hi-centigrade さん プロフィール

  •  
hi-centigradeさん: 単行列車の枕木に揺られて
ハンドル名hi-centigrade さん
ブログタイトル単行列車の枕木に揺られて
ブログURLhttp://hi-centigrade.blogspot.jp/
サイト紹介文鉄道・船の旅、徒歩の散策をつれづれなるままに書いております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2014/06/20 02:26

hi-centigrade さんのブログ記事

  • 走島汽船「神勢丸」乗船記・走島・鞆の浦散策
  • 2017/5/3 水曜日10:00福山駅南口5番バス乗り場から鞆の浦行きの鞆鉄バスに乗ります。鞆鉄というその名の通りかつては福山から鞆の浦へ行く軽便鉄道があったそうです。▼でも専用軌道を走らない現代の軽便鉄道は芦田川沿いで渋滞です。▼車が流れ出しました。もうすぐ鞆の浦です。でもバスは20分ほど遅れています。▼観光案内所のある一つ手前の鞆の浦で下車して情報収集と思いましたが、船の時間まで余裕が無いので終点の鞆港まで [続きを読む]
  • 出雲市→福山:三江線・福塩線・陰陽横断の旅
  • 2017/5/2 火曜日今日は山陰本線で出雲市から下関方面に進みます。▼10:16発浜田行きキハ120です。▼いつものスタイルで出発です。▼田儀付近から日本海が見えてきました。▼白い砂浜と青い海。途中下車したくなる景色が続きます。目の前の家々には赤い石州瓦が目立ちます。▼江の川を渡ります。▼江津に到着です。▼キハ120再び。ここからは12:34発三江線浜原行きで進みます。▼終点の三次まで行く列車は5:53と15:15の2本し [続きを読む]
  • 姫路→出雲市:姫新線・伯備線・山陰への旅
  • 2017/5/1 月曜日姫路の朝です。今日は1日乗り鉄です。▼姫路は播但線と姫新線の始発駅です。同じホームの前方と後方で2つの路線をシェアしています。▼播但線のホームには103系が停車しています。首都圏から103系がいなくなってからどのくらい経つでしょう?昨日の和田岬線もそうですが”ザ・国電”のこの車両が見られるのも西日本ならではです。▼これから乗る姫新線キハ127です。播但線の103系と打って変ってこちらはJR西日本 [続きを読む]
  • 山陽本線和田岬支線乗車記・明石海峡大橋周辺散策
  • 2017/4/30 日曜日午後1時過ぎ。今年のGWは新横浜から西の方に出発です。▼崎陽軒のしょうが焼き弁当を頂きます。▼2時間で新大阪に到着。▼新快速から乗り継いで兵庫に到着です。山陽本線はコンプリートしていたつもりでしたが、実は支線の乗り残しがありました。▼重厚な造りのその奥にその乗り場はあります。▼朝夕しか運行がない山陽本線和田岬支線、通称和田岬線です。今日は休日なので始発の次は終電の2本しかありません。 [続きを読む]
  • 横浜磯子・三浦半島剱崎の散策
  • 2017/04/02 日曜日午後1時20分過ぎ。根岸線磯子まで来ました。▼大岡川分水路に沿って歩きます。まだ桜は開花していません。▼ときおり、こんなはみ出し者もいます。▼大岡川分水路の先端まで来ました。▼対岸の奥には本牧埠頭のキリンが見えます。▼ジャパンマリンユナイテッド磯子工場にはフィリピン沿岸警備隊の新造船が接岸しています。この巡視船は日本政府の供与によるものの1隻のようです。▼自衛隊の艦船も見えます。▼ [続きを読む]
  • 酒田市定期航路事業所「とびしま」乗船記・飛島散策
  • 2017/3/20 月曜日若葉旅館の朝食。青豆とハムの入った玉子焼きがおいしいです。▼目指すは酒田港。若葉旅館を出発です。▼旅館から徒歩5分程度でもう港です。▼すぐに船の乗り場に到着しました。酒田駅からのアクセスばかり考えていて、昔からハードルが高いと思っていた飛島航路は実はこんなに簡単でした。港の近くに泊まればよいのでした。ホントいい旅館を見付けました。▼返却式のコインロッカーに荷物を預けます。必要なもの [続きを読む]
  • 仙台→酒田:雪の残る陸羽東線・奥羽山脈横断の旅
  • 2017/3/19 日曜日今日の最終目的地は酒田。道中はまだ決めていないのですが11:07仙台まで来ました。大宮を出たのは10:00。ここには新幹線でアッという間についてしまいます。▼仙石線で石巻まで行こうか、仙山線で奥羽本線を北上するか迷った挙句、東北本線小牛田行きで出発です。▼もうすぐ松島。仙石線と併走します。▼仙石線に分岐する線路です。東北本線は一昨年から仙石東北ラインとしてここから仙石線に乗り入れるようにな [続きを読む]
