夏生 Natsuki さん プロフィール

  •  
夏生 Natsukiさん: シンプルライフ手帳
ハンドル名夏生 Natsuki さん
ブログタイトルシンプルライフ手帳
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/simple-life-techou
サイト紹介文便利よりも、ちょっとアナログな暮らしが好き。削ぎ落とす勇気と、幸せと。
自由文シンプルに暮らすことを意識して20年。学生時代、押し入れのないワンルームにてものを持たない暮らし方を身に着ける。現在は夫の転勤に伴う頻繁な引越しで、暮らしを身軽にする技を日々研究中。札幌市で小学生2児の子育てをしながら、整理収納アドバイザーをしています。
『整理収納オフィスシンプルビト』主宰。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2014/06/30 10:28

夏生 Natsuki さんのブログ記事

  • 旅行の後は捨て時。
  • 旅行から帰宅し、余韻がまだ残るうちは、ホテル暮らしの身軽さをそのまま継続したくなり、持ち物の見直しを始めてしまいます。旅先で新しい体験をすると、頭がスッキリします。その流れで、古い持ち物や考え方、習慣の一部を変えたくなることが多いですが、今回は特に、その気持ちが強く出ています。お手入れしても美しくはならず、愛着が薄れている小物や、本当はもう関心が薄らいでいるような物事が、曖昧な位置に存在していたの [続きを読む]
  • 1時間早い夕食で快適に。
  • 子どもの夏休みに入ると、日常のリズムが変わります。外出も増えますが、できるだけ家でご飯を食べるようにして、身体にもお財布にも優しくしたいと思っています。最近、夕食の開始時間を1時間早めて、17時半までには、食べ始めています。そうすることで疲れにくく、お風呂にもゆっくりつかることができ、子ども達はいつもより早く眠くなります。キッチン周りも早く片付きます。いつもなら先延ばしにしがちな、やり残しの家事を [続きを読む]
  • 朝のうちに終わらせる。
  • 暑い毎日、徐々に起床時間が早くなっています。このチャンスを活かして、朝にやることを増やしたところ、一人で過ごす時間が増え、息抜きが出来るようになりました。夕食の下ごしらえまで済ませて、夜の家事を減らすようにしています。夏はアルコールや冷たいお菓子をとりがちですが、疲れの原因になるので、今年は減らしていこうと思っています。お腹まわりがスッキリしていると、たくさん動けると実感しています。お読み頂きあり [続きを読む]
  • メラミンスポンジ一つで。
  • メラミンスポンジを愛用しています。マメにお手入れをしたい水回りに一つずつ。気づいたときに汚れをすぐに落とせるよう、見える場所にスタンバイさせています。洗剤は不要。水だけで、力を入れずに手強い汚れに対応できる点が魅力です。また、白いキューブ型というのも、インテリアの邪魔にならず、シンプルで気に入っています。てのひらに収まるサイズで、充分仕事してくれます。すぐに乾くので衛生的でもあります。何年も愛用し [続きを読む]
  • リビングは3分で片付ける。
  • リビングには、よく使うものだけを置くようにしています。チェストに、文具やオーディオ・CD、各自の持ち物、お薬などをまとめて。必要最小限の分量に留めています。忙しい日が続くと、外から持ち込まれた紙類がつい保留になったりして、乱れてしまうこともあります。帰宅した時に乱れたものが目に入ると、その後のやる気が削がれてしまうので、ひとまず一か所にまとめたりして、スペースを広く見えるようにしています。片付ける時 [続きを読む]
  • マメなゴミ出しでスペース作り。
  • 毎日出るゴミを意識するだけでも、相当な量になっていることを改めて実感します。外から入ってくる紙類、キッチンから出る生ゴミ、それに伴う容器、プラスチック、商品を買った時についてくる包装類。買い物をすればするほど、ゴミは増えます。1週間、ゴミを外に出さずに生活すると、かなり居心地が悪いことが想像できます。たとえゴミ箱や収納庫に保存しても、隠れているというだけで、ゴミが無くなったことにはなりません。あま [続きを読む]
  • 水仕事で暑さをしのぐ。
  • 今日の札幌は暑さがピークにきており、明日は休みの日まで動きたくないなぁという気分です。いつもは土日に掃除を強化しておくのですが、朝からさっぱりと過ごしたい・・・そこで、仕事から帰宅して、まだ身体が動くうちに、すぐ洗濯機を回し、靴を洗い、床の雑巾がけをしました。裸足で水仕事をしていると、涼しくなり、気持ちが良いのです。少し疲れていても、勢いで終えてしまうと、そのあとの時間が豊かに過ごせます。掃除に掛 [続きを読む]
