Shun さん プロフィール

  •  
Shunさん: 外資系メーカーで働くサラリーマンのブログ
ハンドル名Shun さん
ブログタイトル外資系メーカーで働くサラリーマンのブログ
ブログURLhttp://asutannet.seesaa.net/
サイト紹介文外資系化学メーカーで働くサラリーマンの働き方、日常
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2014/06/27 15:02

Shun さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 評価される仕事
  • 同僚の仕事を見ていて面白いことに気が付いたので久しぶりにブログをアップすることにしました。今日のテーマは「評価」です。といっても、シビアな一年ごとの業績・業務評価のことではなく、日々の仕事をどう認めてもらうか、という地に足の着いた(?)ネタです。筆者の勤務先は、新卒で入社してきた方が1/3、日系企業からの転職が1/3、外資系企業からの転職が1/3(筆者もここに入ります)、というある意味バランスのとれた構成 [続きを読む]
  • 育休取得
  • 私事ですが、育休(育児休業)を一か月以上取得しました。ただいま会社からは戦線離脱中で、家事と育児の第一線に立っております。尚、筆者は男性です。イクメンを気取るわけではないですが、三十代半ばの男性が、平日にスーパーに行ったり、保育園の送り迎えをフルで行っている、というのは多数派ではないのだということを日常でひしひしと感じます。このブログは外資系企業での働き方を軸に展開しておりますので、育休のグチ?は [続きを読む]
  • 定期的な人事異動(定期異動)
  • 間もなく4月ですね。新年度、新入社員、新しい学年、会計年度の変わり目。外資系企業に勤める者にとっては、お客様や取引先である日本企業での「定期な人事異動(定期異動)」の時期。一年間(やそれ以上)一緒にお仕事をさせていただいた方々とのつかの間のお別れの季節です。何年か後の4月には「ご無沙汰しております」なんてご挨拶していたりするのですがね。1-12月のカレンダーで動く上に、定期異動という発想がそもそもない外 [続きを読む]
  • 英国の英語に挫折
  • 昨年、人生で初めて大英帝国に出張で足を踏み入れました。その後二か月と間をおかずに2回目がございました。御多分に漏れず、イギリスでは英語が通じませんでした。そして食事も不味かった、、、実は筆者の転職前の会社はヨーロッパでもイギリスではない国に本社を置く企業であり、ネイティブのイギリス人とまともにやりあった経験は少ないのです。そしてアメリカ人もしかり。つまり今まで英語を母国語とはしない同僚とやりあって [続きを読む]
  • 化学業界の再編
  • 石油会社の業界再編ニュースが化学の世界ではホットな話題ですね。解説は経済紙の通り、外資が資本を引き揚げる程度に旨みのなくなった日本市場でのパイの奪い合い、という不毛な消耗戦を取りやめ、多少なりとも儲かりそうな海外市場での生き残りに集中するために、この際国内の市場占有率は目をつぶりましょう。という国策結果、というよくある見方を筆者もしております。ガソリンスタンド、という一般消費者にも分かりやすい業態 [続きを読む]
  • 日本について語れますか?
  • 海外出張時や、海外からのビジター(Visitor、出張者のことをこのように呼びます)で長時間外国の方とお話をする機会があると、ビジネスの内容のほかに必ず日本のことについて聞かれます。経済状況だったり、時事的トピックだったり、自然災害の話、政治的なお話、アジアだと人によっては歴史ネタを吹っかけてくる方もいます(シャレにならないことは双方認識しているのか、中国や韓国の方ではなく、東南アジアに多い)。こういう [続きを読む]
  • モーレツ企業戦士を懐かしがっていて日本は大丈夫か
  • http://diamond.jp/articles/-/77196リンク元の記事について、途中の意見には??ですが、最後の一節にはあまり違和感ないですね。「一方、経営者には、時間を惜しまず戦士として働く人は変わらずいます。Aさんの会社の役員たちは、社員が残業をしなくなったので代わって営業上の関係者との打ち合わせや会食などで深夜まで仕事をし、さらに会議は早朝から行われるのが当たり前になっています。これは国内企業だけの話ではありませ [続きを読む]
  • 過去の記事 …