岩熊権造 さん プロフィール

  •  
岩熊権造さん: 大逆転の恋愛ノート
ハンドル名岩熊権造 さん
ブログタイトル大逆転の恋愛ノート
ブログURLhttp://iwakumagonozo.blog.fc2.com/
サイト紹介文婚活・恋愛に悩む女性たちが集まる無料オンラインコミュニティ。婚活を大事な基礎から学べます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供259回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2014/06/10 12:55

岩熊権造 さんのブログ記事

  • 【仕事】「一生仕事を続けたい」の本音
  • 「今の仕事が好き。仕事は絶対にやめたくない」という相談者の方が時々います。中には「天職です」と言う人もいて、婚活でもプロフィールなどで仕事に対する前向きさをアピールしようとするのですが、その割には話してみると仕事へのモチベーションが低かったりして違和感を感じることが少なくありません。そういう人の場合には私は仕事について話を掘り下げてそれでよくよく話を聞きます。そうすると、職場が好待遇だったりステー [続きを読む]
  • 【生き方】まとまらない気持ちをまとまらないままに表現する
  • 1月24日は第三回目の座談会でした。座談会の事前に「私、喋ることが出来なかったら、どうしようかと思います」とメール相談してきた参加者の女性も、そうでない人も、自分のターンになって話し出すと、とりとめもなく、まとまらない話が止まりませんでした。後から後から言葉を紡いで紡いであっという間に6時間が過ぎました。それくらい、みんな「自分は表現したい」ということに無自覚です。こうやって、まとまらない気持ちをそれ [続きを読む]
  • 【婚活】周りにロクな異性がいないと思う人への提言
  • あなたの目に留まる異性はいつだって今のあなたなりの異性。だからあなたが変われば目に留まる異性も変わってきます。今のあなたを取り巻く人たちはいつだって今のあなたなりの人たちで、違う人達と付き合いだせばあなた自身が変わっていきます。今の自分を変えずにもっといい異性が見つかるはずと思っている人は自己評価と現実の自分の間に大きなギャップを抱えている人。今の自分の立ち位置を静かな気持ちでまっすぐに受け入れる [続きを読む]
  • 【婚活】交際の前と後では見える景色がまったく違う
  • 今日はコンサル三期生のEさんのお話を。 Eさんは二週間前までネット婚活で知り合った男性との仲が進展しないことにやきもきしていました。 その時点でのEさんいわく、 ●彼はデートに誘えば応じてくれるけれども、一向に進展がない。●月に二度ほどは週末を趣味の時間に使ってしまう。●ひょうひょうとしてあまり自分のことを話そうとしない。 などの理由から不安になり、時折「元々付き合う気がない男性なんじゃないでしょうか [続きを読む]
  • 【婚活】もう「愛され」は目指さなくていい
  • 私のメルマガ読者さんの大きな特徴の一つとして、「愛され」をテーマにした質問をしてくる人がほとんどいない、という点があります。おもたる原因はおそらく私にあって、そもそも私が「愛される女性を目指す」という世の風潮へのアンチテーゼからこの仕事を始めたからです。「愛され」なんてものを目指すからかえってモノが見えなくなるんだ、と未だに私は思っています。そもそも、自分が愛される存在かどうか、なんてことは他人か [続きを読む]
  • 【生き方】自分が馬鹿になるような仕組みに乗っかるな
  • 先日、オンラインセミナーである「性のセミナー」で質問を募ったのですが、こういう質問がありました。「パートナーとの初めての肉体関係はどんな場所でするのがいいのでしょうか?」こういう類の質問を「するな」とまでは言いません。でも、分かっていて欲しいのは自身がどんな意図をもってその質問をしたのか、というところです。「いいのでしょうか?」の「いい」の部分は何を指すのか、分かっていればいいのですが、一度そこを [続きを読む]
  • 【婚活】あなたは婚活のどこでつまいずいているのか?
