p さん プロフィール

  •  
pさん: ノンアルコールライフ!
ハンドル名p さん
ブログタイトルノンアルコールライフ!
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/ppp2014/
サイト紹介文お酒を飲まない幸せな人生を目指して
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2014/06/15 21:53

p さんのブログ記事

  • 断酒1200日
  • 1200日目だ。とは言っても、何も変わらず。ここ最近は、また飲もうかという気持ちになることも多い。お酒を辞めていることは、問題解決の前提条件だが、解決手段ではない。堂々巡りの問題に3年位悩まされている。どうしたものか。周りのことなど気にせず、自分の思うままに生きている人を見るが、羨ましい。いや、自分に何もないから、人のことを気にしているのかもしれない。静かで落ち着いた生活がしたいだけなのに。そう思えば [続きを読む]
  • 夜の街
  • 昨日、夜の街を徘徊してみた。飲酒時代は、魅力にあふれ、何かおもしろいことがないか、ワクワクしながら、歩き回っていた。しかし、その街にとっての私の価値は、金づるでしかないことに気づいた時、酒とともに、そこから離れた。昨日感じたのは、きらびやかな街灯に彩られた街が、今の私にとっては、街灯がない真っ暗な田舎道に映ったということだ。(今は、逆に、田舎道がきらびやかに見える。) 今の私と夜の街の接点は、ラ [続きを読む]
  • ストレス
  • 強いストレスを感じる時、その原因が自分の思うとおりにならないことであると認知をしたら、少しほっとした。自分の行動以外は、変えられない。他の人の行動は、自分の思うようにはならない。この事実を素直に受け止めれば、悲しい現実に対する自分の心の有り様は、少なくとも、今よりは楽になる。心静かに、生活していこう。 [続きを読む]
  • 沖縄旅行
  • 沖縄に行ってきました。金曜の夜便で行き、日曜の昼便で帰ってきました。初日は、ホテルに23:00頃に到着し、そのまま就寝。(以前なら、夜の街を徘徊するのに。)翌朝4:00に起床。シャワーなどの身支度、24時間営業の食堂で朝食を取った後、6:00にカーシェアで出発。気の向くまま、8ヶ所の海岸に立ち寄り、その光景を楽しんだ。(以前なら、途中、嘔吐の一回は確実)17:00にはホテルに戻り、シャワー後、軽いショッピングの後、ライブ [続きを読む]
  • ミサイル
  • 日本のEEZに、ミサイルが打ち込まれた。実質的な侵略行為である。平和の価値を唱える人々は、どう思うのか?長年、平和の大切さを訴えてきたのだから、少しは効果があっても良いと思うのだが、どちらかと言えば、平和という言葉を逆手にとって、日本へ侵略する近隣諸国の行動が目立つ。日本に米軍基地があるからと言っているが、そんなものはこじつけに過ぎない。米軍がなければ自衛隊があるから、自衛隊がなければ海上保安庁があ [続きを読む]
  • ブログ発信ペース
  • 私のブログのスタンスは、「吐き出し」系。見ている方の好感度を上げる配慮はない。(不快な方、すみません。通り過ぎて頂ければ、幸いです)街中で、呑んだくれながら吐き出していた代わりに、ネット上で吐き出す。ブログ開始当初、毎日発信をしていた。当時、毎日一本発信と決めていたが、日々、湧き上がる吐き出したいネタを書き溜めていたら、一ヶ月分溜まってしまった。不思議なもので、断酒日数を重ねるごとに、吐き出したいこ [続きを読む]
  • 高校入試
  • おいが高校に合格した。いわゆる底辺校に属するが、そんなものは世の中に出る上で、大した問題ではないのは、自ら実証済みだ。アル中にならない方が、よっぽど大きな問題である。合格可能性は、10-30%程度だった。面接や内申点もあるので、何が功を奏したのか分からないが、奇跡である。5教科でギリ3桁の点数が続いていた。周囲の不安が蔓延していたので、11月位から、時々、私が勉強を見ていた。私は、性格は人並み以下であるが、 [続きを読む]
  • 遠近両用メガネ
  • とうとう作った。50歳到達寸前だが、仕事中、急にパソコン上のデータが見にくくなる日が多くなった。前回メガネを作った際に、これとこれ、どちらが見やすいですか?と言われ、こっちと答えた後、「老眼ですね」と指摘された。 店頭の老眼用メガネをかけると、今のメガネでは、見にくい、メガネに付いている品番等の小さな文字が見える。やはり老眼だ。アル中という病気と向き合う人生に、老眼という老化と向き合う人生も統合 [続きを読む]
