とあるかーちゃん さん プロフィール

  •  
とあるかーちゃんさん: お空では6人家族〜2人の天使ママ
ハンドル名とあるかーちゃん さん
ブログタイトルお空では6人家族〜2人の天使ママ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/hanhanha/
サイト紹介文無力症で4回妊娠し、後期流産、早産、新生児死を経験。地上に二人の娘、お空に二人の息子がいる日々
自由文子宮頸管無力症のため、それまで二人の息子を亡くし、二人の娘と暮らしています。お空の二人の息子への想いや、娘たちとの日々を綴っています。マタニティーカテから移動してきました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2014/06/25 16:07

とあるかーちゃん さんのブログ記事

  • 勇気はなかった
  • 夫の扶養関係で、親子関係がわかる書類をとってくるようにといわれました。住民票か戸籍謄本をと言われ、また区役所かー、と思いつつ。戸籍とっちゃおうかしらーなんて呑気に考えてたけど、実際に見る勇気がなくて住民票にしてしまいました。まあ、手数料が若干お安いというのもありますが。住民票だと当たり前だけど四人家族です。にほんブログ村 [続きを読む]
  • お腹の居心地
  • お久しぶりな更新です。幼稚園のとあるママさん。予定日1週間すぎてまだ産まれる気配なしです。おっきなお腹で一生懸命送迎をしてます。1人目も予定日から10日遅れて促進剤で産んだと。ほんとに妊娠出産て十人十色だなあ。産みたくなくたって、寝ころがって点滴しなきゃ産まれてきちゃう人もいれば、全然出て来る気配なしの人もいる。よっぽどママさんのお腹のなかが居心地がよいんだねー。なんて話してましたが。私のお腹は居心地 [続きを読む]
  • 区役所の窓口
  • 用事があり、区役所に行ったら、戸籍関係の窓口の「出生届、死亡届、婚姻届」の文字を見てドキリとしてしまった。目に入ったのは、やっぱり死亡届なんだけど。あの日。私は入院してたから、夫はこの場に来て、役所の人に事情を説明しながら、独りで出生届と死亡届を出しに来たと思うと。出生届だけ出しに来てた夫婦見て泣いちゃったと。 私が想像しただけでもこんなに悲しいのに。どんなに辛かったかなと、改めて思ったのだった。 [続きを読む]
  • 命日にお参りをしない
  • お兄ちゃんの命日が近づいています。1月の三連休で破水から亡くなりお産になったから、連休のいずれかで、家族でお骨をお願いした赤ちゃん寺にお参りにいくということにしていました。ただ、8年目を迎える今回はお参りしませんでした。ブログにも書きましたが、このところお姉ちゃんが「死んだらどうしよう」とふと泣き出すことか多いのです。大きな不安の中にいることは間違いありません。そこで「死んじゃった兄弟がいるお寺に行 [続きを読む]
  • お母さんになるときに
  • 子どもの事を書いてます。先日のいつか訪れるものだけどの続きです。お姉ちゃんが、「将来、自分がお母さんになる時に怖い」と言って泣くんです。手に注射して、ずーっと薬を入れたらどうしよう、とか。お腹を切ったらどうしよう、とか。繰返し、想像して泣いてます。わが子の事を言うのもなんですが、物の理解力が高いです。(まあ、やめろということをあえてやって怒られまくるとか、子どもらしいところもたくさんありますけど)自 [続きを読む]
  • 会話力
  • 一人っ子のママさん。やっぱりいいなあ、四人家族って。もう一人ほしいなあとは思ってたけど、そもそも結婚が遅かったし、不妊治療もしてやっとだし。更に二人めで治療を頑張る気はしなかったよー。と言われた。うちもポンポンと産めた訳ではないし、二人天使になったし。といってしまうには、ヘビーな会話になるかなと思ってつい「そっかー」と言うだけで精一杯で無言になってしまった。とっさに言葉がでない頭の回転の悪さよ。な [続きを読む]
  • いつか訪れるものだけど
  • お姉ちゃん(5歳)がポロポロと泣くのです。いつか、自分やみんなが死んでしまう、と。それを思うと怖い、悲しいと。大人になって子どもを産むことも、大変で怖いと。誰しもいつか死ぬけど、それはずーっとずーっと先だよ。お母さんもいつか死ぬかもしれないけど、それでも、うーんと先だし、あなたが死ぬのはもっともっと先だよ。まだ5歳だもん。お母さんもお父さんも妹も。ずっとそばにいるよ。死ぬのが怖いって考えてるのは、いろ [続きを読む]
  • 泣かされちゃった
