総務のOさん さん プロフィール

  •  
総務のOさんさん: ブログ 家永技建
ハンドル名総務のOさん さん
ブログタイトルブログ 家永技建
ブログURLhttp://ameblo.jp/ienagagiken/
サイト紹介文15年前、和室6畳1間から始まった小さな測量会社です。果たしてこの会社の行く末は?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供363回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2014/06/13 15:34

総務のOさん さんのブログ記事

  • 年度末
  • 企業は、3月末決算が多いので、3月末にかけて大忙しになります。 当社も例にもれず、納期に迫られ死に物狂いで戦う感じです。 このプレッシャーが建設の最大の難所。 これを先頭に立ってこなせる人は、体力精神力も並大抵ではありません。 戦争になって爆弾が落ちても、煙の中から淡々と帰ってくるタイプです。 この建設のしんどさ、なんとかしたいものです。 政府の提唱する残業規制に、運送と建 [続きを読む]
  • 建設のイメージ
  • どこかの記事で、職種別にアンケートを取り、 趣味や嗜好などをグラフ化したものを掲載したものがありました。 建設、運送系はよく似ているのか、同じような場所に仲良く並んでいました。 趣味はパチンコ、喫煙者、読書はマンガ。 ふむふむ。 間違ってはないですよ。 そのグラフには入ってなかったんですが、キャバクラとかも好きそうなイメージもありますね。 こうリアルに図化されたものは、初め [続きを読む]
  • 社長批判
  • 先日、高校で講演みたいなものをしてきたんですが、 先生が当社のことを紹介して下さる際、 ありがとたいことに、とても持ち上げて下さりましてね。 このブログのことも言って下さったんですよ。 ハードなスケジュールの先生方が、こんなブログをちゃんと読んでおられることも、びっくりしたんですが…。 でね、このブログでは、社員が社長のことをボロクソに書いてますと、 「ね、社員が社長のこと [続きを読む]
  • 測量機械
  • 「だいたいさぁ〜、現場の最前線に立ってるって俺達じゃんな。」 「そうっすよ。アニキ。俺達いなかったら、奴ら何にも出来ねぇんですぜ。」 「ちょっと前はみんな手作業だったんだぜ。今はソフト使って、すげぇもんな俺達。」 「そうっすよ。アニキ。俺達の実力、こんなもんじゃないっすよ。」 「なのになんだよ、この扱いは。もっと感謝されるべきじゃね?俺達。」 「アニキは神っすよ。神。自分らとは [続きを読む]
  • 森友無双
  • 森友学園暴れています。いい感じです。 記者が学園長取り囲んでいる後ろで、 「森友学園頑張れ森友学園頑張れ」と、 ヒステリックに叫ぶ中年女性の声がただならぬ雰囲気を醸し出していて、 マスコミはテンションマックス!さぞ腕が鳴ることでしょう。 [続きを読む]
  • ブログ
  • 私はブログはまとめて書くことも多いので、 その日にアップされているのが、どういう内容か覚えていないことが多いです。 先日、ある方に、 「Oさんはブログ書いておられるんですよ。ランキングの上位にも入っておられるんです。」 と紹介されまして。 紹介された相手が、その会社の社長さんです。 「そうですか。一度見てみます。」と、優しい笑みを浮かべておっしゃいました。 「いえいえ、 [続きを読む]
  • 相続
  • 以前、私の実家の引き出しの中に、 ホッチキスの針があったんですよ。 数ケース。 もう古びていて、 記憶をたどると、 私が幼稚園児くらいの時から、すでにあったような気がするんですね。 そうすると40年以上に渡って、使われてきたわけです。 10ケース入りのまとめ買いだと、ほんの少し安かったりするじゃないですか。 私の母ももう70半ばなので、これは使い切れるのかどうか。&n [続きを読む]
  • 豆腐屋さん
  • 私が小学生の時、いつも豆腐屋さんがバイクに乗って、豆腐を売りに来ていました。 バイクのハンドル部分には、鐘がついてて、 コチンコチンと音を鳴らして来るのです。 その日、 私は一人の学校のお友達(女の子)と遊んでいました。 いつものように鐘の音が聞こえてきて、豆腐屋さんがやってきました。 私の友達は人懐っこいので、バイクが近くを通った時、 鐘の音が面白かったのか、にこにこし [続きを読む]
  • 新入社員ゴルゴ 入社式編
  • 俺はゴルゴ。 今年3月末にMI-6高校を卒業した、 国籍不明、年齢不明、本名不明の危ないスナイパーだ。 今日は株式会社家永技建の初出社日。 俺はぬかりのないように、30分も前に会社玄関前に着いた。 俺は玄関の扉横にあるインターホンに手を伸ばした。 慎重に…。ゆっくりだ。 ゆっくりと押せ。 危険はどこに隠れているかわからない。 むっっ!! ガラスの扉に映りこんだ男 [続きを読む]
  • 物流完全無人化