  • 「婚活しても一向に成果がない」とボヤく人は、案外自分の実態を把握していない場合が多いものです。随分と婚活に励んだつもりが、よくよく聞いてみると案外と活動していないということは少なくありません。心当たりのある人は過去一年分の自分の棚卸をしてみてください。過去一年間に◆ チャレンジした出会いの場はいくつか。◆ 一回以上デートした人数は何人だったのか。◆ 二回以上デートした人数は何人だったのか。◆ 三回 [続きを読む]
  • 【婚活】世に希望のタネを蒔け
  • 婚活で悩む人に「10年後のあなたはどうなっていたいですか?」と聞くと、大抵こう答えます。「結婚して、旦那さんがいて、子供がいて、幸せに暮らしていたいです」と。この願望を少し俯瞰的に見ると”結婚自体がゴールである”と考えていることが判ります。いわゆる”家に入る”という状態を目指していて、想定しているのはそこまでなんですね。で、相手を誰にしようかと悩む。過去にまったくチャンスがなかったかというとそうでも [続きを読む]
  • 【生き方】自己評価を高める考え方
  • 今日の記事は内容的に昨日のつづきです。自己評価の高い人は今のやり方でうまくいかないことがあっても別の道をみつけだそうとます。自己評価の低い人はまず「できない」という結論ありきでどこまでいってもできない理由と言い訳を考えだそうとします。「できない」という理由がもうすでに本人の無意識のうちに決定しているのでそれを正当化するためにあらゆることに難癖をつけざるを得なくなるのです。そしてそれを指摘されると「 [続きを読む]
  • 【婚活】現状認識から逃げる例
  • 最近、私のブログでは現状を正しく把握してください と書いていますが、時々それがどういう状態であるのか、いまいちよくわからない という声を頂きます。 そこで今回はある読者さんに対して行ったアドバイスを皆さんにシェアします。 私がこの読者さんからのメールに目を留めたのは、自分の現状を正しく把握することを実践した結果として、「周りに結婚できない寂しい人と思われたくないというプライドが強くある事を素直に認め [続きを読む]
  • 【婚活】エゴイストの長所と短所
  • 前回の記事で私はエゴは物事を動かす原動力だと書きました。エゴを持たない人はいないし、なくてはエゴなくして人は生きてはいけません。だから、エゴというやっかいな、しかし絶対に必要な要素をいかにコントロールして生きるのかが、その人の生きざまを決定づけます。俗に”エゴイスト”と呼ばれるような人たちは、自分勝手だと嫌われ敵が多いものですね。しかしその反面、とてもエネルギッシュで魅力に富んだ人でもあります。そ [続きを読む]
  • 【婚活】憎み合っても人間関係は維持できる
  • 人間関係を継続させる一番のポイントは、WIN-WINの状態を作り続けること。それさえあれば、極端な話、憎しみ合ってさえも関係を維持させることはできます。例えば、社長と社員一人の小さな会社で社長は社員の小生意気な減らず口を憎み、社員は社長のワンマンな横暴ぶりを憎んでいたとします。それでも社員からすればムカつくけれど毎月給料の支払いだけは確実にしてくれる社長で、社長からすれば生意気だけど客のところへ行かせる [続きを読む]
  • 【生き方】何かで秀でるということとは?
  • 今日はオンライン講座の読者さんからの質問メールから。将棋の羽生名人を例えに発展し続ける人の発想について音声を録ったのですが、これはその音声に対する質問です。【以下、引用】*****************************************(前略)しかし、一点、疑問があります。通常の音声では、岩熊さんは「何者かになる」「何かで突出する」というような事をおっしゃっていると、私は解釈しています。しかし、今回の音声で取り上げていた [続きを読む]
  • 【婚活】交際中の彼にどんな話をしたら仲良くなれますか?
  • 昨日は「交際中の彼にどんな話をしたら仲良くなれますか?」という質問メールを受け取りました。それを探求するのが楽しいんでしょ?その探求こそが恋と呼ばれるものなんだろうし。他人に預けちゃだめですよ、そういう大事なことを。一人の人間て巨大な洞穴みたいなものですよ。中には鋭くとがった岩もあれば、切り立った崖もある。でも、美しく光る鉱石だって見つかるはずですよ。そこの奥深くに分け入って、暗がりにライトを照ら [続きを読む]
  • 【婚活】会うぶんには嫌ではない男性と繋げておくべき?
