masatoshi さん プロフィール

  •  
masatoshiさん: CB1300SFのある生活
ハンドル名masatoshi さん
ブログタイトルCB1300SFのある生活
ブログURLhttp://cb1300sf.info/
サイト紹介文CB1300SFで行くツーリングやバイクのメンテ、カスタマイズの他、アマチュア無線等の趣味が話題のブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2014/06/19 20:53

masatoshi さんのブログ記事

  • ETC車載器の配線
  • 先の記事の1枚目の写真を見て頂くと、ETC車載器の配線がバッテリーカバーの上部に出ていることがお分かりになると思います。シートのフックに引っ掛けて断線させてしまいやしないかと毎回ヒヤヒヤしておりました。今回、バッテリーを外すためにCB1300SBのマニュアルに目を通したのですが、このマニュアルではどうも配線はバッテリーカバーの下、コントロールユニットBとの間を通すように書いてあるようです。ETCの配線 (CB1300SBマ [続きを読む]
  • CB1300SBのバッテリー
  • 昨日の朝、ツーリングに出掛けようとスタータースイッチを入れたところ、キュルキュル音すら鳴らずエンジンが掛かりません。スタンドを上げてギアをNに入れてクラッチを握ってもダメです。勘のいい方ならもう見当が付いているかも知れませんが、そう、キルスイッチが切れていたのです。しかしこの時はキルスイッチのことが頭の中からスポンと抜け落ちており、バッテリー上がりと信じ込んでしまっていました。そこでツーリングを諦 [続きを読む]
  • 慣らし運転ツーリング
  • 道の駅 保田小学校この土日を使って、CB1300SBの慣らしを兼ねて道の駅ツーリングへ出掛けてきました。CB1300SF時代から千葉にいくつかの道の駅が新設されていますが、発酵の里こうざきと季楽里あさひは訪問済みだったので、今回は残りの保田小学校とみのりの郷東金へ行ってきました。まず土曜。自宅を出て首都高から京葉道路へと進もうと蔵前橋通りを錦糸町方面へ進んだところ、右折するタイミングを見誤り、市川から京葉道路に。 [続きを読む]
  • 慣らし運転中
  • 道の駅 季楽里あさひにて慣らし運転で千葉方面へツーリングに出掛けました。国道6号で我孫子まで出て、まずは利根水郷ラインで道の駅水の郷さわらまで。一休みしてから南の方へ進路を変えて道の駅季楽里あさひへ。ここでパックのお寿司とお茶で早めの昼食を済ませて、この日はすぐ帰路につきました。久し振りの大型バイクということで、帰りは久し振りに高速道を使いました。横芝光ICから銚子連絡道路 → 千葉東金道路 → 京葉道路 [続きを読む]
  • 納車されました
  • 先日契約したCB1300SB SEが納車されました。さっそく都内を1時間ほど流しましたが、やっぱり大型はいいですね。まだ慣らし中なので控え目な運転ですが、それでも十分すぎる加速感を味わえます。今日はまだ6速の出番はありませんでした。明日は房総半島方面へツーリングに出掛けたいと思います。さて、帰宅後。駐輪場にバイクを止めて、事前に購入していたインナーカバーを掛けてみたところ、対象機種であるにも関わらずカバーが少 [続きを読む]
  • 速報!
