ももママ さん プロフィール

  •  
ももママさん: わんにゃんファミリー
ハンドル名ももママ さん
ブログタイトルわんにゃんファミリー
ブログURLhttp://momomama1123.blog.fc2.com/
サイト紹介文傷ついた犬・猫の保護 保健所から保護した犬・猫の保護日記
自由文可愛いわんちゃん・猫ちゃんがたくさん出てきます

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供110回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2014/06/11 17:57

ももママ さんのブログ記事

  • 悲しいニュース
  • とても悲しいニュースが流れていました..ふと桃ちゃんとの思い出がよみがえってきました。家族になって7年闘病生活5年3度の手術再発しないようにと3ヶ月〜半年ごとのCT検査5年たって再発がなければよし!そんな矢先、血管肉腫とリンパ腫二種類の癌におかされていることがわかりました..即手術余命1ヶ月抗がん剤治療で入退院を繰り返しそれでも彼女は愛想よく辛い表情は見せませんでした。食欲がだんだん落ちていくなかでも強制 [続きを読む]
  • さよならクゥちゃん
  • 保健所から引き取ったクゥちゃんはまだ子猫でした。猫風邪のせいで眼が半分開いていない状態で我が家に来てからも抗生物質を手放せませんてした。とっても甘えん坊で他の子が居ないと膝の上から離れない可愛い子でした。腎臓病でした。上手く付き合えば細く長く付き合える病気です。でも力尽きました..何度も何度も看取って来たけれど死に馴れることはありません.. [続きを読む]
  • めじなちゃん三回目のドッグセラピー活動
  • めじなちゃん三回目のセラピー活動でした。三回目ともなるとだいぶさまになってきました!リビングに入るなりゴロン〜お腹なぜて〜さくらもラテちゃんもそしてめじなちゃんも活動中は吠えることがありません。おうにち帰ると普通の犬なのにお仕事中ということをとても理解できています!サマードレスは桃ちゃんがセラピー活動の時に着ていたお下がりです。めじなちゃんも似合ってるかな.. [続きを読む]
  • ゴメンね ランちゃん
  • ランちゃんが10日午後6時に息を引き取りました。眠っているかのように穏やかな最期でした。抗生物質が効きますように..お祈りしたけれど..天国へ..仲良しだったポチ君の元へと導かれていきました。とても穏やかに..とても穏やかなお顔をして天国に行きました。東日本大震災の福島県の津波の後、保護された子でした。この子を引き取った時、いずれ飼い主さんのもとに 返すことが出来たら..一緒に福島県に行けたらずっとそう思って五 [続きを読む]
  • がんばれ ランちゃん
  • 今週食欲が落ちてしまったランちゃん。いつもの半分しか食べなくなりました。息も少し荒いので診察に行き、エコーとレントゲン、血液検査をした結果..肺炎にかかっていました..それもかなり酷く心臓の右側にも腫れが見受けられました。高齢犬がかかる病気で酷くならないと症状がでないのでわからないそうです..ランちゃんは東日本大震災の被災犬です。福島県からやって来ました。推定10歳..でももう少し年を取っているかもしれませ [続きを読む]
  • 我が家の下半身麻痺の猫ちゃん達
  • 我が家には5匹の下半身麻痺の猫が居ます。みんなそれぞれ違いがあります。シルバーくん。サスケくんこの子達はおしっことウンチが自然に出てしまいます。2匹とも後ろ足を前にまっすぐ伸ばします。感覚があるので時々立ち上がることが出来ます。シルバーくんは少しだけ歩くことが出来るようになりました。勝手にウンチもおしっこも出てしまうので汚れ方が凄いです。バスタオルを二枚ひいてなるべくおしっこを吸収しやすくしています [続きを読む]
  • 我が家の可愛い老犬
  • 小雪ちゃん眼も見えていません。歩くのもおぼつかないし、時々テンカンを起こすのでサークルの中での生活です。フードも固形物が食べれないのでミキサーにかけて流動食を作ります!ペロペロ舐めてあちこちに食べかすを散らかすけれど、それもお愛嬌!こちらはすみれちゃん。1日ベッドの中で過ごします。調子が良ければお部屋を少し散策します。二匹とも人間の赤ちゃん用パンツタイプのオムツをはかせています。保健所から引き取っ [続きを読む]
  • 下半身麻痺のポチとの突然のお別れ
  • ずっと書けなかったポチくんの突然のお別れ..結石で入退院を繰り返していたポチくん。3月10日午後1時に亡くなりました。日曜日、ポチの様子がおかしくてぐったりしていたので病院に行き、また入院となりました。尿毒症を起こしていました。翌日、様子を見に行くと静脈からの点滴と尿道に管を入れてオシッコが常に出るようにしていました。少し元気を取り戻したポチは帰りたそうに入院室から出ようと前足で私に近づこうとしていま [続きを読む]