  • 富津岬の散策・夕暮れの東京湾フェリー
  • 2015/3/12 日曜日川崎駅22番バス乗り場まで来ました。10:45発木更津行きバスに乗ります。先月に続いてまた東京湾アクアラインをバスで横断します。▼京急大師線を渡ります。ここから臨港エリアです。▼東京湾アクアトンネルで東京湾を潜ります。▼海ほたるからはアクアブリッジ。東京湾口方向を望みます。左が房総半島富津岬。右が三浦半島観音崎です。▼アクアラインが渋滞していたので、定刻の12:00を少し過ぎて木更津駅東口7 [続きを読む]
  • 横須賀猿島航路「シーフレンドZero」乗船記・猿島散策
  • 2017/2/12 日曜日京急線で横須賀中央まで来ました。▼今日はここから東京湾最大の自然島猿島に渡ります。▼徒歩15分で三笠桟橋に到着。午後2時半の船に乗ります。▼すぐそばには日露戦争でロシアのバルチック艦隊に勝利した戦艦三笠がいます。▼桟橋にはシーフレンドZeroとシーフレンド1が停泊しています。▼シーフレンドZeroで猿島を目指します。▼10分の航海を経て猿島に上陸です。神奈川県にもこんな離島があったのです。▼こ [続きを読む]
  • 横浜→東京:東海汽船「さるびあ丸」乗船記(2回目)
  • 2017/2/5 日曜日午後4時過ぎ東横線で横浜まで来ました。今日は京急で横須賀まで行って猿島に渡ったあと久里浜から東京湾フェリーに乗りたいと思っていましたが、家でモタモタしていたらこんな時間になってしまいました。▼飯能から先は遠足でよく行く山岳地帯です。いつの間にか所沢、川越、飯能と言った我が故郷ダサイタマがオシャンティ(使い方は合っているかは不明)な横浜まで進出してしまいました(笑)。▼横浜駅東口には [続きを読む]
  • 東急世田谷線・環七通り大田区へのバス旅
  • 2017/1/22 日曜日午後3時少し前。自宅の直ぐそばを流れる多摩川の河原まで来ました。対岸は世田谷区です。▼六郷用水の取水口。用水は埋めたてられてしまい、現在は終点の六郷水門までは続いていないようです。▼多摩水道橋を渡ります。▼ここから河口までずっと県境。河口は東京側が大田区・羽田空港、神奈川側がアクアラインの入り口川崎・浮島町です。ここから羽田空港までは20年前に徒歩でコンプリート済みです(笑)。▼小田 [続きを読む]
  • 大長→竹原:しまなみ海運「かがやき2号」乗船記
  • 2017/1/3 火曜日大長港に戻ってきました。14:02発竹原行きしまなみ海運「かがやき2号」です。▼デッキから客室に向かう途中に操縦席があります。▼さらに行くと客室があります。とりあえずここに荷物を置きデッキに戻ります。乗客は自分を含めて4名程。▼まずは大崎上島明石港です。▼遠くに来島海峡大橋が見えます。昨年11月はあの橋の向こうを芸予汽船で進みました。▼前方に今治からの大三島ブルーライン「フェリーみしま」が [続きを読む]
  • 広島→大崎下島:とびしま海道路線バスの旅
  • 2017/1/3 火曜日今日は広島駅より呉線に乗ります。▼最新鋭の227系。初めて乗ります。9:58快速安芸路ライナー広行きで出発です。▼留置線にEF67が見えます。瀬野-八本松いわゆるセノハチの急勾配を登るための補機です。これも初めて見ます(架線柱が残念)。▼坂駅を過ぎたあたり。峠島の奥に似島(にのしま)が見えます。▼続いては江田島。海岸線を進みます。▼呉を過ぎました。遠くに造船所が見えます。▼10:43広に到着。▼今 [続きを読む]
  • 有限会社郵正丸「ゆうしょう」乗船記・馬渡島散策
  • 2017/1/2 月曜日松浦川の畔。唐津の朝です。遠くに見えるのは高島ですが、このときは全くこの島を認識していませんでした。▼市街地まで歩きます。▼佐賀県にもちゃんと「吉野家」はありました。▼徒歩20分で唐津バスセンターに到着。9:45呼子行きに乗ります。▼座るのはもちろん前面展望席。▼10:15呼子港に到着。▼馬渡島(まだらしま)行き「ゆうしょう」です。同じ桟橋には加唐島に向かう「かから丸」が係留されています。 [続きを読む]
  • 大分→唐津:由布院散策・久大本線・唐津線の旅
