パンチョ さん プロフィール

  •  
パンチョさん: 聴いて見るブログ?!
ハンドル名パンチョ さん
ブログタイトル聴いて見るブログ?!
ブログURLhttp://8080music.blog.fc2.com/
サイト紹介文オールジャンルの音楽ブログ。80年代洋楽を中心に、邦楽、ソウル、JAZZにラテン・サルサまで。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2014/06/18 15:10

パンチョ さんのブログ記事

  • Prince 【Purple Rain DELUXE-EXPANDED EDITION (3CD+DVD)】
  • 予約していたCDが届きました。そうです【PURPLE RAIN DELUXE-EXPANDED EDITION(3CD+DVD)】です。個人的なフェイヴァリットは【Sign "?"The Times】ですが、アルバム【1999】から【Sign "?" The Times】まで1連の傑作アルバムは80年代の大切な音楽遺産だと思います。しかしこれは凄いです。開封して一番最初にDVDを見ました。殿下が世界を制覇した、まさにその瞬間を捉えた充実したLive映像でした。画質的に難があるとはいえ、こ [続きを読む]
  • Van Halen 【Hot For Teacher 1984年】
  • 前回途切れてしまいました 『カテゴリの空欄を埋めるシリーズ』 の続きです。残すは【V】と【Z】ということで、今日は【V】です。チョイスもかなりベタですが、ここは【Van Halen】でしょうか。大ヒットしたアルバム【1984】。友人の家にも必ずあった1枚ですね。私はレコードこそ買っていませんが、このアルバムからのシング曲とそのPVはどれも印象的です・・・というか強烈なインパクトがありました。今回改めてここに上げる際に [続きを読む]
  • Patty Smyth 【Never Enough /1987年】
  • 前回に引き続き【パティ・スマイス/Patty Smyth】の続編です。Scandalを解散し、ソロキャリアをスタートするパティ、その最初のシングル曲が87年の【Never Enough】です。私の1番好きな楽曲とPVはこれですね!今聴いても胸躍るスカッとするPVです(^^♪この曲、このサウンド・・・聴いてピンとくる人もいるのではないかと思います。この曲のソングライティングには【Eric Bazilian と Rob Hyman】・・・ そしてプロデュースは【リッ [続きを読む]
  • Patty Smyth & Scandal 【The Warrior 1984年】
  • 洋楽を聴き始めた頃にエアチェックして好きだった曲ですね。ハスキーでパワフル!なかなかカッコイイお姉さんでしたね。当時は男性ヴォーカルで【John Waite】が好きでしたが、その女性版?!のような感覚で贔屓にしていました。この84年のアルバム【Warrior】はこの曲以外も"Beat Of A Heart""Hands Tied"のシングル曲をはじめ適度にキャッチ―な佳曲が並び【Patty Smyth/パティ・スマイス】のヴォーカルが楽しめる好盤です。また [続きを読む]
  • Yes 【Love Will Find A Way /1987年】
  • カテゴリの空欄を埋めていくシリーズ(笑)今回は【Y】です。【Y】。。。。この人たちしか浮かばないです。 【Yes】と言っても、私は80年代の“あの大ヒット曲”以前の物はアルバムも聴いていないのです。いわゆる“プログレ”ってジャンルですね。【キング・クリムゾン】なんかもそうですが、アルバムを1枚も手にしていないのですよ。【アラン・パーソンズ・プロジェクト】はかなりPOP寄りだからか全て聴いているのですが、聴かず嫌 [続きを読む]
  • U2 【With Or Without You /1987年】
  • 前回のXTCを書いた時に、いくつかのブログ・カテゴリーが空白のままである事に気が付いた!という訳で、いまだ空欄になっているABC順のカテゴリを埋めていくことにします。さて、まずはカテゴリ『U 洋楽 -80’』からであります。『U』の頭文字でパッと浮かぶ名前は2つでした。【Ultravox】と【U2】。どちらを選択してもベタなのですが、同じベタであれば、ここは【U2】にしましょう。U2で私がリアルタイムにアルバムを買って聴い [続きを読む]
  • XTC 【Senses Working Overtime /1982年】
  • 皆さんも好きに違いないXTCです。XTCは私のブログでも取り上げたと思っていたのですが、『あれっ、Xのカテゴリが空っぽだ!?』と、思って調べてみたら、ここのブログをはじめる前に他のブログで書いていたことが発覚。大好きな曲の初見の動画を見つけたので貼ってみました。私のXTCデビューは遅くて、1989年『Oranges & Lemons』からになります。当時バイトしていたコンビニの店内BGMで流れていた【The Mayor of Simpleton】に憑 [続きを読む]
  • 何だかんだで大人買い気味です(^^♪
