バタコ さん プロフィール

  •  
バタコさん: レジリエンスの広場
ハンドル名バタコ さん
ブログタイトルレジリエンスの広場
ブログURLhttp://resilience333.blog.fc2.com/
サイト紹介文元気!しなやか へこたれない 子どものレジリエンス(落ち込んでも立ち直る心の力)を育てたい
自由文レジリエンスって何?
赤毛のアンとレジリエンス
ポジティブイリュージョンやローカス・オブ・コントロールについて
道徳教育とレジリエンス
今週のレジリエン人(と)
など,レジリエンスの基礎知識から実践に向けての方策を毎日少しずつ書いています。
病気リハビリ中の著者が,書きながら自分も元気になりたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2014/06/12 23:03

バタコ さんのブログ記事

  • ほめ方引き出しを増やそう(4)
  • ほめ方の分類(その1)A 結果をほめる 「えらいね」通常のほめ方。B 過程をほめる 「がんばったね」努力を評価する。出来なかったときにも使える。努力することの大事さを伝えることができる。C 人格をほめる 「いい子やね」自信を持たせることができる。▲抽象的になる場合がある。D 感心する 「すごい!」上から目線ではなく、心底感心して言えば良い。自分の気持ちを言うだけだから、エネルギーが少なくて済む。E [続きを読む]
  • ほめ方引き出しを増やそう
  • (教師用ワーク)ほめ方引き出しを増やそう1 がんばってそうじをしているクラスのAさん。どのようにほめますか。(深く考えないで、ふだんやっているように書いてください。)2 他の人のほめ方を聞いてみましょう。自分とはちがうほめ方はありましたか。3 ほめようと思っても……「ほめて育てよう」と言われても、いそがしい毎日、そうそう優しい言葉をかけてあげることはできませんね。たくさんの児童がいるので、どうして [続きを読む]
  • 度量考17 度量とレジリエンス
  • 度量の教育について考えてきた。それは、子どもを劇的に変容させる「矯正」ではなく、子どもの心に「足し算」していくような営みである。様々な出会いや体験が、子どもの心をふくらませていく。翻ってレジリエンスはどうだろう。構成概念と言われるものなど、レジリエンスを支えるものはたくさんある。そのどれかを徹底して鍛えれば、レジリエンスすなわち精神的弾力性が育つというものでもないだろう。レジリエンスは心の総合力で [続きを読む]
  • 度量考16 足し算の「出会い」と「体験」
  • さて、「たし算」の発想で人と出会わせていくと、どうなるか。子どもの考え方を根本的にかえるということにはならないかも知れない。しかし、なにがしかのものを子どもの心に残せるはずだ。授業のやり方や、子どもによって大きい小さいはあるだろうが、よっぽど間違えない限り、マイナスになることはない。「出会い」だけでなく「体験」同じだ。アサガオを育てたり、社会見学したり、委員会活動をしたり……そんなひとつひとつの体 [続きを読む]
  • 度量考15 質問の質を高める方法
  • ついでながら、ゲストティーチャーを招いたときの定番「質問コーナー」。子どもたちは、一生懸命考えていい質問をしてくれることがほとんどだが、中には、何のためにそれを聞くのか分からない質問、「質問のための」質問、相手の人に失礼な質問が出ることがある。学習の目標を忘れていたり、ずれて理解しているときに起きるのだろう。特に、前述したように「Aさんと友だちになる」という目標の場合は、「趣味は何ですか?」など基 [続きを読む]
  • 度量考14 Aさん大予想
  • 子どものゆがみをただすのではなく、度量を育てるという発想で、ゲストティーチャーを呼ぶときはどうするか。事前のワークシートに私が入れたのは「Aさん大予想」まんなかに、その人の絵を想像して描き、まわりにその人についてのいろんな予想を書く。年令や好きなもの、趣味や雰囲気、願いなどについて、各自で項目を決めて書かせる。子どもの書いた絵は楽しい。見せ合いするとさらに盛り上がる。そうやって、子どもたちはAさん [続きを読む]
  • 度量考13 引き算の教育、足し算の教育
  • たとえば、「障害」を持っている人にゲストティーチャーに来てもらうとする。子どもの差別心を「無くそう」という発想が、「引き算」である。教師は、なんとかしてその人から、困っていることや差別されていやだったことを話してもらおうとする。そして、いかに差別することが間違っているかを伝えようとする。曲がった木をまっすぐに矯正するようなイメージ。あるいは、子どもの「差別心」や「偏見」を取り去ろうとする「引き算」 [続きを読む]
