samurai51 さん プロフィール

  •  
samurai51さん: 元公務員の土地家屋調査士遠藤幸保のブログ
ハンドル名samurai51 さん
ブログタイトル元公務員の土地家屋調査士遠藤幸保のブログ
ブログURLhttp://endo.on.omisenomikata.jp/
サイト紹介文東京都立川市で土地家屋調査士法人の代表社員をしています。日々感じたことを徒然なるままに綴っています。
自由文プロフィール
昭和26年5月 山梨県(現)上野原市生まれ
昭和50年3月 早稲田大学第一文学部心理学専攻卒業
昭和50年5月 八王子市役所入所
昭和60年12月 土地家屋調査士試験合格
平成24年3月 八王子市役所定年退職
平成24年4月 土地家屋調査士事務所開業
平成25年4月〜平成26年3月 土地家屋調査士の支部役員(幹事)
平成26年9月 土地家屋調査士法人山口事務所設立
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/06/17 15:43

samurai51 さんのブログ記事

  • 【日記】 精神的にタイトな日々
  • 大学不動産連盟が縁で受託した2つの物件の境界確定測量が難しい局面を迎え、かなり精神的に厳しい状態に陥っています。1つ目は、前回の日記で書きました筆界特定制度を利用するかどうかで、8/25に結論が出る予定になっています。今まで、幸か不幸か筆界特定制度を申請した経験はないのですが、調査士を職業としてやっているうちに一度は経験してみたいものだという気持ちと1年間もの長きにわたってどの様な結論が出るのかやきもき [続きを読む]
  • 【日記】 筆界特定制度の事前相談
  • 8/9に某地方法務局の筆界特定室へ筆界特定制度の事前相談に行って来ました。対応していただいたのは土地家屋調査士であり、筆界調査委員でもある方でした。今まで参考書等である程度のことは調べていましたので、概要はわかっていましたが、やはり実際にお聞きしてみると知らない事項もありましたので、以下にその相談内容の抜粋を記載します。①筆界特定は境界確定訴訟のように形成権がなく、筆界特定登記官の「意見表明」である [続きを読む]
  • 【日記】 仮換地指定上の建物表題登記には注意して
  • 仮換地指定のある土地上の建物表題登記の建物図面については、さいたま地方法務局管内(すべてかどうかはわかりませんが)では仮換地指定の街区及び画地を実線で書くだけで良いのですが、東京法務局管内の地元の出張所では底地を破線で重ねて書くことになっています。今回、仮換地指定のある土地上の建物表題登記を受託し、施主様に仮換地証明書をいただきに行ったところ、2街区の西側の⑫-1及びその東側の⑫-2の仮換地証明書のみ [続きを読む]
  • 【日記】 目が回るような忙しさ
  • 某大手スーパーとの提携駐車場を有人管理から機械管理に移行する時期が8月1日といよいよ目前に迫ってきて、各種契約締結がラッシュを迎え、目が回るような忙しさです。まず、某大手スーパーとの提携契約に基づく「覚書」を有人管理から機械管理に移行するのに伴って実態に合わせるための規定整備があります。5月頃から計3回に渡って打ち合わせを重ねようやく双方合意しました。次に、駐車場運営会社との機械管理についての打合せも [続きを読む]
  • 【日記】 実家に「でんすけすいか」をもらいに
  • 毎年恒例になっているのですが、明日(7/23)は子供達夫婦と一緒に総勢8名で山梨県上野原市の実家に「でんすけすいか」をもらいに行きます。兄嫁がすいか博士と言われる位、すいかの栽培が上手で毎年この時期になるとすいかができたので取りに来てと電話があります。概ね普通のスイカも含めて10個位いただき、その他にきゅうり・なす・ピーマン・ゴーヤ・トマト等々ワゴンタイプの乗用車で行かないと積み切れないほどの旬の野菜を [続きを読む]
  • 【日記】 二世帯住宅の区分合併登記の完了
  • 今年の1月から関わっていた区分建物区分合併登記が7月10日に登記済になり、施主様の当初からの目的であった非区分建物にようやくなりました。1階を93歳のお母様が所有し、2階をご長男の施主様が所有する物件で区分建物のまま相続が発生すると、小規模宅地の特例が適用されないため約1000万円の相続税が課されるということでしたので、ある意味時間との戦いで非区分建物になって正直ホットしております。なぜ、こんなに時間 [続きを読む]
  • 【日記】 悩ましい境界立会(その2)
  • 前回の日記の続きです。今週境界立会そのものを拒否している隣接地主との話し合いがありました。施主様の話では、実家の建物を解体した時に養生もしなかったので、埃がすごかったことに対して話し合いを持った後でないと境界立会できないとおっしゃっていたそうですので、その話が延々と続いてからでないと境界立会の話には進まないのかと思っていたところ、世間話程度をした後、ところで境界についてはどう考えているのかと唐突に [続きを読む]