  • 2017/1/1 日曜日大分からは九大本線です。11:22由布院行きに乗ります。▼12:21すし詰め状態のキハ220単行で由布院に到着。ロングシートに座っており車窓はほとんど拝めず。▼取りあえずここでお昼です。鶏天そばを頂きます。▼駅から徒歩20分ほどで金鱗湖に到着。▼写真にはほとんど人は写っていないようですが、外国人を含めかなりの観光客がいます。▼温泉を汲み上げるポンプのようです。▼由布院駅に戻ってきました。▼14:1 [続きを読む]
  • 「さんふらわあごーるど」で九州上陸・別府散策
  • 207/1/1 日曜日明けましておめでとうございます。今日の朝食にはお節調理があります。▼窓際を陣取ります。本当のことを言うと船の中では余計なことばかりしているため、ここにしか座れなかったのです。▼あんまりきれいには盛り付けられませんでしたが、これでお正月気分を味わいます。▼数の子をコリコリと味わって、まもなく大分港に入港です。▼右舷を併走する大阪南港からの「さんふらわあこばると」ももう直ぐ別府港に入港。 [続きを読む]
  • 名古屋→神戸:近江鉄道乗車記・神戸への旅
  • 2016/12/31 土曜日太平洋を背に朝日が登ります。▼渥美半島先端の伊良湖岬。伊勢湾に突入です。伊良湖からは紀伊半島の鳥羽に伊勢湾フェリーで渡れます(乗船記はこちら)。▼神島の真横を通り過ぎます。この島へは紀伊半島の鳥羽側より鳥羽市営定期船で渡れます。▼知多半島と渥美半島に挟まれた三河湾口に浮かぶ日間賀島が見えます。知多半島師崎から渥美半島伊良湖までの名鉄海上観光船の直通のフェリー(乗船記はこちら)は2年 [続きを読む]
  • 仙台→名古屋:太平洋フェリー「いしかり」乗船記
  • 2016/12/29 木曜日「行くぜ、東北。」とばかり大宮駅まで来ました。▼わずか1時間6分の旅。あっという間に仙台に到着。自宅から大宮に来る時間より短いです。▼ここで実は切符を落としてしまうという大失態をやらかしてしまいました(心配性なので切符類の保管には気を使うのですがこの失態は初めて)。自動改札機の前で「あれっ?切符が無い!」慌てていたら、改札で若い女性駅員さんが年配の男性駅員さんに「もしかしてあの人」 [続きを読む]
  • 横浜・三渓園紅葉散策
  • 2016/12/04 日曜日午後2時半。根岸に来ました。ピカピカのEF65がお出迎えです。▼背後はJXエネルギー根岸製油所。相変わらずこいつらがウジャウジャいます。良く見ると仙台北港駅常備と車両に書いてありますが、今年8月ここで見た車両の一派のようです。これを見ているだけで、仙台港から船に乗りたくなります。▼今日の目的地は三渓園。1番のりばからのどのバスに乗ってもOKです。▼本牧バス停で降り三渓園に到着。かなりの人出で [続きを読む]
  • 横浜→東京:東海汽船「さるびあ丸」乗船記
  • 2016/11/20 日曜日午後4時半。横浜駅まで来ました。▼東口には船のマーク。実は横浜駅から船に乗れるのでした。▼崎陽軒の本店。「♪おいしいシューマイきーよーけーんー」。物心ついたころからのCM(たぶん関東ローカル)の総本山はこんなところにありました。▼でも、対面にはうどん県が進出。今月初めに小豆島に行って来てこちらがご機嫌だと思って、全く油断も隙もありません。いい根性しています。(当然そんなことは思って [続きを読む]
  • 横浜港大黒埠頭散策・東海汽船「さるびあ丸」乗船未遂
  • 2016/11/13 日曜日午後3時少し前、京浜東北線で鶴見まで来ました。今日はここから大黒埠頭を目指します。▼東口駅前の6番のりばから横浜市営バス17系統「大黒海づり公園」行きに乗ります。▼京浜運河。遠くに見える橋は、横浜港・大黒埠頭から川崎港・扇島に渡る鶴見つばさ橋です。3年前の6月横浜港・川崎港「工場夜景探検ツアー」で海上からの散策は済ませました。▼大黒大橋を渡ります。▼右手は横浜ベイブリッジ。大黒埠頭か [続きを読む]
  • 三原→今治:土生商船「しまなみ」・芸予汽船「つばめ」乗船記
  • 2016/11/6 日曜日三原の朝。センターホテル三原からの眺めです。今回は低層階のカプセルルームに泊まりましたが、上層階の部屋からなら三原港が一望できそうです。▼ホテルから港沿いの道を歩きます。▼船乗り場に到着。▼船に乗ってもいないのに何故か改札を出て、さらに入り口から外に出てしまいました(笑)。さて、切符はどうやって買うのかと思って券売機の前にいたら、係の女性が出てきて、土生(はぶ)に行きたい旨を告げ [続きを読む]