名古屋総合法律事務所 さん プロフィール

  •  
名古屋総合法律事務所さん: 名古屋・愛知の相続・シニア問題に強い弁護士のブログ
ハンドル名名古屋総合法律事務所 さん
ブログタイトル名古屋・愛知の相続・シニア問題に強い弁護士のブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/nagoyasogo-souzoku/
サイト紹介文愛知県名古屋市の相続・シニア問題に強い弁護士のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2014/07/01 17:12

名古屋総合法律事務所 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 預金の遺産分割に関する最高裁判例の変更
  • 平成28年12月19日、遺産の中に預金がある場合の遺産分割について、従来の最高裁判例を変更する内容の判例が出されました。 それによって、これからの遺産分割手続がある程度変わることが予想されます。まず、従来は、預金を遺産分割する場合、原則は相続開始と同時に相続人が法定相続分に応じて分割取得することになっていました。 銀行などでは相続人全員の同意がないと遺産の預金を引き出せないことから、そんなことは [続きを読む]
  • 遺産分割協議に入らない方法はないのか
  •  相続・遺産分割と聞きますと、多くの人は、どの程度取り分があるのかというプラスの期待を抱くのではないかと思います。 遺産分割協議は、相続人全員で協議し、合意しなければ成立しませんので、相続人全員の関与が必要になりますし、まとまらずに遺産分割調停などの裁判所の手続きが開かれる場合、相続人全員が関わることになります。  しかし、中には、遺産分割の話をしたくない、遺産はいらないから協議に参加 [続きを読む]
  • 円滑な遺産分割のために〜代償金をどうやって用意するか〜
  • にほんブログ村ブログランキングに参加しています励みになりますので、 お願いいたします。 国税庁の平成26年の相続税の申告状況概要によれば、平成26年に申告された相続では、課税された財産の総額は12兆4000億円ほどのようです。このうち、土地と家屋の割合は、約46.9パーセントと発表されています。国税庁のホームページで公表されているうちで平成6年と比較しますと、平成6年は、課税された財産の増額 [続きを読む]
  • 離婚した後、未成年の子が相続したら?
  • にほんブログ村ブログランキングに参加しています励みになりますので、 お願いいたします。今回は、親権の問題とも少し関連しますが、未成年の子がいる状態で離婚した後、親権者が亡くなってしまった場合、相続の手続がどうなるかについて説明したいと思います。前提となる事実としては、以下のような事実関係を想定しています。Aさん(夫)とBさん(妻)は夫婦で、C君(未成年)がいましたが、BさんをC君の親権者として離 [続きを読む]
  • 相続税の遺言控除とは?
  • にほんブログ村ブログランキングに参加しています励みになりますので、 お願いいたします。現在、政府・与党の方針として、相続税に遺言控除という項目を、平成29年度の税制改正で設けるという話が進んでいるようです。 この遺言控除の内容ははっきりと定まっていないようですが、現在の概要としては、有効な遺言書による相続が行われた場合に、現状の相続税の基礎控除額に一定額が上乗せされる、ということのようです [続きを読む]
  • 遺贈と死因贈与 どう違うの?
  • にほんブログ村ブログランキングに参加しています励みになりますので、 お願いいたします。 遺贈と死因贈与と聞いて、すぐにピンとくる方は少ないのではないかと思います。 「遺贈」とは、端的に言いますと、遺言を遺し、その内容で遺産を他人に譲り渡すことを指します。 あくまで遺言を遺していることによって生じるものですから、遺言書が残っていない、形式に不備があるといった理由で無効になることもあります。  [続きを読む]
  • 一度した遺産分割協議をやり直せるか?(その2)
  • にほんブログ村ブログランキングに参加しています励みになりますので、 お願いいたします。前回には、遺産分割協議をやり直したいというお話を度々聞くこととその理由・原因をご紹介しました。 また、遺産分割協議は合意でやり直せる可能性があるものの、債務不履行で遺産分割協議を解除して、やり直すことは難しいのではないか、というご照会をしました。  では、遺産分割協議をやり直す方法は、他にはないのでし [続きを読む]
  • 一度した遺産分割協議をやり直せるか?(その1)
  • にほんブログ村ブログランキングに参加しています励みになりますので、 お願いいたします。  遺産分割協議書を作成して、遺産分割協議を終えた後で、やっぱり遺産分割協議をやり直したいというご希望を聞くことがあります。 その理由・原因としては、以下のようなお話が多い印象があります。  ?他の遺産が見つかった、又は一部の相続人が遺産を隠していたので、それを含めてやり直したい。 ?信用して分割協議書に押 [続きを読む]
  • 認知症と遺産分割協議
  • にほんブログ村ブログランキングに参加しています励みになりますので、 お願いいたします。日本社会の高齢化により、遺産分割協議をする際に、当事者がかなり高齢になる場合があります。そのような場合、当事者の中に、認知症の方がいらっしゃることも増えていると思われます。認知症といっても、軽度から重度まで症状は様々ですが、症状の程度によっては、そのままでは遺産分割ができない可能性もあります。遺産分割も、 [続きを読む]
  • 遺産分割と形見分け
  • 遺産分割の話の中で、形見分けの話が出ることがしばしばあります。この「形見分け」ですが、実際にどのような法律行為か、どのような手続により行われるか、明確に決まっているものではありません。国の提供している法令データ提供システムの中の、法令用語検索の部分に「形見」と入力して検索しても、該当するデータはないと表示されます。つまり、形見という法律用語はなく、形見分けについて明確な定義はない、ということにな [続きを読む]
  • 遺産分割・動産の場合
  •  遺産分割の協議をする中で、しばしば動産の扱いが問題になります。 遺産分割の中では、貴金属、金、骨董品、刀剣、宝石、ピアノ、自動車等の財産的価値のある動産から、家財道具、服、食器等の一般的には価値がないもの(市場で取引の対象にならないという意味です)まで、様々なものがあります。 こういったものは、故人に対する思いと相まって、なかなか分割ができない場合もあります。 動産を遺産分割する上で、まずもっ [続きを読む]
  • 過去の記事 …