カイトアキラ さん プロフィール

  •  
カイトアキラさん: この国の未来を考える
ハンドル名カイトアキラ さん
ブログタイトルこの国の未来を考える
ブログURLhttp://gogo33726rr.blog.fc2.com/
サイト紹介文若い人たちにとって、少しでも役に立てばという思いで、この国の未来について書いています。
自由文オートレースやギャンブルについて書いてきましたが、今のこの国状況はギャンブルどころではないようです。そんな危機感から、この国と、ここに住む人々の未来について考えます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2014/06/17 15:23

カイトアキラ さんのブログ記事

  • 私は菅野完氏を支持します
  • 私たちはしっかりと見ていなければならない 明日の3月23日、国会に証人として森友学園の籠池理事長が喚問されます。当事者から話を聞くのは良いことなのですが、どうも事件の方向がずれてきている気がしますので、ここでもう一度整理をしましょう。 ?最大の問題は国有地払下げが恣意的で、公務員(政治家・官僚)の背任行為が疑われる。?補助金を得るために文書を偽造した疑い。場合によっては詐欺になる可能性も。?認可を受 [続きを読む]
  • 尊敬される人間の行動とは
  • 歴史上で尊敬されている人物 ガンジーという人物を知らない人はほとんどいないでしょう。英国からの独立運動における象徴的な人物です。英国で学びながらもインド人であることから差別を受け、さらには弾圧もされましたが、目覚めた彼は最後まで信念を貫き通しました。 ネルソン・マンデラという人物がいます。これも知らない人はいないと思いますが、この人などは国家反逆罪で終身刑を受け、なんと27年間も獄中にありました。ア [続きを読む]
  • 「みっともない・恥ずかしい」と言える人間の行動とは
  • こんな言葉の使い方を初めて知りました 記憶に基づいて話をしたが、それが間違っているという事実を提示されたので、仕方なく推測をしたら、どうも指摘通りであると確認できた。 稲田防衛大臣の弁明要旨は、かいつまんで表現すれば上記の通りだと思います。しかし、私もそれなりの年齢ですが、このような論法?に接したのは初めてでした。正直、こんなのアリ? という心境です。 全てを記憶に基づいて話をすることはあり得るこ [続きを読む]
  • どちらの方が民主的国家と言えるでしょうか?
  • 少し書き方を変えます。  現在では、ブログよりもツィッターやフェイスブックの方が主流という声をよく聞きます。最近読んだ記事では、ネットにつなぐ媒体としてスマホがPCを上回ったというのがありました。四十歳ぐらいからPCを始めて、習得するのに悪戦苦闘した者としては(今でも本当に習得しているか疑問ですが)、スマホの画面サイズに慣れるのはさらに一苦労なのですが、利便性や携帯性を考えれば、やはりスマホの方が [続きを読む]
  • 森友学園事件の本質が見えてきましたが・・・・
  • 森友学園事件から見えるもの 連日日替わりで新しい事実が報道されていますが、ようやくこの事件の「本筋」が見えてきました。それは良いことなのですが、見えてくればくるほど私は恐ろしくなっているのです。どうやら連中は本気でこの国を変えようとしている・・・・ 結論から言えば、今回の事件は「贈収賄」というより限りなく「背任」に近いと思っています。 国に対する背任行為とは、国有財産を廉価で売って損失を与えたり、 [続きを読む]
  • 森友学園疑惑は、どうやら「事件」で間違いないようです
  • 検察と警察、それに豊中市の出番がまわってきたようです現時点(2月25日)ではっきりしたのは、会計検査院が調査を表明、昭恵夫人の名誉校長辞任などですが、さらに重要な報道がありました。朝日・毎日によると、実際の作業に携わった下請け業者が、撤去したゴミの一部が埋め戻したと証言した、と書かれていました。大阪地検の検事さん、捜査の端緒ができましたね。これが事実なら、明らかな「廃棄物処理法」違反です。逮捕もあり [続きを読む]
  • 国有地格安払下げとヘイト幼稚園と安倍首相、そして昭恵夫人
  • 総理大臣の「犯罪」?ヘイト幼稚園を経営する学校法人に、国有地を格安で払い下げられた件の報道が次第に増えてきました。なんでも朝日新聞のスクープだとか。東京新聞の特報面で内容は把握をしていたのですが、なにしろ安倍首相に取り巻く人物たちのレベルがあまりに低すぎるので、いつものことかと思い、さほど関心を持てませんでした。ところが、この件を国会で質された安倍首相が「妻と私が直接関わっていたら、首相も議員も辞 [続きを読む]
  • 南京大虐殺否定派のあがき
  • 長谷川幸洋氏のあがき反論できない事実を突きつけられたら、たいていの人間は間違いを認めて素直に謝りますが、中には話を『すり替え』たりする人が時々います。確かに日本人がすぐに謝るのは事実です。なにしろ人を呼ぶ時でさえ『すみません』と言うのですから。けれどもそれは、あくまでも表面上のことであることを多くの日本人が知っています。本当に間違いを認める、もしくは加害者としての責任を認めて謝罪をするということは [続きを読む]
  • ウソをつき、居直る「嘆かわしい人たち」
  • 長谷川幸洋氏の「反論もどき」産経新聞のWEB版で長谷川幸洋氏の「反論」という名の記事が掲載されていました。ニッポン放送の番組に出演した際の発言ということです。以下、長谷川氏の発言を抜粋しました。東京新聞の謝罪記事に対して、「はっきり言って、とんでもない問題だ。私に対して処分をするということは、言?の自由の侵害になる」さらに、「東京新聞は(今回の問題と)何の関係もないし、私が社外で発言することが東京 [続きを読む]
