denkouriki さん プロフィール

  •  
denkourikiさん: 大相撲!土俵の目撃者
ハンドル名denkouriki さん
ブログタイトル大相撲!土俵の目撃者
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/taguchi_sumo/
サイト紹介文写真付きで大相撲をさまざまな視点で捉えます!一見の価値あり!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供341回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2014/06/22 11:00

denkouriki さんのブログ記事

  • ◆お知らせ 賢明な読者の皆様へ
  • 土俵の目撃者をいつもご愛読いただき誠にありがとうございます。足を使い、この目で見た生の大相撲をお届けするため、8日目から千秋楽まで大阪入りします。同時に大阪情もお届けする予定です。(ホテルにパソコンがあるので大丈夫だと思います……)原則その日に更新しますので、引き続きご愛読宜しくお願いします。大阪の相撲仲間に会うのが楽しみです。 興味深いテーマをこれからもお届けます。マーク2カ所を して [続きを読む]
  • ■春7日目 場所のゆくえ
  • 7日目が終了し、場所は思わぬ展開をみせてきた。思わぬとは予想を超えているということである。まず、白鵬がもろい負け方をし、早々と休場していまったことである。場所前、稀勢の里を指名して稽古した横綱とは思えない結果である。稀勢の里に対抗できる力士は白鵬しかいないのに、一気に興ざめの展開である。予想外の第二は稀勢の里の安定性である。7戦全勝。7日間の相撲は磐石である。落ち着き、まったく危なげがない。新横綱 [続きを読む]
  • ■春6日目 高安への大いなる期待
  • 白鵬に続き、4連敗の豪栄道が今日から休場した。これによって横綱・大関リーグ戦は5番しか行われなくなった。このままいけば12日目までに横綱・大関リーグ戦はないことになる。先場所は12日目と14日目という終盤戦に横綱・大関リーグ戦が2日間もなかった。本来は横綱・大関が優勝を争い、直接対決でサバイバル戦となるのが理想である。4横綱で始まった大阪場所だが、一天にわかにかき曇ってきた。今日鶴竜が松鳳山の突き押しに [続きを読む]
  • ■春5日目 予想を超えた稀勢の里
  • 2敗白鵬が今日から休場した。4横綱の皆勤は、最初の場所から崩壊した。豪栄道が4連敗で今後どうするか気になる。負けが込んだから休場するのはおかしいし、みっともない。悪いところがあるなら最初から休むべきである。「休場は試合放棄である」と言ったのは魁傑である。今日の稀勢の里の対戦相手は勢である。前日白鵬を倒した勢は、今や人気は大阪だけでなく、全国区である。相撲はこうなった。左四つ互いに上手が取れない。稀 [続きを読む]
  • ■春4日目 大関候補と4横綱へ物申す
  • 今日の好取組は御嶽海対高安、玉鷲対正代の関脇・小結戦である。大関を狙える逸材同士の対戦である。まず、御嶽海対高安戦は高安の強さが強調される一番だった。御嶽海の馬力を受け止め、上手が取れないにも関らず、後退するどころか、圧倒してしまった。突き押しの威力が増した玉鷲は、正代を圧倒し、小手投げで一蹴した。4力士は次の大関候補として注目度は高い。ただし、大関止まりの大関は歓迎しない。「大関の法則」で昇進し [続きを読む]
  • ■春3日目 白鵬に陰り
  • 今日の白鵬の相手は、比較的取りやすい豪風である。豪風に変化はあるが、白鵬は変わられてばったりいく立ち合いではない。にも関らず、白鵬は豪風にもろ差しになられかけた。豪風はさしみのよさで勝負する力士ではない。それがもろ差しになられかけたのだからただ事ではない。白鵬はきらって、離れて左上手を取ったが、右はすぐにはさせない。反応の速さは白鵬の特長だった。いつまでも不利な体勢でいることはなく、素早く有利な体 [続きを読む]