  • 病気と向き合って..がんばったサンちゃんとしろちゃん
  • やっと毛がはえてきたのに..サンちゃんは黄疸が出て貧血が酷くなってからもペットチニックというサプリメントと食べる量が少ないときは子供用のレバコールを飲ませていました。そのおかげか少しだけでも毎日ご飯を食べてくれていました。最後の朝も少し食べてくれていました。でも私が帰ってサンちゃんのケージを覗くと横になっていました。なにやら嫌な予感..少し起きあがって暫くするとそのまま眠るように息を引き取りました..11 [続きを読む]
  • 15歳の花ちゃんと3ヶ月のにゃん平ちゃん
  • 花ちゃんはシニア用のウエットにゃん平は子猫用のウエットなのに花ちゃんが食べているものを欲しがります。人のものが美味しく感じるのかな..花ちゃんも嫌がらず一緒に食べてくれています。お婆ちゃんとひ孫位の関係でしょうか..花ちゃんは口内炎が酷かったので抜歯してから凄く調子がいいです!加齢のせいで長毛だった毛はだんだん短くなってしまいました!目指せ20歳!にゃん平の教育係です。 [続きを読む]
  • ハスキー君時代劇出演!
  • 時代劇チャンネルの二時間ドラマにハスキー君が出演しました!放送日はわかりませんがハスキー君はこれで2本目です!長屋に居着いた野良猫役撮影所内のオープンロケでしたが、物怖じすることなくマイペースでしたが、動かない!カメラ目線にしてほしいのに音にも反応しない!!いつもの通り終始マイペースでした。怖がったり、逃げたりする子よりずっといいそうです。今度猫を使うときハスキー君を指名しようかな♪嬉しい言葉を頂 [続きを読む]
  • 子猫アレルギー反応..と小さなあずきちゃん..
  • 生後3ヶ月のあめちゃんとにゃん平ちゃん抗生物質を飲ませても風邪が良くならず、特にあめちゃんは咳も出てきたので1日、病院に診察に行きました。そしてインターフェロン(インターキャット)を注射してもらって帰宅して10分程して、あめちゃんがうんちを漏らしました。暫くしてオシッコも漏らし始め、身体にも力が入らなくなり、呼吸も荒くなりました..何がなんだか判らなく、病院の診察時間も終わり、救急病院の診察時間も21時か [続きを読む]
  • 念願の長崎にて
  • 400年ほど前、幕府によるキリシタン弾圧のなか棄教させる為に酷い拷問を受けた場所に行きたくて念願の長崎 雲仙、島原に行ってきました。雲仙は雲仙地獄と呼ばれ、棄教させようと木しゃくに小さな穴をいくつも開けて温泉の熱湯をカトリック教徒にかけた場所です。熱湯にほおり込まれたこともあった悲惨な場所です。ここにも人に慣れた猫ちゃんが居ました。そして有馬キリシタン遺産記念館に行き、浦上天主堂に行き、平和記念館で [続きを読む]
  • がんばれサンちゃん負けるなサンちゃん!
  • いつも甘えて来るサンちゃんが甘えて来なくなりました。じっとして食欲もありません。口内炎かな?口を開けてみると口元が黄色..歯茎も黄色..黄疸が出ていました..保健所から来たときに検査したらエイズも白血病も陰性だったので安心していました。四年経ってもう一度検査するとエイズは陽性でした。幸い白血病は陰性でした。そして貧血があり、健康な子の半分の数値でした。ステロイドを注射してもし食欲が出なかったら輸血しよう [続きを読む]
  • すみれちゃん復活!
  • おばあちゃんのすみれちゃん。上手く歩けなくなったのでベッドから出れなくなって1ヶ月ほど経ちました..それが今日会社から帰宅したらすみれちゃんが歩いて私の後を追って来ました!すみれちゃん復活!しっかりした足取りです!(母ちゃん!まだまだ長生きするからね)そんなふうに言ってるようです!少し歩いたら疲れたのかまたベッドに戻って行きました。がんばれ!すみれちゃんおばあちゃん! [続きを読む]
  • 下半身麻痺の都ちゃん
  • 今朝、いつものように圧迫排尿をしようとケージから出そうとしたとき、ケージの柵の間に足が挟まっていました。夜中に挟まってしまったようで朝まで私も気付きませんでした..都も足に感覚が無いので挟まっていることに気付きません..健常な動物なら痛くて泣き叫んでわかるのですが都は痛みを感じません..右足先から大きく腫れ上がってしまいました..幸い圧迫の腫れで骨折はしていませんでした。ごめんね都ちゃん..これで二回目です [続きを読む]
  • 黒ラブめじな 二回目のセラピー活動!
  • 今日、めじなちゃん!二回目のセラピー活動に行ってきました!お腹を見せて(なぜて〜なぜて〜)皆さんになぜてもらった後、少し休憩〜大人しいね〜賢いね〜きちんと訓練してるね〜そう言われると嬉しいです!大きな犬でも怖がらず可愛がって、喜んでくださっている入居者さんや職員さんに感謝です!めじなちゃんが人が大好きなのとお仕事をちゃんとこなしてくれているのは訓練したわけではなく、元飼い主さん達ご家族が愛情かけて育 [続きを読む]