カイトアキラ さん プロフィール

  •  
カイトアキラさん: この国の未来を考える
ハンドル名カイトアキラ さん
ブログタイトルこの国の未来を考える
ブログURLhttp://gogo33726rr.blog.fc2.com/
サイト紹介文若い人たちにとって、少しでも役に立てばという思いで、この国の未来について書いています。
自由文オートレースやギャンブルについて書いてきましたが、今のこの国状況はギャンブルどころではないようです。そんな危機感から、この国と、ここに住む人々の未来について考えます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2014/06/17 15:23

カイトアキラ さんのブログ記事

  • 想像力が欠如している日本人
  • NHKが左翼だったら私はテロリストになってしまうけど・・・・8月13日に放送された、NHKスペシャル「731部隊の真実〜エリート医学者と人体実験〜」をユーチューブで見ました。さらに「戦慄の記録 インパール」も。 テレビをまったく見ないのでリテラが取り上げていなければ見逃すところでしたが、なるほど、おバカなネトウヨが発狂するというのも理解できます。またぞろ「捏造」とか「反日」とか「左翼」とか「プロパガンダ [続きを読む]
  • 「ホンモノ」は「ニセモノ」を駆逐する
  • 良貨が悪貨を駆逐する「悪貨が良貨を駆逐する」ということわざがあります。簡単に言うと一つの社会で、名目上は同じでも実質的な価値の違う貨幣が同時に流通すると、価値の高い方が駆逐されて低い方が流通してしまうという経済原則です。これを「グレシャムの法則」と言うそうですが、たとえとして「悪がはびこると善が滅ぶ」という意味にも使われています。  もっともグレシャムの法則は、16世紀〜19世紀に至るまでの金本位制に [続きを読む]
  • こんなものいらない! 諮問会議とWGの民間委員たち
  • 自民党を倒すことは簡単ではない本題に入る前に、まずは安倍改造内閣ですが、下げ止まらなかった支持率が少し回復したようですね。安倍応援団たちはホッとしたことでしょう。ある程度回復するだろうことは見込まれていましたから、特に驚くことではありませんけれど。 それにしても安倍サンの低姿勢は気持ち悪いですね。とにかく、嵐が過ぎ去るのをじっと待つということなのでしょうが、国民の大半は見抜いていますよ。どこまで頑 [続きを読む]
  • 哀れな安倍信者たちの「論なき論」
  • 断末魔の声を上げる「安倍応援団」たち年明け当初に、ここまで安倍政権がガタガタになると誰が想像できたでしょうか。2月に森友学園事件が発覚した時に、もしかしたらニクソン大統領を辞任に追い込んだ「ウォータゲート事件」のようになるのではと思いましたが、現在の状況は私の予測を遥かに上回ったものになっています。 もう少し野党勢力が強ければ、すでに辞任に追い込まれているはずなのですが、3分の2という現実がそれを阻 [続きを読む]
  • 安倍さんに、これだけは聞いてほしい
  • 安倍さんは絶対に認めないけれど・・・・来週の24日・25日に安倍さんを招いて集中審議をすることが決まりました。今さら、という気もしないではありませんが、やらないよりやった方がいいのは間違いありません。しかし、ここで真相が明らかになると思っている人は誰もいないでしょう。 当初から言及していますが、偽証罪に問われる「証人喚問」もしくは検察の「強制捜査」でない限り、疑惑の人物たちが本当のことを喋ることあり得 [続きを読む]
  • 「司法の歪み」を正すことはできるのか
  • 日本とアメリカの「違憲立法審査」の違い 7月11日から、いわゆる「共謀罪」が施行されます。7月8日の朝日新聞デジタルに憲法学者である木村草太氏のインタビュー記事が掲載されていました。詳細は省きますが要点としては、あくまでもテロを目的とした事件、または指定暴力団のように、あらかじめ組織的犯罪集団と指定したものだけを対象とする、といったような工夫が必要で、運用に際しては限定的な解釈を裁判所に求めることが大 [続きを読む]
  • 望月衣塑子記者を「ヒロイン」にしてはならない
  • 記者としての本来の姿まるでドラマを観ているような展開になってきました。2月の朝日新聞の森友スクープから始まって4ヶ月近くが経ちましたが、まさかここまで安倍政権崩壊の綻びが広がるとは正直思っていませんでした。森友学園事件が発覚した時、ウォーターゲート事件や第二のリクルート事件のようになるかもしれないと書きましたが、私の予測もまんざらではなかったようです。 しかし、どんな脚本家や小説家でも、この物語は想 [続きを読む]
  • あなたは、この国の未来をどう描いていますか?
