ninjin さん プロフィール

  •  
ninjinさん: カンボジアの農業に魅せられて
ハンドル名ninjin さん
ブログタイトルカンボジアの農業に魅せられて
ブログURLhttp://ameblo.jp/bokusoubatake/
サイト紹介文農業を農家目線で現場から書いています。 農業国であるカンボジアの、畑から情報を発信したい。
自由文生活者、農家目線で日々見たもの聞いたこと、体験したことを伝えます。
野菜を作りながら、農業王国の復活に幾何かでも貢献できれいいかな。と思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2014/06/13 20:25

ninjin さんのブログ記事

  • マンゴーの木の下で「クラウドファインディング」始めました。
  • そろそろ雨期本番。ここ数日はベトナム沖に雲がかかっていた影響か、カンボジアも雨模様でした。スコールとはちょっと違うシトシト雨でした。さて、このたびカンボジア人の若者たちと小さな週末農場を始めました、私はサポーターの立場ですが。マンゴーの木の下を開墾し、キュウリの種まきも終了しました。雨の合間を縫って今度はオクラやレタス、インゲンなどを蒔いていきます。古いトラクターは調子が悪い、肥料作りの小屋は [続きを読む]
  • 空がとっても広いカンボジアです。
  • とっても気持ちがいい晴れの日に、ちょっと大きめのバイクで畑へ。日曜の朝は車も少なくて快適なドライブです。 途中に大きな家が。ああ、あの方の御殿なんですね。トラックから何か降ろしてると思ったら鶏糞。半分が運賃だとか。鶏糞が安いのか運賃が高いのか。明日からボカシ肥料作りです。先日蒔いたきゅうりの芽が出ました。直播なのであちこちに欠株がありますが、補植用の種もまいてあるので大丈夫。ロータリーハローに撒き [続きを読む]
  • 雨にご注意、そろそろ雨期本番
  • プノンペン大学へ。キャンパスといい、建物の風格といい、カンボジアの最高学府の威厳たっぷりの作りです。学生も生き生きとして、いいですね。カンボジアあるあると、農業談義をさせていただきました。カンボジアは雨期に入りました。午後の移動は雨を覚悟しなくてはなりません。とは言え、朝5時とかに家を出る根性はないので、やはり雨の洗礼をうけます。農家の軒先にお邪魔してしばし晴れ待ち。雨が上がればすぐに道路は乾き、 [続きを読む]
  • 脈絡のないカンボジアあれこれ
  • ズーッと住んでると、何事も当たりまえになってきます。 スコールがあると道が川になる。驚いているのは最近来た人。洗濯機を買うと台をしろって言われます。前のアパートの冷蔵庫は20cm位の台に乗っていました。写真はマオセントン通り付近からバントラバイマーケット方面ですが、道路の見えなくなる辺りは冠水しています。床が地面と同じ高さなので、年に十数回床上浸水するお宅も珍しくありません。市内の高校。まだらな [続きを読む]
  • 晴れ時々スコール、たまには畔に置いてきぼり。
  • 雨が降りそうな日に畑に行った時。濡れる、転ぶ、をはじめいろいろな災難を覚悟で行きます。しかし、置いてかれるという事は初めてでした。それは田んぼの中を走っていた時。水が一杯で溢れんばかりの田んぼ、ところどころであぜ道を越えて水が流れていました。「降りろ」「え?」その言葉を残してドライバーは曲芸でもするかの様に、細いあぜ道を行ってしましました。写真はまだとる余裕のアルトことろ。気が付けばはるか向こう [続きを読む]
  • プノンペン大学でカンボジア農業を想う
  • 私の生活になじみつつある市バス。1500リエル(40円くらい)のたびです。今日はお客が一人。カンボジアのバスは「運転手は君だ、車掌は僕だ〜」というのどかな様相です、1500リエルを払う時にお釣りはありません。いただいたお金はブリキのお茶箱(分かる人いますかねえ)の穴から中にしまって終了。お金とキップの管理上の方策なのでしょうか。毛沢東通り(マオセントン通り)と国道4号線の立体交差辺りで下車。すごい音がすると [続きを読む]
  • さあ、蒔き付け間近です。
  • 機械は壊れるもの。何ですが、壊れすぎ。 ジャガイモの選別作業をしているころ。毎日のようにトラブルが起きました。イモが腐ってる、土が多い、濡れてる。コンベアーが壊れた、モーターが焼けた・・・・そんなところに遊びに来た学生時代の友人が一言。「工場はトラブルがおきるのが当たり前」って。 確かにそうなんですが。自分だけが条件の悪い仕事をしていると嘆いていた時期なだけにけっこうインパクトありました [続きを読む]
  • ちょっと雨の量が減ったかな。
  • ベトナムとフィリピンの間に晴れ間が増え、ベンガル湾の雲もちょっと減ったような気がします。5月中頃に日本まで繋がっていた雲もすっかり消え、梅雨ならぬ雨季の晴れ間が広がりそうな気配を感じます。 畑ではその隙をついて遅れていた生姜の種まきの準備に追われています。場所によっては雨続きで草ぼうぼうの畑の草取りに追われ、あるところでは水が多すぎて野菜に元気がなかったり。あちこち行っても私がどうすることも [続きを読む]
  • ホントによく降る。
  • よく降ります。本格的な雨季になったとか。例年なら5月蒔きで7月中に収穫する野菜の播種時期なのですが。メコン川の増水が早いと、プノンペン南部の野菜地帯は9月10月の収穫時期の増水し収穫量が減って、野菜の価格が上がるのか、またしてもベトナム野菜に駆逐されるのか。頭のいたい雨期到来です。 生姜畑、この雨にも負けずしっかり育ってます。草取りに追われているのは雨のせいかも。一方こちらは生姜の種まき真っ最中 [続きを読む]
  • 雨期に入った?
