福の助 さん プロフィール

  •  
福の助さん: つどいにつどえ
ハンドル名福の助 さん
ブログタイトルつどいにつどえ
ブログURLhttp://mrmeron.hatenablog.com/
サイト紹介文近畿と常盤。繋ぐのは模型?それとも... 当ブログではこの2つのネタが中心となっております。
自由文全国の養蜂家藩士、集え。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2014/06/12 21:17

福の助 さんのブログ記事

  • 東武イズム 第44夜 〜南くりはし大まがり〜
  • ここ1か月とPCすら開かない....という始め方は前回と似てますが、ここ数週間で色々変わったことがありまして。まあ東武の6050とか300とかも、また近鉄に帰ってたってのもそうですが、私的にはまず、スマートそうなフォンに変わったんですよ。全然スマートじゃないんですけどもね。でかいし弄り辛いし操作性悪いし。というのも前の携帯ですがね、中身より先にフレームが壊れまして。仕方なくといったところなのです。好き好んで買い [続きを読む]
  • 東武イズム 第43夜 〜よりどりみどり〜
  • ふと目が覚めたら、そこは白銀の世界....んなわけありませんね。どちらかというと、アルミとか、鋼鉄の世界でした。ここは南栗橋、の車庫。当時はまだまだ試運転でしか動いていなかった彼。わーい!新型の日比谷線13000系だよー!なんて言われても、分かりませんね。最早先代の面影は色でも無くなっています。気のせいでしょうか。んまあ、色ですかね。どうやら営業運転が始まったようです。紅いは1800ですね。同じ型の300っての [続きを読む]
  • 東武イズム 第42夜 〜夕刻に現れた自由〜
  • 気が向いたら記事を書く。なのでかなり遅れが出ています。古河の土手で遊んだあとは栃木方面に下っていきます。それにしても綺麗な青空。山々を奥に眺めながら。あれ、何かいた。金崎、でしたっけかな。意外と撮れた。6050撮りたかったのに...でも案外取れますね。ここ。来たかった場所とは違うのですが...こちらで走る普通電車。しばらくは彼らの独壇場のようです。なぜか逆光で彼を撮るのが殆ど。綺麗に陽が当たるときに [続きを読む]
  • 東武イズム 予告編 〜タイムリミット〜
  • 昨年秋にふと始まってしまったこの東武イズム。振り返ってみれば近鉄以上に写真を撮っていたり。あっちに帰るのには費用が掛かりますから、それに比べればいつでも来れますからね、数こなせば致し方ないところなのでしょうけども、それにしてもこのロングラン。記事を更新する間に新たに撮っていくという荒っぽい手段ですから、これ気付いたら半年過ぎますよ。これでは延々終われませんね。やはりこれはどこかで区切りを [続きを読む]
  • 東武イズム 第41夜 〜その土手から眺める色は〜
  • 近鉄に行きたい。そう願ってたのですが、そのチャンスが流れてしまったようです。嗚呼、悲しいかな。そしてまた東武。そういえば、6050の浅草撤退と共に、その6050から作り替えられたスカイツリートレインも運転終了(臨時化)となるそうな。今度は久々、車で繰り出しました。ほんと、車って楽ですね。重くて面倒な荷物も簡単に持って行けますし、場所のある沿線であればそこから撮れますし。学生時代には絶対出てこない台詞で [続きを読む]
  • 東武イズム 第40夜 〜追えど、追えど〜
  • まだ、クレヨンしんちゃんのラッピングを追い駆けていた頃。悲しいことに、6050を殆ど取り逃しているという事実...ここはどこでしたっけか、蒲生ですか、りょうもう。調べてみれば、中々古い走行装置のようで...下ってぐにゃりと曲がるようですが、この画角だと難しいかも....各停は見事に柱柱してますね。引っ張ったらこうなる(;・∀・)あはは、ここ、向いてない様です。お隣の駅行ってみましょう。と、飛び乗った車両から青 [続きを読む]
  • 東武イズム 第39夜 〜かすかべ防衛隊を〜
  • それとなく聞いた話、本当でしたね。東武の快速、区間快速の消滅。6050が浅草撤退という改正になる模様です。ただ、そんなこと当時はつゆ知らず。草加駅だったっけかな。呑気に撮影しておりました。当の6050も、あらららら。こちらも置き換えですもの。ここ数年東武は動きが激しそうですね。そんなことはなお知らず、呑気にラッピングを追い駆けております。ネネちゃんカラーですか。サンタさんかと思わせるその色使いは...そ [続きを読む]
