fighter-K さん プロフィール

  •  
fighter-Kさん: Over the Sky
ハンドル名fighter-K さん
ブログタイトルOver the Sky
ブログURLhttp://landmarkpostjp.blog.fc2.com/
サイト紹介文英語を学んで使えて・・・その先を考えてみませんか?そんな視点から、いろんな話題をご紹介!
自由文英語を学ぶ上で最も大切なことは、英語を「道具」として使うこと。英語を話すために1番大切なのは、英語を使うこと!参考書とにらみ合うことではありません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2014/06/26 14:16

fighter-K さんのブログ記事

  • 世界とこんなに違う!日本の子供のスマホの使い方!
  • マンガで分かる・・・は数あれど、これは私には最悪。「三国志」の登場人物のイメージを、こんな風に植えつけられて、若い人は楽しめるのでしょうか?どうも男性か女性かハッキリしないキャラクターが、最近は多いような気がします。後は女子高生イメージの絵で、文庫本や啓発本を売ろうとしたり。三国志は、日中関係がおかしくなってからというもの、ビジネス関係の書物にも取り上げられる機会が随分減りました。昔はプレジテント [続きを読む]
  • 英語ができる人は、ここが決定的に違う!〜子供の時から要注意!
  • 子供だけではなく、大人も含めて英語を話せない人の共通点をご存知ですか?今日も長くなりますが(笑)、1人でも多くの人が、英語「くらい」使えるようになって欲しいとの願いを込めて書いています。よろしくお願いします。お先に応援頂ければ幸いです。英語だけではなく、上場企業の管理者として部下を指導した経験からも思うのですが、英語を話せない人、仕事ができない人は、まず間違いなく「失敗を恐れる人」です。「人前で恥 [続きを読む]
  • 中身が“子供”の大人にするな!子供は“大人”に育てよう!
  • アメリカではほとんどの人が、テレビや新聞などを含めたマスコミ発表を信じていません。アメリカのマスコミ報道を正しいと考えているのは、アメリカ人のわずか32%にしか過ぎないのです。ところが恐らく日本人のほとんどの人は、テレビや新聞に載ったことは正しいと信じています。アメリカ人と日本人のこの大きな違いは何だろう?メディアリテラシーが不足しているのでしょうか?メディアリテラシーとは、「インターネットやテレビ [続きを読む]
  • 土地柄の違いは何処にも・・・
  • どこの国でも、土地柄というものがあります。江戸時代にはわが国でも、大阪は「商人の町」、東京(江戸)は「将軍のおひざ元」と言われました。あまり土地柄の話に踏み込むと、差別だ何だと言われかねないので控えざるを得ませんが、地球規模、国別、地方別といように土地柄は、見方によっていろいろなことを示しています。アメリカは広い国なので、そもそも州が1つの国のようなものなので、地域差がものすごく大きい。ハワイ州と [続きを読む]
  • 子供に1番大切なこと!大人になって、英語がペラペラになるには!
  • あなたは自分のお子さんに、どんな子供になって欲しいですか?今、世の中ではどんどん格差が開いています。お子さんが大きくなった時、正社員でいるか派遣社員(名称が変わっているかも知れません)でいるかでは、所得も大きく違うので、生活水準も違います。皆さんのように、結婚も出来ないかもしれません。日本の将来について憂いているだけではなく、今日は批判を恐れずに、子供たちにしてほしいことを書いてみようと思います。 [続きを読む]
  • “ヒーロー”は一夜で・・・
  • 贈った人も、もらえた人も、昨日のバレンタインデーを楽しみましたか?今日はバレンタインデーから一夜明けて、気分を引き締める記事をどうぞ。(笑)毎月26か国語で120タイトルが量産される、「ハーレクイン・ロマンス・シリーズ」のヒーローには8つのタイプがあると言います。① ジョン・ウエインのような「親分型」② ジェームス・ディーンのような「悪がき型」③ ジェームズ・スチュアートのような「最高のお友達型」④  [続きを読む]
  • 突如始まった、バレンタインデー!
  • 今日は、バレンタインデーですね。楽しんでいますか?February 14th is, of course, St Valentine’s Day. In Japan, this day is recognized as the day on which a girl can send chocolates to a boy she is attracted to. Recently, “giri-chocolates” or what we call obligatory chocolates are passed around. These chocolates are for colleagues and people at work whom we associate with every day. To cope with t [続きを読む]
  • トランプ騒動で露呈!日本のマスコミは「子供新聞」!
