ninjin さん プロフィール

  •  
ninjinさん: カンボジアの農業に魅せられて
ハンドル名ninjin さん
ブログタイトルカンボジアの農業に魅せられて
ブログURLhttp://ameblo.jp/bokusoubatake/
サイト紹介文農業を農家目線で現場から書いています。 農業国であるカンボジアの、畑から情報を発信したい。
自由文生活者、農家目線で日々見たもの聞いたこと、体験したことを伝えます。
野菜を作りながら、農業王国の復活に幾何かでも貢献できれいいかな。と思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2014/06/13 20:25

ninjin さんのブログ記事

  • カンボジアにも蒔き付けの季節はある
  • 晴れた日に、畑に行きました。なんと船旅もついています。乾期の終わりと雨期の終わりはカンボジアの蒔き付けの季節です。と言っても、一年中種まきは出来るんですがね。見慣れた景色ではありますが、どうしてこんなにたくさん積んでも走れるのか。一度は聞いてみたいのですが。キャベツ畑。水が豊富にあるとはいえ、何時間かかるのでしょうか。乾期の最中は毎日この作業が続きます。川の向こう側で近くに行けませんでした。何か [続きを読む]
  • カンボジアで農業をするために
  • そろそろ乾期も終盤でしょうか。試験栽培とか種の植え付けの話などが聞こえてきます。 一年間でたくさんの方とお話をしました。農業をやりたい、野菜が育たない、加工して輸出したい。などなど。カンボジアで農業は水田も含めて日本でやるより条件が厳しいことをお伝えしました。土地探し、土つくりにはじまり、管理作業も日本とは違います。ある野菜では日本と同じ方法では大きくは育たないこともわかりました。 私は [続きを読む]
  • 遠い芽でみる、カンボジア農業 そのポテンシャルは限りなく
  • 2月25日、カンボジア移住1450日目。乾期もそろそろ終盤。カンボジア生活も4年を終えようとしています。 お手伝いさえてもらっている仕事も何とか順調に進み、ホッと一息。つきたいところですが、お手伝いはお手伝い。何とも頭と時間を消費するばかりだったり、展望はあるけど気の長いお仕事だったり。そりゃあそうです、お手伝いですから。しかしその中に、数年後には化けるのではと思う事もあります。直接的な事と、作業を [続きを読む]
  • 忙しくなりたい〜!
  • 怒涛の一週間。というほどでもないのですが。 アパートを探そうかとバイクタクシーのオッチャンに言ったら、拉致されたのかと思うほど遠くに連れていかれたり、1500リエルの市バスに乗ろうと思ったら30分も来なかったり。ホテルで打合せするのに船に乗らなければなかったり。 でも、野菜の種が届いたり、打ち合わせの場所が絶景だったり。軽自動車のトクトクを始めてみたり、楽しい一週間でもありました。 来週は [続きを読む]
  • カンボジアのあぜ道をバイクが走る
  • 準備の準備というか、事前調査と言いましょうか。仕事の予定もないのに、ちょっと出かけるとあちこち寄るのは、元農家だからというのは私だけか。トラクターの部品を買いに行ったのに種屋にも寄り、ついでに肥料屋に寄る。せっかくなので、ホームセンターで安物の工具を見ながら作業着を買ってくる。そんな性格なので、カンボジアでも試験栽培の畑に行ったついでに途中の畦道を抜けて胡椒畑をのぞく。その帰りは近道をして売りに [続きを読む]
  • 芽が出た。
  • タクシーで畑へ。 といえば聞こえはいいが、カムリにギュウギュウ詰めだ。後席には4人、助手席には2人。驚くべきは、運転席にも2人。そう、大きめとは言えカムリに8人乗りである。 最高はなんと13人乗ったことがある。カンボジアのお盆(9月末か10月初め)の時に、知らずに畑に行こうとした時の事である。大人8人、乳児を含む5人の子供。運転席に2人、助手席には大人2人と乳児と子供で4人。後席には大人4人と子供 [続きを読む]
  • いよいよ種まき
  • いよいよ種まきスタート。 とはいっても試験栽培なので、わずかですが。蒔かぬ種は生えぬと言いますから、まずはスタートですね。さてどんな芽が出るのか。数週間後が楽しみです。 乾期はいえ時々雨が降るので、ちょっと楽な試験栽培スタート。でも気が抜けないのが野菜の栽培。 次の野菜生産の計画も計算上は3年で初期設備を償却して、規模拡大への可能性も高まりました。もちろん生産開始半年後には単品ごとの黒 [続きを読む]
  • 投資家さん募集中〜!