  • 東武イズム 第38夜 〜夕焼闇夜のしんのすけ〜
  • いんやぁぁぁ2017年最初の東武。これ、こんな液晶付いちゃってるけど新型車両じゃないんだよねこれが。バ娘。と、オレンジ色。ここ、どこだっけ。新田って駅でしたっけか。夕焼けに照らされて、撮れるかな?慣れてないですね。いたって普通の高架駅です。新型が来ますね。この子もおさらばとなるのでしょう。6050が来ましたが...よく焼けてますね。これはいいんじゃないかな。そういえば、昨年末からこの車両を使ってど [続きを読む]
  • 新年早々だった、頃のお話。
  • 年明けの話。1月1日あたりの話。昨年の年明けも出かけましたが、御多分に漏れずことしも彼と出かけます。相変わらずです。この日も一通りのんびり電車に乗り、そういえばあんまり地元で写真を撮ってないと、柏でバルブですが、まさかの手持ちです。流石にいつも三脚を持ってるわけじゃございませんから...これ以上シャッタースピード落とすとブレでアウトになるのでまあ暗い暗い((真っ暗ですが、映るには映ってます。真打 [続きを読む]
  • 送別?邂逅?京成3500
  • 未更新と呼ばれる古めかしい板。角型の厳つい出で立ち。端から端まで波打つ車体。褪せた銀色が物語る、その生き様。懐かしさが戻ってくる。この4文字。けいせい。君の名は。って、なにこの誘導。3500形。未更新と呼ばれる旧式の車両。前面の板、板。いた!が言わずともしれた特徴。どうやら引退らしい。思い返すためにも少しだけ、見ておくことにしたのです。そうだ、まともに撮ったことがありませんでしたね。まだ小さい頃 [続きを読む]
  • 近鉄イズム 第36夜 〜伝説へ、八木チャレ〜
  • 引っ張りまくったきんてつ鉄道まつりの記事。やっと完結させる気になりましたので、終わらせましょ。おじさんは、うどんを食べずにまだ大和八木で頑張っているようです。脇に三脚をお邪魔して、超時間露光にチャレンジ。0.5〜1秒ほど開けるので、わずかなブレも禁物。動く人、車掌。そう。ここでやっと超時間露光を覚えたのです。そして、伝説へ。しま!めttっちゃ綺麗に撮れるやん!感動の瞬間で御座います。感激の瞬間で [続きを読む]
  • 十代最後の日・二十代最初の日
  • え、アンタオッサンなのに10代だったの⁉え、おじさん10代だったの?ええ、そうらしいんですよ。私だって詳しく覚えてないのにですね、暦の上で、2017年2月3日。この記事を書いている福助っておじさんは二十歳になるそうなんです。眠気を抑え、わざわざ閉じた、それもFlashplayerがクラッシュしまくりのPCを再起動させてまで書いてるんですから、大事なんじゃないですか?だ、そうですが。当の本人からしてみればただの [続きを読む]
  • 東武イズム 第35夜 〜3度目の正直か3度あるのか〜
  • この日は....紅電こと1800系の秋の臨時最終週だったはず。だったよね?自分に問いかけても忘れてます。野田線の主力....あ。アーバンパークラインって言うんでしたっけ。野田線でいいと思いますが、で、今回もこれで日光まで下ります。最終週とあってか、前回乗った時よりもファンが多い気がします。沢山の乗客を乗せ、静かに走り出すと、いやはや!!素晴らしい快晴!!!ついに!ついに!!!あら2両だ。快晴に恵まれまし [続きを読む]
  • 墨入れってどうやるんですか。
  • 年明け早々なにしてんですか。あ、早々ってわけでもないですか。なにって、模型いじってるんでしょうが。まとまった休みがないとこういう事出来ませんからね。左光ってるんだか何だか分かりませんね。そうだ、車番を消してみましょう。溶剤をちょこっとだけ綿棒につけて...うまく消えてくれました。いや、銀縁の銀色も剥げてます。アカン!!って、これが本題だった(忘れんな唐突に塗料買ってきて、適当にやってますけどちょっと [続きを読む]
  • 近鉄イズム 第34夜 〜ラストやぎ八木〜
