jokichi さん プロフィール

  •  
jokichiさん: jokichi つれづれ日記
ハンドル名jokichi さん
ブログタイトルjokichi つれづれ日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/jokichi-
サイト紹介文自然観察大好きじいさんが見たこと感じたことを気ままに綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供458回 / 365日(平均8.8回/週) - 参加 2014/06/22 21:48

jokichi さんのブログ記事

  • 秋来ぬと・・・ サワギキョウは
  • 秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる   藤原敏行サワギキョウ が咲き始めた。 風の音には驚かないが さやかに見えた秋のしるしだ。そう言えば先日の植物調査では トノサマバッタ のペアリングを見た。棚場では エンマコオロギ が走り回っているし 大きな キリギリス の姿も見た。 日照の少ない夏で 間延びした サワギキョウ は自立できず倒れてしまった。←よろしかったら をお願いします。 [続きを読む]
  • フウセンカズラ の花と風船の中
  • 花よりも実を楽しむ フウセンカズラ だが小さいながらも花だって観賞価値がある。 小さな花に比べると異常ともいえる大きさの実はまさに風船。 熟して褐色になった風船を割ってみる。隔壁で三分割されて各区分に一つずつ 白いハート模様を持つ真っ黒な実が3個。←よろしかったら をお願いします。 [続きを読む]
  • ボタンヅル おまけは ベッコウハゴロモ
  • 雨続きのこの頃だが植物調査の日だった17日の日中だけは雨が降らなかった。調査員11名の中には雨男と雨女がいなかったからだろう。時節柄 フィールドには ボタンヅル の花が目立った。 盛期を過ぎた花もあり風もないのにわずかなことで花びらが散る。 上の画像で遠くに三角の昆虫だ写り込んでいる。カメムシ科の ベッコウハゴロモ だ。近くの草の茎で吸汁している個体もいた。←よろしかったら をお願いします。 [続きを読む]
  • イワタバコ
  • 斑入りの イワタバコ を春から全く直射日光を避けて管理していたら例年より大きく育った。日陰だった分 目が行き届かなかったから ナメクジ の食害が目立つ。 せっかくの花なのに横に伸びた花茎に下向きに付くから見栄えがしないのは残念。←よろしかったら をお願いします。 [続きを読む]
  • ミズトンボ の 距 は
  • ミズトンボ の花は変った形の花の範疇に入れてもいいと思う。 Y字の縦棒が突き抜けてような付属物が 距 だと思っていた。 だが ホントの距はその後ろについている先端が丸く膨らんでいるのがホントの 距 のようだ。←よろしかったら をお願いします。 [続きを読む]
  • ワイルドオーツ は ニセコバンソウ
  • 数年前 園芸店で ワイルドオーツ という草を見かけた。秋も遅くなってからだったから 鉢のまわりには稔った種子が散らばっていた。その種子を拾ってきて蒔くと翌春にはほぼ100%発芽した。涼しそうな草姿は夏向きの草だ。 今まで稔ったことが無かったが今年は実が着いた。和名は ニセコバンソウ と言うだけあって コバンソウ そっくりの実だ。 外見から イネ科 と踏んで 昨秋 根元に ヨツバシオガマ の種子を蒔いてみた。今春 [続きを読む]
  • 白山 お花畑の花たち カラフル編①
  • 湧き上がる霧をバックに シモツケソウ 足元に咲く アカバナ ヨツバシオガマ もたくさん咲いていた。 クルマユリ この色は他には見られない。 草ではなく木本の花 シモツケ 肝心の花にピントが行っていない。 クガイソウ はこの株しか見つけられなかった。 魚沼の里山でもポピュラーな ヨツバヒヨドリ。 同じく ノアザミ。←よろしかったら をお願いします。 [続きを読む]
  • クサギ の花は
  • 少し盛期を過ぎてしまったが 浅草山麓エコミュージアムへのみちすがらに見る花。 朝露を蓄えて 優雅に咲いているが 名前に難がある。 帰路に夕日を浴びて咲く花に 車を止めて近寄ると何とも言えない香りが・・・・・。この花の名は クサギ 。 いい花なのに・・・虫たちを呼ぶための香りなのに・・・。←よろしかったら をお願いします。 [続きを読む]
  • 白い山の 黄色い花たち
  • 花の山 白山で出会った黄色い花のうちから代表的な花をいくつか。 甚之助避難小屋に咲いていた カンチコウゾリナ。 キバナノコマノツメ がたった一輪だけ。 咲き遅れた花なのだろう。 ミヤマダイコンソウ の大株。 オタカラコウ。 ミヤマアキノキリンソウ は山頂に近づくにしたがって花が先端に集まってきた。 蕾も実も赤い色を帯びる シナノオトギリ。 エゾシオガマ の花色は淡い色だが 黄色の花だ。 タマガワホトトギス [続きを読む]
  • タマゴタケ の季節
  • 浅草山麓エコミュージアムの森に タマゴタケ の季節がやってきた。例年 姿を見せる広場に行ってみると 雨に濡れた枯葉の上に真っ赤な傘が見えた。 近くを探すと真っ白なタマゴが二個並んでいるのが見つかった。 林の中には 傘の直径が20cmもの大物も見える。 落葉を掻き分けて小さなタマゴも・・・・。←よろしかったら をお願いします。 [続きを読む]
  • シンボルフラワー クロユリ
