higuhigu さん プロフィール

  •  
higuhiguさん: LEC司法書士専任講師・樋口正登の法律好きるあっぷ!
ハンドル名higuhigu さん
ブログタイトルLEC司法書士専任講師・樋口正登の法律好きるあっぷ!
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/goo747-400dom
サイト紹介文講師の立場から、講義のポイント・イベント情報・世間話などを書いております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2014/06/18 23:43

higuhigu さんのブログ記事

  • 今年もやります〜最後のSOS対応〜
  • 受験生の皆さん、お疲れ様です。今夜は緊張して、十分な睡眠時間は取れないことと思います。でも、これはごく普通のことなのでご心配なく。1時間でも眠れたら十分に力は発揮できます。さて、樋口の個別指導塾では、今年も「本試験当日の最後のSOS」に対応致します。受験生が昼休みとなる11:30〜13:00は、LECの本部で待機しておりますので、最後の最後、疑問点などがあれば「お電話」「メール」でお問い合わせ下さい。なお、本試 [続きを読む]
  • 2017年向け重要項目一覧(マイナー科目・記述)を配信
  • 受験生の皆さん「直前期」お疲れ様です。ここからが「正念場」です!6月24日(土)11時ごろより、まぐまぐから「講師の個別指導塾」第23号を配信します。今回は、マイナー科目&記述についての出題予想論点です。どうぞ、合格にお役立て下さい。例年ですと、このblog.でも情報公開をしておりますが、今回は、Face book.やメールマガジンなどでご縁のある方を対象として情報をお伝えすることにしました。読者登録は、こちらから。も [続きを読む]
  • 2017年司法書士試験向け、重要項目一覧を配信しました
  • 受験生の皆さん、直前期お疲れ様です。勝負は、まだまだこれから! 6月12日、まぐまぐから「講師の個別指導塾」第22号を配信しました。今回は、主要4科目についての出題予想論点です。どうぞ、合格にお役立て下さい。例年ですと、このblog.でも情報公開をしておりますが、今回は、Face book.やメールマガジンなどでご縁のある方を対象として情報をお伝えすることにしました。近日中に、マイナー科目・記述についても配信いたしま [続きを読む]
  • 不動産の先取特権は、登記が効力要件?対抗要件?
  •  6月に入り、受験生の方も正念場の時期。 焦る気持ちは分かりますが、焦ったところで点数が伸びるわけではありませんので、まずは冷静に。 直前期ということで、受験生の方から個別指導塾へのご質問も件数が増えてきました。そんな中から今回は、不動産の先取特権を取り上げます。 「不動産の先取特権は、登記が効力要件と理解すべきでしょうか」とのお問合せ。 厳密に言えば、「効力を保存する」とされているものは、「登記 [続きを読む]
  • 法律は、ときとして人のプライドを傷つける!?
  • 世の中には・・・大物のように見えて、実は、器の小さな方がいるもの。本年度は、自宅のマンションの自治会で会長職を拝命しておりますが、以前、当時の役員だった方に定時総会の席上、法律的な反論をしたことがありました。内容的には判例に基づくもので、かつ、根拠である判例番号も含めて資料をお渡ししました。ただ、残念なことに?この方は「恥をかかされた!」と思ったようで、それ以降、毎年のように「チクリちくり!」と嫌 [続きを読む]
  • 大学の講義やら企業研修やら・・・
  • 最近は、LECの講座のあり方も大きく変わり始めています。以前のように、各本校に来て頂いてというケース以外に、こちらから大学や企業にうかがって講義を提供するという機会が増えるようです。これも市場原理ですが、こうした方向性は一定期間前からは予想されてきたとのこと。個人的には、宅建講座では「大学」や「企業」にはうかがう機会がありますが、まだ実現していないのは「大学における司法書士講座」。昨年、LECでは某大学 [続きを読む]
  • 2017年向け新規講座・プロモがアップされました
  •  何度かお知らせしております、2017年本試験向けの「スリーステップQ&A」講座。 このたび「プロモーション」がLECの方でアップされました。講座の趣旨や具体的な内容についてコメントしております。レジュメの内容もご覧になれますので、ぜひどうぞ。 難化傾向の試験に対応! 以下のLEC司法書士サイトからも、お申込が可能です。 ぜひ合格にお役立て下さい。 https://online.lec-jp.com/disp/CSfLastPackGoodsPage_001. [続きを読む]
  • スリーステップQ&A、販売開始しました!