  • 【日記】 悩ましい境界立会
  • 先週、境界確定測量に伴う境界立会を隣接地主との間で行いました。午前10時からスタートして30分刻みで4人の隣接地主と境界立会を行いましたが、最後の11時30分からの方との境界立会で不調になる可能性が出てきました。境界立会の場所は施主様の実家に当たる場所ですが、施主様は実家から離れて長い期間が経過しているため、隣接地主の方が何に対して不満を持っているのか理解できないとおっしゃっていました。隣接地主の方は境界 [続きを読む]
  • 【日記】 3番目の孫の誕生
  • 3番目の孫が6/20に生まれ、今日(6/25)退院してきました。3050gの女の子で息子にとっては2番目の子供ということもあって順調に育っているようです。新生児は抱くときに肘まで石鹸で洗ってから抱くようにと息子から言われそのとおりにしましたが、本当に小さくて愛おしいものです。ところで、6/19から息子と2歳になる初孫が我が家に泊まりに来ていて、寝食を共にしていると色々と見えない部分が見えてきておもしろいものです。ど [続きを読む]
  • 【日記】 兄弟姉妹での会食
  • 今日(6/17)は姉2人兄1人の合計4人で会食があり楽しみにしています。私は当年とって66歳になりますが、6人兄弟姉妹の末っ子で、配偶者を含めてまだ誰も欠けていません。毎年お正月とお盆には兄弟姉妹で実家である上野原市に集まって賑やかに過ごさせていただいています。これも84歳になる長兄の連れ合いが嫌な顔一つせず、快く迎えてくれるからだといつも感謝しております。そればかりでなく、毎年新玉ねぎ、ジャガイモ、新米がで [続きを読む]
  • 【日記】 ドローン測量の実施
  • 以前の日記で、区画整理区域内の土地を16区画に分筆する登記の依頼が大手ハウスメーカーからあったことを書きました。その現場がいよいよ動き出し、昨日(6/9)区画整理事務所からいただいた座標データの確認測量や既設の境界点の観測などの測量を実施してきました。これは、6/13に予定されているドローンやGPSによる測量との誤差を確認するために予め実施したもので、どのような結果が出るのか楽しみです。今回ドローン測量を実施 [続きを読む]
  • 【日記】 被相続人名義の建物滅失登記
  • 被相続人名義の建物滅失登記を申請している法務局から昨日(6/2)お電話があり、次の書類が不足しているのでレターパックで送ってほしいとのことでした。①被相続人の昭和何年から昭和何年までの戸籍(除籍)謄本②本籍地入りの除住民票か滅失対象建物の登記済証被相続人名義の建物滅失登記では今まで何回か補正対象になり、痛い思いをしているので自分の中では必要書類は次のように整理していました。①被相続人が確かに亡くなっ [続きを読む]
  • 【日記】 超多忙な日々
  • ここのところ仕事以外に家の用事等で超多忙な日々が続いて少々参っています。まず、何回か前の日記で書いた大手スーパーの専用駐車場として貸しているところを有人管理からカメラ認証によるシステムに機械化する話が具体化し、今まで数回打ち合わせを重ねいよいよ契約の一歩手前まで進んできました。このカメラ認証による駐車場管理システムは昨年11月にリリースされたもので、駐車場に入って来る車のナンバーをカメラで記録し、精 [続きを読む]
  • 【日記】 無接道敷地の可能性
  • 先日の日記で、HPからの受託としては過去最高額の現場を受託したことを書きましたが、その現場の測量に行って来ました。5月16日(火)の午前9時に伺うことでお約束し、次の順序で作業を進めました。①施主様への工程表の説明②隣接地主との間に設置されているコンクリートブロック塀の所有者確認③隣接地主との関係や注意しなければならない点④西側赤道の境界標の探索⑤トラバース点の選点⑥現況測量①から③について約1時間ご説 [続きを読む]
  • 【日記】 14階建の建物表題登記の受託
  • 大学不動産連盟(UREL)立川地域会に所属している会社様から上野の駅前に14階建のホテルの表題登記を受託し来週申請する予定です。昨年8月にも赤坂で9階建のホテルの表題登記を受託し、今回が2回目のご依頼でした。普段は2〜3階建の建物表題登記がほとんどで、さすがに14階建の建物表題登記となるとプレッシャーがかかってきます。床面積求積図と平面図をにらめっこしながら、床面積に算入する部分と不算入の部分をマーキングしなが [続きを読む]
  • 【日記】 HPからの過去最高額の受託
  • HPを開設して丁度3年になりますが、HPからの受託としては過去最高額のお仕事を受託し、施主様には心から感謝しているところです。土地家屋調査士法人山口事務所としても過去4番目の大きなお仕事で、所員一同しっかりと施主様のご期待に応えなければと張り切っているところです。今回の施主様は他のHPもご覧になって研究していたらしく、ご自分なりの予算も把握していたのでとんとん拍子で受託に至りました。4月30日(日)にHPの問 [続きを読む]