  • 正月なので、初夢ならぬ、初農場の画を書いてみました。 総面積 10ha野菜 葉物 2ha野菜 果菜類 2ha果物 2ha根菜類 3ha観光施設 1ha総売上13万ドル。初年度投資額12万ドル。こんな上手くはいかないだろうけど、3年以内に償却すること。自己資金での運営を3年以内に実現すること。5年以内に第二農場の設立。カンボジア人だけで実現すること。胡椒、コーヒーなどの生産も順次手掛ける。BBQなどのレクリエーション環境を整 [続きを読む]
  • どこに行くのか、カンボジア農業は
  • 明けましておめでとうございます。胡椒や野菜の農場の仕事をお手伝いしながらも、のんびりとした正月である。世界の食糧問題とかTPPとか、ここにいると目に見えてくることはないが、インターネットという現代の情報端末からは、キナ臭い話がこぼれ出てくる。対岸の火事ではないと思いながらも、頭でっかちな日々を過ごしている。収穫を3か月後に控えた南部カンポットの胡椒畑カンボジアのお米の価格はいまだに安いらしい。政府と [続きを読む]
  • 胡椒畑へ
  • 早起きして胡椒畑へ。 いつもダラダラなので、目覚まし掛けて。多めの荷物を抱えてレンタカーが来るのを待つ。自分の車があればもっと頻繁に行けるんですがねえ。 畑のマネージャーは若手でも経験豊富。土地の有効活用とか、排水路、池の配置。いろいろ指示しても俺に任せろ的な自信家。カンボジア人は日本的奥ゆかしさを美徳に、なんて文化はないのでなかなかいう事を聞きません。私の知る限り、このタイプが多いのは [続きを読む]
  • 田舎へ
  • 知り合いに連れられて畑へ。乾期に水があるのか、雨期に水没しないか。粘土地なのか砂地なのか。道はあるのか。一年中作付出来ることが野菜つくりの条件。年中暖かいとはいえ、農業をやろうと思ったらいろんな条件を考慮しなくてはなりません。 バイクで行けるというので乗って行ったら、田んぼのあぜ道を数キロ・・・・帰りは土を取った後の工事現場。それでもそこは生活道路だとか。写真を撮るどころじゃなかった。で、や [続きを読む]
  • 畑を見に行って来た。
  • ちょと見てほしいという事で、畑というか山に行ってきました。 大きな沢を見下ろすあたりで車を降り、階段は?と叫びながら谷間へ数十メートル。そこには何とお茶の木が。 日本のお茶の木だというのですがナゼ?話を聞くと1950年代の後半に日本人がこの地で農場を開いたという記録があり、その記録の中にお茶の木を植えたという記述があったのだそうです。古い記録を元にスタッフが探しこのお茶を発見したのだそうです [続きを読む]
  • 行動開始かな。畑に行ってきました。
  • 生活はけっこう厳しいけど、動き出さなきゃね。還暦だし。という訳で、畑を見に行ってきました。貸してくれそうな畑はまだ田んぼでした。籾の価格は1300リエルで販売予定。およそ32円/kg。これでも結構高い方です。最低は20円/kgですから。ちなみにカンボジアでの米価の場合、籾付での価格です。もちろん政府の買い取りはありません。業者との個人交渉で決まります。東部と西部はベトナムタイの密輸業者が、暗躍すること [続きを読む]
  • 農機具を見に。
  • 今日はお仕事。仕事はしてますよちゃんと。 農機具を下見してきました。用途と予算と性能と。以前、あるところでちょっとお手伝いしたときに、中古でも大丈夫だろうと思ったのですが。日本的な蒔き付け時期という概念がないカンボジアで中古農機を使うととんでもない稼働時間になり、今は新車に入れ替えてバリバリ作業しているそうです。 今回は稼働時間があまり長くはない農場なので、どれにしようかと程度と価格を調 [続きを読む]
  • 還暦になりました
  • 昭和31年生まれ。ついに還暦になりました。その還暦をまさかカンボジアで迎えるとは。人生はわからものです。 昨日は、多くの皆さんから、お祝いのメールやコメントをいただきありがとうございました。始めてカンボジアに来てから、5年半。2013年に住みだしてから1335日、3年半がたちました。農業の事はずいぶんわかってきましたが、カンボジアの農家にはいまだにかないません。教える技術は多くはありませんが、個々の [続きを読む]
  • 日本の農業はどこへ行く。
