barbara1317 さん プロフィール

  •  
barbara1317さん: 揺れなければ船じゃない
ハンドル名barbara1317 さん
ブログタイトル揺れなければ船じゃない
ブログURLhttp://yukio1317.blog88.fc2.com/
サイト紹介文日本の客船は乗ったので、これからは 外国船に乗りたい。 けれど外国語に難あり・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2014/06/20 00:49

barbara1317 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • エメラルドプリンセスその5 タウランガ
  •   マウンヌガヌイ山1周40分ぐらいの遊歩道あり、頂上まで1時間30分ぐらいスキーストックで上がっていく人たちを見たが、歩きなれている人でなくては、のぼりが続くので大変そう。タウランガでは添乗員がいないバスツアー。なんとなく、他の人についていくと、胸にグループ番号の紙をつけてもらい外国人たちと一緒についていくと、バスまで案内されて、乗り込み、大変でもなんでもなく出発。あちらのバスの運転手はしゃべり続け・ [続きを読む]
  • エメラルドプリンセスその4 オークランド
  • オークランドはニュージーランドでは大きい都市でしょうか・・・港からメインストリートまでは500メートルぐらいで、その他歩いていける距離にあります。写真では広く見えますが、実際歩いてみるとそうではありません。船のすぐそばなので歩いて散策ですが、小さい都会です。britomart transport centreという駅が近くなので行ってみました。AT HOPSというスイカのようなキャッシュカードも使える機械です。AT HOPS は近くの駅の窓 [続きを読む]
  • ホールインザロック
  • 朝6時ごろ、オプショナルツアーが始まるので、添乗員さんの指示した場所にあつまる。4人は自由行動。デンダーボートは2番目の出発・・・このそばにボートの発着場があり、みんなで待ちます。12人のうち4には別行動。残り8人と添乗員さん。マリンスポーツですね。昔、文京女子大の市民講座というものがあり、外洋ヨット講座があったのですが、人員足らずで中止・・・外洋に乗り出せんでした。そういう意味で憧れですね。釣り [続きを読む]
  • エメラルドプリンセス乗船開始  その2
  • シドニー着きました。今回の参加者は12名プラス添乗員さんです。東京は冬ですのでコートを着て、空港を出ましたから、暑い・・・参加の方に、飛行機に乗り込むまでは、着ていて、降りるときには、軽い大きい袋につめて圧縮すればよいと教わりましたなるほどです。組み込みツアーのシドニー半日観光です。パブリックのビーチに行きます。網が張ってあり鮫が入れないようになっているそうです。シドニーということでオペラハウスが [続きを読む]
  • ぐるりにっぽんとナホトカ・ウラジオストック
  • ダイヤモンドプリンセスでも行ったからもロシアは2回目。さあどうなるか。日本丸の後ろにもうひとつ船が停泊している。ファンネルからわかりますか?旅行会社の人が多そうなお見送り。翌朝神戸港に着いたのですが、降りるというより、神戸に足跡をしるした程度にっぽん丸ということでランチの紹介。寿司もあまり高いとはいえない。にっぽん丸は食事がよいといわれているが、20年ぐらいの変遷を考えてみると、飛鳥がよかったり、 [続きを読む]
  • ANAのマイル残高
  • 無沙汰です。ヨーロッパから帰ってきて2カ月ほどしても、マイル残高がゼロのままだったので、必要書類を送り、後日の申請をしてみました。電話で問い合わせたところ、羽田→フランクフルト→イスタンブール シャルルドゴール→ミュンヘンまでの区間は全日空側で手続きしたということで、マイルが加算され、ミュンヘン→羽田はルフトハンザ航空で搭乗が確認できないということで、マイル加算はありませんでした。(チケットには書 [続きを読む]
  • ヴェルサイユ宮殿で晩餐会
  • すみません、忙しかったもので遅れました。ルーアンからバスに乗ってパリに向かいます。 サービスセンターは店員一人のコンビにといった感じです。でもトイレは5個ぐらいありました。旅行前にヨーロッパのトイレ事情を調べて、汚いとかいろいろ書いてあったのでどんなものかと思っていたが、バールはどこでもきれいで、手をふくタオルの代わりに温風のところもあった。もっともウォシュレットは一流ホテルにもないけれと。・・・ [続きを読む]
  • わからないフランス語メニュー
  • ルーアンに向かう途中、美しいところを通過すると聞いてはいたが・・・朝起きたら、幽玄の世界。建物好きの人なら、何様式かわかるのでしょうけれど、残念。霧が出ていなければ、こんな感じだけれど、やはり美しい場所ルーアンに着きました。オプションの世界一周の方たちも下船して、ルーアン観光です。中央で逆立ちしているのがサロメ。めずらしい・・・右にあるレリーフは、なんだらと言っていた。この単純さからメッシーナー [続きを読む]
  • 裏道までオンフルール
  • この街は美しいです。裏道に入っても、石造りの家が手入れされているという感じです。さすがに高い。旧港は、かつての状態に意識的に保存されています。港というより水溜りみたいな感じです今までも港には遊覧船がありましたが、ここにもあります。日本語で解説があるのでしょうか?ここのメリーゴーランドは本物という感じです。動いていないわけではなく、幼児が来ると動かします。もっとも、私が見ていたときには一人だけだっ [続きを読む]
  • 船旅のタイムレス。
  • 最も船らしい雰囲気を醸し出すのが時間の停止かと思われます。もちろん船には鉄道の代替手段としての意味合いもありますけれど・・なにも考えず景色を眺めること。船で最も贅沢な位置といわれる最後尾のアナーキーに変化する渦を眺めこと。さて船は終日航海日を経てVIGO入港しました。ここは古い町並みを残しながら都市開発をしたそうで、地下駐車場があり、歩道もひろく、駐車違反も少なく歩きやすいところです。右側に腰掛けて [続きを読む]
  • リスボンで切符を買いたい
  • 路面電車に乗っています。路面電車に乗るまでに大型バスで行くのですが、一方通行やら工事中やらで、ぐるぐる回り、方向感覚がおかしくなりました。ロシオ広場の近くにも広場があり、飛鳥デスクはどこだという具合です。以下はコルメシオ広場です。飛鳥?に戻ってきました。さすがに飛鳥で和食もそばやらカレーやら、親子どんぶりやら、すべて小ぶりにできています。今回のクルーズまでは、なにも和食をたべることもなかろうにと [続きを読む]
  • 過去の記事 …