玲secil さん プロフィール

  •  
玲secilさん: Sonne & Mond
ハンドル名玲secil さん
ブログタイトルSonne & Mond
ブログURLhttp://einsviermond.blog.fc2.com/
サイト紹介文人間生活に於いて、自分の視点で見解を述べていく コラム形式の更新をしていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供361回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2014/06/24 11:52

玲secil さんのブログ記事

  • chapter 1079
  • 春なので、新しく誰かが職場やクラスに入り、環境が新しくなるかと思います。新人さんに教えるばかりではなく、気付かせてもらうことも、実はあったり。。初めてで知らない視点なので、慣れてしまった自分の視点では気づけない部分がある。そして、緊張感をもっての応対を新人さんは心がけているので、こちらも改めることができる。どうしても慣れてくると色々浮かれてしまうことがありますが、新人さんに教える立場となると、同じ [続きを読む]
  • chapter 1078
  • 何かをすることにたいして、通常のかかるであろう時間より15分余裕を持たせるようにしています。たまに時間に余裕がなくて焦ってしまう時がありますが、その時に心の中に起こる心理はイライラです。そのイライラが募ると、かえって時間がかかってしまうことも。。これは、誰にでもよくある話かと思います。時間に余裕がないと、自分の都合での心持ちしかなくなるので、誰かに対する不満がでてきます。それはあまりいい気分ではな [続きを読む]
  • chapter 1077
  • 自分が今信じてやまないことが身をもっての真実と感じられることが、その人にとっての幸せなのかな、とふと思いました。例えば、精神世界においての在り方で「○○な心の持ち方をしていれば、○○なことが必ず訪れる」というようなこと。私は、こういうことでその人が救われるなら、その人や同じ考えの人にはできるだけそうあってほしいな、と思います。体験ができただけでも、かなりの幸福感でしょう。間違っている、という言い方 [続きを読む]
  • chapter 1076
  • 誰もいない夜の通りを走っている時に、ふと思いました。このまま毎日暗闇の中で誰もいない道が続いたら、気持ち的な部分でどうなるのだろうと。「お〜い、誰か〜」とつい言ってしまうかもしれません。でも、誰もいないので誰からも返答はない。もし心身ともに疲れており「一人になりたい」と仮に思っても、本心からこれを思うことはないのかもしれません。本当に辛いのは、独りなのでは。色々なことが嫌になり何もしたくなくなった [続きを読む]
  • chapter 1075
  • 自分がよくやってしまう失敗があります。それは、相手が言った曖昧な事に対して、こちらがこれじゃないかと思ったものを即座に提案し、自分の中では無意識にこれだ、と思って決めつけてしまうことです。相手が年輩の方で、元々は○○と言っていたが、「最近」と言われたので、○○はこちらとしてはわかっているけど、相手は年輩ということもあり記憶違いだろうから「最近のものである△△では?」と言ったら怒り気味で違うと返答さ [続きを読む]
  • chapter 1074
  • 今自分の目の前に起こってる事柄が自分の使命、というようなことはよく言われます。あとは、自分の成長を促すキッカケといいましょうか。自分にとって面倒だな、思うことが日常に多くあるかと思いますが、その分成長できるキッカケもいっぱい。自分の態度を改め心から戒めることができれば、成功です。年齢を重ねる毎に偏屈で怒りっぽくなる場合がたまにありますが、それを言い訳にそのままにするのはよくないです。周りの影響は勿 [続きを読む]
  • chapter 1073
  • 自分はガラケーを使っているのですが、3月いっぱいで一部割引プラン終了のお知らせがきました。今でも、twitterを筆頭に色々な機能が使えなくなりましたが、遂にこのブログの更新もガラケーでは不可に。。ということで、そろそろスマホに替える時期がやってきました。最初は、今の携帯が壊れたら替えようと思っていたのですが、だんだんLINEやら色々な事情を聞くたびに面倒に思えてきたので、変更せずにいたというのもあります。 [続きを読む]
  • chapter 1072
