことを正しいと思うここのところ有名人の死亡や病気が話題に上がっています。どの記事も長く生きることをよいこととしています。ところが,私にとっては長生きすることを正しいとは考えられません。家庭の状況,社会とのかかわり,経済の状況を考えて,9年半後の定年退職直後を寿命にしたいと思っています。心残りは長生きをするとすれば,長生きをする楽しみとか,理由が [続きを読む]
  • 380円の反抗
  • 家族へのささやかな犯行お金がないから私立医学部に子供を入学させたのが1年前の4月,入学金などの学納金の金策をしたその年の3月からお金で苦労をしています。結局,教育ローン,学生支援機構奨学金,地方自治体の医学生修学貸与資金などを利用して6年間の学費,生活資金の目途が立ちました。いまは特別困窮しているということはないのですが,借金は借金です。3月から6月ぐらいまでの間,地に足がつかないような変な感覚が続 [続きを読む]