コレッテ さん プロフィール

  •  
コレッテさん: ビートルズにまつわる雑文日記
ハンドル名コレッテ さん
ブログタイトルビートルズにまつわる雑文日記
ブログURLhttp://collette.blog.jp/
サイト紹介文ザ・ビートルズもしくはその辺りにまつわる雑文を不定期に書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/06/19 16:34

コレッテ さんのブログ記事

  • 「リボルバー」っていつ聴いてもすげ〜な〜 byレコスケ
  • ビートルズ・ストーリーの「レコスケくん」を読み返していたら彼が「リボルバー」っていつ聴いてもすげ〜な〜 とつぶやきます。というわけなのです。「リボルバー」っていつ聴いても新鮮に炸裂してきます。ジョージがクラプトンと一緒に日本に来日公演を行った時オープニングの1曲めが「リボルバー」からのナンバー「I Want To Tell You」でした。曲のリフが聞こえてきた時に、もう時間が止まってしまうような感動です。めちゃく [続きを読む]
  • 「ビートルズ・ストーリー」さらに1975年?!まで続く
  • 70年で終わりなんだなーと思っていた年代ごとにビートルズの活動をまとめた「ビートルズ・ストーリー」ですが、解散後も続くらしく、ジョンが活動休止した75年まで発行されるとのことです。62年出版から数えて9冊になりました。また年をとりました(涙というわけで、一区切りした(勝手にしています)この本の感想ですが、何よりまず巻頭の写真が好きです。これ重要です。誰がセレクトしているんだろー藤本さんですかね。いつも [続きを読む]
  • 久しぶりの桑田佳祐「KEISUKE KUWATA」
  • この前、偶然見たNHKで久しぶりに桑田さんをみました。あの朝ドラの主題歌を歌っていて、あの朝ドラは今僕が住んでいる茨城県ネタのドラマなので、予約しながらも一応毎回見ているんだけど、はじめ桑田さんの主題歌を聞いた時、正直なんだかなーと思ったわけで。。。ところがドラマを見て何回も聞き、さらには、この日NHK歌ったフルバージョン聞くとこりゃー凄い曲だなーと思ったわけなのです。サザンの登場以来、彼が書いた歌を [続きを読む]
  • 「ディア・プルーデンス」ジョン・レノン
  • 録画していたNHKで放送された「ファミリーヒストリー オノ・ヨーコ&ショーン・レノン」ですが、昨夜よーやく見れました。最近我が家のDVDデコーダーには優先順があるようーで。。。内容 (NHKより)オノ・ヨーコさん84歳。1969年にビートルズのジョン・レノンと結婚、数々の共作を残している。前衛芸術家、平和活動家としても活躍してきた。ヨーコさんは、息子ショーン・レノンさんに自らのルーツを伝えたいと、出演を決め [続きを読む]
  • 「らりるれレノン」
  • 「シェイヴド・フィッシュ」の次は「マインド・ゲームス」ということでかなり個人的なレノン祭りを行なっております。約2年ほど前にここに引っ越してきて、未だ未開封だった「フェローズ バンカーズボックス」を開けて昔のレノン本を出してきてソファーに寝ながら見ています。「らりるれレノン」2002年12月8日初版、読んだ形跡なし!この本の原題「A Spaniard in the works」は「In His Own Write」に続くジョン2冊目の書き下ろ [続きを読む]
  • 「The Beatles x ほぼ日手帳2018」が 2017年10月1日発売!
  • ザ・ビートルズとほぼ日手帳2018がコラボレーションした4種類の手帳が10月1日(日)よりザ・ビートルズ公式オンラインストア「THE BEATLES STORE JAPAN」、「ほぼ日ストア」または全国のロフトで販売することが決定しました。というわけで「ほぼ日手帳」お前もか!なわけです。ザ・ビートルズが「ほぼ日手帳2018」とコラボレートした手帳は、アートディレクター・秋山具義/アートディレクター・吉田ユニ/イラストレーター・塩川 [続きを読む]