  • 人からの信頼を得るのは、真面目さ、勤勉さに勝るものはないと思います。面白味のある人間も魅力的ですが、ユニークさとふざけるのとでは、わけが違います。ちゃんと事をこなせる人に、皆が信頼を寄せて集まります。関わりを持つことになる他人が、一番自分のことを見ていて評価をしてくれる。それは、有り難いことでもあります。頑張って努力している人に成果と結果を与えてくださるのも、認めてくれる誰かです。弱く悪い感情に負 [続きを読む]
  • chapter 1071
  • 何もかもから離れたくなる時、というのが たまにあります。好きなものにも関心が持てず、ひとまず何もしたくない なる状況。こういう感情は抱えてしまうと辛いのですが、誰かの集まりに参加して色々な価値観の人から話を聞いたりすると、自分の悩んでいることは何でもない という不思議な感覚に陥る体験を、自分は何度かした事があります。食事会でもなんでも、集まって色々な話を聞くと見えてくる何か。今までの自分は勿論、何と [続きを読む]
  • chapter 1070
  • インドア派とアウトドア派。どっち?と聞かれたら、出掛けるのが好きなので アウトドア派です。かといってインドア派の人に、無理に 「出掛けた方が楽しいよ」と言うわけにはいきません。出掛けずに家で何かをする方が楽しい、という意見もあるので。出掛ける楽しさは、外の世界の刺激や発見が一番の魅力。あと、たまに知らない人と話せたりすること。発見は、感性の刺激になります。でも、歩いたり人が集まる場に出向くのを疲れる、 [続きを読む]
  • chapter 1069
  • 最高な気持ちになる体験と、最悪な出来事となる体験。どちらも体験したことがある方が、色々知ってるように思います。最悪な体験は心に後悔や戒めを持つので、あとは最高な気持ちに向かうことを心がけるのみ。ずっといつの時もハッピーだけでは、心は鍛えられない。色々なものが、「本当の意味での」というあり方で知れたら、凄い境地です。心ある人の修行は、いつの時も辛く険しいみたい。 [続きを読む]
  • chapter 1068
  • 好きで読んでいる漫画の一つ、「BLUE GIANT」が一つの物語に区切りがつき、新章へと向かいました。ジャズをテーマにした漫画で、主人公がサックスに出会い、必死に練習をし、地元の仙台から東京へ上京し、仲間と出会いバンドを組み、憧れのステージに立ち、でも 何ともいえない悲劇がありつつも立ち止まらず向かい、次は世界に出向いた、というところから新章が始まります。ジャズも好きな音楽の一つなので、漫画を読んでいても馴染 [続きを読む]
  • chapter 1067 私的年間ベストアルバム2016 selected100
  • 毎年、その年に発売された音源(アルバム)の中から、洋・邦問わず自分の気に入った作品を勝手ながら選んでリスト化しています。いつもならその年の年末にアップしていますが、今年度はずるずると気づけば3月となってしまいました。。今更ですが、遅ればせながら自分にとっての趣味や参考資料として、選んだ100枚をあげさせていただきます。基本的に、自分がいつもチェックしている、そして感銘を受けるものは、自分で作詞・作 [続きを読む]
  • chapter 1066
  • 本当に自分が心から笑えるほど楽しい生き方。それは理想ですし、世の中の人の全てがそれを味わえれば 凄いこと。これを知ってたら、その楽しい事に向かって頑張れる気がします。暗い顔して悪いことばかりを考えるのは、陰気臭い事になる。限られた時間で、毎日本気出して自分の気持ちに正直になって生きる事ができたら、必ず何か掴める。楽しい事は、見つけないと始まらない。でも、必ず待ってる。 [続きを読む]
  • chapter 1065
  • 最初の頃は後悔する事に良いイメージが持てなかったのですが、最近になって 後悔する事は反省の余地があるから 気付いた時から後悔しない事を始められる、と思えるようになりました。始める事は勇気がいるけど、始められたら強いです。あの時にこうしておけば良かった、というのが些細な事でも色々と思い浮かぶなら、その分 始められる事も多い。後悔して気付かされて成長できる事もたくさんあります。嫌でいたたまれない気持ちに [続きを読む]
  • chapter 1064
  • 本気と本気のぶつかり合い。それは、ぶつかり合った同士にしかわからない 真実があるように思います。そこから真の友情が生まれて、互いに強くなれる。越えたら、一生の友のように思います。ぶつかり合いというのは、時には強く物事を言ったり、時には 殴りあいになる事もあるかもしれません。端から見たら、大丈夫なのだろうかと思うかもですが、冒頭に言ったように 当の本人達には真実があります。泣いてわめいて叫んでようやく [続きを読む]
  • chapter 1063