  • 日本の新聞を読んでいると、「本当に取材しているのか?」「分かっていて書いているのか?」と思うことが多々あります。例えば野球のルールを知らない人が、新聞社の運動部でプロ野球の取材をしているとは私も思いません。しかし日本の記者は甘すぎるというか、考えて記事を書いているとは思えないことが結構あると私は思うのです。安倍首相がトランプ大統領と会談を持つ予定です。しかも、2日間に渡って。(2月9日現在の情報) [続きを読む]
  • あなたの英語に、“心”を込めよう!
  • 昔から多くの日本人が英語を学んでいますが、本当に英語を話して(使って)日々を過ごしている人が少ないと私は感じます。私の友人たちは(日本人)、その多くが仕事で英語を使っていたり、グリーンカードを取得してアメリカで暮らしていたり、アメリカ人の友人との付き合いを楽しんでいたり・・・。英語を使って、生きています。英語を使うことが、生活の一部となっています。ところが、英語を学びたいと私の会社の門を叩く人の多 [続きを読む]
  • 分かりやすい、アメリカ人にとってのトランプ大統領!
  • 何かと物議を醸しているトランプ大統領。人は居心地の良い場所では何も感じません。カエルの話をご存知ですか?お湯の入った鍋にカエルを入れると、当たり前ですがすぐに飛び出ます。しかし、水を入れた鍋にカエルを入れてやり、少しずつ温めて行くとカエルは鍋から飛び出ることなく、気が付いた時には(気が付きませんが)沸騰した水の中で死んでいます。私は現在のアメリカの社会の騒動を、次のように考えています。ここ数年間ア [続きを読む]
  • ◆食事時注意!◆
  • 今日は節分。忙しくて食事が取れないのでコンビニに。恵方巻きだらけで、誰がこんなに買うのかというほど陳列している。もう夜8時前なのに・・・。売れ残ると、こういう季節ものは店員さんがいくらかを強制的に買わされたりするのだろうか?コンビニでは最終的にお弁当は破棄されるけれど、スーパーなら今夜はちょっと夕食の買い出し時を超えると、シールを貼って半額で売っているのだろう。クリスマスケーキやバレンタインチョコ [続きを読む]
  • せっかく知っている知識を無駄にしないで!
  • 英語を話す時、失敗を恐れていては、いつまで経っても英語を話せるようにはなりません。でも、誤りに気が付かなければ、いつまでも同じ失敗を繰り返します。日本人に慣れているというか、日本語を理解する英語ネイティブは、日本人が侵すミスを見過ごしてしまうことが多いようです。日本人みんなが同じようなことをするので、聞き慣れてしまっているのでしょう。しかし、ネイティブ同士では絶対に使わない英語は、きちんと直したい [続きを読む]
  • “話上手”を、お間違いなく!
  • 欧米人は沈黙を嫌います。これは事実です。だから、英語を話す時はきちんと返事をしなさい。相槌を打ちなさい、自分の意見を言いなさい等、英語を教える側はアドバイスをします。言葉のキャッチボールを大切に!という訳です。しかし、“How are you?”と言われたら、“I’m fine, thank you. How are you?”と返す。当たり前のことです。日本人同士の会話でも、「おはよう」「おはようございます」と、挨拶を返すのは当然です。こ [続きを読む]
  • 「断捨離」で英語はペラペラになる!
  • 日本人が学校で学ぶ英語は、決して「使えない英語」ではありません。文法主体であるとか、実際には役に立たないと言われる方もいますが、私は英語の基本を身に付けるためには、今の学校の英語の教科書も悪くはないと思います。ただ、本当に英語を話したいと考える方は、そこから少しだけ、英語の本質を追及すれば良いだけのことです。英語がなかなか話せないと嘆く大人の方で、中学〜高校とそれなりに英語に興味を持っていた方。そ [続きを読む]
  • トランプ大統領・就任演説 スピーチ 全文
  • 8年前、オバマ大統領の就任の際は、全世界が彼の就任を温かく見守りました。このブログでも、どこよりも早く就任スピーチの全文を掲載しました。あの時は新聞社よりも早かったことを忘れません。今回の政権交代では、トランプ大統領の言動のみに、日本のマスコミも日本人も注目しています。これから日本がどういう影響を受けるかに焦点をあてて、トランプ大統領の是非を議論しています。そしてアメリカ中でトランプ就任に、女性や [続きを読む]
  • 英語に対する「誤解」を改めよう!
