ta.ta.da さん プロフィール

  •  
ta.ta.daさん: 城旅人
ハンドル名ta.ta.da さん
ブログタイトル城旅人
ブログURLhttps://sirotabi.com/
サイト紹介文日本全国のお城の情報。駐車場情報など、登城する際の詳細も分かります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2014/06/29 09:35

ta.ta.da さんのブログ記事

  • 常陸・北条城(北条館)と北条出雲守治高
  • 常陸・北条城(ほうじょう-じょう)は、鎌倉時代に八田知家の7男・高野時家(北条時家)(ほうじょう-ときいえ)が築いたとされています。父・八田知家は、戦国大名に繋がる常陸・小田氏の始祖で、小田城を築城した武将です。その子である高野時家(北条時家)ですが、恐らく、小田城を八田知家が本拠としたころに、北条館(北条城)を任されて、北条七郎(北条時家)と称したのでしょう。このとき、多気と言う地名も北条が使われるようにな [続きを読む]
  • 多気山城(多気城)と多気義幹〜筑波の北条にある山城
  • 常陸・多気山城(たきやまじょう)は、小田城の小田氏に仕えた重臣・多気氏が入っていたと考えられる山城です。単に多気城(たきじょう)、城山城(じょうやまじょう)とも呼ばれますが、多気山(たけやま)の標高約129.4m(比高100m)の独立峰に築かれた山城で、4つの曲輪や、堀と土塁が認められると言います。平安時代中期に常陸平氏の宗家・大掾氏が出自の平維幹が、常陸国筑波郡水守から多気の地に移ったと言う説があります。そして、 [続きを読む]
  • 沼田竜替〜筑波山のふもと茨城県つくば市沼田にある砦跡
  • 沼田竜替/沼田要害城(ぬまたようがいじょう)は、茨城県つくば市沼田字竜替にある筑波山(876m)の麓(ふもと)の沼田地区にある、燧ヶ池(三角池)(ひうちがいけ)のすぐ北側の高台がその場所だ。ただし、高台と言っても比高はわずか5mほどである。沼田地区は標高20m(推定)であり、そこから筑波山を眺めると、800m級の山でも結構高く見えると言う場所。筑波山からのキレイな水が注ぐ水田地帯が広がり、江戸幕府の時代には筑波山神社の社 [続きを読む]
  • 姫路城の見学クチコミ情報と見どころ〜建てた人は?
  • 姫路城姫路城(ひめじじょう)は、姫山と鷺山を中心に築城された平山城で、白鷺城(はくろじょう)とも呼ばれます。最初の築城は、1346年、赤松貞範とする説が有力ですが、現在の姫路城とは大違いで、館があった程度の小規模なものでした。その後、御着城主・小寺政職の家臣となった黒田重隆・黒田職隆が姫路城主となりますが、黒田官兵衛の頃の姫路城も砦程度の規模でした。やがて羽柴秀吉が中国地方へ侵攻してくると、交通の要所であ [続きを読む]
  • 肥前・名護屋城 全国から30万もの兵の陣立てをした広大な豊臣秀吉の城
  • 肥前・名護屋城(なごやじょう)は標高85mの梯郭式平山城で、名護屋御旅館とも呼ばれます。江戸城からだと陸路で約1190km、福岡県にあるのかなと思っていましたが、佐賀県の唐津市となります。いや〜、遠いです。私もこの歳になって、ようやく訪問する機会に恵まれました。名護屋城があった場所は、松浦水軍で有名な松浦党の旗頭である波多氏の一族・名護屋経述(名護屋越前守経述)が領した垣添城があったとされます。1590年の小田 [続きを読む]
  • 赤木名城〜奄美大島を代表する城跡が国史跡にもなった
  • 赤木名城(あかきなじょう)は、鹿児島県奄美市笠利町(奄美群島・奄美大島)にある城跡で、江戸時代に薩摩藩が代官所も置いたいましたが、赤木名城は山城で、2009年に国史跡に指定されています。最初に築城されたのは西暦1100年頃で、比較的小規模の城の多い奄美大島では、代表する大規模なグスク(城)になっています。赤木名城年間を通して枯れることがない湧水も山麓にあるそうですが、ここに城があったと分かったのも1999年頃と [続きを読む]
  • 相模の小沢城と小沢要害〜太田道灌が攻めた断崖絶壁の小沢古城も
  • 神奈川県の相模原側から見ると、水郷田名「高田橋」(相模川)の向こう側、愛川町側にある相模川のすぐ横にそびえる標高80mの山(比高20m)が小沢古城です。のちの世に、すぐ近くにできたとされる小沢城と区別する為、小沢古城(下記写真)と呼ばれています。鎌倉時代初期に相模国北部まで支配していた八王子の横山党から出た一族、小沢氏の居城が始まりとする説があります。(諸説あり)相模川の東に当たる現在の相模原市田名には同じ横山 [続きを読む]
  • 伊豆の長浜城はユニークな構造の海城〜北条水軍の基地