  • 「頑張れ、東京新聞」と、あえて言おう
  • 東京新聞の謝罪2月2日の朝刊で「ニュース女子」問題に関する見解が論説主幹・深田氏の名で掲載されました。東京新聞は約1ヶ月近く沈黙をしていましたが(記事は掲載していたけれど)、一向に収まらない批判に危機感を持ったのでしょう。はっきりとは記憶していませんが、「ニュース女子」問題が発生した後でも長谷川幸洋氏のコラムが掲載されていたので、おそらく幹部たちはさほど大きな問題とは考えていなかったようです。さて東 [続きを読む]
  • 21世紀で最初の、質の悪い政治ショーが始まった!
  • アメリカ大統領がロシアの工作員?もし出版社や映画会社に小説家やシナリオライターが、「アメリカの大統領が実はロシアの工作員だった」という設定の企画を持ち込んだとします。おそらく、そんな話はあり得ないと一笑に付されることでしょう。ところが、このあり得ない話を疑われる人物がアメリカ大統領になりました。ミスユニバース・ロシア大会の時に宿泊したホテルにて(オバマ前大統領が泊まった部屋と言われている)、トラン [続きを読む]
  • ウソニュース・デタラメ番組に対する「カウンター」の拡散に協力します(上)
  • 世界最大の英語辞典であるオックスフォード英語辞典が、2016年を象徴する単語として(ワード・オブ・ザ・イヤー)形容詞の「post-truth」を選んだことは記憶に新しいと思います。ポスト・トゥルースと呼ばれるこの言葉の意味は「世論形成において、個人的信念や感情に訴える方が客観的事実より影響力を持つ状況」とされています。簡単に言えば、事実より、ウソやデタラメの方が影響力を持つということです。ここ最近というより21世 [続きを読む]
  • 新潟県民以外の人が米山知事を応援するには
  • 新潟県・柏崎刈羽原発と知事のその後1月6日・東京新聞朝刊に米山新潟県知事の記事が載っていました。内容は、県独自の検証を最優先にするので原発再稼働の議論をするとしても、それは数年先になるというものでした。検証内容は3点です。①福島第一原発事故の原因究明②福島事故が与えた住民の健康への影響③柏崎刈羽原発で事故が起きた際の住民避難計画の実効性どれも当り前と言えば当り前のことですが、これは米山知事に限らず、 [続きを読む]
  • 正義はどっちにある? 従軍慰安婦少女像について考える
  • 暦の上では新しい年になっても、365日の一コマに過ぎないと思っているひねくれ者ですが、このブログを読んでくれている方々には心から感謝しておりますので、どうか今年もよろしくお願いします。従軍慰安婦問題を「不可視化」する?本来なら他のことを書こうと思っていたのですが、釜山・日本総領事館前に設置された従軍慰安婦少女像について書きたいと思います。日本政府は、2015年末に交わされた日韓合意の履行に準じるという理 [続きを読む]
  • ?在日特権?を持っているのは「在日米軍兵士とその家族」だった!
  • 2016年の大晦日に相応しいのかどうか別にして、この国の真の姿を示すことについて書きたいと思います。安倍首相が真珠湾にて「不戦の誓い」やら「和解や同盟」とかの演説を行いました。内容はあらかじめ予想できたので興味もありませんが、本来なら?侵略を犯した?中国や韓国や他のアジアの国々に、まずは先に行って同じことをすべきだと思うのですが・・・・、と思っていたら稲田防衛大臣がやってくれました。この人のことを今さ [続きを読む]
  • カジノ法案成立。真の売国奴とは誰なのか?
  • カジノ法案が成立しましたが、この問題の核心を突いている動画がありましたので、ぜひ見てください。色々な記事を読むよりも、この動画を見た方が理解によほど役が立ちます。タイムスデモクラ「カジノ法の死角、トランプもカジノ業者」 山田厚史https://www.youtube.com/watch?v=fBUKeov5DbU&t=24sこの動画の中で語られていることが全てと言っても良いですが、重要な点だけを加えたいと思います。カジノによる収益は周囲から吸い [続きを読む]
  • ギャンブル依存症対策を法律で義務づけるのは正しいことか?
  • 国がマッチポンプになる? 笑い話ならいいけど・・・まったくおかしな話です。片方ではもっとやれと煽って、片方では結果として破綻しかけた人を救済しようとする・・・・。マッチポンプという言葉がありますが、自ら火をつけ、自ら消化をするという意味です。例えば、記者が自ら事件を起こし、真っ先に駆けつけて記事を書く。または、放火した人物が第一発見者となって通報するという愉快犯、といったような類です。1966年・自民 [続きを読む]
  • 本末転倒なカジノ合法化。この国は確実に破綻へと向かっている。
  • カジノは必ず失敗する!提出されては消えていたカジノ法案が衆議院で可決しました。このままでは法律として成立するのは確実です。TPPや年金法案のどさくさに紛れてといった感じですが、ここにきて自民党議員は、なぜこの法案を持ち出してきたのでしょうか? 政治献金目当てなのは明らかです。この国会で成立すれば来年は中身の審議に入り、カジノ事業者や付随する事業者に対して献金を要請するのでしょう。あまりに姑息で、露 [続きを読む]
  • もう一人の「暴言大統領」・ドゥテルテ氏に注目しています。その2
  • ドゥテルテ大統領とは、どんな人?確か米大統領選の前だったと思いますが、彼はこう発言しました。「おそらく2年以内にはフィリピンから米軍はいなくなるだろう」そしてトランプ氏が当選すると、もうアメリカとは争わないと言いました。どこまで本気かわかりませんが、前回で指摘した通り、過去に基地を撤退させた経験のある国です。大統領が決断をすれば、おそらく国民の大多数は支持するでしょう。ドゥテルテ大統領は間違いなく [続きを読む]