  • 頭痛
  • お酒をやめた効用の一つに、頭痛がなくなるというものがある。飲酒時代、頭痛が続くと、医者に行き、頭痛薬をもらったり、肩こりから来ると思い、マッサージに通ったり、副鼻腔炎から来ると思い、耳鼻科に通ったり、目が悪くなったせいかと思い、眼科に行ったり、 MRIも撮ったことがある。どれも原因は分からず、持病と思っていたが、酒をやめたら、頭痛はなくなった。あの頭痛は、アルコールにより、脳細胞が破壊される痛み [続きを読む]
  • 適正飲coffee
  • 酒はダメだったが、コーヒーは大丈夫なようだ。朝食後の1杯は、習慣。目覚まし剤、仕事へ行くための刺激薬の意味もある。仕事中か休日の15時頃の1杯は、ない場合も多い。夜は、時々外食をした時に、フリードリンクで飲むくらい。そう考えると、毎日1-2杯という実態。3-5杯までが適正量だそうで、問題ないと言える。「ビール350ml1杯で十分」と思える体も望みたいが、今回の人生では諦めた。また幸運なことに「1杯30円のドリッ [続きを読む]
  • 反知性主義
  • すげー言葉だなと思う。「おまえバカだな」ということを、回りくどく言っているに過ぎないと思うが、もっともらしい言葉として使われている。そもそも反知性主義という用語自身が知性を感じさせない。そう言う人の自説を聞いても、大抵は他者批判か、現状維持。目の前の問題に対する解決策はなく、知性を感じない。そもそも知性というものでは、なかなか解決できない問題が、現代の人間社会の問題として残っているのではないか。反 [続きを読む]
  • ふるさと納税
  • 昨年、初めてやってみた。返礼品の魅力は大きいが、こうした制度を通じて、今まで知らなかった町の魅力を知ったり、期待した町の魅力が期待はずれだったり、思いもよらない発見があり、この制度を考えた役人は、センスがいいなーと思う。都市部の自治体が税収が減ったと嘆いているが、やらずぼったくりのキャッチバーみたいな自治体も目立つわけで、同情は感じない。左翼系の区長さんが税収の減少は大きな問題と言っていたが、ふる [続きを読む]
  • パヨクと南の国
  • 反原発運動に参加していた、千葉麗子さんや木内みどりさんが、運動の指導層の独善性に嫌気が差し、運動から離れる。という記事を見た。私も経験した「左翼の自己矛盾」に、嫌になったのだろう。リベラルを自称するファシスト、人権の大切さを訴える差別主義者、貧困撲滅を訴える既得権益者。最初から「奴も汚いが、自分も汚い。この前提で、新しい価値を見つけ出そう。」とすれば、何かの価値を生み出せるのに、「自民党や日本は、 [続きを読む]
  • 弱者間バトル
  • 妻から聞いた話。(女性を社会的弱者と位置づけた)女性専用車両で、男性が座った。文句を言った女性に対し、その男性は、障害者手帳を提示し、「障害者ですから。」と主張。女性が駅員を呼んだが、駅員は、障害者手帳の前に、「乗っていても、いいですよ。」と回答したそうだ。男性の真意は、何だったのだろう。女性優遇社会へのアンチテーゼか?弱者保護思想は、新たな弱者を生み出す。そして、弱者間の争いが生まれる。「管理職層 [続きを読む]
  • 言論の自由
  • 自称、リベラリスト、人権派の人々は、自分の言論の自由を主張しても、自分の意見に反する人々の言論の自由は、認めない。右翼、ナチス、レイシスト、差別主義者とレッテル貼りを行い、時には、 暴力的な活動も辞さない。その際、自分たちこそがそのレッテルに値する可能性があるとすら思わない。いや、気づいているのかもしれないが、認めようとしていないだけ。それは、アル中の否認という行動と一緒だ。安倍さんやトランプさん [続きを読む]
  • 大人
  • 子供の頃、大人になるということは、酒を飲めるタバコが吸えるギャンブルができる車を運転できる夜遅くまで出歩ける怪しい場所に出入りできる映像の視聴に制限がない自由にお金を使えるというような行動に象徴されるイメージであったが、今思えば、貧しい発想であったと思う。およそ人間とは、不完全なる生き物であり、それらの大人の行動は、長い歴史の中で、そうした人間の属性に着目して、培われてきた、商材と秩序なのだと思う [続きを読む]
  • アパホテル