  • 伊豆の長浜城(ながはまじょう)は、伊豆国の君沢郡長浜(静岡県沼津市内浦重須)にある駿河湾に面した海城(平山城)です。重須湊を守るための城と考えられ、戦国時代関東一円を治めた小田原・北条氏の北条水軍の基地でした。小田原北条氏の祖である伊勢盛時(北条早雲)は、興国寺城から堀越公方・足利茶々丸の館を急襲し、韮山城を構えると戦国大名としての第一歩を踏み出します。その後、小田原城を手中におさめ、二代・北条氏綱・ [続きを読む]
  • 沖縄の首里城の歴史〜世界遺産の楽しみ方と守礼門やグスクとは?
  • 国の史跡でもあり、世界遺産、日本百名城にも選ばれている沖縄の首里城(しゅりじょう)の別名は御城(ウグシク)とも言う山城で、沖縄最大のグスク(城)が首里城となります。地元ではスイグスクとも呼ばれています。「グスク」と言うのは、沖縄や八重山諸島・奄美諸島などに行くと聞く言葉で、日本本土で言う「お城」と言う意味になります。日本民族は、中国大陸から朝鮮や沖縄を経て渡ってきたとも考えられていますので、当然、沖 [続きを読む]
  • 松前城〜幕末に築城された日本で最後に作られた北海道の城
  • 戦国時代には無かった松前城日本100名城にも選ばれている松前城(まつまえじょう)は、北海道渡島総合振興局管内松前町にある平山城で、別名を福山城(ふくやまじょう)とも呼びます。蝦夷地と呼ばれていた北の果てですので、戦国時代になり織田信長・豊臣秀吉が台頭してきても、合戦には無縁の地でした。そのため、戦国時代に松前城は存在しておらず、徳山館が近くにあった訳ですが、防御機能は限定的な城郭だったようです。天正1 [続きを読む]
  • 大坂城めぐり〜戦国時期の大阪城史跡訪問を楽しむ観光ガイド
  • 国の特別史跡、日本三名城、日本100名城など、豊臣秀吉が建造した大坂城(おおさかじょう)には様々な称号が与えられています。そんな大阪城を単に散策するのではなく、歴史ある大坂城にまつわる「史跡」を巡る見学方法・観光方法として詳しくご紹介したいと存じます。大坂城と大阪城はどっちが本当?まず、大坂城の漢字ですが「坂」を使うのが江戸時代までの昔の表記です。その後「坂」の漢字だと転げ落ちるなど「縁起が悪い」と言 [続きを読む]
  • 慰安婦問題とは?〜全く分からない方でも理解できる慰安婦
  • 韓国と大きな摩擦になっている慰安婦に関して解説致します。そもそも「慰安婦」(いあんふ)とは、戦地・占領地でにおいて軍人・軍属の性交の相手をさせられた女性の事を言います。戦場にて明日の命も知れない兵士は、本能的に「子孫を残したい」と言う意識に見舞われるため、性的慰安が行われるのですが、これは日本軍に限った事ではありません。始まったのも第2次世界大戦からでは無くローマ帝国の侵略など昔から行われており、日 [続きを読む]
  • 護衛艦いずも DDH-183 海上自衛隊 横浜一般公開写真
  •  横浜の大さん橋に初めて来航した、ヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」DDH183を見学してきました。 「いずも」は、基準排水量 19500トンと、海上自衛隊の護衛艦の中で、一番大きな船で、建造費は1139億円です。 この日は、朝10時から16時まで一般公開でしたので、朝9時40分頃に横浜・大桟橋に到着するように行きました。 並んでいる列はだいたい300名くらい先着がいたと思います。 10時過ぎに列が動きだし、10時20分頃に荷 [続きを読む]
  • 阿蘇山が噴火【速報】噴火時の写真あり
  • 2015年9月14日朝9時43分頃、熊本県の阿蘇山が噴火しました。普段も噴煙を上げている中岳第一火口からドーンと言う音と共に、黒い煙が噴出したとの事です。噴石も確認できたと言う事で、気象庁は、噴火警戒レベルを2から3に引き上げました。警戒の範囲は、火口から半径2km以内。噴煙は3600mの高さまで上がり、噴煙は北西の方向に流れているとの事です。また、火口周辺にて火砕流も発生した可能性があります。なお、10時20分現在、噴 [続きを読む]
  • 常総市の行方不明者15名【鬼怒川の決壊】行方不明者の名前リスト
  • 2015年9月10日に発生した、台風18号などの影響による鬼怒川の堤防決壊。洪水が広範囲に及び、甚大な被害となっていますが、残念ながら行方不明者が出ています。このページでは、その行方不明者に焦点を絞った情報提供をしたいと存じます。常総市によりますと、当初25名が行方不明との事でしたが、その後3人と連絡が取れたと言う事です。その後、7名と連絡が取れたと言うことで、9月12日になって安否不明者は15名に変更されました。 [続きを読む]