  • 4月頃から雨が多く変な天気のカンボジア。5月に入っても雨が多く、最近は毎日のように降っています。雲はというと、なんとタイの向こうのベンガル湾から日本まで繋がっています。そう、雨期突入です。日本が熱い訳です。 という事でカンボジア中に水たまり出現中。農家は田んぼ作りを始めました。天水頼みのカンボジア稲作。雨期の晴れ間が来たらどうするの?苗はあるの?(直播が多いからいいのかな)などと心配にはなります [続きを読む]
  • 動き出す、気配が感じられる気がするカンボジア
  • 前回行ってから3週間。 あれ、まだ種まいてないの?そう、週末農場は遅々として進みません。 整地が終わって、プラウで起こして。ロータリーハローもかけて。やっと畝作りを開始したところです。 お金があれが「ガーッ!」っと行きたいのですが。そんな甘くないことは彼らも知っています。掛けるのなら高級車を買うくらいの資金が必要です。 でなければじっくりやるしかない。それがカンボジアです。 き [続きを読む]
  • シェムリアップ、「伝統の森」に行く
  • カンボジアに来て4年が過ぎました。この間、連休にどこかに行くということがなかったので、思い切って出かけてみました。一つは畑を見に行くこと、もう一つは念願の「伝統の森」に行くこと。シェムリアップには二度行きました。一度めは一泊二日のアンコールワット観光、二度目はバスを乗り換えるために二時間ほど滞在しました。今回はシェムリアップの街には寄らずに、田舎に行くので結局シェムリアップ市内は通過することになり [続きを読む]
  • 一応、なんか、始まったかな。
  • 畑は暑い! マンゴーの木は理想的な広がりをしています。 年中水があり、雨期に沈まないという好条件の土地を得た彼らはどんな夢を見ているのでしょうか。ボロボロトラクターで畑を起こし、マンゴーの枯枝を切り。散水用のパイプラインを作り始めました。 日本人でありながら資金援助はできません、コーヒーの差し入れとアイデア提供くらいですね。トラクターの簡単な修理と使い方は任せてください。生鮮野菜中心 [続きを読む]
  • 日々畑に近づいている気がするのは気のせい
  • 観光地みたいな桟橋を渡って。向こう側でお弁当でも食べるのなら最高なんですが。待っているのは野菜たち。時々見に行くので、ついでに新たな品種の試験をお願いしています。普通の物を普通に作っても、カンボジアではなかなか採算が合わないので、いろいろやってます。さて、小分けに書けばいいのに、面倒くさがりの私は今日もまとめて書きます。よく言えば双胴船。これでも2t車くらいは乗ります。荷物は無理かな…さっそくあ [続きを読む]
  • カンボジアの野菜たち
  • カンボジアの将来を担う子供たちに会いに行ってきました。という訳ではありませんが、農村に行くと子供たちの笑顔があふれています。ホットする瞬間です。畑に行くといろんなことが見えます、カンボジア人に連れられて行く所には発見の連続です。農地はある、農業技術もある、市場もある。反面、土地はあっても技術を生かす資金も販路もない、ブローカーの言いなりでの販売しというのが現実です。いいものを作るという事よりも現 [続きを読む]
  • カンボジアにも蒔き付けの季節はある
  • 晴れた日に、畑に行きました。なんと船旅もついています。乾期の終わりと雨期の終わりはカンボジアの蒔き付けの季節です。と言っても、一年中種まきは出来るんですがね。見慣れた景色ではありますが、どうしてこんなにたくさん積んでも走れるのか。一度は聞いてみたいのですが。キャベツ畑。水が豊富にあるとはいえ、何時間かかるのでしょうか。乾期の最中は毎日この作業が続きます。川の向こう側で近くに行けませんでした。何か [続きを読む]
  • カンボジアで農業をするために
  • そろそろ乾期も終盤でしょうか。試験栽培とか種の植え付けの話などが聞こえてきます。 一年間でたくさんの方とお話をしました。農業をやりたい、野菜が育たない、加工して輸出したい。などなど。カンボジアで農業は水田も含めて日本でやるより条件が厳しいことをお伝えしました。土地探し、土つくりにはじまり、管理作業も日本とは違います。ある野菜では日本と同じ方法では大きくは育たないこともわかりました。 私は [続きを読む]
  • 遠い芽でみる、カンボジア農業 そのポテンシャルは限りなく
  • 2月25日、カンボジア移住1450日目。乾期もそろそろ終盤。カンボジア生活も4年を終えようとしています。 お手伝いさえてもらっている仕事も何とか順調に進み、ホッと一息。つきたいところですが、お手伝いはお手伝い。何とも頭と時間を消費するばかりだったり、展望はあるけど気の長いお仕事だったり。そりゃあそうです、お手伝いですから。しかしその中に、数年後には化けるのではと思う事もあります。直接的な事と、作業を [続きを読む]
  • 忙しくなりたい〜!