  • まだまだ修行中。
  • 昨年秋から、ある技術を身に着ける為に、仕事をしながら修行中です。目標とするところの5割を超えたと思えるようになりましたが、まだまだ時間が掛かります。子育てや家事を同時にこなすことにも、最近少しずつ気持ちのゆとりは出てきました。帰宅してからの掃除をパワーアップさせて、暮らしをスムーズに回す、好循環が生まれています。一段落するまであと数か月、納得のいくように、乗り越えていこうと思います。お読み頂きあり [続きを読む]
  • 時間を増やすための片づけ。
  • 好きなことをたくさん愉しむために、片づけはタイムリミットを決め、集中して行うように心掛けています。いつも決まった手順で、時間を気にしながら片づけると、無駄にだらだらと家事ばかりしているような状況を、防ぐことができます。ものを取りに行くにしても、途中で出来ることがあれば、ついでに行い、何度もあちこち行ったり来たりすることのないように。小さな積み重ねも大きな差になります。時々、効率の良い動きを求め、収 [続きを読む]
  • 時間の無い朝も磨く場所。
  • 慌ただしい朝も、歯磨きの直後に、洗面台周りをメラミンスポンジでさっとこすり、タオルで一拭きしてから出掛けます。鏡もピカピカに。1分も掛からない掃除ですが、帰宅した時の気分がよく、その後の家事も頑張りがききます。少しずつの積み重ねで、無理なくきれいな家を保つのが理想です。お読み頂きありがとうございます。「シンプルライフ」をテーマとしたブログの、ランキングサイトに参加中です。以下のバナーを 頂け [続きを読む]
  • 土日の掃除が決め手に。
  • 掃除する時にいつも目に入る場所は、汚れ具合が分かりやすいのですが、問題は、隠れてしまっている場所です。棚の裏側や、引き出しの奥や隅。冷蔵庫や洗濯機などの大型家電は、動かさなければ取り切れない汚れがあり、後回しにしがちです。見て見ぬふりをしていても、本当は、そろそろ・・・と、気になっています。先延ばししている内に、汚れが大きくなっていきます。これらが「大掃除」とならないように、土日のすき間時間を使っ [続きを読む]
  • 掃除すべきサインを受け取る。
  • 自発的に「ここを掃除しよう!」と意気込むのも良いですが、それだけではなく、身の回りのものによって、掃除すべきサインを受け取っています。例えば。ストッキングを愛用しているのですが、毛玉が出てきたり、伝線してしまい、捨てることになった時です。洗った後に、もう一仕事させようと考えます。洗濯機を磨くのに、ちょうど良いのです。表面や、細かい溝の埃を取るのに、好都合です。ピカピカの新品状態になるまで、しっかり [続きを読む]
  • 夏休み前に済ませる整理収納。
  • 子どもの夏休みまでもう少しです。整理収納に力を入れるには、まさに今がベストタイミング。夏休みにゆっくり行うのも良いのですが、我が家の場合は、気が緩み先延ばしになりがちなので、まだ日々の緊張感のある今のうちが、捗りそうです。少し前まで必要としていた書類が、再度目を通すと不要となっていたりします。「一応とっておこう」と、あいまいに保留にしているものの多くは結局、日々の忙しさに紛れて、存在を忘れています [続きを読む]
  • ひたすら洗う。
  • ようやく夏らしい暑さが訪れ、思う存分に、色々なものを洗うことができます。普段の洗濯物や、リネン類、靴。玄関周り、ごみ箱、窓、車・・・洗いたいものは、数え上げると、あれもこれもと出てきます。日常を穏やかに過ごせることが、どれほど幸せなのか。日々のニュースを見て、感じています。自分に出来ることを真面目に続けていける、健康な身体に感謝しています。出来ることを、出来る内に、やっておきたいと思うこのごろです [続きを読む]
  • とにかく磨く日。
  • 持ち物を減らすピークが過ぎたら、掃除に目がいくようになります。掃除機をかけるにしても、しっかりと家具を動かし、隅々まで念入りにという気持ちが働きます。いくら掃除機をかけても、時間が経つとまた埃が目につきます。窓を開ける機会が多いと、それだけ棚や電化製品などに埃がたまりやすくなります。そこで拭き掃除にも力が入るようになり、手が慣れてくると、あちこちを光らせたいと思うように。とにかく磨く!徹底して磨く [続きを読む]
  • 休日のたびにすること。
  • 仕事の無い日は、掃除に時間を割くことができます。まとまった時間が使えるのは、何とも嬉しいです。とはいっても、いつものお手入れに30分ほどプラスする程度ですが、日ごろ手の届かない箇所を見つけ、埃を取ったり、磨くのは、気持ちの良い作業です。掃除は家の中を明るくします。「片づけて」「掃除して」などと言葉にしなくても、家族は、掃除する誰かの姿を見て、その気になるようです。私が娘に影響を受け、片づけを始めるこ [続きを読む]
