yasumitsu さん プロフィール

  •  
yasumitsuさん: ピーエイディー株式投資
ハンドル名yasumitsu さん
ブログタイトルピーエイディー株式投資
ブログURLhttp://irdistock.net/?page_id=9
サイト紹介文DCFによる企業価値とチャートとの整合により株価ゾーンを設定、プログラムトレードで運用。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2014/06/26 12:51

yasumitsu さんのブログ記事

  • 保有中の小型株
  •  決算発表の結果を受けて市場では銘柄選別が進んでいるようです。  前回決算持越しで失敗したエクストリーム、シンシアは割安度を検討した結果、エクストリームは四季報予想には届いていないが会社計画は上方修正しており、もう少し上昇する余地があるので2600円半ばで買戻し、今のところ運良し。  シンシアはとんでもない下方修正で実力2000円程度と推定したので、買戻しはしなかった。 現在の2900円台で今後上昇するなら、 [続きを読む]
  • 分足プログラムトレードしばらく中断
  • 分足のプログラムトレードを2週間運用したが、事前のバックテストで想定した結果が得られず中断します。 プログラムトレードはリアルタイムで株価を監視しながらプログラム適用ができるという、他のツールにはない特徴があるので、何とかこれを活用できないかということで、過去1年半50銘柄程度バックテストして納得できる結果だったので期待を込めて運用開始したが、日々銘柄を選定することが大きなネックになった。 新たな銘柄 [続きを読む]
  • 裏目に出たバレンタインデー
  •  昨年よりPGRを活用した小型割安株の安値ゾーンエントリーの裁量トレードを増やしており、決算発表日当日までに利益確定することに決めていたが、昨日はバレンタインデーであり、プレゼントが欲しいなという思いが強まり、昨日決算発表のエクストリーム、シンシアをあまり調べず継続保有してみることにした。 しかし決算内容をみて愕然。  今日8時頃寄成を注文して外出したが、ストップ安に至らなかったので良かったが、バレン [続きを読む]
  • トレステトラブル
  • 今日から分足のプログラムトレードを稼働スタートしましたが、途中でパソコンがフリーズし、その後1時間くらいでフリーズ解消したが、今度はトレステサーバの接続が切れていることが判明。  一旦パソコンをシャットダウンし再起動したが、今度はプログラムトレードを有効化しようとしたが出来ず、結局十分な稼働が出来なかった。  以前から何度か急に接続しなくなることが何度かあったので、未だ信頼できるまでに至っていませ [続きを読む]
  • トレステのプログラムトレードについて 明日より再開
  •  先日も書きましたが、決算発表後の値動きが激しいですね。  3か月ごとの年中行事になっており、最近ではどう動くか興味津々です。 12月の四季報で新規に買った銘柄のうち、2月3日は3800ユニリタも前日上昇から大幅下落。 決算内容が良くなかったから当然の動き。  6035IRJは昼に決算発表で後場大幅下落。 前場で半分利益確定してたが、12時に決算発表とは知らず半分保有。  決算内容は悪くないので、今後上方修正有り得 [続きを読む]
  • 1月の進展状況
  • 決算発表シーズン真っただ中で残り2週間となりました。 相変わらず決算発表イベントを利用した値動きの大きい銘柄が目立ちますが、余程確信がない限り決算発表前には処分した方が良いと思います。  しかし今日は日新電機を買ってしまいました。1月末に利益確定してノーポジにして正解だったのですが、今日は決算内容が良かったのでどう動くか確認のため保有しました。 今後の方針としては1200円程度で難平、1600円程度で処 [続きを読む]
  • 2016年の総括
  • 早いもので2016年も過ぎ去りました。 昨年の世界は英国のEU離脱、難民問題、米国大統領選など予想外のことが多く株価も変動が大きな年となりました。 2017年も世界的な保護主義の台頭や為替の動向が気にかかるところです。 2016年は新しい取り組みとしてイザナミの運用、プログラムトレードの検討、PGR(成長倍率)の活用方法の検討、新興株の割安ゾーン投資など検討すると同時に、各トレードを総合するとすべての月で [続きを読む]
  • ホームページの編集できません