  • 度量考12 度量は足し算
  • 私が「度量」という言葉を気に入っている理由は、度量を育てるというのは、足し算だからである。子どもの間違いを正していくというイメージではなく、子どもたちにいろんなものを与えて、ふくらませていくイメージ。子どもの悪いところ、未熟なところを、引き算していくのではなく、無限の器に、どんどん足し算していくというのが、度量に合っていると思う。足し算だから、よほど悪いものではない限り、どんなものでも役に立つ。子 [続きを読む]
  • 閑話 大人買い
  • 少し休憩。今日、遅ればせながらスケジュール帳を買いに行ったスーパーの文具屋さんで、インサイドヘッドのグッズを見つけた。何と半額。そりゃそうだ。目的のスケジュール帳。4月始まりの分でも、まもなく5月の今は半額セールのワゴンに乗せられている。同じワゴンに、これも「レジにて半額」のシールが貼られたインサイドヘッドのグッズが山積みされていたのだ。あれもほしい、これもほしい。長い間、ワゴンの前で品定めをして [続きを読む]
  • 度量考11 キムタクの台詞
  • 「相対主義」や「寛容性」について、そんなことを考えていたとき、古いビデオを見ていたら、こんな台詞が出てきた。小学校の教師が国会議員の親が急逝したことをきっかけに、あっという間に国会議員になって、さらに総理大臣になってしまうというドラマ「CHANGE」である。輸入拡大を求めるアメリカの通商代表ビンガムを相手に、キムタク扮する朝倉総理大臣がこんな台詞を言うのだ。以前ぼくは小学校の教師をやっていたのです。去年 [続きを読む]
  • 度量考10 寛容性
  • 相対主義を調べるにあたって、この論文の実験では、アイスクリームやキュウリなどの食べ物を、「おいしいと思っている子」「おいしくないと思っている子」の絵を提示してから、これらの子は、どちらか間違っているか、どちらも正しいか、どちらも間違っているかを尋ねる。相対主義をさらに進めると、「寛容性」ということになる。寛容性については、先ほどの「おいしいと思っている子」や「おいしくないと思っている子」と遊びたい [続きを読む]
  • 度量考9 相対主義
  • 昨日引用した論文(1)には、相対主義(relativism)という言葉も出てくる。様々な信念が存在し、必ずしも正しい答えは一つではないということもある、ということを理解しているということのようだ。たとえば「ある人がバラを美しいと思うことも、別の人がバラを美しくないと思うことも、両方とも正しい」ということを理解することだそうだ。発達的には、おおむね4,5歳は「自己中心的な主観性」の時期、その後「絶対主義」になり、 [続きを読む]
  • 度量考8 心理学では
  • 次に心理学では「度量」はどう定義されているのか。あるいは、「度量」に代わる心理学用語は何なのか。寛容性で論文を検索すると、ビンゴ!たとえば、長谷川 真里「信念の多様性についての子どもの理解:相対主義,寛容性,心の理論からの検討」少し引用する。本研究では、寛容(tolerance)を、自身と異なる、行動、信念、身体的能力、宗教、エスニシティ、ナショナリティなどを持つ他者を受け入れることと定義する。出た!tolera [続きを読む]
  • 度量考7
  • generousがいいなあと思っていたが、よくよく読むと、人間の大きさよりも「気前がいい」というニュアンスが強い。つまり「太っ腹」ということ。それも度量には違いないが、少し私のニュアンスとはちがう。ではtolerantか。でも、これは「寛容性」のニュアンスが強い。寛容性も含めて、もっと人間の大きさのようなものを言い表したい。とりあえず、broad-mindedが分かりやすいので、これを近似値としたい。どなたか、英語に詳しい人 [続きを読む]
  • 度量考6 broad-minded
  • 私が考えている度量のニュアンスはtolerantではない。「寛容」だけを育てたいのではない。もう少し「人の大きさ」のようなもの。文例から見ると、先のgenerousの方が近い。もうひとつの broad-minded形容詞心の広い,寛大な,偏見のない 【研究社英和中辞典】[形]偏見がない, 偏狭でない, 寛大な, 寛容な(⇔narrow-minded) 【プログレッシブ英和中辞典】bróad-mínded いいなあ。「広い心」反対が、narrow-minded「狭い心」 [続きを読む]