  • 松岡直也さんの【J-FUSION 40th ANNIVERSARY SHM-CD COLLECTION 1300】でのリイシュー。4月に続き、5月末に第2弾の17タイトルがリリースされました。以前のブログではリマスターの確認の意味なども込みで2枚だけ購入したと書きました。今日はその後の推移を報告します。購入済みのCDを確認してみた結果、全てのCDにおいてリマスターは行われていると確認できました。ただ大幅な変化があるかと言えばそうでもありませんが、全体を通 [続きを読む]
  • Wax 【Shadows of Love /1986年】
  • ネットで動画を色々と見ていて、懐かしいのを見つけました。というか、彼らの存在をすっかり忘れちゃっていました。元10?のべーシストのグラハム・ゴールドマンとアンドリュー・ゴールドのデュオユニット【WAX】です。この曲はPVを見てとても好きだったのですが、当時の私は70年代に疎く10?すらベスト盤しか聴いていなかったため、気になりつつも【WAX】のアルバムは1枚も持っていません。特にこの【Shadows of Love】が入った1t [続きを読む]
  • Sade  【Never As Good As The First Time /1985年】
  • 前回のネタの【38スペシャル】の動画からの馬つながりで・・・このPV大好きなんですよねー。ただただひたすらに馬に乗るシャーデー・アデューがカッコイイのです。そして馬のフォルムが美しくてやっぱり好きです。ぼんやり流しててもずーっと見てられます。本当に絵になりますね・・・。楽曲もこれぞ『シャーデー!』って感じのクールでジャンルレスな仕上がり。2thアルバム【Promise】の中でも特に好きな1曲です。こっちも1thと並 [続きを読む]
  • 38 Special 【If I'd Been the One /1983年】
  • 忘れた頃にふっと聞きたくなる曲の1つ。80年代的な時代の気分を感じさせるサザンロック・バンド【38 Special】サザンロックと言っても、どこか乾いた爽やかな風を感じさせる楽曲はMTVやビルボードのPOPチャートでも人気でした。83年ビルボードでは最高19位だった【If I'd Been the One/愛は消えても】エアチェックして聴いていたのが懐かしいです。当時の音楽仲間でも、この曲収録のアルバム【Tour de Force】は人気で、持っていた [続きを読む]
  • Level 42 【Starchild /1981年】
  • ・Lessons in Love: the Essential Level 42・Wonderland: the Essential Big Country発売前に勢いで注文してしまっていた2枚のCDが届きました。発売時のリリース案内が3枚組のベスト盤だというだけの情報で、収録曲やリマスターの有無なども確認せずにカートに入れて即注文していました。即断した理由はただ1つ【安かったから(^^♪】予約段階では3枚組で1400円ぐらいでした。実は【Level 42】の初期のアルバム、いわゆるジャズフ [続きを読む]
  • 【勝手にグアコ祭り Vol.2 〜グアコで踊れ!】の内容がUPされていました!
  • 昨年のGUACO来日公演に際して、その勉強会として開催されていた【勝手にグアコ祭り】。その第2回開催分がWEB上で公開されました。「勝手にグアコ祭り Vol.2〜グアコで踊れ!」ご報告!(前半)「勝手にグアコ祭り Vol.2〜グアコで踊れ!」ご報告!(後半)GUACO好き、Venezuela音楽好きには今回も大変参考になる勉強会で前回分と合わせてお読みいただきたいと思います。↓第1回分はこちらです。【勝手にグアコ祭り】の内容がUPされ [続きを読む]
  • GUACO 2017年の新作 【Bidimensional】がリリース!
  • グアコの2017年新作【Bidimensional】がリリースされました。ここ日本では現在の所は配信のみで入手可能のようですが、追ってCDメディアもリリース登録されるのではないかと思います。今回のアルバムは半数の7曲がオーケストラと共演した【シンフォニコ・ヴァージョン】となっており楽曲も過去曲のリレコーディングされたものになっているようです。残り7曲は通常の現代アレンジによる新曲です。もちろん日本公演や日本版ベストア [続きを読む]
  • Haircut 100 【Paint And Paint - Deluxe Edition / 1984年】
  • 購入したCDを緊急報告です。長らく廃盤で、幻の2thアルバムとなっていた「すきすきシャーツ!」でおなじみの【haircut 100】。その幻の2thアルバム【PAINT AND PAINT】が遂にDX仕様で初CD化されました。リイシューはもちろん【Cherry Pop】さんからで、国内仕様も出るようです(海外盤に簡易ライナー付きかな?)私個人は長らくこのアルバムの存在すら知らなかったのですが、知り合いのその筋のマニアさんから、このアルバムの存在 [続きを読む]
  • 松岡直也 リマスター&SHM-CDでリイシュー!