  • CB1300 E Package Special Editionホンダドリーム新宿にて契約してきました。CB1300SB E Package Special Edition(2016年)の新車、来月頭に納車の予定です。表題の画像はリンク先から拝借してきました。 [続きを読む]
  • 9ヶ月振りの更新です
  • 前回の記事から9ヶ月振りの更新となります。昨年の夏から仕事が忙しくなり、またバイク通勤もできなくなってしまったため、バイクから少し遠ざかった生活を送ってしまっておりました。年度が変わってようやく一息と思いきや、まだまだ多忙な日々が続いております。ただ、土日は休める程度には落ち着いてきたような気がしないでもないです。ここでご報告。実は諸事情によりCB1300SFは少し前に手放してしまっておりました。グロムも [続きを読む]
  • 記事の棲み分け
  • cb1300sf.infoというURLからもお分かりのように、本ブログはバイクのある生活をネタにした記事を掲載してきましたが、ここしばらく本業のプログラミング、システム開発ネタが多くなってきました。私の興味のあるものを雑多に掲載するごった煮的なブログを目指してもよいのですが、ネタが発散するよりは棲み分けた方がよいだろうということもあり、ブログを分割することにしました。プログラミング関連の記事については、今後は会社 [続きを読む]
  • Erlangのビルドツール rebar3
  • Erlangのビルドツールとしてrebar3を使うことにしました。Debianパッケージになっているのは一つ古
    いrebar2のようですので、Get Startedにあるようにgithubから拾って来ます。$ git clone https://github.com/erlan
    g/rebar3.git$ cd rebar3$ ./bootstrap$ ./rebar3 local install...$ vi .bash_profile...export PATH=$PATH:~/.cache/rebar3/bin$ source
    .bash_profileこれで~/.cache/rebar3以下にインストールされたrebar3が使え [続きを読む]
  • Raspberry Pi 3でErlang
  • Raspberry Pi 3にErlangを入れてみました。ウェブではソースからインストールする情報が見つかりますが、面倒なのでErlang Solutionsが公開しているdebパッケージをインストールします。$ wget https://packages.erlang-solutions.com/erlang-solutions_1.0_all.deb$ sudo dpkg -i erlang-solutions_1.0_all.debDebianのコードネームを求められるので、jessieと入力します。するとapt lineが追加されますので、いつも通りにapt-get [続きを読む]
  • Parallellaでクラスタリング その6 NFSv4対応
  • 従来の設定のままでも特に問題はないのですが、Parallellaの新しいファームウェアがNFSv4に対応しましたので、ファーム更新のついでに設定し直しました。まずNFSサーバとなる母艦の設定です。これまでは/etc/exportsでファイルシステムを直接指定していましたが、NFSv4らしく、マウントポイントを/var/exportsの下に集めることにします。キモは/etc/fstabファイルですね。設定したらexportfsコマンドで設定を確認しておきましょう [続きを読む]
  • KX3-2M 送信機系統図
  • Elecraft KX3に144MHzトランスバータのKX3-2Mを組み込んだ場合、当然ながら送信機系統図にKX3-2Mについても記載する必要があります。KX3本体の送信機系統図は購入時に書面で同梱されていますが、KX3-2Mには同梱されていません。KX3-2Mのマニュアルには"Circuit Description"としてテキストでのみ説明がありますので、これを図に起こす必要があります (上記はElecraftから個人輸入した場合です。代理店のEDCさんから購入した場合は [続きを読む]
  • アマチュア局 変更申請
  • すったもんだありましたが、KX2が届きましたのでアマチュア局の変更申請を行います。代理店のEDCさんは実機が届く前から変更申請したりしていたようですが、一介のエンドユーザにはそんな離れ業はできませんので、実機が届いてから作業開始です。基本的にはKX3で開局申請した時とほぼ同じで、まずは総務省の電子申請Liteで変更申請を行うための書類を用意します。今回の変更申請では、第1送信機のKX3に144MHzを追加し、増設する第2 [続きを読む]
  • Elecraft KX2が届きました
  • 代理店を通さず米Elecraft社に直接注文してから1ヶ月ちょいで届きました。注文時の「2-5営業日で発送」とは何だったのだろうか。という愚痴はさておき、届いたパッケージには "Pocket-Sized HF Transciever" とあります。KX2 パッケージさっそく梱包を解いてみました。緩衝材を除くと……KX2 パッケージ内 上段上下二段に分かれていました。上段にはケーブル類と充電器、その下にドキュメントが入っています。そして……KX2 パッケ [続きを読む]
  • Elecraft KX2発注