  • 「共謀罪」が成立したけれど・・・ 正式名称・組織犯罪処罰法改正案、いわゆる共謀罪が強行採決によって可決・成立しました。なんでも7月中旬ぐらいには施行されるとのこと。ずいぶんと早いですが、数々の疑問点や問題点を残しながらの運用となります。それにしても読めば読むほど不可解な法であることは間違いありませんが、その点に関しては、また後日にしたいと思います。少し勉強をして、この法律にどう対抗するか考えたいか [続きを読む]
  • 「詩織さん」会見の意味を考える その3
  • 生きてゆくための選択性犯罪被害に遭った女性が名前も顔も出すことは極めて少ないことです。下世話な言い方をすればメリットよりもデメリットの方が多い。けれども詩織さんは、真っすぐと前を見据えてメディアの前に立ちました。 世の中の多くの人が「勇気がある」「強い人だ」と称賛をしています。確かに言葉通りでしょう。しかし私は違和感を持ちました。いや正確に言えば、5月29日の会見後の色々なインタビューや記事に接して [続きを読む]
  • 「詩織さん」会見の意味を考える その2
  • 民主主義の根幹を揺るがす?捻じ曲げられた捜査? 申し訳ありません、続けて掲載するつもりでしたが?五十肩?のためにマウスを動かすだけで痛くて時間が掛かってしまいました。休めば良いのですが、次から次へと恐ろしいことが起きているので・・・・ 報道されている経緯を見れば逮捕状が出るのは当然だと思いますが執行されませんでした。確かにそれ自体は違法ではありません。法律では司法警察員に判断を委ねられていると明記 [続きを読む]
  • 「詩織さん」会見の意味を考える その1
  • どちらに説得力があるのか 次から次へと「スキャンダル」が出てくるので、それらを伝えた記事を読むだけでも一苦労です。しかし戦前戦後も含めての憲政史上で、これほどスキャンダルにまみれた内閣があったでしょうか。しかもその内容は、すべて民主主義の根幹に関わることばかりです。  5月29日に行われた「詩織さん」の会見はあまりに衝撃的でした。週刊新潮で報道されたこと自体は知っていたけれど詳細は知らなかったのですが [続きを読む]
  • 反対者を抹殺しようとする日本という国
  • 品性の欠片もなく日本語能力も疑わしい、この国の官房長官私は、森友学園事件が表面化した際に自らのブログで下記のように書きました。(国有地格安払下げとヘイト幼稚園と安倍首相、そして昭恵夫人 2017.2.13)より一部抜粋▲これは私の推測ですが、仮に事件になったとしても「近畿財務局の担当者」を犠牲者にしようという意志があるのではないでしょうか。もしかしたら関わった政治家たちとも、その線で話がついているとか・・ [続きを読む]
  • ジャーナリズムの使命を果たしている朝日新聞
  • 腹をくくった朝日新聞 加計学園疑惑についての朝日新聞のスクープですが、さすがに2日続けての一面トップには驚きました。初日の記事に対してネトウヨたちが「捏造だ!」と騒ぐことを予期していたかのように、くだらない雑音を吹き飛ばす2日目の記事。これは朝日新聞が用意周到に準備していた証拠でもあり、同時に相当な確信を持って報じたことも伝わってきます。  新聞にとっての一面トップとは、ある意味その新聞の覚悟や [続きを読む]
  • 安倍首相の精神性と憲法改悪(下)
  • 憲法を変える、または修正するのなら、その意味を考える必要がある 安倍首相の思惑とは裏腹に、各方面から非論理性を批判する声が多くなり、憲法改正(改悪)論議が進展するのか雲行きが怪しくなってきました。  憲法とは「国のかたち」や「国の在り方」を決める基本理念、もしくは基本精神であることは間違いありません。法律や制度は憲法の理念や精神に基づいて作るものであって、それに反すれば憲法違反になることは中学 [続きを読む]