  • ■春2日目 大相撲人気を左右する稀勢の里の成績
  • 2日目は平日だが、満員札止めである。いや2日目だけではない。今場所はチケットが完売だから、15日間満員札止めは間違いない状況である。ある意味、WBC以上に熱いのが、大相撲かもしれない。人気の源は新横綱稀勢の里である。19年ぶりの日本人横綱誕生は熱狂的に予想以上に歓迎された。稀勢の里はこれまで好成績をあげながら、優勝できない苦杯を何度も味わってきた。このもどかしさが繰り返された結果、一気に爆発させたのが [続きを読む]
  • ■春初日 華麗さはない4横綱 がそのまま出た初日
  • まず、始めに言いたいことは「4横綱」についてである。放送では「4横綱」がやたら強調された初日であったが、「4横綱」時代は、けして華麗なものではない。むしろ逆で悲惨なケースが多い。実態はこうである。これまで「4横綱」は71場所あるが、皆勤はわずか14場所に過ぎない。必ず休場者が出るのである。優勝も横綱が4人いながら逃している場所が、71場所中24場所もある。勝率は7割2分9厘である。11勝弱である。華麗さは微 [続きを読む]
  • 相撲通が語る三月場所の展望と今後の予測
  • 新横綱稀勢の里の話題一色でここまできたが、三月場所はついに目前に迫ってきた。新横綱稀勢の里の成績は。稀勢の里は通算何回優勝できるか。新横綱以外の優勝はあるか。次期大関は誰か。三月場所の展望とこれからの予測を相撲通5氏にきいてみた。★新横綱稀勢の里の成績は優勝派と新横綱難しい派に分かれた。まず、優勝派。S氏 全勝優勝。15戦全勝優勝は師匠であった隆の里以来ということになる。A氏 13勝2敗 大鵬、貴乃花 [続きを読む]
  • 横綱・大関に挑む9力士の戦跡
  • 12日から始まる三月場所、東関脇玉鷲から東前頭3枚目松鳳山までの9力士(大関だった琴奨菊を除く)が横綱・大関6人(場合によっては5人)に挑む。上位に休場が出ると東前頭4枚目嘉風まで入ってくる。休場者が出なくても同部屋対戦せずで、日馬富士、照ノ富士と対戦することが予想される。先場所、高安、御嶽海は11勝と大勝ちし、三賞を受賞した。その反面横綱・大関はあまりにも負けすぎた。横綱・大関対9力士はどうなるか。 [続きを読む]
  • 稀勢の里の15日間を推測する
  • 新横綱で三月場所を迎える稀勢の里。最近は少なくなったが、新横綱は初日に負ける傾向があった。昨年の三月場所から今年の一月場所の1年間の成績は74勝16敗と堂々たる数字である。稀勢の里は三月場所でどういう成績を残すか。休場者がでなければ、前頭東3枚目の松鳳山までが対戦相手になる。三月場所の稀勢の里の15日間を推測してみる。<賜杯を受ける稀勢の里> 三月場所は三役に実力者が揃っているだけに要注意である。先 [続きを読む]
  • 稀勢の里対白鵬 激闘7番勝負
  • 時の最強者は稀勢の里へと移った。白鵬はそうはいくかという思いが当然あるだろう。稀勢の里と白鵬の対戦は、時には節目で時には優勝争いで激突してきた。2人の対戦はまだまだ続くが、ここで過去の激闘をふり返ってみよう。ここ1年は記憶に新しいのでそれ以前とさせていただいた。白鵬と稀勢の里が初めて対戦したのは平成18年の五月場所であった。白鵬が新大関で優勝した場所だった。稀勢の里は前頭筆頭だが、横綱・大関とフル対 [続きを読む]
  • 忘れられた大関
  • 大相撲のニュースは今、稀勢の里を中心に展開している。これはやむを得ない。しかし、十一月場所前は、豪栄道が横綱の期待を担って、話題をさらっていたのだ。土俵の目撃者も以下のテーマで取り上げてきた。( すると読めます)横綱昇進問題を考察する 豪栄道の相撲内容を採点する全勝初優勝の翌場所豪栄道母校で優勝パレード 初優勝からの連続優勝 豪栄道の15日間を推測する 豪栄道が稀勢の里と [続きを読む]
  • 大関陥落 琴奨菊の復帰はあるか