  • ご無沙汰です!すっかりブログもサボってます^^しかし世間はもうGWなんですよねー。私は相変わらず病院と家と仕事を忙しく行き来している状態で、私に今年はGW はありませんね(^^♪そんな訳で私の気休めにCDを買いました。松岡先生の過去作が一斉リイシューされるようでして密かに買い逃していた廃盤CDも含まれているようで早速注文してあります。・・・まだ現物は到着していないのですが。。。【J-FUSION 40th ANNIVERSARY SHM- [続きを読む]
  • Prefab Sprout 【We Let the Stars Go /All the World Loves Lovers 】
  • 今月に入り2人居る家庭内病人の病状が今一つ良くなくて、入院と通院が増えていて落ち着かない日々を送っています。そんな中でここ最近はこの定番/名盤アルバムを家で夜に聴いています。プリファヴ・スプラウト、1990年の5thアルバム。【Jordan: The Comeback /ヨルダン・ザ・カムバック 】リマスター&紙ジャケ化の際にこのアルバムだけは買っておいたのです。私的には80年代の彼らとは何故か縁が無く、ほとんど聴いていませんでし [続きを読む]
  • GUACO 【A Comer /1985】
  • グアコの貴重な動画シリーズ第3弾。【Cepillao /1983年】【Un cigarrito y un Cafe /1984年】と続きましたので絶頂期と考える83、84、85年の最後、85年のアルバムから、現在でもライブのオープニングとして演奏される事の多い【A Comer】です。リーダーでカンタンテ/ヴォーカルの【グスタボ・アグアド】の魅力満載、楽しい曲ですね。この85年のアルバムからは人気カンタンテ/ヴォーカルだった【Amilcar Boscan】が前作をもって脱 [続きを読む]
  • SONORA PALACIO 【Un cigarrito y un Cafe】
  • 前回、GUACOの84年曲【Un cigarrito y un Cafe】の動画を探している時に、こんなカバー・ヴァージョンを発見。聴いて見たら結構面白かったので貼ってみます。一聴して『コロンビアのクンビア・バンドか?』と思いましたが、ネットで色々と検索してみますと・・・どうやらチリのクンビア・バンドのようですね。視聴できたアルバムではサルサ的なリズムやメレンゲなんかもありますが、全てがクンビア的なアクセントが効いていて面白 [続きを読む]
  • GUACO  【Un cigarrito y un Cafe /1984年】
  • 昨日に引き続き、GUACOのお宝映像第2弾。日本でも国内盤が出たおかげで認知度が高い、84年のメガヒット。この映像では弦も1人増え、83年の映像に比べて総勢19人に増えてます。もちろん歌うは 【Amilcar Boscan/アミルカル・ボスカン】です。やはりアルバムでも84年作の方が完成度高いです。本当にこの盤が国内盤CDでリリースがあった事は快挙!このCDのおかげで今の私が存在する次第ですから^^探せばまだ国内盤CD【これがグアコ [続きを読む]
  • Guaco 【Cepillao /1983年】
  • この動画を見つけた時は狂喜乱舞したもんです^^ほんとうにyoutubeのありがたみを感じる瞬間でした。私達、日本のGUACOファンには、見ることはできないであろうと思われていた映像。半ば諦めていたような映像がここにはあるんです。80年代の、しかも全盛期の!まさに黄金メンバー!での演奏映像。言わずもがなの・・・83年のアルバムからの大ヒット曲【カキ氷屋/Cepillao】ですね。バイオリンも入っているGUACO流チャランガ編成。 [続きを読む]
  • Dr. Robert /Blow Monkeys 【I've Learned to Live with Love /A Simpler Place And Time】
  • 昨夜はこのCDを聴いていました。【Blow Monkeys】の【Dr.Robert】ソロ・アルバム【Keep on Digging for the Gold】。2002年リリースですね。このCDはソロになってからのアルバム未収録シングル&レア・トラック集。私も当時これが出ていたのを知らなくて、2005〜06年頃大阪の中古屋巡りツアー中に、【DISC J.J. メガストアー日本橋本店】で900円ぐらいだったか?で購入しました。これも運が良かったな(^^♪久しぶりに聴いて見たの [続きを読む]
  • bonobos 【Cruisin’ Cruisin’】
  • 昨夜はこのアルバムを聴いていました。・【bonobos】の【23区】私は彼らのメジャーデビューの頃、2005年あたりからアルバムを聴き始め、インディーズ時代も遡りファンになった身です。ですがP-Vineへの移籍を経た2009年の【オリハルコン日和】を最後にアルバムから遠のいていました。理由は単純に私の好みから少しズレたから・・・。私はご存知の通りラテン系好き。このバンドもデビュー以来、専属のパーカッション松井泉さんが在 [続きを読む]