  • 度量考5 tolerant
  • 次にtolerant1 〈人・態度などが〉(…に)寛容[寛大]な, (…を)容赦[黙認]する((about, of, to, toward ...));〈教会が〉異教に対して寛容なbe tolerant of ...…に寛大である, …を容認するHe is tolerant toward his son.息子に寛大だ.2 耐性[抗毒性]がある;〈植物が〉(…に)抵抗[耐久]力のある((of ...))a plant tolerant of heat暑さに強い植物どこかで聞いたことがあるなあと思ったら、「ゼロトレランス」だ! [続きを読む]
  • 度量考4 generous
  • 久しぶりの更新なので、前回までのあらすじ。「度量」について考え始めた。和英辞典で見ると、度量の広い〔心が大きい〕generous/〔他の意見や行動を許容する〕tolerant/〔偏見のない〕broad-minded(プログレッシブ和英中辞典)generous  か tolerant か broad-minded なのか。それでは英和辞典で、今日はgenerous1 〈人が〉(…に)物惜しみしない, 気前のよい, 太っ腹の((about, over ...));(金などに)気前のよい((wit [続きを読む]
  • レジリエンス絵本「四本の木」を読む会
  • 絵本「四本の木」が完成しました。出版記念の読書会を行います。3月26日(日)午後2時〜4時30分かしはら万葉ホール 4階 視聴覚室内容朗読、模擬授業、南京玉簾、チャモロダンス など「四本の木」を使った授業について考えたり、ゆったりとお茶を飲んだりしましょう。会費 500円(絵本付き!)資料準備の関係で、事前にお申し込みください。FAX 0745-48-6262レジリエンス絵本「四本の木」石歌庵 文 ケイコ 絵子ど [続きを読む]
  • [
  • 絵本「四本の木」が完成しました。出版記念の読書会を行います。3月26日(日)午後2時〜4時30分かしはら万葉ホール 4階 視聴覚室内容朗読、模擬授業、南京玉簾、チャモロダンス など「四本の木」を使った授業について考えたり、ゆったりとお茶を飲んだりしましょう。会費 500円(絵本付き!)資料準備の関係で、事前にお申し込みください。FAX 0745-48-6262レジリエンス絵本「四本の木」石歌庵 文 ケイコ 絵子ど [続きを読む]
  • 不登校激減講演会
  • 不登校激減 工藤弘講演会1 日時 2017(平成29)年2月11日(土・祝)午後1時30分〜4時30分2 会場 香芝市中央公民館 第5・6研修室3 講師 工藤 弘(くどう ひろし)氏小学校 教諭 専門生徒指導士「タッチ登校」(朝の登校後即下校)を中心とした方法により、不登校を激減させる実践を重ね、日本教育心理学会等で発表してきた。学校の体制として進めることで登校しぶりや不登校を激減させる、シンプルで [続きを読む]
  • 度量考3
  • 次に英和辞典プログレッシブ和英中辞典度量の広い〔心が大きい〕generous/〔他の意見や行動を許容する〕tolerant/〔偏見のない〕broad-minded度量の狭いnarrow-minded夫を許すだけの度量がなかったShe was not tolerant enough to forgive her husband.generous  か tolerant か broad-minded なのか。 [続きを読む]
  • 度量考2
  • しばらく度量について、考えたい。度量とはまず国語辞典から大辞林①物差しと枡(ます)。長さと容積。②心のひろがり。人の言動を受け入れる寛容な性質。 「 −のある人だ」 「 −が大きい」③物の程度や内容をおしはかること。 「敵のふるまひやうすを−して/史記抄 14」もちろん、ここで取り上げるのは②である。しかし、①の原義的なこともふまえておきたい。「度」が長さで、「量」が容積なのか。 [続きを読む]
  • 度量考
  • 近頃、「度量」ということを考えている。以前の勤務校で、「出会いと体験」ということを重視していた。その時に、出会いと体験によって度量を育てたいという表現を行っていた。障害を持った人や外国人、いろんな仕事をしている人など、様々な立場の人に出会うこと。それから、いろんなものを見学したり、体験したりすること。それらによって子どもの何を育てようとしているのかを考えたとき、「度量」という言葉がしっくりきたのだ [続きを読む]