さるとる さん プロフィール

  •  
さるとるさん: 日本レットウ言語札付き国家に集団自衛権・原発は不要
ハンドル名さるとる さん
ブログタイトル日本レットウ言語札付き国家に集団自衛権・原発は不要
ブログURLhttp://j-p-sartre.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文日本語は自然界が想定してない重度複合障害言語・カタカナ語は人類最大の愚行だから原爆が唯一日本に落ちた
自由文アインシュタインとサルトルは言語(英語と日本語を通して)関連している。『日本語はそもそも即自存在・Being-in-itself・先史人用で文字を必要としてない土〔着〕人用の開音声専用言語であったのであり、唐の昔に閉音節言語になっている英語・中国語は対自存在・Being-for-itself・有史人用で悟性を培う言語である客観的証拠(簡潔で美しい現象 - 「正円現象」または「一円現象」と言う)を見つけた!』
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供132回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2014/06/10 23:53

さるとる さんのブログ記事

  • 130 私もこうありたい/ I wanna be like him.
  • 『私は現実を受け入れており、現実にあえて疑問を挟んだりはしない』-'I accept Reality and dare not question it.(from Song of Myself)Walt Whitman (U.S. poet, essayist, and journalist, 1819 - 1892)僕の印象: 彼はよく哲学者と宗教家を足して2で割ったようなことを言う。 [続きを読む]
  • 128 最近の兆候は一方では最終段階に入ったことを示している
  • 最近の兆候は、国・民族が、一方では女性が処女性を失って大人の身体となることと同じで、民族に一度の言語改革*が最終段階に入ったことを意味すると思う。* 開音節言語(子供用)から〔完全な〕閉音節言語(成人用)への。この種の言語改革は政治・経済・文化においてとてつもないエネルギー・犠牲を伴う。古代ギリシャでは線文字B(開音節言語の表記法)の消滅からギリシャ文字αβγ(閉音節言語の表記法)の出現まで500年間、歴史 [続きを読む]
  • 実践 私の実存主義講座 第22回 円周と平行線の違いを考えている
  • 「円周と一直線」あるいは「円周の反対周りと平行線」の違いを考える必要がありそうだ。円周を互いに反対周りに進むことと一直線上を反対方向に進むこととの違いを考える必要がそうである。特に「円周上を互いに反対方向にきちんと一周する」ということはどういうことなのか考える必要がある。というのは、この関係は日本語文(開音節言語)と英語文(閉音節言語)が構成されて行く関係であるからである。まず最初に言えることは、 [続きを読む]
  • 実践 私の実存主義講座 第18回 「人間の存在」は現象である。
  • 「人間の存在」は現象ではないのか。人間を個体と考えるのではなく、時間と共に事象する『現象』ではないだろうか。依って、人間は「死」に迎えことによって「無」となる。サルトルは「対自存在自体」は無であると言っているから、重さも形もないのであろう。私自身は「対自存在自体」とは「意味」・「概念」のことで、「言葉・言語」のことであると思っている。サルトルは対自存在自体が具体的に何であるか言及してないようだが、 [続きを読む]
  • 126 もし日本に始めから漢字がなかったら・・・
  • もし日本に漢字がなかったら・・・古事記、日本書紀の編纂も出来なかったに違いない。日本は何も出来なかったに違いない。20世紀末半ばぐらいまでアポリジニやマオリの様に腰に動物の皮の腰巻きをし、鼻には動物の骨を通し、手には槍を持って野原を駆けずり回っていたかも知れない。マルコ・ポーロもこれなかったんだなぁ。日本を「黄金の国」と称したのは、畳の色が彼の想像力を掻き立てたという人もいる。 [続きを読む]
  • 117 言葉が先かそれとも後か
  • 人は仮説を立てられると頭がいいとされるようだ。仮説を立てる為には仮の言葉を存在させる必要がある。と言うことは言葉が先に生まれると言うことの証左の一つではないか。通称「一円現象」とも呼ばれる私の「正円現象」では、日本語と英語文が一円周上を共通の主語を出発点として互いに反対方向に構成されて行き、それだけでなく主語の一つ手前でそれぞれ文章が終止し、一つの円が完成します。宇宙で全ての基本で最も簡潔で最も美 [続きを読む]