  • 安倍首相の精神性と憲法改悪(上)
  • あまりに身勝手な安倍首相、その精神性は錯乱状態と言っても過言ではない 以前に、安倍首相はトランプ大統領と同じ病気ではないかと書きましたが、自衛隊明記の憲法改正案や民進党に対案を出せと言ったことは、その証明であると改めて思いました。とにかく言うことがコロコロ変わる、すぐ激高する、問われたことに答えず議論をすり替える、一方的に自分の考えだけを言う、などなど・・・・。  なかでも呆れたのは民進党に憲 [続きを読む]
  • 京都ヘイトラーメン
  • ヘイトスピーチの影響とは 「京都ヘイトラーメン」と称した差別言動事件がありました。詳細は、もうほとんどの人がご存知でしょうから内容は繰り返しませんが、またか、という思いです。その後の経過では店主が謝罪の意を表しているので、とりあえず落ち着いたと思ったのですが、昨日(5/6)のヤフーニュースでは、このラーメン店が休業をしたことが報じられていました。休業の理由が伝えられていないので憶測で言及するわけには [続きを読む]
  • 北朝鮮は悪で日米は正義という構図は本当か?
  • 戦争はいつも些細なことから始まる。それは歴史が証明している 原子力空母「カールビンソン」を中心とした米海軍の第1空母打撃群は、沖縄近海にて海上自衛隊との共同訓練を終えて、昨日(4月29日)に対馬海峡を通過して日本海に入ったとの報道がありました。途中、航空自衛隊の戦闘機2機と訓練をしたことも報じられています。当初の報道では、米空母艦隊と自衛隊は日本海にて訓練を行うとありましたが、その相手はどうも韓国軍の [続きを読む]
  • もしかしたら安倍首相はトランプ大統領と同じ病気かも?
  • 国民保護ポータルサイトを嗤う 「大山鳴動して鼠一匹」ということわざがあります。大騒ぎしたわりには結果が小さいと言う意味ですが、今回の北朝鮮を巡る騒動はこの言葉がピッタリでした。今さら言及するのもアホらしいのでやめておきますが、この騒動にかこつけて起きた出来事の中で、さすがに驚くというか、ここまで国民はバカにされているのか、と暗澹たる気持ちになることがありました。それは内閣府が発信している「国民保護 [続きを読む]
  • 沖縄にとっての自衛隊とは?
  • 軍隊が国民を守るという幻想 アメリカが北朝鮮を攻撃するのでは、という緊張感が高まっています。確かに、あのトランプ大統領ではその可能性は否定できないでしょう。そしてそれに呼応するかのように「先制攻撃論」が自民党から出てきました。愚かな、という言葉しかみつかりません。 この件に関しては色々な議論があるので触れませんが、一つだけ言えることは、もしアメリカが攻撃をすれば、間違いなく日本も北朝鮮から攻撃を受 [続きを読む]
  • 教育勅語なんてゴミ箱に捨てよう!
  • 難しく考える必要などない 憲法や教育基本法に抵触しないように教材として・・・・と閣議決定したとか。バカバカしいので全部を書く気にならず省略しましたが、そもそも教育勅語そのもの、または精神と目的が憲法違反なのですが。安倍政権は戦前の亡霊か、と言いたくなります。 12番目の徳目として、「一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ」「以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ」というのがあります。 現代語訳すれば、国家のために勇 [続きを読む]