  • 37年前に就農したころ、簿記の勉強をしよう、先進地の経営を学ぼうと提案したことがあったが、農協がやるからいい(全取引が農協)、見飽きたからいい(文字通り見てきた)。普及所も当時は簿記や記帳の推進は農協から圧力があったので、経営者としての育成には消極的だった。酪農家、ビート、大豆、小麦、澱粉用馬鈴薯などは、個別の販売の手段がなかったので農家も、面倒なことはしたくなかった。同世代のサラリーマンと話しても、 [続きを読む]
  • そろそろ畑に行きたいな始まります To start
  • ミーティング終了。来週は畑行かな。時間はあるけど、細かいことも打ち合わせとかないとね。Meetings EndNext week, it will go in the field.I look forward to たまたまではなく、明らかにカンボジアの農業が注目され始めている。カンボジアに限らず、ASEANN全域や遠くはアフリカも注目されている。本来なら、東ヨーロッパのハンガリーやチェコ、スロバキアなどのバルカン半島の周辺なども食糧生産の基地になるはずなのだ [続きを読む]
  • お盆(プチュンベン)間近
  • カンボジアのお盆は9月末から10月初め。(毎年少しずつ違いますが)若者に誘われてお寺の昼食会に。お寺の中には宿というかアパートみたいな建物が州ごとにあり、地方からの若者が住んでいます。ここから働きに行ったり、学校に言ったり。もちろん若いお坊さんも住んでいます。お盆まであと3週間、気分は盛り上がり街は活気付きますが、言い換えれば「気もそぞろ」といったところで、いろんなことの動きが悪くなります。お盆は3日 [続きを読む]
  • クロスフェードする街並み
  • 週末はちょっとしたイベントがあり、ゆったりまったりと市内を歩いてきました。ブティック、カフェ、八百屋、みんなオシャレになってきた気がします。日本の戦後は灰色からグラデーションで発展したのに対し、カンボジアはパッチワークのようなモザイク模様がいつかはドットになり、光り輝くのだろうか。シハヌーク通りからイオンに向かう角。曲がった先のMETA Houseそしてイオン。ほしい物はいっぱいあるけど、なかなかねえ。カ [続きを読む]
  • 街中散歩とカレー
  • 晴れた昼下がり、オジサンは街へお散歩に。見慣れた景色もカメラを持つとちょっと気になるものが。一人寂しくケーキを食べて、それでもご満悦。ケーキ屋さん、チーズケーキとプリントと甘ーいカフェオレ。しまった、全部甘い・・・近所にオープン間近のバー。カウンターの端の方でステキな女性と一杯やりたいな。近所の市場のオープンレストラン。お腹が鳴りそうな美味しいにおいが。でもなぜ全部赤いんだろう?テーブルも準備万端 [続きを読む]
  • Bokor山と農業
  • 久しぶりに畑に行った。2013年、2回目のカンボジア渡航間もなく、日本食レストランの方に昔日本人が農場をやっていたという話を聞いた。そして白菜のことを今でもチャイニーズキャベツという言い方ではなく、スベイボコー(ボコー山の野菜)という言い方をする話を聞いた。その後、たまたま誘われてボコー山に行ったときに、「JAPANESE FARM」「Rice Field」と書かれた看板や、道路のキロストーンにJAPANESEFARM〇kmと書かれてい [続きを読む]
  • ポケモンGOとハンター
  • ポテモンGOのニュースを見ながらふと思いだした。私は北海道の十勝、十勝川河口付近で農場をやっていたが、毎年秋になるとハンターがカモ打ちにやってくる。(禁漁の年があるので、毎年ではないが)秋は収穫の季節でもあり、農作業に追われる日々なのだが同時にハンターにも追われるというとんでもないことが起きる。作業の合間に倉庫で休憩していると突然の雨。かと思いきや外は晴れ。外に行ってみるとまた雨の音。え、天気雨? [続きを読む]
  • 政治家の責務
  • 詳細は省くが、カンボジアに興味をお持ちの方ならよく知っている最近の大ニュース。ただの事件なのか、暗殺なのか。真相は闇、評論家でもあり、新党結成のうわさもあり。はっきりしているのは国民の絶大な支持があったであろうこと。与党も野党も死を悼んでいるが、葬列を見れば、語るべくもない。しかし、私も含めこの人物をこの事件以前から知る外国人はいったいどのくらいいるのだろうか。自分がこの国の人にとって所詮外国人 [続きを読む]