  • 今、宅配業者さんが悲鳴を上げていますね。 宅配のドライバーさんが容量オーバーでパンクしています。 アマゾンなんかのお蔭で、大変便利な世の中になったんですが、 裏ではドライバーさんが、増え続ける物量に、目を回していたということです。 政府がこの前、 「物流を2030年までには、完全無人化する」 との目標を発表していました。 今ある宅配や、他にも電車、バス、トラック等、&nbs [続きを読む]
  • 教育勅語
  • 昨日、森友学園のことを書いてましたが、 森友学園では、幼稚園生に、教育勅語を暗唱させていたりしていたそうです。 教育勅語は、1890年に出された政府の教育方針を示した文書です。 一言でいえば、「忠君愛国」。 主君(当時の日本で言えば天皇)に忠義を尽くすという意味の「忠君」。 「愛国」は読んで字のごとく、国を愛すること。 これを国民に徹底して教え込むために、作られた文書です。&n [続きを読む]
  • 森友学園
  • 今話題の森友学園。まただよ。また大阪だよ。 ごめんね〜。全国のみなさん、ごめんね〜。 幼稚園の運動会で、子供達に、 「安倍首相頑張れ、安倍首相頑張れ」って連呼させたり、 安倍首相の奥さんの昭恵夫人が、名誉会長に就任して、 講演会では、保護者、先生方に万歳三唱させて送り出したり。 あかんやつやん、これ、あかんやつやん。 幼稚園の宣伝に利用されて、政治家さんも大変ですわね。 [続きを読む]
  • 葬儀でポイント
  • 葬儀屋さんでTポイントつくとこ、あるんですね〜。 葬式やって「クレジットで。」火葬して「クレジットで。」 「Tカードはお持ちですか?」「あ。あります。」 こんな感じの言葉が交わされるんでしょうか。調べてみたら結構ありました。 仏壇買ったら、ポイント2倍とか。 まぁ、結構お金のかかることだし。ポイントつくと嬉しい感はわからなくもない。 でも何だろう。今話題の森友学園と同じにおい [続きを読む]
  • 動きが遅い
  • 昨日みんなの動きが速いという話をして、思い出しました。 私は小さい頃から、とても動きが遅かったということ。 子供の自立を重んじる幼稚園の避難訓練では、 一向に逃げようとしない私を、 業を煮やした先生が、私をわきに抱えて運動場に連れ出しました。 逃げ遅れた最後の一人でした。 小学校の給食の時は、いつも一番最後で、 教室の掃除の時間まで、食い込むんですが、 教室の床掃除 [続きを読む]
  • 動きが速い
  • 建設の現場って、納期があるもんだから、 忙しい現場は、様々な業務を超特急でやるような感じなんですよ。 色々な各持ち場の担当者が、あっちこっちから何か聞いてきて、 自分の作業はいちいち中断されます。 総務から電話すると、担当者は誰かに指示しながら、電話を取ることもしばしばです。 きっといつもガンガン電話かかってきて、 今忙しいから後でなんて思って電話しようとしたりすると、&nbs [続きを読む]
  • 復活の日
  • 3月末が迫り、納期が刻々と近づく今日この頃。 建設業界、最後の仕上げ。 グループ長のT君が、映画「復活の日」の草刈正雄みたいになっています。 次長課長が「おまえのそのしんどいアピールがむかつく」と激おこぷんぷん丸 多分、3月半ばくらいにホントに復活します。(仕事が終わる予定。) [続きを読む]
  • 土になりたい
  • どっかの番組で、精神科の先生が、 「風になりたい…。」 って言ってたんですよ。 この「風になりたい」っていうのは、 「風のようにこの世から消えてなくなってしまいたい…。」 という世をはかなむ気持ちが裏にあるのですが、 私は、土になりたいってのがありましてね。 ちなみに土になる前は、「木」なんですよ。 樹木のことね。 いつの頃でしょうか、童話かなんかの影響でしょう [続きを読む]
  • 残業規制
  • 政府が働き方改革実現会議で、時間外労働の上限を60時間としましたが、 日本建設業連合会 会長(鹿島建設の会長)は、定例記者会見で、 建設業にこれを適用するのは、相当な猶予を是非お願いしたいと、おっしゃってました。 実際建設業は、上限規制の適用から除外されているらしいのですが、 この残業規制化の波があるので、いずれ規制化されることを見込んでの発言なのでしょう。 建設業は労働時間が長 [続きを読む]
  • 情報銀行
  • 政府が情報銀行作ろって言ってます。 通販の購買履歴やSNSのプロファイル情報、位置情報なんかの個人情報を預かる仕組みで、 それを本人の承諾を得た上で、企業なんかに提供し、 手数料をもらうというもの。 銀行がお金を預かって、そのお金を企業に貸し付け、利息をもらう仕組みと似てますね。 安倍さんを本部長として立ち上げた、政府のIT総合戦略本部が、 近く最終案を出す所まで、こぎつけたよ [続きを読む]
  • ゾッとする話
  • 私は子供の頃、全く父と会話した覚えがないんですよね。 父は無口で、返事くらいしかしなかった覚えがあります。 多分今が一番会話してます。 全く話はかみ合いませんが。(認知症なので。) ただ、会話のない思春期の娘と、コミュニケーションを試みたんでしょうか。 ある時、父が不意に話しかけてきました。 めったに話しかけてこない父が、「今日、怖い夢見てな…。」 「うん。」 「夢の [続きを読む]