jokichi さん プロフィール

  •  
jokichiさん: jokichi つれづれ日記
ハンドル名jokichi さん
ブログタイトルjokichi つれづれ日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/jokichi-
サイト紹介文自然観察大好きじいさんが見たこと感じたことを気ままに綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供502回 / 365日(平均9.6回/週) - 参加 2014/06/22 21:48

jokichi さんのブログ記事

  • 展示会の 雪割草 7
  • そろそろ展示会の雪割草に辟易してきたので単純な花の絵の紹介は最終回です。授粉から開花まで3〜4年だというから比較的早く結果が見られる花だ。だから品種改良もやりやすい というが後期高齢者が目の前にぶら下がっている身だといくら興味があっても 手を出すには躊躇してしまう。←よろしかったら をお願いします。 [続きを読む]
  • 鉢梅 ようやく開花
  • ようやく開花を迎えた棚場に一つしかない 梅 の鉢植え。普段は玄関で芳香を漂わせているが 今日は少し雨にあてた。 今年は紅色の花が極端に少ない。←よろしかったら をお願いします。 [続きを読む]
  • マルバマンサク
  • 数日前から少し色が見えていた池畔の マルバマンサク が今日の暖かさでほころび始めた。 この株の花は 萼片の色が薄く 素心 と言いたいのだが花芯が赤くてそう言い切れない。←よろしかったら をお願いします。 [続きを読む]
  • 展示会の 雪割草 5
  • 雪割草展示会の続き がまだ続きます。多彩な花々を見ていると 一度見た花かな?と思う花に巡り会います。でも よく見ると違う花です。会場を彩る数百の鉢のすべてが違う花です。今回も 出品者・花の銘・受賞した賞 などは一切省略です。←よろしかったら をお願いします。 [続きを読む]
  • 展示会の 雪割草 4
  • またまた 雪割草展示会の続きです。年々 新しい花が発表されているとのことだが jnokichi にはどれが新しいかわからない。花の径は野生品の3〜4倍になっている。例によって 出品者・花の銘・受賞した賞 などは一切省略です。←よろしかったら をお願いします。 [続きを読む]
  • ユキグニカンアオイ
  • 棚場に被っていた雪を全部処理して三日目。中を覗くと ユキグニカンアオイ の葉が目についた。雪に覆われた世界では 緑の葉は貴重品のようだ。早速 囲いから引き出して 日光浴。ホントは日光をあまり好まない草なんだが。 葉をめくって 株もとを見ると 10個ほどの花や蕾が見えた。←よろしかったら をお願いします。 [続きを読む]
  • 展示会の 雪割草 1
  • 近所で開催された 全国レベルの 雪割草展示会を見学してきた。素晴らしい花の数々の一部をご覧ください。 出品者・花の銘・受賞した賞 などは一切省略させていただきます。      暗い会場で 三脚は使用禁止とのことでボケ画像ですみません。←よろしかったら をお願いします。 [続きを読む]
  • ウチの雪割草
  • 昨夏 ポット苗の雪割草を買った。さすがに専門家の育てた苗は丈夫で しっかりと葉が残って大きな蕾がふくらんできた。交配苗でどんな花が咲くかわからないと言われていた。 最初に開花したのは 紅色の標準花だ。これからがどんな花が咲くのか楽しみだ。←よろしかったら をお願いします。 [続きを読む]
  • 菜畑を掘り出す
  • 1mの雪の下の菜畑を掘り出したのに翌朝から降り出した雪でまた埋まってしまった。昨日 その60cmも積もった新しい雪を除雪した。今日の日の出頃からまた雪が降った。菜畑は また雪の下になってしまった。昼になると陽が射してきた。また 除雪だ。 135cmの雪壁に囲まれた菜畑。 昨秋から雪の下で耐えていた緑の葉が日射しを求めている。 雪の玉を転がすと まさに雪だるま式に今朝の雪がついてくる。5cmほどだった今 [続きを読む]
  • 若返りすぎた
  • 7日8日の二日間で60cmも新たな雪がふった。いくらなんでも若返り過ぎだ。6日の積雪は1mを割り込んでいたのに今朝の積雪は155cmになっていた。この冬の最高積雪になってしまった。 僅かに水がぬるんできて鯉が泳ぎ出した水面が また全面シャーベットに覆われた。←よろしかったら をお願いします。 [続きを読む]
  • チゴユリ考