  • 親の歳をとった姿を見ると、少し心がいたみます。いたむと言いますか、何とも言えない気持ちです。でも、それを見ると親孝行をよりしたくなります。まず、親の言うことをうざいと思わず、後悔する前にちゃんと聞く。何か困っている様子があれば、恥ずかしがらず聞く。ちょっとした親切を、さりげなく増やす。など。。気付いた時からできることは何でもあるはずです。後悔しないように、元気で健在な時に是非親孝行を。親は、きっと [続きを読む]
  • chapter 1062
  • 新しい方法論や価値観は、知りたい派です。勿論何から知ったかや世代によって新しいものに否定的な見解が出てくる場合もあるかもですが、最近は自分が否定の頭を持ったら 自分の修行が足りない、と思うようにしています。自分の意見や考えは持ちつつ、良いと思ったら取り入れたり減らしたりして どんどん進化させていく。今思ってることも、もしかしたら数年後にだいぶ変わってるかもしれないし、変わってないのかもしれない。色々 [続きを読む]
  • chapter 1061
  • 自分がされて嫌な事はしない。自分が以前にされて嬉しかった事を他の人にも機会があったらする。この2つは実行しているのですが、何が嫌で何が良いかは人それぞれなので 難しいところではあります。その人にとって何が嫌かは、日常会話やこれまでの体験談などで察したいもの。なるべく、頭に留めて気を付けるようにしています。相手によかれと思う事の実行は、お節介にならない程度で気付いた時に実行していますが、例えば 離職さ [続きを読む]
  • chapter 1060 LA LA LAND
  • アカデミー賞の部門多数ノミネートで話題のララランドを、映画館で観てきました。ネタバレ要素ある感想なので、今後観られる方がいましたらご注意ください。最初はハッピーエンドだと思っていたのですが、思っていた結末と違い観終わった後に胸が締め付けられる思いでいっぱいでした。お互いの描いていた夢は叶うという部分ではハッピー要素ですが、本当に一緒になりたかった人と共に今後を歩めない結末は、思い出す度に涙します。 [続きを読む]
  • chapter 1059
  • 誰かの為に何かをできる、ということはカッコイイし凄いことだと思います。例えば、自分の親を思い浮かべてみると、家族や子供の為に働き生活費や養育費を稼ぎ、日々頑張っています。働くことは大変ですが、誰かの役に立つ仕事をし、誰かの為にお金を稼いでいる。改めて、凄いと思います。就職活動をしていた人で、早く自立して働きたいという人がいました。社会の一員になりたかったそうです。そういう人には、頑張った分に担った [続きを読む]
  • chapter 1058
  • 早いものであれから何年が経った。。というような感覚は、皆さんはありますでしょうか?歳を重ねれば重ねるほど、年月の経つスピードは早まるばかり。自分の好きなバンドが今年25周年記念ライブをやるのですが、そのバンドを知ったのが20年前で、もう20年が経ってしまったのか、とふと思ったのです。20年前は小学生でしたが、この時に10年も20年も先の事は考えていませんでした。あの時にこうしておけばよかった、とい [続きを読む]
  • chapter 1057
  • 3月になりました。春は、気持ちの入れ換えとともに新しい事を始めるチャンス。これまで準備してきた事があれば それを思いっきり放ち、例え突然の思いつきでも 長い目を見て一歩を踏み出してみるのもいいです。起業をしてみたい、という友人がいました。不当な扱いなどはなしの、自分の理想を具現化した会社だそうです。何か物を作ったり絵を描いたりする事が得意な方なので、クリエイティブな面での成功を収めていただきたいな と [続きを読む]
  • chapter 1056
  • 強くなる、ということはどういうことなのかというのをよく考えるのですが、ここ最近では「強くなる」ということは「自立できること」なのかな、とよく思います。自立は、一人でも生きられるということ。それは決して孤独ということではなく、精神面でも経済面でも一人で努力できること。誰かに依存すると、一人では生きられません。自分は自分、他人は他人ということですが、自分勝手ということではなく、他者愛あってのもの。強く [続きを読む]
  • chapter 1055
  • 賛否両論、というのは何事においてもそうです。自分の意見をちゃんと持っていることが大事だと思うので、賛でも否でも どちらでもいいと思います。その変わり、どんな意見にも聞く耳を持つこと。道徳や正義としての常識はあるかもですが、そういう事以外は何でもあり。それが私の意見。意見を述べあい価値観を知る事が楽しいです。知らない事を知れる楽しみ。 [続きを読む]