  • 夫がお姉ちゃんに泣かされました。珍しく早い時間に夫が帰ってきたので、家族揃って外食をしていました。そこのお店は、以前来たときはお姉ちゃんが2,3歳くらいで、妹ちゃんは生まれていませんでした。なので、前に来たことあるんだよ、と話をしていたら、お姉ちゃんが、「前に来たときは、三人家族だったね。四人家族になってよかったね。妹ちゃんが生まれてよかったー」と言いました。聞いたとたんに夫は眼鏡をはずして目を拭っ [続きを読む]
  • 予防接種
  • こどものことを書いてます。↓お姉ちゃんは注射が大嫌いです。好きな子どもなんていないだろうけど、異常なくらい嫌いです。なんというか、痛みに対して、弱いというかパニックになっているように見えます。毎年秋になると、インフルエンザの予防接種を受けるか悩みます。2歳ぐらいまでは痛くてもがんばろうねー。で済んでたのに、今はもう色々とわかってしまったから、全力で泣きます。それでも騙し討ちは嫌なので、事情を説明し [続きを読む]
  • ちょっとだけ
  • ちょっとだけ、という絵本がある。先日友達が、もうお子さんが大きくなって読まなくなったからと持ってきてくれた。この本、開くだけで涙が込み上げてくる。我が家の お姉ちゃん が、「お姉ちゃんになる」とわかった頃。つまり、弟くん がお腹にやって来た頃、私はこの本を買おうと思っていた。いざ本屋で手にとって中身を読んだら、この先、「お姉ちゃん」になったら、この本のように、下の子が産まれたゆえに理不尽ながまんをし [続きを読む]
  • 違う未来
  • 姉妹でいいわねぇ。おだやかだねえ。という言葉を言われたときに、(というのは、大体男の子がいるママさんなのだが、)「もし」を想像してしまう。「もし、生きていたらの未来」を想像することは、「この子らがいない未来」を想像することにもなり、複雑ではあるが、やっぱり考えてしまうのだな。久しぶりに、知人のSNSを覗いてみたら、お子さんが大きくなっていた。その写真と文を読んでたら、あれ。この子が産まれたのは、弟くん [続きを読む]
  • ひとまず安心かな
  • ↓ 子供の事を書いてます。のんびり屋の妹ちゃんですが、1歳5ヶ月にて歩きました。まだまだ数歩レベルだし、ほとんどいざりばいというやつですが。手を引けば喜んで歩くので、意欲はあるみたいです。普通なら1歳半まで、シャフリングベビーなら2歳までに歩けば、と言われるそうですが、なんとかそれより前には歩いてくれました。内面の発達に関しても、何かやりたいというような意思を見せて、それが叶わなければ癇癪も起こすし、 [続きを読む]
  • よかったよかった
  • 出産話です。↓夏に会おうとしてた友人。無事に出産したと連絡がありました。連絡をくれたときから、ほぼ2ヶ月自宅安静で、37週ジャストで産まれたとのこと。よかったよかった。小粒ちゃんのようですが、37週まで居てくれればなんの問題もないというもの。幼稚園のママさん。つわりがひどいらしく、送迎をおじいちゃん(ママさんの父)がしてるのだけど、たまーにママさんが調子がよくて、出てくるときがあるのね。そのときのお子さ [続きを読む]
  • また鼻水
  • こどもの話です。一ヶ月ほど鼻をグズグズさせ続けた妹ちゃん。表面上出てないので、やれやれ落ち着いたかな?と思い、予防接種につれていったら、先生から、「なんか鼓膜の色が悪いなあ」と言われる。注射したのち、鼻水を排出しやすくする薬をもらい、一週間後に見せに行くと、「んー? なんか色が悪いままだなあ。しかも、喉も赤いよ?」鼻水も出てないけど一応吸引してみようか?と、鼻を吸われると、出てくる出てくる。あれ? [続きを読む]
  • 確率は関係ないが
  • とあるキーワードで検索してたら、お世話になった病院の新生児入院診療実績として、出生体重と、在胎週数と、死亡についての資料がひっかかってきて。よせばいいのに、読んでしまったんです。弟くんが生まれた年の出生体重、500〜1000gで生まれた亡くなったのは1名。在胎週数22週で生まれた子で亡くなったのは1名。弟くん、この「1名」なんですよね。生きて退院できませんでしたから。22週で生まれても助かって退院していった子も [続きを読む]
  • お参りに行くこと
  • お空のお兄ちゃんと弟くん。1月と6月が命日です。お彼岸の3月、9月。お盆の8月。仏壇もお墓もないので、お骨をお願いしたお寺さん(赤ちゃん寺)にお参りに行きます。何だかんだでよーくお寺に行ってます。今はお姉ちゃんも妹ちゃんも自分でどこかに出掛けたりというのはないので、お寺行くよーと言えば、付いてきます。お寺にお参りにいくよと言えば、車の中でいつもより、おやつたくさん食べさせてもらえるってもの分かってるので [続きを読む]
  • 余分なもののこと