  • 一月場所、琴奨菊はついに勝ち越せず、大関陥落が決まった。1年前の優勝の栄光は、もはや遠い昔になってしまった。琴奨菊は立ち合いから一気のがぶり寄りで攻める相撲である。最近は出足がとまる、あるいはまわりこまれる相撲になると勝てなくなってきている。わかりやすいといえば、これほどわかりやすい相撲もない。<琴奨菊> 問題は三月場所である。10勝以上すれば、大関に復帰できる規定がある。この規定ができたのは、 [続きを読む]
  • 鶴竜・日馬富士は復活できるか
  • 一月場所、鶴竜は連続優勝するチャンスだった。それにも関らず、気前よく負けすぎた。5勝5敗1不戦敗4休。負け方がもろく、誰とやっても勝てるかどうか見通せない状態だった。横綱の負け越しは、はなはだよろしくない。ということで休場やむなしとなった(ように見えた)。まさに屈辱の先場所であった。<H28年十一月場所賜杯を受ける鶴竜>鶴竜は横綱に昇進したものの、どこかもどかしさを感じる。鶴竜の横綱の成績は以下であ [続きを読む]
  • 新横綱の優勝確率11.1%に挑む稀勢
  • 三月場所の優勝力士は誰か、となると決定打に欠ける。候補をあげても場所が始まってみなければ何ともいえない。いわば核となる横綱がいない状態である。本来なら稀勢の里が一番相撲が安定し、勢いがあるのだが、新横綱の優勝は簡単ではない。年2場所の時代はともかく、昭和33年の年6場所制以降では、大鵬、隆の里、貴乃花の3人しかいない。初代若乃花から鶴竜まで27人の横綱がいる。確率は11.1%にすぎない。3人はどのようにし [続きを読む]
  • 記録男白鵬の三月
  • このところ話題を稀勢の里に奪われ、存在感が薄れる一方なのが白鵬である。もちろん実績は申し分ない。優勝37回、連勝63、横綱731勝、幕内925勝、通算1019勝、9年連続年間最多勝など多数ある。このうち第2位が63連勝、第3位が通算1019勝である。しかし、通算1019勝は積み重ねなので、あと29勝で最高記録になる。<時の最強者稀勢の里> しかし、こうした栄光も過去のものになりつつある。ここ1年間三月場所から一月場所は [続きを読む]
  • 4横綱時代の新記録に挑む稀勢・白鵬・鶴竜・日馬
  • これまで4横綱時代は華麗どころか悲惨と書いてきた。詳細は昨年10回に分けて掲載した以下を して参照していただきたい。検証! 4横綱の時代1検証!4横綱の時代 2検証!4横綱の時代 3検証!4横綱の時代 4 検証! 4横綱の時代5検証!4横綱の時代6検証!4横綱の時代7 検証!4横綱の時代8 検証!4横綱の時代9検証!4横綱の時代総括 ここでは、稀勢の里、白鵬、鶴竜、日馬富士 [続きを読む]
  • 宇良 カモと苦手
  • 三月場所、稀勢の里につぐ注目力士宇良が、ついに入幕をはたした。十両5場所は長かったか短かったか。5場所間に1度負け越している。同期の北勝富士は先に入幕している。この機会に宇良の十両時代をふり返ってみよう。宇良は十両時代粘り、技、動きで観客を釘付けにし、わかせてきた。5場所の成績は46勝29敗である。1場所平均9.2勝である。優勝はない。対戦者別の内訳はどうか。十両に5場所在位して5戦したのが千代丸である [続きを読む]
  • 玉鷲の出世街道
  • このところめきめき力をつけてきた力士に玉鷲がいる。十一月場所で日馬富士と3大関に勝ち、一月場所では鶴竜と2大関を倒すまでに成長した。玉鷲はこれまで横綱・大関を脅かすような存在ではなかった。玉鷲は32歳になり、幕内を45場所務めている。これまではさほど横綱・大関戦は期待できなかった。<玉鷲化粧まわし姿とのぼり> それがここ2場所は見違える相撲を取っている。地力アップの裏には突き押しの威力増加があげら [続きを読む]
  • 三月場所番付発表 不可解な稀勢の里の位置
  • <先場所優勝した稀勢の里(右)>新番付が発表された。先場所14勝で優勝した稀勢の里は第4の横綱のポジションである。なにゆえ、4勝の日馬富士、5勝の鶴竜より下位におかれるのか。いやそれだけではない11勝の白鵬と14勝の稀勢の里は3勝の差がある。横綱の順位としては東の正横綱が稀勢の里、西の正横綱白鵬、続いて鶴竜、日馬富士が妥当な順位である。それには理由がある。まず、下記の図1をご覧いただきたい。<図1>&nbs [続きを読む]