  • 今日は「大寒」です。本当に寒いですね。大寒の日に産んだ「卵」を食べると、健康と金運に恵まれるといいますね。この日が寒いために、ニワトリも卵を産む数が少なくなる。だから1個あたりの栄養価が普段よりも高い。そんなところから、大寒の卵がありがたいものと、考えられるようになったそうです。さて、自分が普段、「雑談」として友人と話していることや、自分の趣味についてくらいは英語で話せるようにしておこうと、前回お [続きを読む]
  • 英語を話す以前に必要なこと!
  • 前回も触れましたが、英語の勉強に長い時間を費やしても話せない。英語の勉強をすること自体が目的となってしまっている人が、本当に多いことは残念です。英語は楽しんで使うから、学びのモチベーションを保つことができますし、実際に話すことができるようになります。今、あなたが覚えようとしている「単語」、実際にあなたが英語を話す時に使う必要がある単語でしょうか?もしくは、あなたの興味のある分野の言葉でしょうか?一 [続きを読む]
  • コミュニケーションは子供の時から教えよう!
  • 今日からセンター試験。毎年のように天候が気になるところですが、12月に変更するとか、受験時期を見直せないものでしょうか?就活の会社訪問解禁のように、コロコロ時期が変わるのは困りますが。これまでの人生を振り返っても、受験・入学試験というものは、私にとっては本当に忘れられないものでした。受験勉強に頑張った時期、高校受験〜大学受験、本当に素晴らしい時間でした。私は勝った結果よりも負けた結果の方が多かったの [続きを読む]
  • 時代は「詩」よりも、「ツイッター」??
  • もう間もなくホワイト・ハウスを去りますが、2008年、バラク・オバマ大統領は、民主党大統領候補者指名争いでヒラリー・クリントンと対決していました。それがもう、大昔のような気がします。この時、ヒラリーは、マリオ・クオモの言葉を引用し、オバマを攻撃しました。“You campaign in poetry. You govern in prose.”「選挙は詩で行い、実際の政治は散文で行う」という意味ですが、ヒラリーは「選挙では美しい言葉を並べてもい [続きを読む]
  • Walking Around Osaka Vol.6 / 大阪お散歩アラカルト(6)
  • 世の中もお正月気分から、すっかり日常に戻ったようです。(明日から3連休の方もいらっしゃると思いますが。)役所関係も4日から御用始めということで、今年のお正月は短かいお休みだったような。“It was a busy day. Today was the first workday of the year.”という声を、昨日、一昨日は友人からも聞きました。お休み中に、いろいろなことを皆さん考えられたと思います。“I seriously thought about changing jobs.”とい [続きを読む]
  • 嵐からの年賀状!
  • お正月と言えば年賀状。私の年代の人は、これから益々気の置けない友人が大切になって来ます。定年を迎えたりして、会社や役職の肩書が取れた時、その人がどこを見られるか?それは人間性であり、その人自身の魅力です。ついこの前まで部長だったとか、上場企業に勤めていたというようなことは、残りの人生において何の役にも立ちません。若い時のように、付き合いの浅い友人知人が大勢いなくても良い。遠慮なく話せる友人が、3〜 [続きを読む]
  • 不透明決着 何でもあり?やったもん勝ち?
  • テレビの前で大晦日を迎える時は、紅白を横目で見ながら何かをしていることが多いのですが、昨年の紅白は、これまでで1番面白くなかったというのが私の感想。お年寄りから若い人まで楽しめる番組であってほしいのですが、出演者が若過ぎました。確かに年齢と共に声が出なくなりますから、生中継で口パク無しの紅白に、ベテランが出場を渋ることも分かりますし、ギャラやNHKの運営体質の問題もあるでしょう。それでも、出場者の小 [続きを読む]
  • 静かな大晦日
  • It's New Year Eve today. Another year is passing....I'm grateful that I had a good year.今年も今日が最終日。街のあちこちが、ついこの前までクリスマス一色だったのが、今はもうお正月ムードです。早い所では今週に入るやいなや、門松を飾って琴の音を流していました。この大阪・阪急百貨店のディスプレイのような、大掛かりな生け花ともなれば、設置にも確かに時間が掛かるでしょうし、正月の3日だけ飾るという訳にもいか [続きを読む]
  • 最も素晴らしい四文字言葉は?
  • たくさんの人が御用納めを終え、帰省ラッシュを迎えています。まだまだお仕事中の皆さんには、本当にお疲れ様です。私は年中無休で、年内も新年も授業です。それでも、1年間を振り返って、今年の仕事の内容についてじっくり考えているところです。常により良いものを提供しようという考えを失ったら、人は歩みを止めてしまうことになりますから。人生のほとんどの時間を占める「仕事」ですが、日本人は本当に勤勉だと思わざるを得 [続きを読む]