  • 怒涛の一週間。というほどでもないのですが。 アパートを探そうかとバイクタクシーのオッチャンに言ったら、拉致されたのかと思うほど遠くに連れていかれたり、1500リエルの市バスに乗ろうと思ったら30分も来なかったり。ホテルで打合せするのに船に乗らなければなかったり。 でも、野菜の種が届いたり、打ち合わせの場所が絶景だったり。軽自動車のトクトクを始めてみたり、楽しい一週間でもありました。 来週は [続きを読む]
  • カンボジアのあぜ道をバイクが走る
  • 準備の準備というか、事前調査と言いましょうか。仕事の予定もないのに、ちょっと出かけるとあちこち寄るのは、元農家だからというのは私だけか。トラクターの部品を買いに行ったのに種屋にも寄り、ついでに肥料屋に寄る。せっかくなので、ホームセンターで安物の工具を見ながら作業着を買ってくる。そんな性格なので、カンボジアでも試験栽培の畑に行ったついでに途中の畦道を抜けて胡椒畑をのぞく。その帰りは近道をして売りに [続きを読む]
  • 芽が出た。
  • タクシーで畑へ。 といえば聞こえはいいが、カムリにギュウギュウ詰めだ。後席には4人、助手席には2人。驚くべきは、運転席にも2人。そう、大きめとは言えカムリに8人乗りである。 最高はなんと13人乗ったことがある。カンボジアのお盆(9月末か10月初め)の時に、知らずに畑に行こうとした時の事である。大人8人、乳児を含む5人の子供。運転席に2人、助手席には大人2人と乳児と子供で4人。後席には大人4人と子供 [続きを読む]
  • いよいよ種まき
  • いよいよ種まきスタート。 とはいっても試験栽培なので、わずかですが。蒔かぬ種は生えぬと言いますから、まずはスタートですね。さてどんな芽が出るのか。数週間後が楽しみです。 乾期はいえ時々雨が降るので、ちょっと楽な試験栽培スタート。でも気が抜けないのが野菜の栽培。 次の野菜生産の計画も計算上は3年で初期設備を償却して、規模拡大への可能性も高まりました。もちろん生産開始半年後には単品ごとの黒 [続きを読む]
  • 投資家さん募集中〜!
  • 正月なので、初夢ならぬ、初農場の画を書いてみました。 総面積 10ha野菜 葉物 2ha野菜 果菜類 2ha果物 2ha根菜類 3ha観光施設 1ha総売上13万ドル。初年度投資額12万ドル。こんな上手くはいかないだろうけど、3年以内に償却すること。自己資金での運営を3年以内に実現すること。5年以内に第二農場の設立。カンボジア人だけで実現すること。胡椒、コーヒーなどの生産も順次手掛ける。BBQなどのレクリエーション環境を整 [続きを読む]
  • どこに行くのか、カンボジア農業は
  • 明けましておめでとうございます。胡椒や野菜の農場の仕事をお手伝いしながらも、のんびりとした正月である。世界の食糧問題とかTPPとか、ここにいると目に見えてくることはないが、インターネットという現代の情報端末からは、キナ臭い話がこぼれ出てくる。対岸の火事ではないと思いながらも、頭でっかちな日々を過ごしている。収穫を3か月後に控えた南部カンポットの胡椒畑カンボジアのお米の価格はいまだに安いらしい。政府と [続きを読む]
  • 胡椒畑へ
  • 早起きして胡椒畑へ。 いつもダラダラなので、目覚まし掛けて。多めの荷物を抱えてレンタカーが来るのを待つ。自分の車があればもっと頻繁に行けるんですがねえ。 畑のマネージャーは若手でも経験豊富。土地の有効活用とか、排水路、池の配置。いろいろ指示しても俺に任せろ的な自信家。カンボジア人は日本的奥ゆかしさを美徳に、なんて文化はないのでなかなかいう事を聞きません。私の知る限り、このタイプが多いのは [続きを読む]