  • ホームページはジャストシステムのホームページビルダーを購入しワードプレスで作成していますが、編集しようとしたら新規に追記できなくなっています。 ITは便利だが、トラブルが発生すると素人には手に負いません。 ワードプスレはアフターサービスしないのでどこに問い合わせたらいいか分からない状態です。 代替えを検討してみますが時間がかかりそうです。11月の結果ですが、イザナミは24勝17敗、勝率58.5%で+0.85%で [続きを読む]
  • モバイルファクトリーの反省
  • トランプショックから思わぬ株価上昇になっています。 ほとんどのアナリスはトランプ大統領になって円高が進むと予想していたが、ここまで円安が進むとは本当に金融の世界は予測困難な世界です。 12月にアメリカの金利切り上げ期待もあり、株価が上昇しているのかも知れませんが、これが過ぎれば大幅下落となるのでしょうか。 ところで、新興株トレードのプログラムを検討していますが、11月はひどい月になっており、やはり完成 [続きを読む]
  • 10月の総括
  • 決算発表も半ばとなってきていますが、今日の日経新聞では、10月31日までに発表した501社(全体の32%)の結果では、純利益が対前年−25% 売上は−7% 経常利益も4年ぶりにマイナスとなっています。 大きな要因は円高であり、今後は長期的には日銀の金融緩和も限界となっていることから、上下しながら円高方向に向かうことが予想されます。 内需はインバウンドも一時の勢いはなく、また財政懸念から消費が伸びることは期待でき [続きを読む]
  • 9月の総括
  • 最近の日経平均の値動きは日々上昇、下落を繰り返した状態になっています。 直近ではドイツ銀行問題が影響しているようですが、海外投資家は9月4週連続売り越し、8月も月間で売り越しとなっており、本来ならもう少し大幅下落してもおかしくない中で日銀のETF買いが支えている状況となっている。 日経平均のPERは14倍程度になっており、過去の例では底値ゾーンであり、10月から中間決算の内容、今年中の米国の利上げによる円高 [続きを読む]
  • 8月の結果
  • 8月はトレードステーションのプログラムトレード中心に検討しています。 イザナミ、プログラムトレードそれぞれの結果は下記のとおりです。 またホームページのトップページ、トレステプログラムトレードなど追加,変更しています。○イザナミの結果今月のシステムトレードの結果は今年初めてマイナスです。 過去のバックテスト結果より平均すると年間1回から2回は月間マイナスになるので、そろそろだなと覚悟していました。   [続きを読む]
  • トレードステーションのプログラムトレード
  • 以前マネックス証券のマネックストレーダーでプログラムトレードを運用していたが、サービスが中止になったので、仕方なくイザナミによるシステムトレードを始めた結果、これが素晴らしいソフトで現時点では非常に満足しています。 3月29日よりマネックス証券はトレードステーションのプレサービスを開始しているが、新たな口座を開設しないと使えず、しかも手数料が高いこと、またイザナミのシステムトレードが予想以上に良好な [続きを読む]
  • イザナミシステム 7月の結果と雑感
  • 7月のイザナミの結果はホームページに記載していますが、+0.25%とかろうじてプラスになっています。 現在は安全を優先してレバ2倍でやっています。 29日は日銀の金融政策会議の最終日で、朝から日経先物と為替の思惑的な動きで異常な乱高下となっていました。 何度も言っていますが、日経先物はもはや先行きを表す指標ではなく、ヘッジファンドの便利なツールになっています。  現在の日本市場は世界の中でも飛び抜けてボラ [続きを読む]
  • イザナミシステム 6月の結果
  • 6月のイザナミの結果をホームページに追加しました。  6月は英国のEU離脱の影響を受け乱高下でした。イザナミ上は6月24日の1200円以上の日経平均の下落でマイナスとなりましたが、逆張りでヒットした銘柄が、27日月曜日の戻りで利益となり、最終プラス3.8%となっています。 実は24日金曜日の英国の国民投票が気になってテレビで実況を視ていましたが、昼前に離脱濃厚となり、日経平均はどこまで下落するか分からないので、 [続きを読む]
  • 1日15分のイザナミシステム 5月の結果
  • 5月のイザナミの結果をホームページに追加しています。  5月は中旬までマイナス状態でしたが、後半から逆張りで回復し、新興市場の上昇にのって順張りも機能しました。 イザナミの損益上は最終プラス5.2%になっています。 5月はセルインメイと言われており、3月期の本決算が終わり、材料出尽くしで下がることが多いが、米国金利上昇の期待や消費税増税の延期、財政出動期待などで日経平均は上昇した。イザナミによる発注 [続きを読む]