  • ごみの出ない日は無い。
  • なるべくごみを出さない暮らしにしたいのですが、生活している限り、そうはいきません。ごみ収集日の前日は、捨てるものがないかと、あちこち点検します。日々出るごみだけでなく、引き出しの中や、押し入れもあけます。これは、風通しをよくする効果も兼ねています。不要なものは、ごみとして出します。意外と盲点なのが、日々使うようなものです。落としきれないシミのついたキッチン周りの布小物とか、消耗しているお箸。客観的 [続きを読む]
  • ごみの出ない日は無い。
  • なるべくごみを出さない暮らしにしたいのですが、生活している限り、そうはいきません。ごみ収集日の前日は、捨てるものがないかと、あちこち点検します。日々出るごみだけでなく、引き出しの中や、押し入れもあけます。これは、風通しをよくする効果も兼ねています。不要なものは、ごみとして出します。意外と盲点なのが、日々使うようなものです。落としきれないシミのついたキッチン周りの布小物とか、消耗しているお箸。客観的 [続きを読む]
  • ごみの出ない日は無い。
  • なるべくごみを出さない暮らしにしたいのですが、生活している限り、そうはいきません。ごみ収集日の前日は、捨てるものがないかと、あちこち点検します。日々出るごみだけでなく、引き出しの中や、押し入れもあけます。これは、風通しをよくする効果も兼ねています。不要なものは、ごみとして出します。意外と盲点なのが、日々使うようなものです。落としきれないシミのついたキッチン周りの布小物とか、消耗しているお箸。客観的 [続きを読む]
  • 毎日拭く場所を増やしていく。
  • 短い時間を使って、清潔を保ちたいと考え、毎日拭き掃除をする場所を増やしています。効果がすぐに表れると感じているのは、鏡と冷蔵庫の中です。冷蔵庫の中身はいつも余裕を持たせているので、手間はかからず、テーブルを拭く延長のような作業です。食材のチェックにも繋がり、買い物の準備を兼ねています。どちらも、お手入れをすればするほど、毎日少しずつ汚れていることを実感する場所です。前日にも拭いているのに、綺麗なま [続きを読む]
  • 忙しくてもきれいな部屋を保つ為の工夫。
  • 片付け、整理収納、お掃除。衣食住の「住」にあたるこれらは、生きている限り必要です。程度の差はあるにせよ、多くの人が日々行い、環境を保っています。それらに対して、割くことの出来る時間の量は、一日の活動次第です。では、時間が取れないから部屋に汚れが溜まるかといえば、そうではありません。住環境を整える行為を重要視して、意識的に取り組もうとするならば、忙しくとも、清潔を保つことは可能です。本気できれいな家 [続きを読む]
  • 雨の日に片付けておく。
  • このところ、週末は雨でした。札幌は、外出するにも肌寒いくらいです。そんな時こそ、好きな音楽を聴きながら、片付けにいそしみます。平日は仕事をしながら日常の家事をこなすのに、精一杯です。日頃行き届かない場所の整理や、収納の見直し。キッチンにひそむ汚れをひたすらお掃除。持ち物は、あまり持たないようにしています。こまごまとした収納用品を増やさず、あちこちの引き出しを活用して、収めます。収納の工夫に時間を使 [続きを読む]
  • リバウンドは、しまい方次第。
  • ものの置き場所を決めて、元に戻しても、すぐにぐちゃぐちゃになってしまうことがあります。収めるスペースと、もののサイズが合っていると、ぴたっとスッキリ収納できます。狭いスペースに、はみ出るほどのものを詰めこむと、たちまち乱雑になっていきます。スペースが充分に取れていても、片付けの時に、不揃いのものを適当に入れてしまうと、ぎゅうぎゅうではないけれど、だらしない印象に。程よく仕切りを使うのも良いのですが [続きを読む]
  • 掃除が愉しい。
  • 気持ちを切り替えたい時の、掃除機掛け。寝る前の、トイレ掃除。余裕がある時には、照明器具の埃取り。小さな暮らしの一部ですが、ちょっとした達成感があり、スッキリと穏やかの両方の気分を得られる時間です。掃除は、奥が深いです。目の高さや角度を変えると、見えなかった汚れが見えてきます。用具や力の入れ具合、手順によっても、お手入れの結果は変わってきます。朝、家を出る前に、帰宅してから掃除したい箇所を見つけ、電 [続きを読む]
  • 夏の服を買う前に。
  • 店頭には夏物の服がたくさん出回り、見るのが愉しくなってきます。早くもお値引きなどされていると、飛びつきそうになるのですが、クローゼットの整理を先にしておくと、衝動買いを防ぐことができます。ちょっと気持ちに余裕のある時に、昨年の今頃着ていた服をすべて、チェックします。見るだけではなく、実際に着て、確かめます。今の自分に似合わないと思う服は、そろそろ処分の対象です。機嫌の良すぎる時や最悪な時、疲れがた [続きを読む]