  • 他国の民間人が、自分で書いた本を自分の経営するホテルに置いただけで、恫喝を行う国。自国の矛盾から目をそらすために、経済力、軍事力、外交力を武器に、品位のない行動を繰り返す国。ジャイアンのワンマンショーが可愛く見える。でもおかげで少し期待が持てる。その国の旅行者が宿泊を避けてくれれば、手頃な価格でホテルの予約が取りやすくなる。ましてやその国の悪意のある宿泊者が少ないということは、妙なトラブルに遭遇し [続きを読む]
  • 見切り発車
  • 昨年末に、会議で報告した改善施策が、思うようにいかないことが分かった。昔から思いつきで行動してしまい、いつも同じようなことに陥る。原因は、システム上の基礎事項の確認忘れ。そして3日かかる作業を30分位と説明してしまった。当然そのやり方を実施することはできない。 思ったことを冷静に考えるもう1人の自分が欲しい。でも冷静すぎて、何もしないよりはいいよな。とも思う。まー、もうひとつの方法でやってみよう。 [続きを読む]
  • 劇場型政治とマスコミ
  • トランプ大統領の登場により、リベラル派と言われる人たちが批判の声を挙げている。一応、民主的な選挙を通じて選ばれたわけで、その経緯を尊重しない、片寄った批判も多い。あまり記者会見を開かなかったり、記者会見を開いても特定の新聞社質問に答えなかったりするが、でも新聞社の社長が会見をするなんてほぼない。権力者ということであれば、大マスコミの社長も大統領も変わらないし、世の中への影響という点で言えば、マスコ [続きを読む]
  • 断酒1100日
  • 断酒日数は、断酒の取り組み状況を冷静に確認する手段として役に立つ。断酒日数が多い人が偉そうになることや、断酒日数が少ない人が自分を卑下することは、依存症的傾向のひとつだと思う。でも数字は、そんな情緒的な人間の行動を冷静に評価する。離脱症状と闘いながら、必死に、1日1日を確認する断酒初期。毎回のメモリアルデイを楽しみにする断酒安定期。断酒は日々意識するものの、日数の存在を忘れる断酒忘却期。どれも公平に [続きを読む]
  • 子供
  • 兄の長男の給料が兄と変わらない、という微笑ましい話題に包まれた週末だった。不登校だった甥もたくましくなった。不安は、姉の子供。高校受験を控えているが、勉強に苦労している。難易度の低い学校を希望しているが、合格可能性は低い。時折、勉強を教えているが、分かっていないのに、できる振りをするという良くない行動パターンを感じる。「言い訳は人生のムダ」「人のせいにしない」など受験科目以外のことを伝えるのに時間 [続きを読む]
  • 不安な新年
  • 新年早々、嫌な気分になる。他人の飲み過ぎはコントロールできないし、他人に勉強を強制することはできない。(詳細は割愛)私とのコミュニケーションが悪かった 、できる女性社員が異動になったのは、気分的には少し楽になったが、仕事が順調に進むか不安だ。全ては、私の人間力のなさが原因かと思う。ステイブルライフを過ごしたいだけなのに、なかなかそれができない。何かズレているんだよなー。酒だけは飲もうと思わないが、再 [続きを読む]
  • 2016年から2017年へ
  • 今年もいろいろなことがあった。家庭も仕事も良いことも悪いことも1年前に思っていたこととは、全く違う結果になった。そして何とか落ち着いて暮らしている。ただし、酒を飲まないと心身ともに健康な生活が送れるということだけは、予想通りだった。そして今、昔にはなかった、長生きへの欲望と自信だけが湧いている。来年の今頃は、どんな気持ちでいるだろうか。いや、予測をしても、ムダだ。確かなことは、断酒をすれば、幸せに [続きを読む]
  • 松前漬2
  • 週末恒例のアイロンがけを終え、年末恒例の自家製の松前漬を食べている。飲酒時代にもよく食べた。松前漬で自分のブログを検索すると、2014年末に、3件位 、松前漬という言葉が入ったものを書いている。酒と一緒でなくても、松前漬は美味いと、「必死に」書いている。あれから2年。12月にしては、暖かい陽気の中、コーラと一緒に松前漬を食べている。思うのは、「昨日漬けたばかりだけど、美味しいな。漬かり過ぎだと、昆布がドロ [続きを読む]
  • 買い物
  • 妻へのクリスマスプレゼントに、バックを買った。定価56000円税別から50%OFF。店内で、その値下げ後の価格から更に30%OFFのクーポンをもらう。定価から80%OFFではなく、合計では65%OFF。すると税込22000円位になる。でもレシートを見ると、28000円から30%OFFしか書いていない。インターネットショップに比べると、3000円位安いが。 買い物をするのが疲れる。日頃買い物をしていても、ポイントがつくとか、会員なら何%OFFだと [続きを読む]