  • 久し振りに見た決算発表の孫社長
  • 昨日、久しぶりにソフトバンクグループの孫社長の決算発表説明会を動画で見ました。 相変わらずの戦略と戦術の素晴らしい打ち手に感心しました。 決算内容そのものはサプライズはなく、国内携帯市場の競争激化とスマートフォンの成熟が影響して、孫社長と言えども以前のような成長路線は難しいようで、現在のグローバル展開が事業成長の成果として結果を出せるかどうかにかかっており、当面は過渡期になっています。スプリントは [続きを読む]
  • いよいよ始まるAIを使った投信運用
  • 今日の日経新聞に三菱UFJ信託銀行がAIで自動運用するファンドを今年度中に開始するとの記事が掲載されている。 数年内に1000億円のファンドにするとのことである。 先物でのヘッジもするようで、2008年から2015年まで全てプラス利益で年平均9%の利回りになっているようです。 2008年プラスの投信はないそうです。いよいよ株式投資もAIが導入されてきそうで、これが活発になれば自前で運用する個人投資家は海外ヘッジファンド [続きを読む]
  • 日経平均の推定計算
  • 連休中にCME日経先物は大幅に下落していますが、過去に夜間にこれほど大胆に下げているのは記録的かも知れません。 日本で寝ている間、休日の間に為替や先物を仕掛けるのはつくづく止めて欲しいと思いますが、仕掛ける側からすればこの飛び石連休は最大のチャンスでしょう。 幸いなことに現在の持ち株は長期保有のユーグレナと新興株1銘柄だけで、ほとんどの銘柄を先週処分したので今回の下落には巻き込まれていません。いくらヘ [続きを読む]
  • イザナミ4月の結果と雑感
  • 4月のイザナミの結果をホームページに追加しました。 4月途中からバイオ関連で10%以上のプラスになっていましたが、先週末から急落した銘柄が多く、結果はプラス3.8%に終わりました。 今年はとにかく継続して、トレードシステムの改善と確立をしていきます。 現在のところ、イザナミでは約定しているのに実際は指値を飛び越えて約定しない場合や逆の場合もあり完全にイザナミの結果とは一致しないが、銘柄の9割以上は合致して [続きを読む]
  • 逆指値と注文スピード
  • 今日は一日外出しており場中は見てませんでしたが、月曜日の下落と昨日の上昇は相変わらずボラの大きいもので、500円のボラは当たり前になっています。 特に夜間寝ている間の先物操作、為替操作は止めて欲しいと思いますね。 さて最近はバイオ関連銘柄が活況で、システムトレードでかなりヒットしていますが、中には不成立のものがあり、機会損失が発生しています。 逆指値の指値注文で前日夜にセットしてますが、場中に逆指値 [続きを読む]
  • 日経先物はもはや先物ではない ヘッジファンド指標である 
  • 海外ヘッジファンドの日経先物による株価操作はますます加速しているようだ。 昨日の日経平均は先物主導でじりじりと値を下げ390円安となりました。 ここ数年の日経平均のボラは非常に大きくなっており、1日で500円動くことは通常となり、1000円下げても皆が驚かなくなりました。 昨日は海外株は大きく下げていない。 多少円高になっているが、ドル円1円で日経平均は200円程度変動するので、390円はあまりにも下がり過ぎで、あ [続きを読む]
  • マネックス証券について
  • いよいよトレードステーションの日本株への対応版がリリースされましたが、まだ実際に使用できるまでには時間がかかりそうですが、どのような機能があるか楽しみにしています。  このブログはプログラムトレードを個人投資家の新たなトレード手法にしたいとの目的で開設したのですが、残念ながら昨年7月でサービスが中止となり、ブログ本来の価値が無くなったわけですが、人間万事塞翁が馬といいますか、仕方なくイザナミによる [続きを読む]
  • システムトレード再開
  • 昨年の手術後すっかり回復し、医学の進歩に感謝しています。 今年はイザナミの売買ルールと一括発注の検討をし、3月より実売買をスタートしています。 売買システムの条件として、1日に一回、前日(当日朝でも可)に発注作業を済ませ、昼間は仕事に没頭できること。 発注は一括発注ツールで30分程度とする。 長くて1時間以内として極力本来の仕事や自己啓発、私生活に影響が出ないようなシステムとしたい。 バックテスト結果例 [続きを読む]