語り人 さん プロフィール

  •  
語り人さん: 声で人生が変わる! ユアボイス・マイボイス
ハンドル名語り人 さん
ブログタイトル声で人生が変わる! ユアボイス・マイボイス
ブログURLhttp://kataribito.net/
サイト紹介文ナレーター・ボイス講師の「語り人」が声に悩むあなた、そして声フェチのあなたに贈る
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2014/06/18 12:40

語り人 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 過去からの贈り物(完)
  • 「岡本、おまえも一緒に来い」 「おれも大阪にか? なんでだ」 「おれたちの青春を書き直すんだ」 「大阪で青春を書き直す? どういう意味だ」 「この流れだ。少しは想像してみろ」 「まさか、飯倉奈都子が大阪にいるって話か?」 […] [続きを読む]
  • 過去からの贈り物(下)
  • 20年ぶりに再会するその人は、間違いなく45歳なっているはずだった。なのに、僕は幻覚を見ているのか。その容姿も体型も、髪形も服装も、眩いばかりの精神の溌剌さも、もう何から何まで、僕の記憶に鮮明に焼き付いている、20年前の彼女そのままなのだ。「語り人さん!」昔のままの澄んだ声で彼女は僕を呼んだ。タイムスリップした人のように僕はうろたえた。(過去からの贈り物(中)のつづき)と、ここまで書いて僕は筆を止 [続きを読む]
  • 過去からの贈り物(中)
  • あらためて僕はこう言わなければならないだろう。「頼むから、僕を自由にしないでくれ」ひとりでいることが自由でないことくらい、僕だって知っている。(過去からの贈り物(上)のつづき)そんな気取ったオチをつけてみが、それにしても、やはり疑問は残った。秋から年末にかけての、あの雪崩のような目まぐるしい出来事はいったい何だったのか。何故かくも、この期に及んで、縁の途切れて久しい人たちばかりが何人も、まるで申 [続きを読む]
  • 過去からの贈り物(上)
  • 絶賛連載中だった(?)「ジョージの伝言」6章を最後に消息不明になっていた語り人です。えっと、更新が昨年の8月だから、つまり半年近く僕は行方をくらましていたことになる。続きを楽しみに待ってくれていたかた、そして借金取りみたいな催促のメッセージをくれたかた、ごめんなさい。正直に言います。語り人は居留守を使っていました。あなたは何度もブザーを鳴らし、ドアをドンドン叩き、ドアノブをガチャガチャ回し、大声で [続きを読む]
  • 第4話6章 きみは悪くない
  • 「語り人、何やってるんだ!」振り返ると、そこにいたのはジョージではなくニックだった。「あんた、ひどい怪我をしてるじゃないか!肩もやったな。とにかく診療所に行こう」「だいじょうぶ。それよりどうした?」「傷の手当てが先だ。歩けるか?」「ニック、いいから話してくれ!」「ジョージのことで知らせがあったぞ」(5章 「怒りの代償」つづき) 「ありがとうニック、おかげで助かった」基地の診療所での治療を終え、 [続きを読む]
  • 第4話5章 怒りの代償
  • 「そのとおりだ。違わないよ。それにしても見事な演説だ!」と拍手をしながら言った。「語り人にはかなわないね。きみこそ、何でもお見通しってわけだ」ジョージの顏を見たのは、それが最後だった。(4章 「言葉の力」のつづき) 「最近、ジョージの姿を見かけないけど」ジョージをペテン師呼ばわりしたことを謝りたくて、僕は毎日ゲートに足を運んだ。でも、そこにジョージの姿はなかった。一週間が過ぎ、僕はたまらなくな [続きを読む]
  • 過去の記事 …