  • 登山道と残雪の間に クロユリ の群落があった。白山のシンボルマークはこの花の横顔がデザインされている。  惜しいことに 登山道の近くは盛りを少し過ぎていた。 一茎に二個の花を着けた株。 低い位置から花芯を覗くと。←よろしかったら をお願いします。 [続きを読む]
  • 白山の白い花たち
  • 白山はまさに花の山 そこで出会った白い花たちを・・・・。 センジュガンピ 樹下の日陰に咲く白い花。 もう少し明るいところに モミジカラマツ。 何の花かと悩んだが ヤマブキショウマ のようだ。 高山型の ダイモンジソウ の花は里山のものと少し大の字に違いがある。 行儀よく並んだ ヤマハハコ。 タカネナナカマド は初めての出会いだった。 霧滴をいっぱいつけて並んだ チングルマ。 ウラジロナナカマド 遠くは アオノ [続きを読む]
  • 白山の ハクサン・・達
  • 和名に ハクサン を冠した植物は多い。今回の白山行きで出会った ハクサンの付く花を並べてみた。ハクサン が付かないが ゴゼンタチバナ は白山の最高峰 御前峰(ごぜんがみね)にちなんだ名前。 最初に紹介したが 夕日に輝く ハクサンコザクラ をもう一度。 今回 最初に出会った ハクサン は ハクサンボウフウ だった。 二番目の出会いは ハクサンフウロ。 観光新道で咲き乱れていた ハクサンシャジン。 淡色の花を着けた株 [続きを読む]
  • お花畑の中を下山〜白山〜
  • 8月6日 空振りだったご来光 ガスに包まれた御池巡りを終えビジターセンターには 7時10分帰着。朝食をとり 8時に下山開始。帰路は観光新道を下る。30分ほど歩くと 斜面はお花畑に変った。歓声が出て歩くスピードがガクンと落ちる。 イブキトラノオ が斜面に揺れる。 沢の向こうには 前日に登った砂防新道が見下ろされる。 そろそろお花畑も終わり。 更に3時間あまり。登山口に戻ったのは 12時25分。素晴らしい山 [続きを読む]
  • 白山の イワギキョウ 純白花も
  • 8月6日 4時30分 御前峰の頂でご来光を待つ。 残念ながら この後山頂はガスに包まれてご来光は拝めなかった。そのガスの中を 御池巡りに急なガレ場を下る。 イワギキョウ の花盛りで嬉しくなる。が ガスが濃い。レンズにも霧滴が・・・・。 めずらしい 純白花も咲いていたのに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。残念!! ←よろしかったら をお願いします。 [続きを読む]
  • 白山の ハクサンコザクラ
  • 開山1300年という 白山 の花を見に連れて行ってもらった。(8/5-6) 8月5日 15時50分 室堂ビジターセンターに着く。急いで缶ビール2本を美味しくいただいてから談笑するみんなと離れ一人でお花畑へ。まずは本家本元の ハクサンコザクラ を愛でる。足元に広がる花畑と山頂。 西からの低い光線に一つひとつの花が輝きピンクの帯を形づくる。 黄色い花は ミヤマキンバイ。 なだらかな起伏に光をさえぎられると 花は青 [続きを読む]
  • ツルアリドオシ と アリドオシラン
  • 登山道の両側の樹が伸びて薄暗くなってくると ツルアリドオシ の白い花が目立ってくる。 花冠は4裂が標準だが 5裂のものも珍しくない。 こんな花もたまに混じっている。アリドオシラン だ。 正面から覗き込んでみる。このランは 必ずと言ってもいい程 ツルアリドオシ と一緒に咲いている。共生関係があるのかもしれない。しかし両方の花を並べて写せることはなかった。←よろしかったら をお願いします。 [続きを読む]
  • オオウバユリ
  • 7月17日 軒下の ナンテン の株の上に巨大な宝珠が顔を出した。 株元をみると 水不足で葉先が枯れ込んだ オオウバユリ が。 7月30日 大型の花が。 近づいてみると草丈170cmはある。威圧感さえ感じるようだ。 今朝見ると 最初の花は既に子房を大きく膨らませていた。←よろしかったら をお願いします。 [続きを読む]
  • マタタビ の白い葉
  • エゾアジサイ 同様に マタタビ も 浅草山麓エコミュージアムの園内には生育していない。途中の県道沿いには幾株も自生しており 緑一色の中で白い葉を目立たせている。小さな ホオノキ に絡みついて覆いつくしてしまいそう。  花の時期になると 葉の一部が白くなってよく目立つ。 この時期になると マムシ が マタタビ に登ってくるという。恐る恐る 絡みついた蔓の中を覗いてみた。マムシ はいなかった。花は既に終わって 小さ [続きを読む]
  • 浅草山麓エコミュージアムの エゾアジサイ
  • 浅草山麓エコミュージアムの園内には エゾアジサイ は咲いていない。だが県道から分岐する入り口には見事な一群がある。途中の山肌にもブルーの花は咲いているが ここの株は特に色が鮮やかなようだ。 ブルーの花に続いて赤系の株が咲いている。白い花の株もあるのだがこの時(7/30)はまだ開花していなかった。浅草山麓エコミュージアムは豪雨被害のため現在は閉園中ですが8月5日には開園の予定です。←よろしかったら ク [続きを読む]
  • 蟻は働き者 クロヅル と ヤマブキショウマ
  • 降り続いていた霧雨が上がった。蜂や蝶が飛び始める前に 蟻の活動が始まった。地面を這いまわって咲いた クロヅル の花には無数の蟻がもう登ってきた。 小さい花だから 蟻が這いまわることで授粉ができる。 崖から枝垂れて咲いた ヤマブキショウマ。 花穂をよく見ると ここにも蟻が登ってきている。←よろしかったら をお願いします。 [続きを読む]