  • 夏はやっぱりビーチ・ボーイズ
  • いやー暑いです。何をするのにもスローな感じのババチックなこの頃です。予約していたらしいビーチ・ボーイズの「サンシャイン・トゥモロウ」この頃まさに聴いているわけです。このCDは、ブライアン・ウィルソンがあの世紀の傑作と言われた「スマイル」の制作を断念したのちに、制作された「スマイリー・スマイル」の未発表の音源とその「スマイリー・スマイル」後に発表された「ワイルド・ハニー」ステレオバージョンと当時の未発 [続きを読む]
  • 「Some Fantastic Place」SQUEEZE!!
  • この辺りには日陰がない!と気がついたのはこのところ結構暑くなってきたからなわけで、これじゃこれからの時期、昼間に散歩などはかなり危険かもしれないと思いつつあるわけです。僕がわけあって帰ってきた実家があるあの最悪だった平成の大合併で人口10万超えましたーというような地方の街には、木陰がない。例えば歩いて10分前後のコンビニに行くにも行くときは元気なんだけど、帰りが暑くてどーしようもないので、つい車を [続きを読む]
  • 「Carry on till tomorrow」 Badfinger
  • このところ毎日見ているNHKの「ひよっこ」ですが、今週のタイトルがなんと「ビートルズがやってくる」。。。主人公みね子のおじさんがビートルズの大ファンなんですね。というわけで、バッドフィンガーです。高校の頃バッドフィンガー推しだったのは、友達の友人IB君だったと思われ、彼はバンドを作って「Day After Day」をコピーしていたわけです。彼曰く「これがスライドだよ!」斬新でした。しかも弾いているのはジョージだし [続きを読む]
  • 「Same Time Next Year」Paul McCartney & Wings
  • このところサージェントばかり聞いていたので結構お腹がいっぱいです。出かける時には、いつもサージェントペパー2017だったわけで色々な場所で聞いたのですが、やっぱり街ですね。天現寺交差点の歩道橋のようなところで聞いたら。。。田舎道にはちょっとかも。。。このアルバム全体が、混沌としているんですよね。周りが林の道から抜けて、目の前が税金使いまくりの車が通っていないやたら綺麗な新しい道に出た時の「シーズ・リー [続きを読む]
  • 1979年の「ビートルズ・サウンド」
  • 僕にとって最初で最後のビートルズの演奏解説本といえばこれ高校のころCBSソニー出版から出されたこの「ビートルズ・サウンド」当時(今でも?)これだけ突っ込んで丁寧に書かれた本は皆無で、画期的でした。何しろ大好きだったホワイトアルバムの「ブラック・バード」「マザー・ネーチャーズ・サン」のギタータブ譜「マーサ・マイ・ディア」のピアノ譜が掲載されていたので即買いしたのを覚えています。僕はギターを買ってもらっ [続きを読む]
  • I Saw Her Standing There!
  • 僕にとっては前回のアウトゼアーツアー2013年から3年以上が過ぎて、2017年4月29日またポール・マッカートニーのライブを見る機会ができたわけです。今回一番心配だったのがポールの調子です。それも杞憂でだったのは「Maybe I'm Amazed」のシャウトで一掃されました。2013年よりさらにパワーアップしているのには驚きました。そしてその日のライブは、まだビートルズが誕生する前に、彼らが初めてレコーディングした「In Spite Of [続きを読む]
  • コピーに偽りなし「真実のビートルズ・サウンド完全版」
  • 久しぶりに良い本に出会いました!この「真実のビートルズ・サウンド完全版」これが楽しいです。ポールの来日も近づいてまた関連ムック本も色々出ていましたがまー立ち読みしてみてもどれもピンと来なくていつもだったらピンと来なくても買ってしまうのが僕の悪い癖。。。なのですがもー付き合い出したらキリがないのでハードルをどーんと上げました(笑)そんなわけで昨日この「真実のビートルズ・サウンド完全版」が届いたわけで [続きを読む]