  • 以前「多くの人がチャンスを逃す理由」という記事をブログに挙げたのですが(記事はこちらから)、まさにこの記事に相応しい例だと思える相談メールが連日届いたので、今日はそのやりとりをシェアします。いずれの方の相談も、「恋愛感情は持てないけれど、デートする分には決して不快ではない男性と繋げておくべきか悩む」という内容でした。以下、私からの返信を引用します。====================こんにちは [続きを読む]
  • 【生き方】自分が馬鹿になるような仕組みに乗っかるな
  • 先日、オンラインセミナーである「性のセミナー」で質問を募ったのですが、こういう質問がありました。「パートナーとの初めての肉体関係はどんな場所でするのがいいのでしょうか?」こういう類の質問を「するな」とまでは言いません。でも、分かっていて欲しいのは自身がどんな意図をもってその質問をしたのか、というところです。「いいのでしょうか?」の「いい」の部分は何を指すのか、分かっていればいいのですが、一度そこを [続きを読む]
  • 【婚活】成長し続ける人のお金の使い方
  • 婚活カウンセラーとして何年も活動していると、随分前の相談者さんから近況報告をもらうことがあります。「とても順調です」という人もいれば、「全く変わりません」という人もいます。その人達に差があるとすれば、それはチャレンジしているかどうか。お金の使い方はその人のチャレンジ傾向がとてもよく表れます。なにしろ、自分の手元にあるお金というものは、自分の可能性そのものなのです。無目的に貯金をすることは、自分の可 [続きを読む]
  • 【生き方】無理に恋愛しなくてもいいじゃないの
  • 今日はメルマガ読者さんからの質問を取り上げます。【以下、引用】**************************************初めまして。いつもメルマガを楽しく読んでいます。(中略)メルマガで分かるようで分からないような、上手く自分に反映できないと思うのが「抽象的に考える」です。恋愛での私の悩みは、男性を気持ち悪く感じてしまい付き合っていけないことです。(中略)どうにかしないと、私は恋愛したい!と頭にあるので、付き合った人 [続きを読む]
  • 【生き方】まとまらない気持ちをまとまらないままに表現する
  • 1月24日は第三回目の座談会でした。座談会の事前に「私、喋ることが出来なかったら、どうしようかと思います」とメール相談してきた参加者の女性も、そうでない人も、自分のターンになって話し出すと、とりとめもなく、まとまらない話が止まりませんでした。後から後から言葉を紡いで紡いであっという間に6時間が過ぎました。それくらい、みんな「自分は表現したい」ということに無自覚です。こうやって、まとまらない気持ちをそれ [続きを読む]
  • 【生き方】百万冊の本の知識よりすばらしいもの
  • 去年の過去記事を読んでいたら、私がいつもずっと心に留め置いて忘れずにいることをそのまんま書いているものがありました。ここに書いていることは私は時々”違和感”という言葉に置き換えているんですが、その”違和感”に関する話です。***********************************グーグルを叩いてみても、SNSで大勢の知り合いに聞いても、周りの誰に聞き回っても、誰も答えを知らないこと。その問いさえ立てられたことがないもの。あ [続きを読む]
  • 【生き方】他人を理解するための最短距離
  • 言葉は使う人によって微妙に定義が違います。”優しさ”も、”真面目”も。”男らしさ”も、”女らしさ”も。”優等”も”劣等”も。その他、なにもかも、どんな言葉も共有できていると思いきや、一人ひとり微妙に定義や使いまわしが違います。ですから、このブログも読めば著者の私と読者のあなたが十分に意志疎通出来ているように見えながら、まったくの誤解を与えている可能性だって、大いにあるのです。ただし、その可能性に気 [続きを読む]
  • 【婚活】続・恋愛エリートと自分を一緒にするな
  • 今日の記事は内容的に昨日記事の続きです。自分のことを恋愛エリートだと思わないとなれば、それでも恋愛したかったら大切なのは「人並みのことをやる」のではなくて、「人一倍のことをやってみる」ことなんですよね。こと恋愛に関してだけ言うならば、すんなりいくパターンに当てはまらない人生を歩んできたわけですから、人並みを追求してそれに自分をあてはめようとしないことですよ。何の苦労もなしに愛されることを求めるのが [続きを読む]
  • 【生き方】ホンモノのプライド、ニセモノのプライド
  • ホンモノのプライドの持ち主とは、自分の変化した先を見据えた上で自信を持っている人。「自分は変われる。」「変わっても自分には価値がある。」「今の自分が否定されても大丈夫。」と思える人。ニセモノのプライドの持ち主とは、今の自分を固定化した上で自信を持っている人。自分の進化も他人の進化も信じられない人。故に、自己を否定されることや揺さぶりに極端に弱くなります。そして、「自分と意見の違う人間は許せない」「 [続きを読む]
  • 【生き方】誤魔化し切れない顔ならば
  • 私のように人の相談事を生業にしていると、実に様々な顔をした人達に出会います。肝心なところで常に逃げ続けてきた人は薄っぺらい顔をしています。他人に対して本音や本心を隠し続け、それを理論武装で誤魔化してきた人は常にうさん臭さがつきまとい、自分に対して嘘をつき続けた来た人はいつも怯えていて、他人に無用の緊張を強いるようになります。でも、自分で口にした約束事を果たそうと奮闘してきた人は自信に満ちて安定感が [続きを読む]
  • 【婚活】あなたはその人に興味を持っているはず
  • 「好きなことをすればいいじゃない?」とか、「興味のあることを始めればいいじゃない?」なんてことを言われて多くの人が戸惑うのは、「そんなもの、持ってないんだよなぁ…。」と考えているからです。「好きなことなんか、ない。」「興味あることなんか、ない。」そう思っているあなたは、確かに、”強烈に”好きなことはないかも知れません。”強烈に”興味のあることも持っていないかも知れません。でも、ほんの少し好きなこと [続きを読む]