  • 2017年司法書士試験向けの新規講座・・・ スリーステップQ&Aの第1弾、いよいよ販売を開始しました。 今回は、受験生から寄せられた「質問事項」に着目。ステップ1では「質問内容」を共有、ステップ2では「回答」を確認、さらにステップ3では「判例・学説などの関連情報」を掘り下げます。第1弾は次の3項目です。 1.連帯債務・不法行為・事務管理・同時履行の抗弁権 2.行為能力・虚偽表示・権利能力・契約と信義則・公序 [続きを読む]
  • 2017年向け〜スリーステップQ&A〜
  • 2017年司法書士試験向けの新規講座・・・ スリーステップQ&Aの第1弾を、今月中には収録します。今回は、受験生から寄せられた「質問事項」に着目。ステップ1では「質問内容」を共有、ステップ2では「回答」を確認、さらにステップ3では「判例・学説などの関連情報」を掘り下げます。第1弾は次の3項目です。1.連帯債務・不法行為・事務管理・同時履行の抗弁権2.行為能力・虚偽表示・権利能力・契約と信義則・公序良俗違 [続きを読む]
  • 口述試験と遅めの2食目と・・・。
  • 司法書士の「口述試験」が行なわれました。今年の問題を、一部ご紹介しておきますね?・単有の不動産と共有の不動産を所有している場合に、名変登記は、一申請情報とすることができるか?・3つの担保権について順位変更をする場合の申請人は? (1番/2番/3番を3番/2番/1番へ変更する場合)・法定相続の登記を申請する場合、相続人の1人が申請することは可能か? その理由は?・司法書士の訴訟代理権以外の職務を3つ挙げなさい。 [続きを読む]
  • 司法書士試験・筆記の合格発表を受けて
  •  本年度の司法書士「筆記試験」の合格発表がありました。 合格された皆さんは、口述試験に向けて気を抜くべきではありませんが、事実上の合格!?おめでとうございます。個別指導塾にも、合格報告を下さった方や、逆に、残念な結果であった方からも報告をいただきました。 今年は、以下の特徴が見られます。1.記述基準点が低い(30.5)2.合格するためには、例年以上の上乗せ点が必要(+23.0)  記述については、70点満点 [続きを読む]
  • 法務省の基準点発表を受けて
  •  受験生の皆さん、暑中お見舞い申し上げます。 今年の司法書士試験について、法務省から基準点が発表されましたね。少し、時間が経過しましたので、受験界は落ち着きを取り戻しているとも言えます。 昨年と比較して難易度が上がった今年の本試験は、午前25問・午後24問。個人的には、思ったよりも1問程度低かったというのが本音ですが、受験生の皆さんは、結果は結果として受け止めるしかありません。 http://www.moj.go.jp/co [続きを読む]
  • 独学者よ!個別指導塾に来たれ!
  •   現在、LECでは、「ブレークスルーテキスト」の一般販売を行なっております。 今までは、受講生限定で門外不出と言われてきたもの。特に、独学層の方にはお勧めです。過去問の出題実績はもとより、関連情報が豊富に網羅されております。 そして、お知らせがもう一つ。 昨年の春から動いております「樋口の個別指導塾」ですが、このたびLECの会員以外の方からのご質問も、もっと積極的にお受けすることになりました。 さすが [続きを読む]
  • 午前30問、解答を変更しました
  •  受験生の皆様・・・本試験お疲れ様でした。 今年は、午前科目では、憲法・民法・刑法は解きやすく、会社法で足下をすくわれたという感想をお持ちの方が多いですね? また、午後科目では、不動産登記の記述で、いきなり想定外のことが。一方、商業登記の記述は、同じ論点が繰り返し出題されるという既成事実は変わらず。 まずは、ゆっくり休まれて下さい。  ちなみに、LECとして、午前30問(会社の機関)の解答を4から5 [続きを読む]
  • 受験生は、眠れない・・・
  •  司法書士試験を明日に控えて、おそらく大部分の受験生の方は、まともには眠れません。 これは毎年のことなので、寝付けないことをマイナスと感じる必要はありません。ごくわずかの時間・・・1〜2時間程度でも仮眠が取れれば十分です。完全に徹夜をしてしまった場合と比較して、大きな違いがあります。 間違っても「本気で勉強する!」などということはしてはなりません。ここで力を注いでしまうと、本番で最後まで持たなくなり [続きを読む]
  • 2016年、やり残したところは「一夜漬け!」
  • 2016年・司法書士試験、やり残したところは「一夜漬け!」 リストを見て、手付かずであるとピンときたものは、ぜひ確認を!(6月30日と7月1日までは勉強することを推奨、7月2日は、何もせずにお休み下さい)【民法】錯誤、無権代理、時効の援用権者、不動産物権変動(遺産分割・相続放棄・背信的悪意者)、登記請求権、明認方法、抵当権一般(効力の及ぶ範囲)、抵当権処分、法定地上権、債務不履行、賃貸借、委任、不法行為(使 [続きを読む]
  • 今年の本試験当日の動き・・・
  •   いよいよ、司法書士試験の本番が目の前!  受験生の方の心理状態は、すでに「まな板の上の鯉」といったところでしょうか? ご自分の可能性を信じて、最後の1分1秒まで粘って下さい。 ところで、今年の本試験当日の個人的な動きは、例年と異なることが判明しました。 通常ですと、朝は試験会場で「激励」、コールセンター「常駐」、本試験「解答出し」、本校へ移動して「質問対応」という流れですが、今回は、「激励」「質 [続きを読む]
  • 判例・先例・公式文献「横断整理講座」科目追加収録のお知らせ!