  • 【日記】 施主様主催の慰労会
  • 昨晩(4/28)調査士冥利に尽きる宴会がありました。大学不動産連盟(UREL)立川地域会で知り合いになった大手不動産会社の部長様からご発注いただき昨年11月から今年初めにかけて実施した境界確定測量でお世話になったということで、施主様主催の慰労会を開いていただきました。その宴席には権利の登記を担当した司法書士の先生も同席され、施主様のお馴染みの店でおいしい料理と楽しい話で大いに盛り上がりました。ちなみに、その [続きを読む]
  • 【日記】 過去最大規模の現場の受託
  • 区画整理区域内の土地を16区画に分筆する登記の依頼が大手ハウスメーカーからありました。それも分筆だけではなくその後の建物表題登記、保存・設定まで一連の仕事として発注していただけるようです。まずは、その区割案を作成してほしいということで資料を送付していただいたのですが、どの様に区割するのかはわかりましたが、肝心の座標データが送られてこなかったので問い合わせたところ、そのハウスメーカーでも現在持っていな [続きを読む]
  • 【日記】 駐車場の運営方式
  • 我が家では某大手スーパーと専用駐車場として管理契約を締結しています。今はそのスーパーで買い物をするために駐車場に入場するお客様に、券を発行してスーパーのレジでスタンプを押してもらった券を回収して、そのスーパーに1枚何円で請求するというシステムを採用しています。いわば有人管理をしてきた訳ですが、ここで機械式の駐車場として採算的にやっていけるか検討することになりました。そこでネットで色々と調べたのです [続きを読む]
  • 【日記】 同窓会繋がりの話
  • 同窓会繋がりのお話です。昨晩(4/7)は私の母校である山梨県立都留高校の出身者で八王子市役所に勤務している(していた)方達で組織する鶴親会(かくしんかい)の年に1度の懇親会がありました。会員は36名いるのですが、出席者は14名でした。36名の会員のうち退職者は20名になり、個人情報保護がうるさくなったせいか新入職員を発掘できなくなったため、高齢化が進み出席者は先細るばかりです。私が20代の頃は皆若く血気盛んでし [続きを読む]
  • 【日記】 同窓会からの依頼
  • 変わったところから建物表題部変更登記の依頼がありました。一般社団法人紫芳会という法人で、地元の方ならだれでも知っている東京都立立川高校(前身は東京府立第二中学校)の同窓会です。同窓会が法人格を持っているのも珍しいですが、事務局長さんにお聞きしましたら都立高校では何校か同窓会が法人格を持っている学校があるそうです。さらに同窓会が不動産を保有しているのですから驚きです。やはり地元の名門高校は違うなと思 [続きを読む]
  • 【日記】 建築中建物の施主様の急逝に伴う表題登記
  • 以前日記で書きました施主様の急逝により、延期されていた建物表題登記の依頼が3月末の引渡しという内容で先週正式にありました。3月21日申請で3月24日登記完了したので、ホットしていますがもう少し余裕をもってお話をいただければありがたいと思った次第です。建物建築中に施主様が急逝されるケースは少ないのか、参考書をみても被相続人が建築した建物を相続人が表題登記を申請する場合はいくらでも出ているのですが、今回のケ [続きを読む]
  • 【日記】 端午の節句の鎧兜の購入
  • 今日(3/18)は2番目の孫の端午の節句に飾る鎧兜を購入しに妻と娘夫婦と孫で三越本店まで行って来ました。3連休の初日だったためか、都心に向かう高速道路は混んでいましたが、約1時間30分で三越本店に到着しました。三越本店は本館と新館に分かれていて連絡通路で繋がっている構造のため、迷いながらようやく売り場に到着しました。予算は40万円までと事前に決めていたので、比較的迷わずに購入できましたが、妻は兜だけのもので [続きを読む]
  • 【日記】 基本三角点等に基づく測量の実施
  • 東京法務局管内では基準点測量に基づいた地積測量図の提出が完全実施され始めたようです。先日、任意座標に基づいた測量成果で地積測量図を作成して提出したところ、補正対象になり、その後始末で大変な思いをしました。東京土地家屋調査士会では、昨年11月22日に全会員を対象とした必須研修があり、その時に基準点測量に基づいた地積測量図の提出がテーマになっていましたが、まさかこんなに早く実施に移されるとは思ってもみなか [続きを読む]
  • 【日記】 たかが滅失されど滅失
  • 土地上に存する建物滅失登記を完了していることが土地売買の決済の条件という急ぎの建物滅失登記の依頼を受けました。しかも段々調べていくうちに滅失対象建物は2棟あり、そのうちの1棟の所有権登記名義人は現在行方不明であることがわかりました。この様な場合は、土地所有者からの建物滅失申出しか手はないことをご説明し、期間も通常の2〜3倍かかる旨をご説明しましたらさすがに決済日はずらしてくれたようです。次に依頼人の建 [続きを読む]