  • 優しそうな小さい花をうつむいて咲かせる・・・・。チゴユリ はそんな花 とイメージしていた。一茎に一花が普通だが 二花を着けることもある。これは 昨年6月5日 道行山で出会った チゴユリ。 浅草山麓エコミュージアムでは5月末が花盛りだった。 ある日 イメージと違う個体に出会った。花茎は黒く 花が上を向いて咲いている。チゴユリ の変わり者 なんだろうか それとも・・・・・。とりあえず写真だけ撮っておこう。 小さ [続きを読む]
  • 季節が若返る・・・・そして昔を振り返って
  • 池畔の除雪を始めたと言うのに 今日は雪が降ってきた。雪囲いのヒモを切ったので 広がった枝に雪が積もった。この頃に雪が降って 季節が逆戻りすると「若返った」と言い表すことがある。 今朝の池畔の様子  この冬の最高積雪は152cm 昨年の最高積雪は82cmだった。昨年2月12日の様子。3月には雪が無かった。 一昨年 3月7日   最高積雪は269cmだった。 平成26年3月9日 最高積雪は182cm 平成 [続きを読む]
  • ケキブシ
  • 一般的には キブシ だが日本海側のものは 別種で ケキブシ だという。違いはどこかというと 葉裏の葉脈に毛があるのが ケキブシ だそうだ。 池畔の ケキブシ のツボミはまだまだ固い。 降雪前に切って屋内に置いた枝のツボミは花のカタチになってきた。雛壇に飾って楽しんでいる。←よろしかったら をお願いします。 [続きを読む]
  • スギ花粉の季節
  • ここ数日 時々くしゃみが3〜4回立て続けに出ることがある。TVの気象情報に花粉情報も表示されるようになった。春の遅い魚沼にも スギ花粉 の季節が到来したようだ。 5年前の2月中頃 まだ花粉の飛ばない杉林の中で遊んだこの子達。もう高校生になっているはずだが 今頃は東京で くしゃみをしているだろうか。←よろしかったら をお願いします。 [続きを読む]
  • クマガイソウ ひっそりといつまでも
  • 昨春 知人から クマガイソウ の自生地を案内してもらった。レッドデータブックにいがた によると魚沼地域には自生地の記録が無い花だ。 十数本の花が林道工事の残土捨て場に接して咲いていた。小さな群落は 残土の量がもう少し多かったら埋没してしまったようなところだった。残土に埋もれてしまっても困るし 心無い趣味人に掘り取られても困る。いつまでも ひっそりと咲き続けて欲しい。←よろしかったら をお願いしま [続きを読む]
  • サルノコシカケ も木から落ちる
  • 大力山 宝泉寺 登山口から3分ほど登ったところの ブナ の枯れ木。その幹に若い サルノコシカケ がいくつもついている。枯れ木に発芽する サルノコシカケ の元気がいいから この樹も枯れたらしい。2・3年前までは半分は生きていたんだったが 今度は枯れてしまったらしい。 幹の反対側は それ以前に枯れていた。そこに生えている サルノコシカケ は枯れそうだ。 枯れそうな サルノコシカケ の下には 他の サルノコシカケ が脱落 [続きを読む]
  • 鉢梅に色が見えて
  • 一鉢だけ管理している 梅 のツボミがふくらみ始めた。淡いピンク色だが 開くと白い花になってしまう。でも このツボミは 絞り紋が出るようだ。 置き場を見たついでに 霧を吹いておく。←よろしかったら をお願いします。 [続きを読む]
  • 雪崩の季節
  • 少し忙しくなった。昨日もいい天気だったのに 大力山 に行きそびれてしまった。今日も 午前中は野暮用でつぶれてしまい 午後になってようやく時間が出来た。平日の午後ともなるとさすがに登っている人は少ない。五合目で下山してくる二人とすれ違ったのが最後で その後は 大力山独り占め だった。 五合目を過ぎると 尾根は割れ始めていた。三月の声を聴いて 山は雪崩の季節になってきたようだ。 雪崩れるほどの雪が無かった去年 [続きを読む]
  • 夕映えをもう一度
  • 朝からいい天気だった。雲が広がらないまま日没を迎えた。夕映えの越後三山をもう一度撮ってみた。雲が広がらないということは湿度も低いということ。そのせいか 期待するほど夕日は赤くならなかった。 八海山の山腹を照らす光も あまり赤くない。 わずかな時間差で撮った 中ノ岳 は少し赤みが増している。 見る角度にもよるのだろうが 越後駒ケ岳 が一番明るく夕日を受けている。山頂付近に大きく拡がっている雪庇がうっすらと [続きを読む]
  • お行儀の悪い ヒヤシンス
  • 小さなプランターに植えたヒヤシンスの球根。植え付けた時には土の中に埋まっていたのに暗い土の中は嫌らしい。伸びる根は球根を持ち上げてしまった。 持ち上げるなら 真っ直ぐに持ち上げてくれればいいのにこんなにお行儀の悪い球根もある。これは10日前の様子 いくらか成長しているが開花は何時の事やら。←よろしかったら をお願いします。 [続きを読む]