  •    本試験まで、残すところ2ヵ月となりました。勝負はこれから! 受験生の皆さんは、ぜひとも頑張られて下さい。 このたび、直前期にエールを!というコンセプトの下、すでにラインナップされております判例・先例・公式文献「横断整理講座」について、「科目追加収録」を行なうこととなりました。【不動産登記法】(判決による登記全2回) 判決による登記1. ・登記手続を命ずる判決とその執行 ・抹消登記手続を命ずる判 [続きを読む]
  • 司法書士試験・願書の配布が始まりました!
  •   平成28年度の「司法書士試験受験案内」および「受験申請書」(願書)の配付が始まりました。出願期間は平成28年5月9日〜5月20日です。<願書の入手方法> 法務局または地方法務局の総務課にて「司法書士試験受験案内」および「受験申請書」(願書)の配付を行っております。 郵便でも請求が可能ですので、詳細は法務省ホームページにてご確認下さい。<昨年との変更点> 携行品のうち携帯電話等の通信機器の電源を切るタ [続きを読む]
  • 最近の受験生の心理状態・・・
  •    今日で、3月も終わりですね。 最近の個別指導塾における受験生の心理状態・・・「見事に!浮き足立っている」といったことが見受けられます。 たとえば、相続人の確定で「親等の近い者が優先する」という話をすると、条件反射的に?「であるなら、祖父母も兄弟姉妹も2親等なので、どちらも同じ順位で相続しなければおかしい!」と、本気で主張してきたりします。 受験1年目ならまだしも、もう何年も勉強している受験生の [続きを読む]
  • 個別指導塾でもできないことがある・・・
  •   多くの方にご利用いただいている「樋口の個別指導塾」。受験生の方のご質問や、合格のためのスケジューリングには対応させていただいております。 3月も半ばになって、アクセスいただく数も順調に増え、担当講師としては嬉しく思います。どうぞ、本試験まで健闘されて下さい。 ところで、毎日、勉強の成果としてご質問をいただきますが、中には「多少無理なご要望」もあったりします。 たとえば、LECの講座である「パーフ [続きを読む]
  • 3月のイベント情報です!
  •  3月も3分の1が経過して、多少は暖かく感じられる日も増えてきました。 受験生の皆さん・・・勉強お疲れ様です。 今回は、LECで予定されているイベントのご案内です。 どちらの講座も、無料体験会が設定されておりますので、士気を高めるためにも!ぜひご参加下さい。特に、ギアチェンジの必要な方にはお勧めです。 1.直前択一過去問絞込み講座(全10回) 担当:海野講師 [特別無料体験会] 3/17(木)19:00〜22:00  [続きを読む]
  • 登記・供託インフォメーションサービスが終了します
  •  従来、法務省では  (1)全国の登記所・供託所の所在、電話番号  (2)全登記所・供託所までの案内図  (3)全国の登記所の管轄区域  (4)登記事項証明書等の請求方法  (5)申請書・供託書の書き方な一般の方からよく問合わせのある事項 について、24時ファックスで必要な情報を取り出すことのできる「登記・供託インフォメーションサービス」を開設しています。  一般の方にも利便性が高かったものと思われますが、残念な [続きを読む]
  • 商業登記規則等の一部を改正する省令案の概要
  •  法務省・パブリックコメント意見募集中案件詳細 http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=300080144&Mode=0 1 省令案の概要(1) 商業登記規則(昭和39年法務省令第23号)第61条を改正し,登記すべき事項につき株主総会又は種類株主総会の決議を要する場合には,申請書に,総株主の議決権の数に対するその有する議決権の数の割合が高いことにおいて上位となる十名の株主又はその有する議決権 [続きを読む]
  • 「委任者による解除権」と「受任者の利益」の調整
  •  最近「個別指導塾」で題材となった判例です。 最判昭和56.1.19(民集35-1-1)の事例を取り上げておきます。 具体的には、不動産の賃貸借契約に関する保証金の保管に関する紛争です。受任者は、保証金の880万円を保管するとともに、その一部を自らの事業資金として使用することを認められていたものです。これは、受任者の利益ではあるのですが、そもそも委任契約が「信頼関係に基づくもの」であることから、解除権の行使をどのよ [続きを読む]