  • 急に思い出した!!!妹ちゃん産むのに入院してたときに、苦手なタイプの人が同じ部屋に来た。予定日が同じと聞き、正直、あああああああああああずーーっと一緒かよーーおおおおお。と思っていた。けど、しばらく辛抱してたら、あちらが部屋移動になり、そうしている間に、私は破水して、彼女より早く産むことになった。産後、廊下で会ったら、しげしげと見つめられて、 「へー、産まれてもお腹って凹まないんだね」私は肥満であ [続きを読む]
  • 鼻水との戦い
  • 子どもの事を書いてます。↓妹ちゃん、熱が下がったと思ったら鼻水がひどいです。あまりに垂れてるんで、鼻水吸いとってやったら、私が風邪引きました。お姉ちゃんの時もそうで、鼻吸うと必ず感染するので、もう嫌だと思って電動鼻水取り買って。買った一週間後に、お姉ちゃんが自分で鼻噛めるようになってしまい。その時は下の子産まれるとは思ってなかったけど、戸棚の奥へしまいこんで。 妹ちゃん産まれ、鼻水だくだくで。ふふ [続きを読む]
  • 妹ちゃんが発熱
  • 子どもの事を書いてます。↓妹ちゃんが熱を出してしまいました。生まれて2ヶ月しないで風邪を引かせてしまったのと、肺炎球菌の予防接種で熱が出た以来です。普段、元気でいてくれている分、心配です。今回は、熱のみでその他の風邪のような症状もなく、お腹の調子も普通。耳もきれい。熱だけなら、1歳3ヶ月にして突発かな?とも思えるんですが。この熱。初日にがつんと上がって次の日からけろっと治って、2日開いてまたがつん。 [続きを読む]
  • 旅行してきます
  • 二年前。お腹が大きくなるから夏の旅行なんて無理だね。と思っていました。それが、思いもよらず、夏の気配を感じるまえに、弟くんは生まれて、そしてお空へ旅立ってしまいました。夏の終わりのころ。できるとは思っていなかった旅行に、小さくなってしばらくたったお腹で出掛けました。お姉ちゃんは3歳で、物事がよくわかってきていたので、2歳の時より、存分に旅行を楽しんでくれました。帰ってきて、楽しかったね。でも本当は旅 [続きを読む]
  • お盆のおまいり
  • お盆の季節になりました。我が家恒例の赤ちゃん寺参りに行ってきました。お花はまたひまわりにしました。やっぱり夏らしいお花です。お姉ちゃんは「また、ねこさんいるお寺に行くのー?」と言ってました。なので、夫が「そろそろ、猫メインじゃなくて、お兄ちゃん弟くんにお参りしに行くんだって思ってね」と、話しました。まあ、でもしょうがないのです。常日頃、細かく説明はしてませんし。○くんが、あなたのお兄ちゃんで△くん [続きを読む]
  • 友人に会うつもりが
  • 小学校以来の友人が、同窓会と称して声をかけてくれた。会うのは4年ぶりくらいで、彼女の結婚式だったか、前回の集まりか。あんまり覚えてない。色々予定調整して、という段階で、「お腹のはりがあって医者に行ったら切迫早産といわれて…」友人は二人目妊娠中。安静を指示されたそうで、会は中止に。集まれなくてごめんねと言われたが、お産の大変さが身に染みてるから「そんなこと赤ちゃんの無事には変えられないから!」と返答 [続きを読む]
  • 縛ったその後
  • ↓生理やら授乳の話です。妹ちゃんも1歳2ヶ月を過ぎて、月のものが復活しました。授乳も一日の回数は減ってきてましたから、そろそろ来てもおかしくないかなと。卵管結紮後の初めての生理で、ちゃんと来るのだろうかと少し心配していました。ネットで調べると、縛った後、更年期のような症状が出たり、生理が来てもダラダラ続くとか、そういうトラブルがなきにしもあらず、のようでしたが、ひとまずはフツーな感じでやって来て終わ [続きを読む]
  • 個性的な発達
  • 子どもの事を書いてます。1歳を過ぎて、最近はようやく自力で動き始めた妹ちゃんですが、典型的なハイハイではなくて、座ったまま尻をズリズリして進む、いわゆる「いざりばい」というやつをしてます。いざりっこ(シャフリングベビー)というもののようです。Googleさんに聞いてみたら、おおよその特徴が当てはまってます。首座り、お座りはほぼ普通。(妹ちゃんは少し遅めだった)うつ伏せ嫌い。寝返り、はいはいしない。お座りで持 [続きを読む]
  • 抱っこ紐が新品に
  • 妹ちゃんが産まれたときに、抱っこ紐はお姉ちゃんのお古があるというのに、やっぱりあれだこれだと買ってしまいました。用がなければ外出しなかったお姉ちゃんの時と違い、妹ちゃんは生後1ヶ月前後から幼稚園の送迎で外に出たりとあちこち連れ廻されてます。なので、妹ちゃんに負荷がかからない、こちらも楽な物をと、結局いろいろ買ってしまったんですよね。そのなかで、妹ちゃんが大きくなるに連れて、腰、肩が楽だし、前向きだ [続きを読む]