  • これ、きんてつ鉄道まつり2016の2日目の話です。ですから10月末とか11月の話なんですよ皆様。すっごく遅れてますね。まあ私の知ってるところで1年2年も遅延してるところあるんですが...そうだった翌日は月曜日。今奈良県にいますが、明日には現実という名の東京に連行されてしまいます。悔いが残らないようにしましょうね、ってそういえばこの2日でしまを全然見てませんでした。ブレタヤンかぁいつみても強烈なデザインのしま。 [続きを読む]
  • 東武イズム 第33夜 〜闇夜照らす誇り高き〜
  • ここ1週間倒れそうになりながら仕事しておりました。連日38度の熱を冷えピタ地獄で下げて下げて、いやあ疲れました。で、いつの話をしなきゃいけないんですたっけ?1800を撮りに日光に行って撃沈したんでした。そこから北千住に戻り、ラーメン食べたんだっけか(なんで覚えてる鐘ヶ淵ってところでしたか、用もないのにふらふら。なんか、これいいかもしれない。流し撮りなのか流され撮りなのか...スカート、ついているのがリニ [続きを読む]
  • 東武イズム 第32夜 〜ちゃきちゃきおべんと売り子さん〜
  • ちゃきちゃきって何でしょうかね。元気だって、そういう意味で行きましょう。果てさて気分のほどはいかがでしょう、1800を撮れたはいいが、やはり撃沈。失意なのか、それとも何なのか、説明できませんが、それは電車が滑り込んだと同時に見られました。威勢のいい掛け声、ホームを見たらおべんと屋さんです。あまりにも威勢がいいのと、そういえば何も食べてなかったと、お買い上げ。電車の窓でお会計だなんて初めてです。ち [続きを読む]
  • 近鉄イズム 第31夜 〜濃紺曲を追駆けみつけたもの〜
  • 二上神社口、直後に電車が来て、飛び乗って。ワンマン列車、緑多き、10月終わりの空。快調に古市までとことこ。調べたところ、有名な場所があるようです。南大阪線を徹底的に見ていきましょう。いや、交響曲の為に。狭軌線にシリーズ21は2本しかいません。後ろにくっついてます。早速面白い。大体時刻を調べたのですが、まさかもう来ちゃうとは。交響曲。どうでしょうか。青く見えるでしょうか。私は....合格点?ホント、 [続きを読む]
  • 東武イズム 第30夜 〜リベンジ紅電を〜
  • ドン曇りの中、1800こと紅電を撮りに。日光まで来たんですが、ドン曇り。不思議です。何故か東武に遊びに行くとき。曇ってしまいます。まあ、予想通り画面の上が真っ白です。カメラもやる気ないようです。ちょっと、ため息(´Д`)ハァ…ただ、前回は雨でした。雲の流れが速いので、奥に山なりが見えます。そして、目の前の稲穂がすっかり刈り取られています。不思議な、実?花?調べたら会津鉄道の車両。真っ赤でグレー、気動 [続きを読む]
  • 東武イズム 第29夜 〜東武日紅?いいえ、日光です〜
  • 東武日光。日光線の終点です。(だったよね日紅?いや日光ね。降りてびっくり。ギリッギリじゃないですか!紅い電車が、東武日光に、あ、頭端式なんですね。お隣の赤いJR特急と並びますね。赤紅しいです。この後は回送されるみたいですね。下今市まで戻るんでしょう。ご乗務お疲れ様でございました。しっかしまあ、紅いです。紅ショウガかってくらい(わからない駅構内はホームが2か所に分かれており、真ん中にコンコースがある [続きを読む]
  • 近鉄イズム 第28夜 〜田を駆け濃紺曲〜
  • 青の交響曲橿原神宮前で見たときは、黒かったですね。あれ、入線の際は綺麗な濃紺といいますか、青色でしたが、どうも紺色が黒に近いようで、光の当たり方次第で色味が変わる様子。じゃあ沿線で撮ったらどうなるのかなと、行ってみたい場所がありました。二上神社口。歩いてほどなく、田畑の広がる斜面に出ました。見惚れるくらい、きれいないろ。田んぼのはしっこお邪魔します。広がる青空、黄金色の稲穂。そして、きんてつぅぅ [続きを読む]
  • 東武イズム 第27夜 〜初紅電〜
  • 撮ったなら、乗るしかないでしょ、紅一電。という訳、春日部駅であります。快速列車は基本浅草駅が始発ですが、紅電の臨時快速は春日部が始発駅のようです。金色スペーシアがやって参りました。アナウンスで、この電車は満員ですのでご了承くださいとのこと。流石シーズンなだけあります。が、見てください。空が真っ白じゃあありませんか。来てくれました紅い電車。臨時です。りんじ。ホームには今や遅しと観光客の人だかり [続きを読む]