  • 2016/06/22追記: 表題のアイキャッチ画像はElecraftのウェブサイトから拝借しました。先月のハムベンションにて、米ElecraftからHFハンディ機のKX2が発表になりました。当初は様子見しようかと考えていましたが、結局20日に注文しました。オプションとしてATU, リチウムイオンバッテリー、充電器、RTCを付けて、配送方法にUSPS Priority Mail internationalを選択しました。が、これが後々のトラブルの元(?)になります。注文時のウ [続きを読む]
  • Jetson TX1 自作アクリルカバー
  • これまでJetson TX1開発者キットを購入時に入れられていた帯電防止の袋に入れて保管していたのですが、使う度に出し入れするのが面倒になってきました。配線したのをイチイチ差したり抜いたりするのも手間ですし。Jetson TX1には底板が標準で付けられていますので、追加でホコリ除けのカバーを取り付けることにしました。開発者キットの基板はMini-ITX規格に準拠しているようです。Mini-ITX規格について検索してみたところ、ネジ穴 [続きを読む]
  • JetPack for L4Tセットアップ 成功編
  • 今回もJetson TX1の開発環境のセットアップです。開発ホストとしてのUbuntuのセットアップが完了しましたので、次はいよいよJetPack for L4Tをインストールします。手順は失敗編とまったく同じですので再掲しません。開発ボードをForce Recoveryモードで起動してUSBで認識させた後にも、失敗編のようにストールすることなくインストールが進みます。開発ボードのOS書き換えが済むと、開発ボードのUbuntuが自動起動します。また、起 [続きを読む]
  • JetPack for L4Tセットアップ ホスト編
  • 引き続き、Jetson TX1の開発環境を構築します。前回のセットアップではホストとしてVMWare上のUbuntuを用意しましたが、どうもVMWareやVirtualBox等の仮想環境上のUbuntuからのOSの書き換えがうまく動作しないことが判明しました。そこで、開発PCにSSDを増設して、この上にUbuntuをインストールし、デュアルブートできるようにしました。今回増設したSSDは安い120GBのものです。BIOSでSATA2を有効にしてBIOSが認識できるようにし、 [続きを読む]
  • JetPack for L4Tセットアップ 失敗編
  • 前回に引き続き、Jetson TX1の開発環境のセットアップを行います。2016/04/20追記: この記事を作成しながらセットアップを進めていたところ、仮想環境からのOSの入れ替えは失敗することが分かりました。Nvidiaとしても仮想環境上のUbuntuはサポート外で、デュアルブート等のネイティブ起動を推奨のようです。以下、記録として残しておきますが、参考にする際はご注意下さい。開発用ホストとして、Ubuntu 14.04 64bit環境をVMWare上 [続きを読む]
  • NVIDIA Jetson TX1
  • 仕事で使うかもしれないので、NVIDIA Jetson TX1を入手しました。開発ボードの他にアンテナ2本、ACアダプタ、USBケーブル、USBアダプタ、ジャンパーピンがそれぞれ1つずつ付属しています。使い方は簡単で、アンテナ刺してHDMI刺してキーボード刺してLANケーブル刺して電源刺して電源入れて、でOK。Ubuntu 14.04が起動します。と、これだけではアレなのでもう少し。初回起動時はコンソールで起動します。設定済みのアカウント ubunt [続きを読む]
  • USB 3.0 ポート増設
  • USB 3.0対応の機器が増えてきましたので、ポートを増設しました。背面の拡張スロットだけでは不便ですので、空いているフロントの3.5インチベイにもポートを出します。SATA電源ケーブルが足りない予感がしたので、分岐ケーブルも購入しておきます。エアリア Over Fender R PCI Express x1 接続 Renesasチップ搭載 USB3.0 ボード 外部2ポート 内部19ピン ロープロファイル対応 SD-PEU3R-2E2ILアイネックス USB3.0フロントパネル HDD [続きを読む]
  • LinuxのストレージをSSDに換装
  • 開発でメインに使っているPC (DELL Precision T5500)のストレージを、HDDからSSDに換装しました。2.5インチ→3.5インチ変換アダプタも合わせて購入しました。Crucial [Micron製Crucialブランド] 自社製MLCメモリー搭載 MX200 2.5インチ 内蔵SSD ( 500GB / SATA 6Gbps / 7mm / 9.5mmアダプタ付属 ) CT500MX200SSD1オウルテック 2.5インチHDD/SSD用→3.5インチサイズ変換ブラケット ネジセット付き ブラック OWL-BRKT04(B)最初は単純 [続きを読む]
  • Raspberry Pi 3
  • 桜も開花し、ようやく本格的に春めいてきました。花粉が飛び交っていますが、これからアクティブティを上げてきたいと思います。さて、先月末に発表されたRaspberry Pi 3ですが、ようやく国内でも入手できるようになりました。私も数台入手して、セットアップしました。3になってデフォルトでWi-Fiが搭載され、LANケーブルを引き摺り回さなくて済むようになったのは嬉しいのですが、電源が5V 2.5Aを要求するようになったが地味に痛 [続きを読む]