莉奈 さん プロフィール

  •  
莉奈さん: 莉奈のブログ
ハンドル名莉奈 さん
ブログタイトル莉奈のブログ
ブログURLhttp://www.linuxtokyo.com/
サイト紹介文吉祥寺と三鷹を中心にシンプルライフ。日々の生活からお出かけ散歩の様子など、写真と共にしたためます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 83日(平均3.4回/週) - 参加 2014/06/12 16:33

莉奈 さんのブログ記事

  • 水門橋(井の頭池の終点・ひょうたん池)
  • [水門] ブログ村キーワード井の頭公園の水門橋にて。水門橋は井の頭池の終点であり、神田川の起点になります。こちらは水門橋の西側、井の頭池の終点(ひょうたん池)です。井の頭池の終点部分は、ひょうたん池と呼ばれていますが、井の頭池お一部ではなく、井の頭池と区別してひょうたん池と呼ぶ場合もあります。水門橋からひょうたん池をみます。正面に見える橋がひょうたん橋。その先が井の頭池に続きます。 [続きを読む]
  • 道しるべ(井の頭公園内)
  • だれでもトイレの道しるべを正面から見てみると、左右にさまざまな場所の道しるべ書いてあります。左がひとつだけ。井の頭公園駅(Inokashira-koen Sta.)ここから150メートル。右は3つ、上から順に見ていきます。三鷹の森ジブリ美術館(Ghibli Museum, MItaka)ここから1350メートル。御殿山(Gotenyama)ここから820メートル。井の頭自然文化園(水生物園)(Inokashira Park Zoo(Aquatic Life Park))ここから50 [続きを読む]
  • だれでもトイレ(井の頭公園内)
  • 「どこでもトイレ」ではありません。「だれでもトイレ」です。井の頭公園にて、道しるべ。だれでもトイレと書いてある。ちなみに英語では、Toilet ( handicapped and baby station ) と書いてあります。だれでもトイレはすぐ近くではなく、ここから70メートル右ですが、普通のトイレであれば、井の頭公園内のトイレの数は多いです。日曜、祝日などで何かイベントをしていたり、また春のお花見シーズン以外の平日であれば、トイレ [続きを読む]
  • 井の頭公園の電柱のようなもの
  • 井の頭公園の電柱のようなもの。ただの電灯のようにも見えますし、スピーカーのようにも見えます。四季折々の風景が楽しめる井の頭恩賜公園(井の頭公園)で、この写真は夏に撮ったものですが、いまだ良く分からない柱です。ただひとつだけ分かることは、さまざまな季節の中で人工物が自然の中に不思議にも違和感無く、とけこんでいることです。 [続きを読む]
  • 京王井の頭公園駅の風景
  • 駅の風景。京王井の頭公園駅にて。清潔な駅構内のベンチ、プラットホームの様子など。井の頭公園駅のベンチ京王井の頭線の井の頭公園駅構内のベンチは、待合所(待合室)のようなエリアを除くと、駅内が外気に直接さらされているのですが、汚れているのを見たことがありません。こまめに掃除しているのかもしれませし、そもそも汚す人がいないのかもしれません。ごくシンプルな駅のベンチでありながらも、周りは緑に囲まれています [続きを読む]
  • トルティーヤ
  • たまに食べたくなるトルティーヤ。コンビニやスーパーで見かけると、ついつい買ってしまいます。材料を買ってきて自分で作ったほうが安上がりなだけでなく、いろいろと好みの食材を入れてバリエーションを楽しめるのはわかっているのですが。 [続きを読む]
  • 井の頭公園駅脇の花
  • 井の頭公園駅は、朝夕はともかくとして、ラッシュアワーの過ぎた昼前あたりから、のどかな駅になります。京王線で渋谷駅から近い駅の中では、かなりのどかな分類に入ります。ラッシュアワーといいましても、電車内はともかくとして駅そのものは、ラッシュアワーでもたいしたことないかも。そんななか、駅の脇で、密かに美しく咲いていた。今までまったく気がつきませんでした。 [続きを読む]
  • 井の頭公園のブランコ
  • 井の頭公園にて、すべり台。奥にブランコも見えます。時間帯や時期にもよりますが、ブランコで遊んでいる子供を見る機会が少なくなってきているような気がしています。逆にこっそりと、大人がブランコに腰掛けている風景をみることがありますし、近くでテレビなどのロケが行われていることもあります。 [続きを読む]
  • 井の頭公園マップ
  • 京王線の井の頭公園駅を出て、右手。井の頭公園入り口の階段を下り、井の頭公園内に入る。すると、井の頭公園マップがあります。日本語名は『井の頭恩賜公園』ですが、英語名は『Inokashira Park』ですね。一般的には井の頭公園という名前のほうが知られているからかもしれませんが、日本語でも井の頭公園のほうが知られていますね。 [続きを読む]